さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党はIDなしで投票してもいいが、あなたはワクチンのIDがないと社会を歩けないと言っている Ethan Huff

2020-12-07 17:35:58 | 「コロナ」詐欺
民主党はIDなしで投票してもいいが、あなたはワクチンのIDがないと社会を歩けないと言っている Sunday, December 06, 2020 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2020-12-06-democrats-vote-without-id-vaccine-society.html



ナチュラルニュース)武漢コロナウイルス(Covid-19)の大流行の次の段階は、中国のウイルス「免疫カード」の公開である。これは、国防総省(DOD)が「群れ」の予防接種状況を継続的に追跡するために、すべてのアメリカ人に送ることを計画している。

その新しいイニシアチブの背後にあるものは、確認を求めることは「プライバシーを侵害する」ので、選挙で投票するときに身分証明書は必要ないと主張しているものと全く同じものであるにもかかわらず、人々がどれだけ多くのWuFluワクチンを受けたかを、政府にスパイさせることは、どういうわけか完全に正常である。

CNNは、DODの免疫カードの最初に知られている画像について報じた。このカード情報は、疾病管理予防センター (CDC) によって記録された順守ログに、収集され、保持されるだろう。予防接種を最新の状態で受けた者は、おそらく「ノーマルの」状態に戻ることが許されるだろう。他の個人的な健康上の選択をする人々は、潜在的に追放や他の形態の罰に直面することになるだろうが。



予防接種アクション連合の准理事であり、中国ウイルスワクチンの支持者でもあるケリー・ムーア博士[Dr. Kelly Moore]によると、すべてのアメリカ人は、財布の中に忍ばせておく必要がある記入されたカードを受け取るでしょう。それを自分たちの書類を見せるようにお願いする政府の革長靴に提示するために。




単なる陰謀団医師ですネ


「まずは単純で容易なことをやろう」、とムーアは言っていると引用されている。付け加えるに、アメリカ人はまた、個人の携帯電話番号を 政府と共有するように頼まれるだろう。そうすれば、彼らは「ブースター」中国ウイルス注射を得ることについての一定のリマインダーを受け取ることができますよと。 「誰もがそれを得る予定です。」


民主党:私の体、私の選択は、赤ちゃんの殺人にのみ適用されます

すべての投与されたCovid-19ワクチンの接種は、CDCによって追跡され、記録されることになる。一方、国防総省は、アメリカ人全員が受け取る「ワクチンキット」の一部として、針、注射器、アルコールワイプ、マスクなどと同様にカードの発送を担当するだろう。



ドナルド・トランプ大統領と彼のオペレーション・ワープ・スピード(OWS)プログラムの指示で、国防総省は他の政府機関と協力して、食品医薬品局(FDA)が緊急承認を出すとすぐに、ワープスピードで大衆にワクチンを打つことになるだろう。

トランプが個人的に任命したOWSのCEO、グスタフペルナ将軍[Gen. Gustave Perna]によると、すでに1億個のワクチンキットが準備されており、FDAからのグリーンライトを待ち、ワープスピードで公衆を強打するのを待っているとのことである。

ジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントン、バラク・オバマの3人は、自分たちのワクチンを待ち望んでいる。これら3人の手下たちは、より多くのアメリカ人を操作して、予防接種を受けることに同意させようとしている。

「私がこの科学を信頼していることを人々に知ってもらうために、私はそれをテレビに撮ったり、撮影したりするかもしれない」とオバマは言っている。 (訳注:どうせ、プラシーボのリンゲル液でも打つだけだろうと、みなが思っている)

左翼に愛されている、取り繕い屋の医者、アンソニー・ファウチもまた完全に参加している。多くのアメリカ人が注射を拒否するかもしれないことを懸念して、しかし、ファウチは、予防接種を受けることに同意しない人々に対して、それは「非常に深刻な状況」になると言って脅しを発した。

「3人とも「副作用」が出て死んでしまったら、どんなに凄いことだろう・・・正義はついに果たされた」とZero Hedgeのあるコメンテーターは、ブッシュ、クリントン、オバマが彼らのジャブを手に入れたことについて書いている。

「公式に医療プライバシー、またはあなた自身の体(赤ちゃんを殺したい場合を除き)上の権利を持っていないことへようこそ」、ともうひとり別の人は、私の体、私の選択は、まだ子宮の中にいる赤ちゃんを殺害することだけに適用されると主張する民主党の偽善を指摘して書いた。

武漢コロナウイルス (Covid-19) についての最新ニュースの詳細は Pandemic.news で見つけることができます。

Sources for this article include:

ZeroHedge.com

NaturalNews.com


++
「オペレーション・ワープ・スピード」の中身が、本当は、国家反逆者逮捕のことなのかどうか?スリリングなことですネ



https://twitter.com/saitoon5963/status/1335414762205671425

Saitoon@妄想世界案内人@saitoon5963

ディープステートこそが真の「ウイルス」であり
そのワクチンとは「逮捕」そして「駆除」すること。

という流れになりつつある。

日本の政治家たちも含まれる。


https://twitter.com/5s4lYK8Ljyx5Sxq/status/1335662715121979393
マッカーサーJr@5s4lYK8Ljyx5Sxq Replying to @saitoon5963

マスメディア、N・K、タレント、アーティスト、政治家、銀行家、医療従事者(特に薬剤関連)、上級国民、警察上層部、芸能事務所、出版業界、NPO、官僚から大量逮捕がおき、とにかく想像を超えた事態になりそうです
国民も調査し、さらなる売国奴の炙り出し、魔女狩りがおきるのではと思っています


https://twitter.com/binbou415/status/1335769012093906944
びんぼ♬@binbou415

コロナ協力者大量逮捕か、カバールが押し切ってみんなに毒ワクチンを打ち込むか、手に汗握る展開になってきました(@_@)

https://twitter.com/OSAISENMAN/status/1335808464828821504
お賽銭マン@OSAISENMAN

サイバー部隊退役軍人トーマス・マキナニー中将、トランプ大統領の計画的な大量逮捕について(日本語字幕)

https://twitter.com/i/status/1335808464828821504


https://twitter.com/astroecology/status/1335764320634904576
世一良幸@astroecology

コロナ感染と死亡を5Gを使って拡大、ついでワクチンが必要として洗脳し、ワクチンで殺害。裏社会による二本立ての虐殺作戦。

政治家は5G普及地域とコロナの相関について国会で取り上げよ!

なに?殺される?

よくわかってるがな(笑)


++
白状するなら、今のうちですけどネ


トランプ政権、国防省委員会メンバー9人を罷免 人員整理続く 大紀元 2020年12月07日 16時55分
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65577.html

11月、リトアニア国防長官との会談に臨むクリストファー・ミラー国防長官代行(Alex Wong/Getty Images)

米トランプ政権による国防総省の人員整理が続いている。同省外部専門家による諮問機関 「国防ビジネス委員会」 の委員9人を交代したことがわかった。

米国防長官代理クリストファー・ミラー(Christopher Miller)氏が4日の声明で、国防ビジネス委員会マイケル・バイヤー(Michael Bayer)会長を含む9人の更迭を明らかにした。

11月26日、同省が国防政策委員会の人事改革を行ったばかり。ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)元国務長官、マデレーン・オルブライト(Madeleine Albright)元国務長官、ゲイリー・ラフヘッド(Gary Roughead)元海軍作戦部長など、著名な委員数人が解任された。

声明によると、新メンバーとして、トランプ選挙陣営の元責任者コリー・レバンドフスキー(Corey Lewandowski)氏と共和党の保守運動家デイビッド・ボッシ(David Bossie)氏、ベテラン軍人で軍事評論家コリー・ミルズ(Cory Mills)氏などが任命された。

ミラー氏は声明で、新たに任命された委員が今後、数年間にわたり同省のビジネス業務に貢献すると期待し、「それぞれの分野で実績があり、国防総省や国全体のためにリーダーシップを発揮してきた」とした。

2020年米大統領選挙でトランプ大統領陣営による不正選挙の追及がスタートして以来、同政権は国防総省の人員入れ替えを頻繁に行ってきた。トランプ大統領は11月9日、国防長官のマーク・エスパー(Mark Esper)氏を解任し、国家テロ対策センター所長で元大統領特別補佐官のクリストファー・ミラー氏の代行を発表した。

11月17日には、選挙のセキュリティ最高責任者クリス・クレブス(Chris Krebs)氏を解任した。サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)代表であるクレブス氏は「いかなる投票システムにも、票の削除あるいは紛失、改変などで選挙が侵害された証拠はない」と報告していた。トランプ氏はCISAの声明は「不正確」であるとコメントしていた。

11月19日、国防長官代理ミラー氏は声明で、すべての米軍特殊作戦部隊と特殊情報機関に自身への報告義務を課した。「軍事の引き継ぎと軍事活動はリスク、未知の挑戦とチャンスを伴う」ためだと説明した。

(翻訳編集・佐渡道世)


コメント (99)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

爆弾発言:ジョンズホプキンスの研究者曰く、CDCのデータは、COVID-19は、高齢者の死亡率には影響がなく、米国の死亡数を増加させていないことを示している JD Heyes

2020-12-07 09:00:00 | 「コロナ」詐欺
爆弾発言:ジョンズホプキンスの研究者曰く、CDCのデータは、COVID-19は、高齢者の死亡率には影響がなく、米国の死亡数を増加させていないことを示している  Friday, December 04, 2020 by: JD Heyes
https://www.naturalnews.com/2020-12-04-research-cdc-data-covid-19-no-effect-deaths.html



(ナチュラル・ニュース)すべてが終わったとき、アメリカ人-そして世界-は、COVID-19ウイルスがパンデミックと同様に実在する一方で、感染・死亡率について私たちが聞いたことは事実上何も正確ではなかったことを発見することになるだろう。

程遠い:実際には、これは政府のデータを使用して、米国におけるCOVID-19の死亡率と通常の死亡率の新しい分析によって裏付けられている。

11月中旬の時点で、最新の情報によると、米国はコロナウイルスの症例数、1日あたりの新規症例数、死亡者数で第1位となっている。これらの指標を用いて、ジョンズ・ホプキンス大学応用経済学修士課程のアシスタント・プログラム・ディレクター、ジュヌヴィエーヴ・ブリアン[Genevieve Briand]は、「『COVID-19 死:米国のデータの調査」』と題したウェビナーで、疾病対策予防センター(CDC)のデータを用いて、米国の死亡に対するCOVID-19の影響を批判的に分析した:同機関の11月26日付ニュースレターによる(アーカイブはこちら)。

ブリアンがアクセスしたデータによると、3月中旬から9月中旬までの間に、米国での総死亡者数は170万人に達し、そのうち20万人(約12%)がCOVID-19関連死であった。

しかし、ブリアンは、これらの死亡者数だけを見るのではなく、年齢層別、死因別の死亡者数の合計に注目し、そのデータをウイルスの全体的な影響を測るために使用した。

「彼女は、米国の死亡者数に対するCOVID-19の重要性は、米国の総死亡者数と比較することによってのみ完全に理解できると説明した。」、とそのニュースレターは述べている。

その発見は驚くべきものであった-そして、「主流」のシャットダウンメディアで聞くようなものではなかった。

CDC のウェブサイトでデータを取得した後、ブリアンは、COVID-19 が米国で検出される前から感染率が急増した後に検出された期間を含む 2 月上旬から 9 月上旬までの年齢区分ごとの総死亡者数の割合を表すグラフをコンパイルした。

驚くべきことに、COVID-19の前後で高齢者の死亡率は変わらなかった。COVID-19は主に高齢者に影響を与えるため、専門家たちは高齢者集団での死亡率の増加を予想していた。しかし、CDCのデータからはこの増加は見られない。実際、すべての年齢層での死亡率は比較的同じである。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
After retrieving data on the CDC website, Briand compiled a graph representing percentages of total deaths per age category from early February to early September.


「COVID-19による高齢者の死亡報告数が若年者よりも多いのは、単に、米国では毎日、高齢者の方が若年者よりも多く死亡しているからです」とブリアンは指摘する。

ブリアンは続けて、COVID-19が米国にやって来た前後で5万人から7万人の死亡者数が見られ、これはパンデミックのずっと前から死亡者数が正常であったことを示していると指摘した。そのため、ブリアンは「COVID-19は高齢者の死亡率にまったく影響を与えなかっただけでなく、総死亡者数を増加させていなかった」、以上、と指摘していると、そのニュースレターは述べている。(関連記事:メリーランド州知事が密告ラインを拡大、マスク着用を拒否する「憲法上の権利はない」と発言

「これは多くの人に衝撃を与えます。データが私たちの認識とはかけ離れたところにあるのはどうしてでしょうか?」とニュースレターは問いかけている。

答えを出すために、その研究者は2014年と2020年の間の様々な原因を用いることに焦点を変えた。

彼女は、そう、そのウイルスによる2020年の死亡者数の急激な増加があることを発見した、そして、それ自体は驚くべきことではない。しかし、彼女は追加している、彼女はトップ3を含む様々な原因からの死亡率の季節的な上昇があることを発見した:心臓病、インフルエンザ、肺炎(「フルーの季節」)。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
Graph depicts the number of deaths per cause during that period in 2020 to 2018.


興味深いのは、コロナウイルスはまたほとんど、併発症として心臓に問題がある人々に影響を与えるということである。

「これは毎年そうです。アメリカでは毎年、季節の浮き沈みを観察すると、あらゆる原因による死亡者が増加しています。」と彼女は述べている。

「これらすべての点から、COVID-19が過剰な死亡数を生み出したという証拠はありません。総死亡数は通常の死亡数を上回っていない。我々はそれに反する証拠を発見しなかった」と結論づけている。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
Graph depicts the total decrease in deaths by various causes, including COVID-19.
名札付け替えの画期的な暴露ですネ


繰り返しになるが、ニューヨーク・タイムズで読むことはないだろうし、主流の「毎晩のニュース」で聞くこともないだろう。なぜなら、COVIDが「惑星キラー」だから、すべてをシャットダウンしてアメリカ人を隔離し続けなければならないという左翼の恐怖のポルノ談義に反しているからである。

Pandemic.newsでCOVIDの最新情報を入手してください。

Sources include:

Web.Archive.org

NaturalNews.com


++
結局、ほぼ無害な常在コロナの仲間がいるだけです


ジョンズホプキンスから、こんな暴露が出てくるというのは、何か流れが変わった合図ではないでしょうか、、



https://twitter.com/binbou415/status/1335787951859462145
びんぼ♬@binbou415

[感染報道にダマされないで]
PCRの悪用が続く限り陽性反応はいくらでも作れます。陽性=感染とする不正と相まって感染詐欺が永遠と続くことになります。
感染報道はすべてデマです。実際の感染者はひとりもいません。毒ワクチンを打たせる罠です。PCR検査に行かないで!
#コロナは巨大なワナ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲイリー・バーネット:暗い冬は決して終わらない

2020-12-07 05:50:01 | 「グレート・リセット」と世界政府など
ゲイリー・バーネット:暗い冬は決して終わらない November 28, 2020
https://henrymakow.com/2020/11/gary-d-barnett--dark-winter-wi.html


テクネトロニック時代には、より統制された社会が徐々に現れてくる。そのような社会は、伝統的な価値観に縛られないエリートによって支配されることになるだろう。
間もなく、すべての市民をほぼ継続的に監視し、市民に関する最も個人的な情報を含む最新の完全なファイルを維持することが可能になるだろう。これらのファイルは、当局によって瞬時に検索されるようになる。
― Zbigniew Brzezinski, 1971
Between Two Ages: America's Role in the Technetronic Era ・・



未来に対するアジェンダは、社会を一冬ではなく、永遠に暗闇の中に置くことである。この努力のために使用されているツールは、致命的な「ウイルスのパンデミック」と呼ばれているが、実際には、それは単に嘘に基づいた驚くべきプロパガンダであり、弱く、無知で、迎合的な国民に完全に依存している嘘なのである


「すべての政治制度は権力の表れであり、具体化したものである;民衆の生きた力がそれを支持しなくなると、すぐに石化し、崩壊する。」 ハンナ・アーレント[Hannah Arendt]




There Is Foretelling of a Dark Winter: The Real Plan Is for a Dark Year, Dark Decade, and a Dark Century

by Gary D. Barnett
(abridged by henrymakow.com)


「暗黒の冬とは意図的に演出されたイベントのことを指しており」、ジョンズ・ホプキンス民間生物防衛戦略センターによって広められた、・・・これは、上級者レベルのシミュレーション演習として行われたものである・・・これらのイベントは、過去19年間にわたって演出されてきたが、現在、実際に私たち全員を相手に繰り広げられている。これは演習ではなく、現実である。

私がルー・ロックウェルの2020年5月18日の『コロナウイルス「暗黒の冬」心理作戦:すべてに疑問を持ち、いかなる政府の命令にも従うな』と題した記事で述べたように:

「この大規模な専制政治の演習(訓練)の間に有効な唯一の本当の防御は、あらゆる政府の命令に従うことを完全に拒否することである。我々は、人類史上最大の心理作戦(PSYOP)の真っ只中にいる。」

「大衆を対象とした最新の用語は『暗黒の冬』の到来である」、それはプロパガンダに基づく嘘に過ぎず、その嘘は、世界征服支配をもたらすために、この偽のパンデミックの計画的な継続と激化に 羊民を準備させるためである。」

今年の先の冬は、ロックダウン、隔離、廃業、雇用の喪失、経済的破壊、暴動と財産の破壊、医療戒厳令の形で多くの被害をもたらしたことは、残酷にも明らかであった。しかし、冬が終わった後もそれは終わらなかった。銀行や企業の主人からの命令の下、政治階級は多くの命令を続け、第二、第三段階がすぐに明らかになると主張していた。このことは、「暗い冬」についての嘘に多くの人の目を開かせたはずだ。なぜなら、それは終わることを決して意味していなかったからである。今度の冬は、大量の反発と不同意が出てこない限り、継続的な暗黒時代の始まりに過ぎないだろう。一旦アメリカ国民が「暗い冬」の計画を正当なものとして受け入れれば、その暗闇は国家のプロパガンダと嘘によって永遠に続くことになるだろう。

今は、私たちの歴史の中で最も危険な時期である。国家とその主人たちは、国家が主張する「ノーマル」が何であれ、「ノーマル」であると信じるように、国民を操ることができるように近づいているからである。ノーマルの生活に戻ることは数ヶ月前に終わり、毎日が、私たちがノーマルな生活だと思っていることに新しい意味をもたらしている。支配階級ではなく、大多数の人々が自分自身の行動と人生の選択をコントロールするべきであるが、その概念は、国家の「Covid」陰謀が始まって以来、ひっくり返されている。

平穏を取り戻し、継続させるためには、必要な手段を問わず抵抗することが不可欠である。少なくとも非暴力的な手段で、私たちの進む道を変えるには、もうすぐ手遅れになるかもしれない。この暴政が拡大すればするほど、それを是正するのはより困難になるだろう。

「暗い冬」が来るだろう。なぜなら、この詐欺的な「ウイルスのパンデミック」の加害者達は、この人々が、これらの全体主義的なロックダウンと隔離措置と命令によって、病気になり、弱体化していることを、すでに確信しているからである。彼らは、故意に、彼らの政治的行動によって、市民の免疫システムの破壊を引き起こすことを計画している。経済活動がウイルスの蔓延の原因であると断定することによって、人々に事業を閉鎖することを強制することによって、何百万という数の仕事を排除し、ストレスと貧困を生み出したことによって、この国のほとんどの人々は荒廃し、病気や死に弱くなってしまった。今、またインフルエンザの季節が到来し、この国の人々の多くは、そうでないにしても、病気や感染症にかかりやすい状態になっている。

この詐欺の次の計画段階に進むと、「暗い冬」は、「暗い春」、「暗い夏」、「暗い秋」となるだろう;ちょうど、次のインフルエンザの季節に間に合うように。これは進行中の作戦であり、この国の人々による大きな抵抗なしには終わらないだろう。政府や主流メディアの口から出てくる言葉を信じてはならない。この国を支配している者たちは、二度と平穏を許すつもりはない。

まもなくリリースされる、いわゆるCovidの予防接種は、自由の棺桶に刺す致命的な釘となるだろう。メッセンジャーRNA、ハイドロゲル注入によるナノ粒子、有毒な人工ウイルスやアジュバントなど、様々な生物学的物質によって心身が変化する中で、人間の健康や行動を変化させる力を持っているだろうからである。何としてでもこれらのワクチンを避けてください、なぜなら、私の考えでは、これらのワクチンは、一般の人々のコントロールを強固なものにすることを意味しているだろうから。

ワクチンを拒否している人たちに、進んでワクチンを受け入れさせるために、多くの恐怖の戦術が行われるだろう、おそらくバイオ兵器級のウイルスの標的放出を含めて。これがたやすくも人類に対する陰謀の一部であることを認識し、政府のモンスターに抵抗し、反撃するために、あなたの力のかぎりすべてを行おう。


Sources:

https://www.lewrockwell.com/2020/11/gary-d-barnett/there-is-foretelling-of-a-dark-winter-the-real-plan-is-for-a-dark-year-dark-decade-and-a-dark-century/


関連

厚生労働省崩壊 「ワクチンテロ」に日本が襲われる日
https://satehate.exblog.jp/12678730/

アメリカは怖いシミュレーションをやるものです。2007年10月17日と18日の2日間にわたって、「天然痘バイオテロ」の机上訓練を行いました。ダークウィンター[Operation Dark Winter]と呼ばれる訓練です。訓練とは言っても、現職の政府高官や元高官10人以上が参加するという映画さながらの訓練です。アルカイダがオクラホマ市に天然痘ウイルスをばらまき、患者が発生したという想定です。・・・・ p129



「ワクチンだよ。ブッシュ大統領は、『とにかくワクチンがなければ話にならない』と言って、全国民のためのワクチンを用意したんだ」 p130


ビル・ゲイツは差し迫った「バイオテロ」攻撃を計画しているか? by Frank (henrymakow.com) +
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d5ee80706cd515d5c10d977e0a638854

ゲイツは、「バイオテロ攻撃の考えは悪夢のようなシナリオだ。なぜなら、それらは高い死亡率を持つ病原体だからだ」と答えた。


ファイザーの研究責任者:Covidワクチンは女性の不妊化である Health & Money News
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8c1518e410cc6e6925a8d5225a4316aa

ロバート・F・ケネディJr: COVID19ワクチンは何としても避けるべきである
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/67d495b225e64cc1f573085b8e823b36

エボラ偽旗始めましたので、「緊急事態」と「ワクチン」よろしくお願いいたします。
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5d0ff4dbf078c6a76feff1e28e9723d3

++
バイオテロは、ワクチンで行われる、その可能性が高いですネ



https://twitter.com/MsPiroko/status/1335786482099838979
MillionsmilesCherry blossomHorse@MsPiroko

ゲイツ財団により開発資金提供を受けた米モデルナ社製のmRNAワクチンの国内流通の請け負い役を担うばかりか米ノババックス社と連携し自社でも遺伝子ワクチンの開発を急いでいることで話題の武田薬品だが、同社元取締役山田忠孝氏はゲイツ財団・クリントン財団の理事長を兼任した人物でもある。








https://twitter.com/crypto_no_made/status/1335817452421263361
クリプトノマド@crypto_no_made

またロンドン。
「てめえのケツに毒ワクチン射てばいい!」の大合唱。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする