安珠のブログ

運命は自分でつくるもの。その方法をお伝えします。

TwitterとFacebook

2011-03-29 | お知らせ

ツィッターとフェイスブックのフッターをつけました。 リーディングは不可視の世界ですがエッセイや絵、演劇、詩の朗読などで形にしていきたいと思います。 共感してくださいました記事にクリックお願いいたします。 私のワークが広がることで気づきや安心も広がってくれたら幸いです。

110329_162629

ホームページにのせたイラストが小さくて見えにくいのでブログにもアップ。

白い大きな雲に大勢の人達が乗っていました。 線で書くと私の中の映像が消えていくのでクレヨンのぼかしたタッチと水彩で描いてみました。

顔ははっきり見えません。 誉れある仕事を終えたお父さんの姿は少し寂しそうでした。 気丈な姿勢は残していく家族への、せめてもの気持ちだったのでしようか

コメント

アンジュのエッセイ更新しました

2011-03-29 | 日記・エッセイ・コラム
アンジュのホームページに「エッセイ」のページがあります。 チョー久しぶりに更新しました いつもリーディングで得た世界を書いています。 今回も同様ですが、今回は、今回からは被災された方や動物達のことを書きたいと思います。
供養の心で書きます。 祈りと共に書きます。
魂の救われを多くの人達に知ってほしいと思います。 肉体が無くなったらどうなるのか、私が視えた世界をお伝えすることで、恐れや悲しみが軽減されますように、不安が消し去られますように。
必ず 救いの道はあります。
懸命に生きた命には恩恵があります。 肉体が無くなったら終わりではありません。
たくさんの人に読んでほしいと思います。 タロットアンジュで検索してください。 

コメント

スピリチュアル・リーディング

2011-03-28 | リーディング
スピリチュアル・リーディングをしています。 スピって目に見えないけど存在するものの意味です。 たとえば音。 目にはみえないけど存在してますよね。 音の波動数(周波数)を合わせラジオなどがあれば聴くことが出来ます。 私、アンジュのリーディングは読み取りたい事象にポイントを合わせて波動を読み取ること。 そして理解しやすい言葉に変換してお伝えをしています。 情景は映画のように視えます。文字が浮かんでくる時もあります。 体内の様子は形や色で捉えることができますが医者ではないので、この様子がなんという病名なのかはわかりません。 相手の方から病院で先生はなんと言ってるのかを聞きながら「ああ、このように視えるのを医学的には○○病というのね」と現在はサンプル収集中です。
私のリーディングはフラッシュのように数秒間みえるものと、じんわりと時間をかけて浮かびあがってくるものの2つのタイプがあります。
人の心理もキャッチできますが、私はあまり人に興味がないので自主的に読み取ることはしません。 恋愛相談や、こじれた人間関係を相談された場合のみ焦点をあわせます。 すると、演劇をしているせいか読み取っている人のキャラが良く理解できるし口調も同じになります。 これって イタコ状態なのかな、と思いましたが自分の意識ははっきりしてますので、違うようです。
うれしいのは猫や犬の気持ちが読みとれることです。 体調もだいたいわかります。 波動調整もできるので病院のお世話になることが少なくて経済的。
この度の地震でお身内や知り合いの行方、安否を問われました。リーディングで安全に避難されていることを告げられたのは私としてもうれしい限りです。
被災され、なくなられた方もいました。 そこで私は「ヒア・アフター」の世界とそして魂の救われを確信しました。
生きたいと思っていた魂は即座に救われを賜り、津波の恐怖を取っていただいています。 ある方は自分の命が亡くなった瞬間に「大勢の人を救う役目」をもらい、それはそれは張り切って「誘導」の仕事に就かれていました。 
肉体の死と魂の死は同じではありません。 神様の世界では魂の輝きこそが重要であるようです。
でも 人には愛着や未練がつきものです。ただ事象を読み取るだけではなく 私は残された人が元気を取り戻せるような言葉をみつけたい。  心の安堵や未来への希望を一緒に探したい。
これからは、このリーディングに力を入れたいと思っています。
コメント

甲子園選手宣誓そして復興

2011-03-27 | 日記・エッセイ・コラム
春の甲子園がはじまった。 選手宣誓は初出場、岡山創志学園、野山主将。まっすぐな目でまっすぐな気持ちで「生かされている事への感謝。」を「日本の代表」として宣誓された。 立派な強い魂の宣誓だ。
創志という学園の名前に意味を感じる。 志を創る。 志を持つ。 志を持つ人間に向上がある。 向上する人間には奇跡がもたらされる。 特別な力が発揮できるようになる。
そして「東北高校」。この名前の学校が選ばれたことにも意味がある。 東北の代表。 そのものの意味。
応援スタンドには「がんばれ東北」 「がんばれ日本」のボードや旗。 日本は大きく変わっていく。 
高校生という若い力。 若い力がこれからの日本を変えていくのだな、と感じる。
宣誓文をそのまま書きます。
「私達は16年前、阪神淡路大震災の時に生まれました。 今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ私達の心は悲しみでいっぱいです。
被災地では全ての人々が一丸となり、仲間と共に頑張っておられます。
人は仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることが出来ると信じています。 
私達に今できる事。 それはこの大会を精一杯元気を出して戦うことです。
がんばろう! 日本!  生かされている命に感謝し全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」 
 
コメント

被災地の犬や猫への救済。動物いのちの会いわて

2011-03-27 | ペット
動物いのちの会いわてさんで募集していた被災した犬や猫を保護するゲージやキャリーケース、餌はおかげさまで必要量に達したそうです。 当分の間は大丈夫なようです。
あとは保護された動物の治療や心理的ケア、里親の募集かと思います。お気持ちのある方、これを機会に いのちの会の年間募金(1年で一口3000円) や里親活動に繋げてははいかがでしょうか
コメント

アンジュの勉強会「地震の霊的意味」を行いました

2011-03-26 | ブログ

110326_155347

本日26日アンジュ主催の勉強会三回目を開催しました。今回の地震の霊的意味、原発、私達を導く守護霊の存在と意識の結び方。 天命、宿命、運命。 現実界、幽界、霊界、神界について。 約二時間。 時間の最後には参加者全員で被災者や動物達に 祈りを捧げました。

地震の大きな意味は「気づけ」。 眠ったような状態を揺り動かす。 おきろ、寝ている場合じゃないぞ、意識をはっきり持て。  覚醒しろ

具体的には私達一人一人の生活を見直していこう、の意味。足元の生活を見直すこと。 輸入ばかりの食品、輸入のガソリン。ゴミになるばかりの包装紙。回収されない燃えないゴミ。 

地=足元=自分の住んでる場所の確認=町、市、県そして国。 日本。

オリンピックやサッカー以来。「私達が日本人であることを確認している」時がこれほどまであったでしょうか。

守護霊、天命云々についてもアップしていきたいと思います

次回勉強会は5月です。 

コメント

東北関東大震災支援プロジェクト「大根コン プロジェクト」

2011-03-26 | ブログ

私が主催する劇団の制作スタッフに一関出身者がいます。一関は中尊寺、毛通寺があり世界遺産に登録を申請しています。 この町で吉野家さんという和菓子やを営んでいる一家がいらっしゃり親子さんで中尊寺をはじめとして東北を深く愛し守っていらっしゃいます。

被災地の状況を知り地元住民と個人の資金で物資の運搬供給をしています。 最近は中尊寺、毛通寺の支援と協力し運搬の効率化は増したそうです。 

 

しかし除所に物資が足りていっても心のケアは 多分時間を要するでしょう。 物の復興も然りです。

そこで今後の長い活動のためにも吉野さんはプロジェクトを立ち上げました。通称「大根コン プロジェクト」

♪大根コン♪ はNHK岩手みんなの唄で話題になった曲です。

野菜や果物などの新鮮な食べ物や現地で本当に必要な物資、そして自分達が作ったお菓子を毎週供給する事と 吉野さんの運動療法技術を伝えて被災地の皆さんを元気にしていく事を目的としています。 

募金のあて先です。

吉野 崇

ゆうちょ 記号18390  番号11499411  

店番838 普通貯金 1149941

 

コメント

アンジュ主催の勉強会「地震の意味」

2011-03-25 | ブログ
26日にアンジュ勉強会を行います。 地震の影響で延期していました。 まだ余震は続いていますが、こんな時期だからこそ開催したいと思います。地震の意味や被爆対策もお話しします。 興味があるけど都合が悪い方、遠方の方には後日、資料やビデオを郵送します。(送料込み2500円)
私の使命は「伝えていくこと」と捉えて志にしていきたいと思っています。(*^。^*)
ご希望の方はメールで問い合わせお願いします。
コメント

救援物資を急募しています。

2011-03-24 | ブログ
被災地に向けて救援物資を急募します。 沿岸に取り残されている老人、身体の不自由な人、一人暮らしの人を中心に物資の配達をします。
個人宅にいて物資援助が受けられないでいる人達がいます。 須藤さんとスタッフが自費で物資を運んでいますが、個人の力には限りがあります。
ぜひ皆様のお力をお願いします。物資は山田など沿岸部に配達をしていきます。
箱に品物の名前と個数を明記の上、下記まで直接か郵送お願いします。
食品、水、カイロ、反射式ストーブ、鍋、箸、器、毛布、マッチ、ラジオ、電池、懐中電灯、紙類、惣菜になる食材など
問合せ:マリーデマナ 須藤 090-2792-0599
郵送先:岩手県盛岡市本宮4-1-6

コメント

震災から12日

2011-03-24 | 日記・エッセイ・コラム
震災から12日たった。
テレビでは「いいとも」が月曜日から放送されはじめたし、ラジオも軽快な音楽が流れはじめた。 まだ早いのではないか、と思う気持ちとにほっとする気持ちとない交ぜだ。 ガソリンもやっと入れることが出来たし昼には外食もした。 涙が出た。 ガソリンを入れて猫の世話や家族の見舞いにいける。 おいしいランチをいただく事が出来る。
地震以前は゛当たり前゛のことが、今は感謝の涙の出来事だと知る。
 
今までは食事の量もすすまなかった。 被災地ではろくに食べる物が無い人達がいるのに、自分が腹いっぱい食べることが気が引けてしようが無いし、 コーヒーやお菓子まであることが申し訳ない。 家族も同様の気持ちだったらしく、昨日しっかりご飯を食べて「ああ。久しぶりにお腹一杯食べたね」と言い合った。
食べる意味、それは現実をこなすためだ。 次々にやってくる現実をこなすためには食べないといけないし、眠らないといけない。
段々とテレビは通常に戻るだろう。CMも放送されるようになるだろう。 その時「元通りに」ろくに考えこまれていないバラエティ見て馬鹿みたいに笑ったり、食事を粗末に扱ったり、電気を使いまくったりという「元通り」になったら日本人は大ばか者の集団なのだろう。
飲みに行くもの買物するのも野球もコンサートも経済回復と気持ちを明るくするために、必要なのだと思う。
大切なのは今までの当たり前が当たり前ではなかった事に 「気づきながら楽しむ事。気づいて大切に味わうこと。そんな自分に変わること。」
地震の霊的意味ー気づけ。気を失ってる場合じゃないぞ。起きろ。
何回地震が来ても 多くを失っても「自分」が変わらないと意味がない。
 
  
コメント