頑固な鮎師の独り言!!

鮎竿、鮎仕掛け、鮎釣技、日進月歩の現在も、鮎ちゃんに見向きもされない頑固な鮎師の独り言!!&珍道中記。

2020年鮎釣り回顧

2020年11月03日 | 鮎友釣り

(狩野川解禁日)

10月29日、鮎釣り納竿を終えたので、今年の回顧をしてみたいと思う。

一番目はホーム狩野川について・・・釣行日数32日

解禁前情報によると、放流量も少なく遡上も同様芳しくない情報が多かったが、

蓋を開けてみると型も良くマズマズのスタート。

その後は度重なる増水で釣果もダウン。

中盤を迎えると興津川&藁科川が絶不調のため釣り人殺到。

その影響と下流部の修善寺・大仁が不調で<嵯峨沢オトリの家>近辺は、

終盤まで狩野川一番の大混雑。

オトリ店上下約1K位、脚で稼ぐ人は、それなりに釣果を上げたが、

満足に歩けない自分には、ツ抜けするのがやっとの結果だったよ。

(魚野川解禁日)

二番目は越後湯沢魚野川について・・・釣行日数4日

解禁日・翌日と釣行したが、相変わらずの大混雑。

釣れる鮎も小型主体。水位も高いのと、北関東のマナーが悪い釣り人が多く貧果に終わる。

解禁から一ヶ月場荒れが進み芳しくない情報だったが、再度魚野川へ。

オトリ店近辺は全く釣れ無いとのことで、本線最上流部へ。

この読みがズバリ的中で、20cm級の引きを楽しんだよ。

来年の解禁日は土曜日なので、解禁釣行は遠慮して、お祭り騒ぎが終わった頃に行くことにするよ。

(青蓮寺川)

三番目は、お初の青蓮寺川・・・釣行日数3日

お仲間が情報を仕入れて8月初旬、お初の三重県青蓮寺川へ。

一番に上げなくてはならないのは、関西圏・中部圏からも近いのに釣り人の少なさ。

二重にビックリしたのは魚の多さだよ。狩野川とは比べようも無い多さだったね。

至る所に竿抜けポイントが有り、オトリを入れると一発反応で20cm以上が追ってきたよ。

又、漁協を兼ねたオトリ店も親切丁寧な店主で好感度抜群。

来年は年券購入で通うつもり。

(西伊豆仁科川)

四番目は、西伊豆仁科川・・・釣行日数1日

8月末、何十年ぶりに仁科川へ。

釣行後に気がついたのだが、エサ釣り解禁後なので一級ポイントでは追いも無く苦戦。

お仲間が見つけたドチャラ瀬で何とか格好が付いたよ。事前情報不足の釣行だったが、

久しぶりに食べた鮎は伊豆では一・二を争う絶品鮎だったよ。

 

昨年はベンチでの腰掛け釣り。今年の前半も同様状態。

狩野川では脚で稼がないと思うような釣りが出来なく苦労したが、

後半は杖の助けを借りて、上下100m位は動けるようになり、

来年は、活動範囲が多くなりそうで楽しみだよ。

振り返ってみると、大怪我を負った当時は鮎釣りは出来ないと諦め状態。

それがここまで回復出来たのは、鮎釣りが腰のリハビリには最適だったのと、

何度も言うが、嫁さんの献身的なサポートのお陰で、

鮎釣りを再開出来るようになった事だよ。

……………………………………………………………………………………

最後までお付き合い有り難うです。ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  鮎釣りブログランキングに参加しています。

他にも鮎依存症候群鮎釣りサイト盛り沢山ですよ。

………………………………………………………………………………………


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四万十川流ズガニ料理 | トップ | 嫁さんに日頃の感謝を込めて »
最新の画像もっと見る

鮎友釣り」カテゴリの最新記事