さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴイムの絶滅はカバラの基本

2021-06-18 12:00:00 | 毒ワクチン
Exterminating the Goyim is Basis of the Cabala
ゴイムの絶滅はカバラの基本
https://henrymakow.com/2021/06/exterminating-the-goyim-is-bas.html



カバラ(悪魔崇拝)はイルミナティのイデオロギーである


「反ユダヤ主義」という中傷は、厳しい現実から
注意をそらしています。憎しみは実際には、
カバリストのユダヤ人とそのフリーメーソンのエージェントから、
私たちのジェンダー、人種、宗教、国民のアイデンティティを
同時に攻撃する形で発せられています。
この憎しみは現在、パンデミックの精神作戦と殺人ワクチンに表現されています。


ユダヤ人であろうとなかろうと、
この極悪非道なアジェンダに反対するという意味での
「反ユダヤ主義者」でなければ、あなたは
その適合性と無知のために大きな代償を払うことになるカモです。



テッド・パイク[Ted Pike](74歳)は、30年間の宣教活動を通じて、人類への英雄的な奉仕を行ってきました。1988年には、匿名の寄付者の寛大さに感謝して、キリスト教の伝道者に1万5千部の本書を送りました。1990年代には、750回にも及ぶラジオ放送で、憎悪法の制定を阻止することに貢献しました。彼のビデオ『シオニズム&キリスト教ー不道徳なる同盟』は、私たちの世界を理解する鍵となります。芸術家であり彫刻家でもある彼は、現在、自然、特に鳥や動物に神の手があることを示すプロジェクトに取り組んでいます。 ドナルド・トランプは詐欺師であると考えています。この本は、24.95ドルをTed Pike PO Box 828 Clackamas OR 97015までお送りくだされば、購入できます。



from Jan 13, 2019
by Henry Makow PhD


人類が今日直面している危機を十分に理解するために、テッド・パイクの『Israel: Our Duty...Our Dilemma(イスラエル:私たちの義務・・・私たちのジレンマ)』(1984年)をぜひ読んでみてください。ユダヤ教の最も神聖な書物である「カバラ」の本質的な教えは、非ユダヤ人は進歩の妨げとなり、征服または絶滅させなければならないというものです。この思想が、人類の悲劇的な歴史と差し迫った運命の多くを説明しているのでしょう。


(Ted, no relation to Albert Pike)


このアジェンダに気づいているのは「宗教的な」ユダヤ人だけだが、彼らは銀行システムとフリーメーソンを支配することで、西洋を非常によくコントロールしている。トランプがこれらのユダヤ人に囲まれ、常にメーソンのハンドサインをしているという事実は、グローバリズムに反対することが、ゴイムにハルマゲドンを解き放つという彼の真の使命から目をそらすことであることを示唆している。 もちろん、私たちはそうでないことを願っている。



時間をかけてカバラを読む人はほとんどいない。テッド・パイクはそれを行い、その結果を第12章「カバラの陰謀」にまとめた。 (110-123)

カバラは、「パリサイ人とその子孫が、神からこの世界の支配権を奪い、自分たちに与えようとする試み」である。

これが、神に取って代わるというサタニズムの定義である。そのカバリストの中心にあるユダヤ教は、悪魔主義である。だからこそ、神を信じなくてもユダヤ教に従うことができるのである。


ゴイムへの憎しみ

カバラによれば、異邦人はその存在自体が、ユダヤ人の支配と地上の天国を妨げるものである。「カバリストは異邦人の絶滅を、宇宙の秩序を取り戻すために必要なプロセスと考えていた。異邦人は悪魔の一種である・・・サタンそのものだ。」

パイクはカバラを引用している、「神がその姿を現すとき、彼らは地球の表面から拭い去られるだろう。」 (I Ber. 25b)

その祝福された日まで、ユダヤ人はゴイムに虐げられていると感じている。

旧約聖書における「人間」とは、ユダヤ人だけを指す。人間はどのようにして世界を征服するのか?



「可能な限りの欺瞞と策略で 適切な秩序が回復するまで、絶え間なく戦わなければならない。だからこそ、私は満足して、彼らから解放され、彼らを支配すべきだと言うのである。」(I, 160a, Pranaitus Trans. p.74)

大量の欺瞞の武器を誰がコントロールしているかを考えると、これは恐ろしいことである。

ユダヤ人の世界支配が起きたとき、メシアは「その力を発揮して、彼らを世界から絶滅させる」という。(III, Schemoth, 7 and 9b, de Pauly.)

「これらが絶滅させられるとき、神がその日に天地を作ったかのようになる・・・」(I, Ber. 25b)

「聖なるものが・・・世界のすべてのゴイムを絶滅させる瞬間、イスラエルだけが存続するだろう、その日に条約だけが偉大に現れるだろうと書かれているように。」 Vayschlah, follo 177b de Pauly, Webster p.373.

カバラは、宗教上の最高の義務として異邦人の絶滅を推奨している。そうしてこそ、ユダヤ人は栄えることができる。

ほとんどのユダヤ人は、この極悪非道な計画に気づいておらず、確かにこの目標を共有していない。しかし、このゴイムの服従こそが「グローバリズム」と「新世界秩序」の本質なのである。

「選ばれた人々」は究極の詐欺である。警鐘を鳴らすのは好きではないが、過去と現在の世界の出来事を説明するにはこれが最適である。私たちは悪を認識し、それを名前で呼ぶ能力を失ってしまったのである。これは意見の相違の問題ではない。これは善と悪の問題である。

悪についてお話ししよう。悪は、あなたやあなたが大切にしているものを含め、すべての善良なものを破壊しようとしている。

そして、カバリストの多くはフリーメイソンであることを覚えておいてほしい。彼らは異邦人であり、食卓につくことを望み、悪魔に魂を売ったのである。彼らは必要不可欠な存在だったし現在もそうである。私たちは、広範囲にわたる悪魔崇拝者の陰謀について話している。ユダヤ人の手先ではなく、悪魔崇拝者に焦点を当てよう。

もしこの計画が本当に世界の出来事の背後にあるのであれば、人類はそろそろ自己満足から抜け出して、防衛のための組織を作るべきである。

----
Related-
Makow - Are Cabalist Preparing Another Holocaust for Goyim?

Texe Marrs: Jewish Agenda is to Enslave the Goyim

Youssi Gurwitz - When Israel is Mighty

Organized Jewry Seeks to Disarm Goyi in Advance of Next Goy Holocaust

Disarming the Goyim by Ken Adachi
--------------



関連

ワシントンDCの悪魔的KKKの指導者
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6be8d6ca3068dbb2f909526e3a914e00

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ファイザー社、コロナウイル... | トップ | 専制と腐敗に対する反発を高... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-06-18 13:21:24
政府は初めから「猛毒」だと分かってワクチンを打たせ、職域接種を積極的に行う企業は、「ワクチン利権」にあやかるために、従業員をワクチン接種という「生贄」に出す。

https://shinjitsu7.com/2021-6-18/2515/

絶対にワクチンは打つべきではありません。

ワクチンは、打ったら最後です。



健康面でも経済面においても、打ったら最後です。

健康を失い、働く力を失い、寿命を失わせます。

厚労省に報告されている「副作用」「重篤者」「死亡」は、間違いなく氷山の一角です。

コロナワクチンを接種することで、自分達の中にある「遺伝子構造」を変えてしまうのです。

つまり、神様が備えてくださっている、私たちの肉体が健康に動くために与えられた「情報」を書き変えてしまうのです。

ワクチンを打つことは、私達を作ってくださった神様への冒涜行為です。
Unknown (SgtTak)
2021-06-18 23:14:58
やはりここですね!
この思想を理解しないとなにもわかりません。

コメントを投稿

毒ワクチン」カテゴリの最新記事