ギャラリーと図書室の一隅で

読んで、観て、聴いて、書く。游文舎企画委員の日々の雑感や読書ノート。

寓話というリアリティ――川田喜久治展「百幻想」(1)

2018年10月16日 | 展覧会より

                写真集『地図』(1965年刊)
撮影者の幻想や妄想までもが写り込んだような、川田喜久治氏の写真を初めて見たのは2010年春、新潟県立近代美術館で開催された「日本の自画像」展だった。原爆ドームの壁の“しみ”に戦争という暴力を幻視した「地図」シリーズ10数点は、その会場で異彩を放っていただけでなく、これまで見てきた多くの原爆写真とも全く異なっていた。白黒の、人のいない不在の風景や、剥落しかけた壁面が、なんとも心をざわつかせ、深淵に引きずり込まれるようで、その後ずっと壁面の“しみ”が私の中でさらに広がっていくような感覚にとらわれることになった。
 1965年に刊行された写真集『地図』を游文舎で発見したのはその直後のことである。故・小谷寛吾さんの蔵書に含まれていたのだった。工芸品のような装幀だけでなく、写真の配列にも創意を凝らし、暗黒の時代のメタファーとして見るものに直接訴えかける仕掛けになっていた。
実際の写真と、写真集とが相まってできる川田喜久治氏の世界について「北方文学」第六十四号(2010年10月発行)に小論を寄稿した。少し後になって知人の紹介で、川田氏に同誌をお送りしたところ、丁寧なお礼状と当時撮影していた「WORLD’S END」シリーズが掲載された雑誌をお送りいただいた。そこにはカラー写真も交えて、めまぐるしく移り変わる視線の移動を伴う、喧噪の街や人、ビル群を捉えた都市像があった。写真集『ラスト・コスモロジー』はじめ、「地図」シリーズ以降の写真も少しは見ていたものの、なお「地図」の、地を這うような執拗な視線にこだわり続けていた自分の狭い知見や思い込みに恐縮しきりだったのだが、一見賑やかな世相を捉えたかに見えるそれらの写真にも「地図」に通底するものが確かにあった。見るものを挑発するような様々なビジョンの交錯と、そこから生れる不穏な気配だ。このときの写真は、自分で車を運転しながら撮られたものだという。運転と、シャッターチャンスという二重の緊張感が、意識と無意識をシンクロさせ、人間の固定概念を揺さぶるものとなる。そんな新たな挑戦も知った。
さて、先日東京品川のキャノンSギャラリーで開催された川田喜久治展「百幻想」を見る機会を得た。1960年代後半からの「ロス・カプリチョス」シリーズと「ラスト・コスモロジー」シリーズを中心に新作を加えた100枚により、半世紀の軌跡を辿るものである。
会場を一見すると、ばらばらなほどのテーマやモチーフに戸惑いそうになる。しかも配列はそのばらばら感をなお一層増幅させているように見える。天体写真と都市の写真が並び、風俗もあれば日の丸もある。時折強烈なカラーが混じる。その一枚一枚にも複数のイメージが重なり合ったりしている。写真集『地図』にも見られた、かけ離れた組み合わせにより意想外のイメージを生み出すディペイズマン的な配列と思われるが、その振幅はさらに大きくなっている。「生と死」「天と地」「聖と俗」あるいは「日常と非日常」といった双極のイメージが混在し、違和感をもたらし、ざわざわと胸騒ぎを覚えるのだが、所々に既視感のある光景や日付が楔のように配され、次第に様々な声が響いてくるのに気づくのだった。(霜田文子)
コメント

阿部克志展 10月6日から

2018年10月05日 | 游文舎企画

新潟市在住の阿部克志さんの版画展が始まります。初日午後3時よりギャラリートークも行います。
138億年前、ビッグバンによって出来たとされている、我々を取り囲む歴史的宇宙。しかしもっと大きな空間、全く別の時間を持つ宇宙だってあるかも知れない。それらがパラレルに存在しているのかも知れない。それどころか全く想像できない時空、無数の次元を持った世界が無限に広がっている可能性だってある。銅版画やウォーターレスリトグラフ等にさらに独自の手法を加えた画面には濃密な神秘と夢が凝縮されています。是非ご高覧ください。10月14日まで。9日休館。
コメント

厳かに、生き生きと――猿八座高柳公演

2018年10月02日 | 游文舎企画
9月29日夜、30日午後、高柳町で猿八座公演が開催されました。グルグルハウス・今井さんらの尽力で見事な芝居小屋に変貌したギャラリー姫の井「酒の館」での「山椒太夫」に先立ち、黒姫神社で奉納公演「三番叟」も上演されました。
名勝貞観園の庭を見やりながら坂道を上って約5分、開演前から多くの人たちが集まります。観客も皆拝殿に上がり、公演前の神事を見学。座員代表や主催者代表らの玉串奉奠の後、全員がお祓いを受けいよいよ奉納公演です。
猿八座の「三番叟」は二人三番叟。五穀豊穣を祈って鈴や扇を持ち替えながら舞い踊り、「万劫年ふる亀山の苔ふす巌谷に松生(お)いて 梢に鶴こそ遊ぶなれ」という太夫の一段と力のこもった一節に合わせて舞い納めました。
余韻に浸りながら坂道を下ること5分、この上り下りこそが神域と人界とを往還する道行きなのでしょう。

会場は「酒の館」に移り、猿八座によって三段組に構成された「山椒太夫」です。
直井の浦で人買いにだまされ、安寿と厨子王は山椒太夫に買われ丹後へ、母は佐渡へと離ればなれになってしまいます。実は様々な版本のある中、佐渡が登場するのは、唯一舞鶴の図書館にあったのだとか。しかし鳴子曳きの段は、はるばる佐渡にたどり着いた瀕死の安寿が、盲となった母に、誤って打ち殺されることでやり場のない悲劇性を増幅させます。安寿への逆さ吊りの折檻や、人買いの首を切るシーンなどは人形芝居ならでは。人間の業をこれでもかとあぶり出します。それでも厨子王と再会し、地蔵の御利益で盲を快癒された母と共に都へと向かうシーンはカタルシスを与えてくれます。人情の細やかさと大胆な場面展開。説経浄瑠璃の醍醐味を堪能することが出来ました。

折しも台風二十四号接近のさなか。奇跡的とも言える無風状態で無事に公演を終了することが出来ました。
コメント

「毒素の秋Ⅳ」展始まる~24日(月)まで

2018年09月16日 | 游文舎企画
4回目となる「毒素の秋」展が始まりました。初日は出品作家全員が集合、ギャラリートークを行いました。各々の表現の根拠について問い直す機会でもあります。

コメント

「毒素の秋Ⅳ」―9月15日から

2018年09月15日 | 游文舎企画


コメント