♪cantare♪dalmata♪famiglila♪着物♪

ダルメシアンのアミです。相変わらずドジなアミママのブログをよろしくお願いします。

ご無沙汰でした。

2017年02月27日 | 日記
インフルエンザの一週間が過ぎ

心配していた高齢者(私と母)にも感染せず

いつもの我が家のペースに戻りました。

が、なんだか忙しく、更新の余裕なく

ご無沙汰していました。


こんな着物でお稽古したり


こんな着物を生徒さんに着せたり
(反物を着物のように着せつける方法、うまくできました)

まだインフルエンザ完治の許可が出ず
幼稚園に行かれないpopoちゃんと
人がいない時をねらって

公演で遊んだり


popoちゃんがビー玉とセロテープでイヤリングを作ってくれたり(二重アゴは無視してください)


母と病院の帰りに鉄板炒飯食べたり


popoちゃんの幼稚園の作品展に行ったり


1番右のイケメンがpopoちゃんの自画像


元町チャーミングセールでフライパンを半額で買ったり

D混(合唱団)の定演チラシの原稿作ったり

あ、そうそう、コンサート(モーツァルト、ミサ曲、紀尾井ホール)も行ったっけ。

と、2月はあっという間に『2月逃げ』ました。

以上、ブログ更新サボりの言い訳でした。
コメント (2)

インフルエンザA型

2017年02月16日 | 日記
予防接種していたのにもかかわらず

popoちゃんがインフルエンザA型にかかりました。

看病していた娘にも移りました。


popoちゃんは熱が下がったら元気です。

でも、幼稚園に行かれないので「あそぼあそぼ」攻撃がスゴイです。

私は今のところ、風邪っぽい症状はないのですか

インフルエンザ菌を持っているので、他人と接触しない方が良いそうで

今週は着付けのお稽古やD混はお休みします。

続けて5日間うちにいるなんて、珍しいので

今、読んでいる本を読み進めたいのですが

ベッドに入るとバタンキューです。


直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」
すごく面白いです。

ピアノコンクールの話です。

知らない曲が出てきたらYouTubeでどんな曲?なんて
聴きながら読み進めています。

読み終わったら記事にアップしますね。
コメント (4)

横浜、大桟橋

2017年02月11日 | 日記
大桟橋に2週続けて行きました。
我が家から20分ほどで着く場所ですが、、、

先々週は、結婚式にご招待いただいた若夫婦を
(ご主人はスウェーデンの方)北欧料理のお店に招待しました。


この夫婦。
オバであるドンちゃんやうちの家族も一緒です。


大桟橋の入り口のスカンディア。


オープンサンド、ワインとともに。



ローストビーフ

計8人なので、1階のカジュアルな席で。
2階だと、破産します。


2階はこんな感じで重厚です。

そして、先週は大桟橋へ。
オシゴト仲間を案内しました。
横浜人は私だけで、あとは東京大田区の方だったので。

先週土曜日は良い天気で、大桟橋からみなとみらいが
ナイスビューでした。


ベイブリッジもきれい。

大桟橋は夜景が素晴らしいです。
ぜひ、デートにね!
コメント (6)

昨日は春、今日は冬

2017年02月09日 | 日記
昨日はオシゴト半分お遊び半分で千葉県館山に行って来ました。

館山は温暖な土地です。

道の駅にはお雛様が飾ってありました。




菜の花や河津桜がきれいです。

オシゴトは反物を着物のように着せつけるやり方を
習いました。

モデルは講師仲間のSさん。

ドンちゃんは、なんとこのお着物が抽選会で当たった!



以前も教わったけど、なかなか身につきません。
練習しなくちゃね!

ゆったりした早春の海、撮影しそびれました。

帰りのアクアライン

夕焼け雲がきれいでした。

今朝の我が家のご近所の河津桜。満開になりました。



2月1日の記事では、まだ一二輪しか咲いていなかったのに、もう満開!

でも、東京はみぞれ混じりの雨で寒いです。
仕事場で今日は一人なので
鍋焼きうどん出前頼んじゃった。


大正から続いている小さなうどん屋さんです。
コメント

「沈黙」と「君の名は」

2017年02月06日 | 映画
親友(遊び友達とも言う)ドンちゃんとひさーしぶりに映画に行きました。

月に一度は行こうねと、言っていたのに、何か月ぶり
もしかしたら年単位かも、、
ひさーしぶりに行ってきました。

「沈黙」が見たかったのですが
前評判が「迫害の場面が辛すぎる」というので
どんより帰るのはイヤだったので
お口直しに「君の名は」を見ようと、最初から二本立ての予定。

六十代後半のおば(あ)さん2人で「君の名は」かぁと、娘に呆れられましたが、、、
だって、1本1100円で見れるもんね!と開き直り、、、
そういえば、シニアは1000円じゃなかったっけ?
いつの間にか値上がりしていた。

「沈黙」は、むかーし、遠藤周作の原作を読み
とても感動しました。
細部は忘れましたが、感動したことだけは覚えています。

ポルトガルから日本に来た宣教師が主人公です。

ひどい目に合うのがわかっているのに
そこまでして布教に来ようとするのが
現代のキリスト教徒ではない私には分かりませんでした。

日本の隠れキリシタンも、ひどい迫害を受けながら
棄教しないのも、私には分かりません。

時の為政者が、なぜそこまでキリスト教を恐れたのかも
分かりません。

神を信ずるということは、なぜ、人をここまで強くするのでしょう?



遂に棄教した宣教師の心の奥深くに神がいたかどうか
誰にも分かりません。

神の啓示があったなら、救われますが、、、
神は沈黙したままなのでしょうか?

重苦しい気持ちを気分転換して

「君の名は」
若い人の間で大ヒットのアニメです。
が、公開して何か月もたった今、客席は結構、年配者も多かったです。



そんなに泣けるなら見てみようか!的な。

よくある男の子と女の子の入れ替わり
でも、タイムスリップの要素もあり
ちょっとひねってありました。

絵はきれい。
ストーリーも楽しめました。

でも、泣けませんでした。
特に感激もしませんでした。

年をとったから、初々しい気持ちがなくなっちゃったのかも、、、

という訳で二本立て、楽しみました。




コメント (4)