♪cantare♪dalmata♪famiglila♪着物♪

ダルメシアンのアミです。相変わらずドジなアミママのブログをよろしくお願いします。

今年のお花見

2024年04月16日 | 日記
今年もあちこちのお花見を楽しみました。
4月1日2日
orion兄さん、majyo姉さんに那須に連れて行ってもらいました。
1日の芦野の枝垂れ桜はちょっと早かったけど、
翌2日の天平の岡公園(栃木県)はとてもきれいに咲いていました。




桜もきれいだけど、柳の若葉がとても美しかった。




熱心に撮影するmajyo姉さん。

4月6日、popoちゃんの十三参りのお寺の桜



みつばつつじが綺麗でした。


4月7日、ご近所の公園の桜。











4月9日、茶花のお稽古

みつまたとばいも




お菓子は桜

翌日はお花見じゃないけど、popoちゃんと
「ドラえもん のび太の地球交響楽」を見に映画館に。
やっぱり劇場でみると音が良いですねー
娘もpopoちゃんもとても面白かったと言っていましたが、私は途中で居眠りしちゃいました(汗)
ちょっと毎日忙しくて、、、

翌日は赤坂のミッドタウンで桜の美しいレストランでランチ。
桜、まだ、咲いているかなあ、、、と
心配していたけれど、どうにか間に合ってくれました。

この続きは後ほど。












コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

十三参り

2024年04月08日 | 家族
元々は京都での風習のようですが
昨今は私の周りでは「十三参り」をするかしないかと話題になる事が増えて来ました。
十三参りとは、、、
平安時代の清和天皇が成人の儀式を13歳でなさったことが始まりだそうです。
虚空蔵菩薩という13番目の菩薩様が
知恵を授けてくださるということで
七五三と同じように正装でご祈祷をあげていただきます。

ご祈祷の後、ご住職が「正しい行いをしなさい。正しいという字は一と止まるという文字から成り立ちます。
一度立ち止まって、今しようと思う行いは正しいのかどうか、考えてみてください」
と、お話しくださいました。

今年数えで13歳のpopoちゃんもお参りしましょうと虚空蔵菩薩がご本尊の正覚寺に家族みんなで行って来ました。


桜も満開、みつばつつじの鮮やかな色も美しかったです。

先日の卒業式の羽織袴を身につけて
なかなか凛々しく見えましたよ。
足袋と雪駄も用意したのですが
結局、スニーカーで通してしまいました。









花の美しいお寺で、5月6月には紫陽花や花菖蒲がステキです。
ゆったり落ち着いたお参りができました。


お祝いのお食事はイタリアン。
お祝いプレートを前にピース✌️

ランチのお店に向かう途中でダルメシアンと遭遇。
アミまでお祝いしてくれたかのようで嬉しかったです。

popoちゃん、これからも健やかに育って欲しいと思います。
中学生になると、色々難しい出来事に遭遇することもあるでしょう。
それを乗り越えて、素晴らしい人生を歩んで欲しいと「ちゃん」は思っています。





コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

兄弟旅 桜旅

2024年04月05日 | 
昨秋から5ヶ月ぶり、久しぶりの兄弟旅に連れて行ってもらいました。
このシーズンの桜旅はorion兄さんの読みがバッチリ、いつも大正解ですが
今年は予想より遅れていて、残念ながら満開とはいきませんでした。

那須の芦野武家屋敷の枝垂れ桜はようやくつぼみがふくらんできたという状況で
これが咲いたら、さぞ見事だろうなと思いました。


あと数日で城跡のある御殿山も桜いっぱいになる事でしょう。








街道沿いのお店にはこのような標識?(なんていう名前?)が、あり、風情がありました。


名物の鰻屋さんは定休日で、こんなこともあろうかと、持参していたおにぎりを食べました。
おにぎり制作ダンナ、卵焼き制作orion兄。


おにぎりをパクつくダンナ、majyo姉、私。

この日は那須のお宿に早めに入り
温泉でまったり。
熱めだけど、とても気持ち良かったです。

夜は恒例のトランプ。
いつも私がビリ。
私は先を読むのが不得意で、目先のことしか考えないし、自分のことでいっぱいで
誰がどの札を捨てたかなど覚えていられないし、それで負ける。
負けても全然悔しくないし(笑)
orion兄さんが、いかにして私に勝たせるか
腐心してくれるお子ちゃま扱い。
いーんだもん。
楽しけりゃ!!

夜はぐっすり眠りました。
続く。
















コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の読書「金と銀」

2024年03月29日 | 
着物関係のイベントが多忙な3月
読書をする余裕はないのですが、ハマってしまい
全13巻をほとんど一気に読んでしまいました。


ダンナとよく見ているテレビBS時代劇で
小芝風花が主演していた「金と銀」
テレビドラマでは、田舎から出て来た女の子が、大阪の呉服屋で働き
才覚を発揮して、やがて呉服屋の御寮さんとなる話でした。

呉服屋の話なので、着物の事が多くあり
とても興味深く
原作が「みをつくし料理帖」の高田郁ということなので、これは面白いに違いないと
原作を読みました。

テレビドラマ以降の話は
主人公の幸(さち)が商いに色々な工夫をして
商売を発展させていきますが
その工夫一つ一つが、呉服にほんの少し関わる私としてはホントに面白かったです。

たとえば、「撞木(しゅもく)」
呉服屋さんには当たり前のようにあるグッズです。


反物をかけて、立体的に絵柄を見せられます。
このしゅもくの成り立ちエピソードが
小説の中で語られます。

江戸小紋を普及させるまでの話も面白いです。

フィクション、ノンフィクションの境目は分かりませんが
作者の方はこれだけのことを調べるのは
大変だったと思います。
でも、とても興味深く面白かったです。

主人公の幸(さち)の女性としての苦労
幸せ不幸せも読み応えがありました。

おススメです。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の七回忌

2024年03月26日 | 日記
雨女だった母ですが、昨日の七回忌にも
雨を降らせました(笑)

母から見ると長女、次女夫妻、孫その1ファミリー、孫その2、姪その1の娘、姪その2夫婦が集まり
菩提寺のご住職にお経をあげていただきました。


長女(私)の夫は風邪をひき欠席
孫の若妻は5月に出産予定で、欠席。
お母さん、もうすぐpopoちゃんの次のひ孫が生まれるよ。

遠いところをみんなが集まってくれて、母も喜んだことでしょう。


法事が午後からだったので、お寺近くの食堂でお魚中心のランチを食べ

わたしが注文した鮭の西京焼き定食。

法事が終わってからは、老舗のケーキ屋さんで、お茶を飲み、また会おうね、今度は甥のところに赤ちゃん産まれた時に会えるかな?

お留守番のダンナにお土産のケーキ。
昭和の雰囲気のケーキです。

雨は雨でもそれほどの豪雨というわけでもなく、
無事に法事を営めて、ほっとした「長老」の私でした。

頂きものの地味な色(グレーっぽい藤色)の江戸小紋と文字が書いてあるグレーの法事用の名古屋帯というコーディネートにしました。
雨ゴートを用意せずにでかけてしまったけど、どうにか無事でした。
コートに撥水加工しておいて良かった。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする