安珠のブログ

運命は自分でつくるもの。その方法をお伝えします。

7月のメッセージ

2014-06-30 | リーディング

「準備の時」

今朝、私に降ろされました言葉はこれでした。

「準備の時だよ。 大きな事が起こる前に準備。準備。準備の時。」

それは幼い子供のような口調の大天使アズラエル様を通しての事でした。

私はすぐに 災害を思いおこしました。 また大きな地震が来るのかな?

何を準備したら良いか考えよう。 

そう思いながら、いや「大きな事」とは災害だけとは限らないな、たとえば大きな時代の流れ。

通信の発達や交通の発達に乗りなさいと以前よりお示しいただいていたから。

これらを上手く使って時代の波に乗りなさい、その準備をしなさい、という意味もあるね。

あとは勉強かな? 自分を大きく進展させるために必要な勉強。 その準備をしなさい、というのもありかも。

などど色々 思いを巡らせました。

このメッセージは 私にだけ降ろされたものではありません。

この文章を読んでいる全ての方へのものです。

どうぞ 自分への言葉、自分への神様からの愛と捉えて、ご準備に励まれてください。



写真はスタッフが撮影した盛岡の空。

日輪と光玉。

紫の尊い色霊 イロダマ  も現れています。

スタッフや研修受講された方が このような写真を撮れるようになってきました。

宇宙創造の大元と波長が合ってきた証拠です。

うれしい

049

コメント

安珠のソウルフルアロマ。ぽぽちゃんの場合

2014-06-27 | ペット

ぽぽちゃんは甲状腺の病気を持ったインコです。 病気のせいで身体のサイズが普通のインコの半分くらい。

 

現在の飼い主である大阪のKさんはご夫婦二人で大変ぽぽちゃんを可愛がっています。

 

現在の、と言いますのは、ぽぽちゃんは迷い鳥だったのです。

 

道路に倒れているのを拾われたそうです。

病院に連れて行って持病のある事がわかったのでした。

「少しでも長生きしてほしい。」

そう思って毎日、ぽぽちゃんのお世話をしているKさん。

 

そんな彼女のご自宅に伺ってソウルフルアロマをさせてもらいました。

 

セラピーを受けたのは勿論、Kさんなのですが、途中からぽぽちゃんが「ピピ、クルクルチュチュ」と反応し始めたのです。

 

 

Kさんもびっくりするくらい沢山しゃべり始めたぽぽちゃん。一通りしゃべり終わると

 

パタパタと私とKさんのいる布団の上に飛んできました。Kさんは又びっくり。 

 

ご夫妻以外の人にはなつかないのに、と。 

 

そしてアロマセラピーを一緒に受けているかのようにウトウトし始めました。

 

 

 

私のセラピーを受けると殆どの方が眠ってしまうのですが、今回の効能効果はぽぽちゃんに顕著に表れてきたようです。

 

 

 

ソウルフルアロマを受けると今までの事が思い出され記憶が整理されていくようです。

 

整理され理解していく。

 

後悔や謎が解けていく時間。

 

 

 

ぽぽちゃんも例外ではありませんでした。

 

ソウルフルアロマで過去を思い出していたのです。

 

さっきのおしゃべりの内容は「自分の過去」についてでした。

 

Dsc_0021

 

「僕はねお父さんとお母さんとお姉ちゃんの4人で暮らしていたんだ。

 

窓の外を見ていてさ、いいなあ、飛び出したいな。 飛んでみたいなって思っていたんだ。 そしたらさ、ある日カゴのドアが空きっぱなしになっててさ、窓も空いていたんだよ。

 

僕はお空に飛びだしたんだ。

 

そして

 

大変な目に合った。 

 

今のお父さんとお母さんに会うまで、ホント大変だったんだよ」と。

 

 

 

セラピーを受けるKさんの枕元でウトウトしていたかと思うと目を開けたぽぽちゃんは私の肩に向かって飛んできました。

 

その様子を見て、またまたKさんはチョーびっくり。

 

 

 

私は動物には とても好かれるのです。

 

 

 

しばらく私の肩にいたぽぽちゃんは自分のお気に入りのカゴの中に行って、またお話しを始めました。

 

 

 

「ああ  僕はここが好き。お父さんもお母さんも大好き。 このカゴ大好き」

 

 

 

歌うような可愛らしい声。

 

 

 

過去を思い出し現在に感謝したぽぽちゃん。

 

 

 

Kさんは研修会レベル2まで受講されているので、強い光パワーを放射できます。

 

ぽぽちゃんも健康を維持できる事でしょう。

 

 

 

ソウルフルアロマってステキ。

 

 

 

自分が考案したプログラムだけど、なんかいい感じだねっ

 

 

 

と思う安珠でありました。

 

 

 

コメント (3)

写真いろいろアップ

2014-06-24 | ブログ

やっと出張から帰りました。 旅先からだとブログに写真をアップ出来ないので、さびしい誌面でした。

これは高知にあるギリシャ風レストラン。

いわれなければ 外国に行ってきたと思われるかも。 

039

海の色が南国

038

高知での地鎮祭が終ったら日輪。

研修レベル1を受けていたご夫婦の家の上に現れました。

何か良い事がある気がしてくる、とご主人。

私も祝福をいただいた気持ちになりました。

046

こちらは

京都での研修会レベル1が終ったら現れた日輪。

ちょっと曇っていたけど、ナイスタイミング

受講生さん達と ここでも大喜び

027

12日は広島P席

036

14日は私の誕生日。

名古屋の研修会受講生さん達にお祝いをしていただきました。

サプライズで用意していただいたスィーツ。とてもおいしかったです。

この日は午前中に高知で地鎮祭。

飛行機で名古屋に入って夕方から6人の方に施術。

誕生日に沢山働くのも 記念になるかな、と思ったりしました。

052

079

15日からは伊勢参拝

朝熊山頂上にて。 

この山を参拝してやっと「伊勢参り」は完結するそうです。

伊勢神宮だけだと「片参り」と呼ぶそうな。

向かいの山から光の筋が美しく伸びてきました。

065

  伊勢内宮にいる鶏

鶏は夜明けを鳴いて示します。

夜明け  とは時代が大きく変わる時  を意味しています。

天照主大御神様の本当の夜明けを告げる日は いつなのでしょうか

083

盛岡で留守番中のニャンコ達

ちょっとさみしそう?

088

大阪は4回 コンサート行かせてもらえた上

チャンミンの宝物君と目が会って すごくすごく ハッピー

096

2人から強い気合いと そして愛に満ちたエネルギーをもらってきました

これで当分 頑張れる気がしています。

コメント (2)

ソウルフルアロマセラピー、東京、名古屋そして大阪

2014-06-20 | お知らせ
「たまった感情をお掃除するような、そんな感じでした。」
ソウルフルアロマセラピーを体験した方の感想です。
お掃除。

これは定期的に必要です。お掃除をして空いたスペースに「幸せ」が入ります。

7月は8日大阪
10日、11日、東京
25日26日、名古屋
の予定で予約を受付致します。

メニューはホームページをご覧いただきお選びください。
http://ange2012.com/

ホームページ最後ページに申し込みフォームがありますので、そちらからお願いします。


コメント

伊勢にて

2014-06-18 | リーディング
「わたしは神去る」

倭姫宮におわしました、倭姫様から、このお言葉を感受しましたのは昨年始めのことです。

去るとは?

いなくなるという事ですか?
もうお姉様には会えないという事ですか?

魂の姉のように慕う神様の言葉に愕然とし、大きな悲しみを感じた私に倭姫様はおっしゃいました。

「わたしは神去る。
次元上昇にのっとって、ここから上がります。

そして、あなたの側にもいます。
心の底から望む人のそばにいることになるのです。」と。

ではお社まで行かなくても、いつでもお会い出来るのですね?

私の問いに優しく、そうよ、とお返事を賜りました。

では、何故、今回、伊勢にて倭姫宮を参拝したのか
それは、倭姫様のお仕事への敬意を改めて表す事と、そして、神去ったお社とはどんな様子なのか、検証させていただくためでした。

二年前、始めて参拝したお宮は、清く尊く、限りのない優しさに満ちていました。

神去られました昨年からは、まさにもぬけの殻。


ここまで変わるものなのか、とわかる様子でした。

神様は心の内に在る。

いつでも感じることが出来る。

これは全ての人にあてはまる事です。

特殊な人の話しではありません。

あなたの心の内に在る尊い存在。

心から感じいること。

魂から渇望することで、それは出来ます。


そして、これからはいよいよ、

この事が大事となります。







コメント (2)

短期セラピストコース

2014-06-14 | お知らせ
いつか癒しのプロになりたい
今の技術にプラスしたい
家族の介護に役立てたい

そんな皆様へお知らせです。

三日間で習得できる安珠の短期セラピストコース受講生さんを募集します。

期日8月13日から15日、広島

9月5日から7日、京都

資料を希望の方はご連絡ください。

angel-5@ace.ocn.ne.jp




コメント

短期セラピストコース

2014-06-14 | インポート


コメント

広島は眠らない

2014-06-12 | リーディング
前回広島に訪れた時も感じた事です。

「街が妙に静か」「外人さんが多い」そして「眠れない」

広島の方たちは、いまだ原爆の話しはタブーなのだそうです。
それが原因の街の静寂、外人の占拠、そして浮かばれない霊魂。

寝ようとすると黒焦げの人達が視えて、なかなか寝付けません。

何十年も何回も多くの人達が鎮魂しても、まだ彷徨う霊魂。

私に出来ることは、やはり光を放射する事だ。

そう、思っては広島の街に向けて手をかざす。

この地球自体の寿命は、あと500年ほど。
輪廻転生中に終わる人もいるでしょう。そう、突然、空が光って。

生きている時の想念のまま、私たちは消え ていきます。

黒焦げになってまで彷徨わないように。執着を取ろう。

神様のところへ行こう!光の神様のところへ行こう!と思う練習をしよう。毎日、自分を光で満たすのは、そのためでもあるのです。

研修会レベル1の方たちは、どうぞ、もっともっと自分に家族に地域に光をいれてみてください。






コメント (1)

京都福知山にて。

2014-06-10 | ブログ
安珠のセルフケア研修会レベル1が昨日と今日、京都福知山で開催されました。緊張した面持ちの受講生さん達でしたが、光のセラピーを受けたり、前世を読んだり、宇宙のルールを学んだりと、たった二日間では足りないような学びと実践は感動がたくさんあったようです。

面白かった?のは初日、会場のドアを開けたらお坊さん達がいたことです。 御詠歌の合同練習のようでしたが、やはり袈裟衣装や坊主頭の人が複数いるとインパクト強っ。

何故、僧侶を見せられるのかな?と思っていますと、なんと

受講生さん達と私の前世がそれでした。 1600年から1500年前。 大陸から日本に仏教をもたらすために来た仏僧達。 福知山を平和の郷にするために来たようです。

その時の祈り言葉

「天地創造の光神様。どうかこの土地に住む生きとし生ける者、人も動植物も、精霊も鬼も、全ての生き物が共存共鳴し平和の郷を築けますように」 でした。

その後、上部の命令から鬼退治を命じられ、なんの為にここに居るのか?平和の郷にするためではなかったのか? と疑問が湧き出ました。

私(その時の若い坊さんの一人)は、鬼退治など本意ではない。 命令だからと言って、無益な殺生をするのは不本意だ、と一人、海側へと去ったようです。

昔からそんな私です。

福知山の鬼伝説。

鬼はいなかったんだよね。 いない物は退治などできない。

アマテラス様と龍神様が祀られている神社と川を見つけ出し、お参りをして来ました。

福知山が平和の郷になるように、光を配ります。

そのご挨拶をさせていただくための、研修会だったのだな、と感じました。

コメント

ユチョンの涙

2014-06-09 | ブログ
ソウルでのファンミーティングに出かける決意をしたKさん。
彼女は人一倍、不安症で怖がり屋。

でも、ユチョンに会いたい!近くに行きたい!そんな想いに突き動かされて、韓国へと向かいました。

私は今まで二回ほどKさんからユチョンへと、テレパシーメッセージを送ったことがあります。

その時のユチョンのアンサーに激しく感動し涙が止まらなかったことを覚えています。

それは彼の傷つきやすい、でも、強いハートへの感動でした。
辛い過去。生きているのもやめたくなるほどの様々な出来事。
しかし、ユチョンの決意は「愛する事をやめないこと」でした。

愛に臆病になっているKさん。
そんな彼女への励ましに私は涙したのです。

今回、Kさんからのメッセージに泣いたのはユチョンでした。

海を渡ってまで自分に会いにくる。

大勢の人達がそんな想いで自分に会いにくる。

ユチョンの感情は私にも共鳴を起こしてきます。
私の胸が切ない感情で締めつけられました。

ユチョンの涙はしばらく続きました。

やっばりユチョンもステキだっ

愛されるに相応しいハートと魂の持ち主だっ

私の共鳴もしばらくおさまりませんでした。

愛してるよ、ユチョン。

自分の口からの素直な言葉。

7月、私も東京で彼に会ってみたいと思います。



コメント (1)