ワンコとマジョのくらし

二匹のシーズ犬とマジョおばさんの毎日の暮らしを紹介しま~す。

スイスの旅20 チューリッヒの街散歩

2016-08-30 13:53:59 | スイスの旅
外国に行くと~よく身の安全を考えて~緊張して歩くことがありますよね~ここ~スイスは~~~そんな事一切~感じなかった~まぁ~耳に入ってくる言葉は、ドイツ語が多いけど・・・こんな経験は~~~ニュージーランドに行ったときも感じた~それだけ治安が安定してるんだね~チューリッヒの街は2回にわたってマリアに案内してもらっている~チューリッヒで育ったマリアは慣れた様子で案内してくれる・・・でも・・・時折・・・立 . . . 本文を読む
コメント (4)

スイスの旅19 スイスでチラシ寿司を作りました!

2016-08-29 14:46:40 | スイスの旅
湖上オペラ、サンクトガレンの旅を終え~熟女7人はチューリッヒにあるベアさんのお宅に戻ってきました。ベアさんのお宅は広いです~バスが2か所、トイレが3か所・・・迷子になりそう・・・地下には巨大なワインセラー、洗濯場、と~~~ビッグなお宅です。サンクトガレンの市場でサラダ用の野菜を買ってきた。日本からレトルトのチラシ寿司の素、鶏タケノコ炊き込みご飯の素を持ってきた。お米は6合~今回はお米3合でチラシ寿 . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅18 サンクト・ガレンの街を歩く

2016-08-28 21:04:05 | スイスの旅
ブレゲンツからの帰り~世界遺産サンクト・ガレン大聖堂のある街を散策しました。バロック様式の教会で絢爛豪華ですね。そして隣接している修道院図書館に行ってきました。こちらも見事な建築様式でした。写真は禁止で残念ながらお伝えできません・・・10万冊を超える蔵書は重厚な本棚に収められていました。図書館に入るには、手荷物はすべてロッカーに入れなければなりません。そして・・・特別なスリッパを履いて・・・トレッ . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅17 ボーデン湖・湖上オペラ

2016-08-27 19:23:43 | スイスの旅
今回のスイスの旅の~~~アタシの中でのハイライトは~マッターフォルンと湖上オペラでした。マッタフォルンは青空の中の勇姿ではなかったにしても・・・充分~満足の行くハイライトでした。そしてセンティス山の素晴らしい絶景を楽しんだ後~~~また車に分乗して~~~国境を越えてオーストリアに入りブレゲンツに到着しました。オペラ会場の~すぐ!目の前のメルキュア・ホテルが今日のお宿です。オーストリアに入ったら・・・ . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅16 センティス山からの眺望Ⅱ

2016-08-26 09:14:35 | スイスの旅
昨日に引き続き~センティス山の絶景を載せたいと思います。ロープウエイの駅からトレッキングのルートがあるらしい~最短、ポピュラーなルートでも3時間半ぐらいかかるらしい~夏、スイスを楽しむ世界の方は多い~サイクリング、バイク、トレッキングなど~様々なスポーツを楽しんでいる こんな雪渓を歩くには~本格的な登山の用意が必要ですね。このトンネルには、昔から登山するためのスキーや荷物を運ぶための道具などが展 . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅15 センティス山からの眺望Ⅰ

2016-08-25 19:28:04 | スイスの旅
スイスの旅のブログを続けましょう~8月4日は、スイスの旅のもう一つのハイライト~~~ブレゲンツでの湖上オペラ鑑賞がありました。朝マリアとベアさんのいとこにあたるグラッセさんが車で到着した。ベアさんの車と2台に分乗して~オーストリアのブレゲンツに向かいました。この日は快晴!素晴らしい!お天気!高速を使って~~~東に向かいました。スイスの高速料金は、一年間に乗る高速の距離を申請して1年分払い込むそうで . . . 本文を読む
コメント

草津よいと~こ~湯畑

2016-08-24 22:13:46 | 
まだまだ~~~素晴らしい絶景~そして面白いお話がある~~~スイスの旅をちょっとお休みしまして・・・この火曜日水曜日~ダイパパと2人で草津の旅に出かけました。ダイミキのいない旅は・・・ホントに!16年ぶりでしょうか・・・ドライブの時も・・・おしっこタイム、散歩タイム、お水タイムでサービスエリアに止まることもなくなりました。2匹を連れて歩くと・・・あら~可愛いわねぇ~と必ず声かけられ・・・飼い主として . . . 本文を読む
コメント (2)

スイスの旅14 ルッツエンの街を歩く

2016-08-23 10:00:00 | スイスの旅
マリアとベアさんに見送られてルッツエン湖の船旅を楽しんだ後~ルッツエンの街に入りました。この街に入った途端~アタシの胸は高鳴ります~カぺル橋の写真を見て以来~~~この街に魅力を感じていました。期待を裏切らなかったですよ~どこから撮ってもカメラアングルが抜群!この橋だけでブログが終わりそうです・・・湖から襲ってくる敵から街を守るための城壁の一部だそうです。完成は1333年、塔は見張り台だそうだ。お花 . . . 本文を読む
コメント (2)

スイスの旅13 ブルンネンからルッツエン・船の旅

2016-08-22 10:00:00 | スイスの旅
2泊お世話になったベアさんのコテージから出発~8月3日~今日は素晴らしいお天気でした。ツーカーベルグの山を下り~アーツの街のベーカーリーに寄った。パン屋さんの老舗らしい~ココでお昼に食べるパンを購入~みんなでいただくようにリバーブのピザと各自食べるパンを購入~アタシはマリアのお母さんがよく作ってるれるというアップルパイみんなでいろんな味のアイスクリームをいただいた~ココでアタシは蜂蜜を購入しました . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅12 ツークの街でお買い物

2016-08-21 10:51:00 | スイスの旅
シュビーツからアーツを通ってツークの街に戻ってきました。途中の湖で~~~マリアとベアさんは水着に着替えてしばし~~~スイミング!いつも車に水着とタオルは積んであるみたいよ!どこの湖も、注意してみると・・・誰かが泳いでいる!海のないスイスでは・・・水泳は湖で泳ぐんだね!びっくり!だからといって~~~着替えの小屋やシャワー室があるわけではないの・・・彼女たちは器用に着替えて・・・泳いで・・・さっさと! . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅11 スイス発祥の地・シュビーツの街

2016-08-20 16:55:38 | スイスの旅
コテージで最初の夜を過ごした翌日もいいお天気の朝を迎えました。しかし、この日よりも翌日のほうがお天気がいいというのでルッテェンへの船の旅は翌日に回し~シュビーツの街を案内してもらいました。シュビーツはスイスの語源にもなった街でオーストリアのハプスブルグ家との戦いに勝ってスイスの基礎を築いたといわれています。マリアとベアさんが運転する2台の車に乗ってシュビーツの街に向かいました。街のシンボルのミーテ . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅10 リギ山の見えるコテージ

2016-08-19 10:16:09 | スイスの旅
マリアとチューリッヒの駅で感激の再会をしてから~駅前からトラムに乗りマリアの妹さん、ベアさんのお宅に行き~2泊分の荷物をまとめて~ツークバーグにあるベアさんのコテージに車で行きました。眼下にツーク湖が見えます大きな屋根は牛の牧場です。放牧してる牛さんの首についてるチャペルがカランコロン聞こえる~~~天国のようなエリアです。雪を抱いた荒々しい山ではなく~~~優しいお山ですね目の前にクイーンマウンテン . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅9 チーズの故郷・グリュイエール村と城

2016-08-18 20:41:37 | スイスの旅
ツエルマットで2泊した翌日はチーズの故郷・グリュイエール村に向かいました。アタシの予定では西のモントルーにいってからラボーのブドウ畑、レマン湖などを見ながら北上してグリュイエールに到着するイメージでした。しかし駅のスタッフに聞いたところ~~~案内されたルートは北上してベルン経由~そして南下してバスに乗り換えブーレーから~また鉄道乗り換えの・・・計4回乗り換えのルートでした。予想外のバスの旅もあり~ . . . 本文を読む
コメント

スイスの旅8 グレッシャーパラダイス展望台に登ったつもりが・・・

2016-08-17 22:18:08 | スイスの旅
ツエルマットに着いた翌朝は~~~旅のハイライトになる予定でした。最高のシナリオは・・・真っ青な青空でマッタフォルンの雄大なお姿を見ながら・・・ツエルマットまでのハイキング4時間を楽しむ!・・・でした!しかし・・・お天気頼み!ですからね・・・ローテンボーテンからリッフェルベルクまで霧の中のハイキングを楽しんで、リッフェルベルクのレストランでランチを楽しみ~陽が射してきたので・・・またゴルナーグラート . . . 本文を読む
コメント (2)

スイスの旅7 ローテンボーデンからハイキング

2016-08-16 20:41:10 | スイスの旅
寒かったゴルナークラートの展望台から、また鉄道に乗ってローテンボーデンで下車ここからハイキングを始めました。歩き始めると~~~次々に可愛らしいお花が目に入ってきます。どのお花も、過酷な環境に順応しやすいように背が低く、小さい~カメラに撮るには・・・けっこう~はいつくばってシャッターを押しました。まもなくあるくと・・・リッシェルゼーに映るマッターフォルンが見えてきました。が残念!マッターフォルンの半 . . . 本文を読む
コメント