安珠のブログ

運命は自分でつくるもの。その方法をお伝えします。

正しい光の人

2015-05-27 | 安珠の仕事


私の弟は正人と言います。正しい人と書きます。彼は小学校に入ってすぐ知的障害があると言われました。
以来、中学まで特殊学級におりました。
高校に進学する事は出来ず受け入れてくれる工場を探して就職しました。

耳が片方聞こえないのと言葉がうまく出ないので、周囲の人達に誤解をされやはり居心地が悪かったようです。
何回か職を変えました。 一生懸命やっても手が遅いので、辞めざるを得なかったという事情もあります。

気の強い母の命令に逆らう事も出来ずジッと耐えた半生でした。身体の具合が悪いのに母の「休むな」の
言葉に何年間も従いました。
そして手術をしなければ下半身不随になるところだったのです。

母の判断ミスにもかかわらず、正人は母を責める事もなく
「僕がいなくなったらママがかわいそうだよ」と言ったりしていました。



最近、母が入院したのをきっかけに私と一緒に住む事になったのですが、改めて弟の不自由さや
今までの苦労を感じています。

先日二人で久しぶりにドライブをしたおり正人は私にこう言いました。

「ママがかわいそうだと思ってずっと一緒にいたけど僕はつらかったんだ。
今、ママが入院したのはかわいそうだけど僕はやっと自由になった感じだよ。
なんにもできなかった人生っていうの?

それをなんとかしたい。
もっといろんな所に行きたいし、神様や大勢の人の役に立ちたい。沢山の人に光をあてたい」



私は弟の言葉に泣けてきました。

特に最後のセリフには感銘です。

正人も光を出せる研修会を受けていました。 そして一生懸命手をかざしてくれます。

正人の光は温かくて、痛みがすぐに消えます。

手から出る光が視えたり地震の音がわかるのは私と同じ体質だったようです。



同じ体質?

 
そうなのです。 なんと正人も「視える、そして解かる」タイプだったのです。


私と違うのは光の質。

私のはドーンと溶かしたり光の塊をなげたりするアタックタイプですが
正人の光は「癒し」そのもの。

温かくて優しい光。そして  そしてなんと名前のごとく「正しい人にする光」を出すヒーラーだったのです

おおお   感動だっ  これほどの逸材が身近にいたなんてっ

灯台元暗しとは この事だねっ

 写真は初めての横浜中華街にて。

興奮する私です。

やっと  やっと弟が幸せになれる。 そんな予感。

これからは遠隔セラピー担当で その力を発揮してもらえるでしょう

「正しい人にする光」


背筋を伸ばし堂々とお日様に向かっていく力。 それを促進する光

6月になったらヒーラーデビューの予定です。

正人の光を浴びてみたい方。

少しお待ちくださいね




コメント (1)

神様からのメッセージ

2015-05-26 | 安珠の仕事
朝などは特に神様からのメッセージが降りてきます。
神様からのメッセージといっても、ダイレクトに届くのはエネルギー量的に人間には無理なので、守護存在を通して、私の理解しやすい言葉を選んで降ろしてくださいます。

最近いただいたメッセージはこれ。

「なりたくてなった訳じゃない、という気持ちには魔が潜む

なりたくて成った、という気持ちに魔が祓われる」

これは、やりたくなかったのにやった、には魔が潜み、やりたくてやった、という気持ちが魔を祓う、とも言えるので。

誰かのせいにして生きるなよ。
何かのせいにして生きるなよ。

という事を示して下さったのでしょう。

今日も「自分で選んだ事」としてやって行きたいと思う安珠であります。

コメント

光で守る

2015-05-26 | 安珠の仕事
私、安珠が考案した光のセラピーは心身や魂だけではなく、食品毒を落としたり、パソコンや携帯、乗り物などにも光のコーティングで守ることができます。

飛行機や新幹線での移動の時は必ず、機体全体を光エネルギーで包みこむようなイメージで光エネルギーを放ちます。
研修会を受けた方は、ぜひ、お試し下さいね。くわしくはLINEやメールで説明を補足致します。

それ以外の皆様も、いつも守ってくださる存在やエネルギーに自分が満たされているイメージで、感謝をなさってみて下さい😃
コメント

ジェジュン軍隊日記5月21日

2015-05-22 | 東方神起5
先日もジェジュンに意識を合わせてみましたところ、彼の言葉を次のように感応しました。

J「あのね、僕、出来ちゃうみたい。」

A「軍隊の訓練のこと?」

J「そう。結構出来ちゃう。射撃とか、防空壕みたいな臭い所で待機するのも、出来た。
訓練は厳しいけど、やれば出来るっていうか、うん、僕は意外に適正がありそう」

A「へー?!じゃ軍人になるの?」

J「なる訳ないじゃん‼️」
A「あー、ごめんごめん!ジェジュンは何でも出来るってことだよね、
多分、ユノも、そう、5人ともね」

J「うん。…」

A「ジェジュン?」

J「早く会いたい」

A「ユノに?」

J「うん。皆にも。あのね、最近はね、もう少しで会えるんだって思えるようになってきた」

A「訓練になれて気持ちが落ち着いてきたのかな」

J「うん。そういう感じ」

少し笑った感じが伝わる
ジェジュンからのテレパシーコメントでした。










コメント (1)

安珠のホームページクローズのお知らせ

2015-05-19 | 安珠の仕事
私のホームページが見れないというご連絡を多数いただきました。
ごめんなさい。そんなに見ていただいているとは

お知らせが遅くなってしまいましたがホームページは一旦クローズいたしました。

内容を全面リニューアルの予定です。そのためにバリ島に行ってきます。

8月か9月くらいまでお待ちください。

それまでは こちらのブログに色々お知らせをアップしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

コメント

共生

2015-05-19 | 安珠の仕事
先日訪れた福島での事です。

4歳の子供さんにセラピーをしていたら足が痛そうに感じました。 
お母さんに尋ねると「最近、足が痛いと言います。
それから よく転んだりしています」とおっしゃいました。 実際、その日も二回ほど転んでは泣いていました。
坂道でもなく障害物があった訳でもなく、一人で遊んでいての事です。

光をあてていますと段々と 足に黒い蛇が憑いているのが視えてきました。

鎌首を上げていますので怒っているのでしょう。

どうしてこの子供に憑いているのか尋ねると、その黒蛇からの感応はこういう内容でした。


「自分達は人に何もしていないのに、見つけられただけで殺される。
竹藪で静かに暮らしていたのに卵も全部かきだされて捨てられた。
 私たちの子供を全部殺された。」

嘆きと悲しみと  そして怒り。

行き場の無くなった蛇の感情は 竹藪だった跡地に立った保育園に残りました。

そこの園児たちも何も無い場所で しばしば転ぶそうです。



私たちは研修会が終ったら蛇の供養をする事にしました。



蛇さんの好きな食べ物と水をお供えして儀式を始めました。

天地創造の神様に蛇たちの苦しみと嘆きを消していただきたい。

全員で竹藪だった保育園に光を当ててみました。  すると10分もしないうちに

殺された蛇さん全員でお供えを食べる事が出来た事、そして神様から許されて
楽園のような所にいける事になった、という感応が得られました。

供養祭に立ち会った全員で その事を喜びあいました。

そして

何故 人間は簡単に動物を殺すのか

動物どころか 人が人を、親が子を、子が親を

何故こんなにも簡単に手にかけるのか

「共生」

この言葉が浮かんできました。

共に生きる。

人も動物も同じ地球の上の住民です。  何故 人間だけの地球だと思ってしまうのか


魂と心に刻まれた「愛」は光を亡くしてしまうと闇の存在へと転じてしまうようです。


私の研修会を受けた皆さんは 特に「共生」について考えてみて下さい。

そして光を自分にたっぷりといれて「愛」を思い出して下さい。

それが出来るようになるための研修会なのです。






コメント (1)

忘れる事

2015-05-17 | 安珠の仕事
嫌な事があるとなかなか忘れられなかったりします。 胸や胃が痛くなったり食事が喉を通らない時もあります。
「一晩、眠れば朝には忘れる」
自分に言い聞かせて床についたりします。

それでも忘れる事が出来ない時は、温泉に入って汗で出します。
悪い想念は身体の中に染み込み、そのまま溜めると毒素になるからです。
毒素は体内毒や想念毒になって、病気の原因やトラブルの元になります。

忘れる

「忘れる事は生き上手」

以前、美輪明宏さんがおっしゃっていました。

生き上手になりたいなー。

そう思って昨夜は、発汗がよく出来る銭湯に行った安珠であります。

コメント (3)

安珠の研修会・盛岡

2015-05-13 | 安珠の仕事
5月16日と17日、安珠のお店、アジアン・エンジェルにて
アンジュオリジナルセラピーの研修会レベル1が行われます。
受講希望の方、セラピー希望の方、お申込みは下記まで
お願いします。🌷

angel-5@ace.ocn.ne.jp


コメント

ジェジュン軍隊日記5月10日

2015-05-11 | 安珠の仕事
先日の終了式でご両親と会ったジェジュン。
「立派な息子だ。立派だ」と2人に言われ肩をさすられて笑顔を見せられて

そしてジェジュンは泣きました。

2人の愛情が心に浸みて。 浸みて。


血の繋がりはなくても「親子なんだ」と彼はしみじみ感じたようです。

こんなにも親は大事な存在なんだと。それなのに

自分の愛を貫くために親の期待に応えられなかったジェジュン。


「ユノに会いたい」

親に背いてまで通した愛を確認したい。 そんな思いが高まり
ジェジュンは泣いてばかりでした。


10日は少しお休みがもらえたようです。

ゆっくりユノを思う時間。 


早く会えるといいね。 そう願うしかない私です。



お写真おかりしました
コメント (3)

ジェジュン軍隊日誌5月7日

2015-05-07 | 東方神起5
無事に基礎訓練期間を終えたジェジュン。
制服姿もビューティー



「あともう少しでユノに会える。 早く来てよ!」
ジェジュン  心の叫びでした。



お写真おかりしました。

コメント (3)