さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

COVID-19ワクチンには自己免疫疾患を引き起こす致命的なエピトープが含まれている Ethan Huff

2020-12-21 17:20:27 | 毒ワクチン
以前の記事:
ファイザーの研究責任者:Covidワクチンは女性の不妊化である Health & Money News
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8c1518e410cc6e6925a8d5225a4316aa 
この記事には、第2項、シンシチン-1への自己免疫誘発による不妊化問題以外にも、とても重要なことの要点が記されています

第3項の「遺伝子編集ナノ粒子のエチレングリコール系被膜とアレルギー(アナフィラキシー)」については、先に解説記事をアップしました、

ロバート・F・ケネディ・Jr.:ファイザー社とモデルナ社のCOVIDワクチンナノ粒子は、致死性が確認される可能性のある有毒化学物質で被膜されている
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a002ef65663b173ab75053dce4ed8f7f 

本記事は、第1項

いわゆる「非中和抗体」の形成は、特にワクチン接種後に被験者が本物の「野生の」ウイルスと対峙する場合に、誇張された免疫反応を引き起こす可能性がある。このいわゆる抗体依存性増幅(ADE)は、例えば猫のコロナワクチンの実験から長い間知られていた。これらの研究の過程で、最初はワクチン接種によく耐えたすべての猫は、野生のウイルスをキャッチした後に死亡した。

についての解説と言えるでしょう。

連中はこればっかりなので、あたりまえですが、徹底的に悪意に満ちた「コロナワクチン」(人間用滅菌消毒殺虫剤)です。この害だけでも、Covid21 と称することができるのは、明らかでしょう。



COVID-19 vaccines contain deadly epitopes that cause autoimmune disease
COVID-19ワクチンには自己免疫疾患を引き起こす致命的なエピトープが含まれている
エピトープ (epitope) は、 抗体 が認識する 抗原 の一部分のこと、です)
Wednesday, December 16, 2020 by: Ethan Huff  
https://www.naturalnews.com/2020-12-16-covid19-vaccines-contain-deadly-epitopes-autoimmune-disease.html



(Natural News) 最近のペンシルバニア州での医療の自由の記者会見で、ジェームズ・ライアンズ-ワイラー博士[Dr. James Lyons-Weiler]は、自己免疫疾患を引き起こすことが知られている成分を含む致命的な武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンを解き放った大手製薬会社を強烈に非難しました。

ワクチン会社は、ジャブ(接種)の処方からエピトープとして知られているものを除去するように促したライアンズ-ワイラー博士のアドバイスを受けるよりも、代わりに、ドナルド・トランプ大統領の「ワープ・スピード作戦」の一環として、ワクチンを迅速に出荷するために、開発プロセスを急いでいます。

歴史的に、コロナウイルスのワクチンは恐ろしい安全性の記録を持っています」、とライアンズ-ワイラー博士は主張しています。

「病原性の霊長類による疾患増強として知られている状態があり、これは過去のワクチン安全性研究においてワクチン接種動物で発見されました・・・ワクチン接種後、ワクチン接種動物はより重篤な疾患を発症しました。そして、野生型ウイルス*から感染症を獲得すると、より多くの動物が重篤な感染症、重篤な状態になり、より多くの動物が死亡しました。」(*訳注:原文では誤記と思われるので訂正しています)

彼自身査読された研究者であるライアンズ-ワイラー博士は、現在開発中のSARS-CoV-2のワクチンを含め、コロナウイルスワクチンの広範囲にわたる研究を行ってきました。彼が発見したのは、ワクチンに含まれる特定のタンパク質成分が、前述の重篤な病気の引き金になるということです。

「私は、SARS-CoV-2ウイルスに含まれるタンパク質のうち、1つを除くすべてのタンパク質が、我々が安全でないエピトープと呼ぶものを持っていることを発見しました」、と彼は記者会見で説明しました。

感染または注射を介してのSARS-CoV-2ウイルスのタンパク質によって、自己免疫疾患の標的となる可能性のある約3分の1のタンパク質は、免疫系を標的としています(標的は免疫系にある)。しかし、最初から、このウイルス*は病気を引き起こす能力の一部として、私たちの免疫系を攻撃する能力を進化させたように見えます。」 (*訳注:SARS類のことですが、現時点では、我々の身近にはほとんどなさそうです。しかし、コロナ「ワクチン」で、「存在」するようになるでしょう)

For more related news about Wuhan coronavirus (COVID-19) vaccines, visit Pandemic.news


COVID-19ワクチンは、新しい自己免疫疾患のパンデミックに拍車をかけるだろう

ライアンズ-ワイラー博士は、COVID-19は単なる呼吸器症状を持つ呼吸器ウイルスではなく、むしろ全身の組織にダメージを与える免疫系攻撃ウイルスであると正確に予測しています。それを考えると、なぜワクチンメーカーは同じ免疫系攻撃性成分を含むワクチンを作ったのでしょうか?

「これは全身の多くの組織に影響を与え、そして、もしあなたが感染しようとしているかどうかについて重大な懸念があります」、と彼は言う。「しかし、同じタンパク質を注射された場合の重大な懸念はどこにあるのでしょうか?

ライアンズ-ワイラー博士は、COVID-19ワクチンを開発すると発表した全てのワクチン会社に、これらのエピトープについて警告しようとしたが、何の反応も得られなかった。全てのワクチン会社は、安全性の低いCOVID-19ワクチンの開発を進めたと彼は言います。

「私の知る限りでは、ワクチンメーカーは、一社の例外もなく、彼らがワクチンを処方する前に、それらの安全でないエピトープを除くことを検討してくださいとの懇願とともに、私の研究を電子メールで送られたにもかかわらず、ワクチンからそれらの安全でないエピトープを除去するようにとの私の警告への注意を払っていませんでした」、とライアンズ-ワイラー博士は、彼のスピーチの最後に向かって憤激した。

ところで、《病原性プライミングによる病気の増強》というのは、ワクチンが、その中に含まれる化学物質でそれを受けた人に新たな害を与えることを可能にして、免疫系に新たな入り口(隙間)を作るということを述べる意匠を凝らしたやり方というだけです。

「これは、これらのワクチンの製造者やその背後にいる人々が、本当に治療を念頭に置いているのではなく、むしろ私たちの体に対してより多くのコントロールを課すような他の邪悪な目的を持っていることの証拠です」、と、あるツィッターユーザーは、ライアンズ-ワイラー博士の発言の投稿されたビデオに反応して書きました。

「あるいは、おそらく徹底的な(明白な)人口削減か?」ともう一人別の人が尋ね、ワクチンメーカーはジャブによる被害に対するすべての責任から完全に免除されているという他の人からのコメントに反応していました。

Sources for this article include:

Twitter.com

NaturalNews.com

++
それから、mRNA入り人工「ウイルス」もどきを打たれたら、体内でキメラウイルスが出現するだろうことも、容易に想定できます。とにかく、謀略だらけのコロナ「ワクチン」なのです、、






なお、最近、以下のような論文も出ています

https://www.nature.com/articles/s41564-020-00789-5
Nature Microbiology volume 5, pages1185–1191(2020)
Antibody-dependent enhancement and SARS-CoV-2 vaccines and therapies
抗体依存性増強(強化)とSARS-CoV-2ワクチンと治療法

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する抗体ベースの薬剤およびワクチンは、前臨床および臨床開発を通じて迅速化されている。SARS-CoVおよび他の呼吸器ウイルスの研究から得られたデータは、抗SARS-CoV-2抗体が抗体依存性増強(ADE)を介してCOVID-19を悪化させる可能性があることを示唆している。これまでの呼吸器同期ウイルスおよびデングウイルスワクチンの研究では、ADEに関連したヒトの臨床安全性リスクが明らかになり、ワクチン試験は失敗に終わった。ここでは、主要なADEのメカニズムを説明し、開発中のSARS-CoV-2ワクチンおよび治療法のための緩和戦略について述べる。また、SARS-CoV-2に対する抗体による保護のリスクと機会を評価するために最近発表されたデータについても概説する。・・・



なお、コロナ「ワクチン」の多くが、遺伝子改造「ワクチン」であることは、もう言うまでもないでしょう。

ロバート・F・ケネディJr: COVID19ワクチンは何としても避けるべきである
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/67d495b225e64cc1f573085b8e823b36

治療法:GMHワクチン(人間遺伝子改造ワクチンは何を「治療」するのか?)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0e9240f4c7f7ada9cb3b92a10192f0b8

“COVID Vaccines” and “Genetically Modified Humans” By Dr. Carrie Madej and Mark Taliano Global Research, December 19, 2020
https://www.globalresearch.ca/covid-vaccines-and-genetically-modified-humans/5718907


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いいちこ)
2020-12-21 20:53:56
ホワイトハウスへの請願書の署名 拡散

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060125.html

以前、私の方からもこのブログにてホワイトハウスへの請願書の署名を皆さんにお願いいたしましたが、今日はメールでChange.orgさんからも「呼びかけ」が届いていますので、まだ署名されていない方で署名したいと思われる方はぜひ署名をお願いします。日本の政界も沼の泥水を抜く必要がありますね。

コメントを投稿