安珠のブログ

運命は自分でつくるもの。その方法をお伝えします。

ジェジュンに集中してみる

2013-10-29 | ブログ

五人の要はこの人なので 11月15日まで、意識をジェジュンに合わせていきます。

「歌に集中してる?」とテレパシーで質問すると

何故かキレ気味で「やってるよ!!」と答えるJJ。 「がんばってるもんね!!!」と鼻息が荒い。
5人に完全復活するために 頑張れジェジュタン

あんたの意識覚醒にかかってるんだからさ。

「わあかってるよ!!!!」と またも切れてる感じのアンサー。 



日産スタジアムの成功で5人に戻ることが加速されているのだから。

もっともっと 力を入れて下さい。 ジェジュン。と伝えると  このお写真。

ヴィジュアル、完璧。



テレパシーデイレクションも集中しがいがあるってもんです。 




O0550083512727753558

コメント (7)

ユンジェ2013年10月27日

2013-10-27 | ブログ

ユノのリュックの中。

ジェジュンが用意したタオルケットのような物。

毛布のようなフワフワしたかんじ。



006

私は意識をジェジュンに合わせてトークしてみる。「何故、これをユノのリュックにいれたの?」

すると彼は可愛らしく答えてくれた。

「ユノはお髭が伸びるのが早いでしょ。 だからさ、(飛行機や車の中で)隠せるように。 あと あったかくなるように」

ジェジュンの愛に満ちているユノ氏でありました。

コメント (6)

イチゴチャンミン

2013-10-27 | ブログ

SMタウンのチャンミンは表情豊かでチャーミング度がアップしていました。?

イチゴ姿もステキ。 イチゴ王子様

008


クールなお姿もステキ

002


チャミ様に意識を合わせ「私はアンジュ。 チャンミンを愛しているよ」と刷り込みを繰り返しています。(笑)

東方神起が5人に成る事を一番望んでいる彼。 

そのために大変な努力と行動をしています。

その信念を私は愛します。

コメント (5)

アンジュ福島体験会もあるよ

2013-10-22 | ブログ

26日は福島県郡山市でも体験会をします。 午後2時からの予約枠がまだ空いています。 ご希望の方は是非ご連絡ください。

お茶とお菓子でなごみつつパワー注入させていただきますよー

angel-5@ace.ocn.ne.jp

郡山体験会まで

033

コメント

アンジュ神戸の体験会

2013-10-22 | お知らせ

神戸での体験会を11月30日でお知らせしましたが会場の手配が難しいので12月1日午前中に変更したいと思っています

11月30日、午後から会場がみつかりました。

12月1日の午前中も開催できそうです。

この二日間でお時間とれる方、 ご連絡ください。

angel-5@ace.ocn.ne.jp

神戸体験会係り  まで。 ご希望の日程とご本名をお知らせください。

1日の夜、ファンミの後、飲みに行く予定なのでご希望の方は、こちらもご連絡を下さい。

Imagescad8bvqx

コメント

神戸体験会のお知らせ

2013-10-20 | お知らせ

11月30日、土曜日、神戸でアンジュのハンドセラピーの体験会をしたいと思っています。
この機会に体験したい方はご連絡をおねがいします。

現地の事情にうといので会場の手配をしてくださる方がいたら、ぜひご協力もお願いします。

angel-5@ace.ocn.ne.jp

神戸体験会まで。

なお参加費は3000円です。 

O0600029212050758504


ちなみに12月1日は神戸のファンミに行きまーす

コメント

虹を挙げる

2013-10-20 | ブログ

挙げる=示す

先日、名古屋と高知に行ってきました。 台風が近づく中の出発でした。 10年に一度の大型台風。 それに向かっていくのか、と思いましたが「多分、大丈夫」。 そう感じながら朝一の飛行機に乗るために、まずは盛岡駅へ。 

空は天気になったかと思うと小雨が降ったりと、不安定。
ビュッと風が吹いた空を見上げると北の空に虹。
おっ  こいつは朝から縁起がいいね、と言いながら、今度はバスの中でも虹。

写真は右端まで映せませんでしたが、くっきりと半円を描いていましした。

ここは多分、紫波町あたり。

以前も この辺りの森から虹が生まれるのを見た事があります。



わあっ なんてきれい! ますます縁起がいいね。 今回の旅はきっと良いものになるね、とスタッフさんと写真を激写


026

名古屋につくと雨脚はひどくなっていましたが、翌日は晴れて、そして二十の虹。

 

「今日の龍神供養は素晴らしい祝福を受けている」と思い感動。

 

龍神様を水に移して岐阜の養老の滝へ。 そこの菊水の源へお移しさせていただきました。

 

儀式が終ると  また虹。

 

凄ーい!  本当に 今回の龍神様は「示す力むがお強いのだな、と感じました。

 

示す力とは「自分はここに居る。 そして叫んでいる。」という熱情。

 

これに感応して 地の底からお引き揚げをさせていただけたのです。

 

意力  いりき   私たちを待っている、という意力。

 

何千年もの間、閉じ込められた存在。


訳も知らされず急に暗い地の底に閉じ込められた自然霊、龍神。

 

その驚きや悲しみは怒りになり、そして  そこの土地に住む人と共鳴を起こすと、住民も哀しみや怒りの状態となます。

私は それを治めに行くお手伝いをしている事に成ります。

 

 

虹は宇宙創造の神様から示された「約束の印」

生きなおす事、やりなおす事、それが許された証拠の形。
神様が虹を挙げてくださっているうちに「生きなおす事が大事」とかんじました。

 

さて、帰りも飛行機の予定でしたが台風で飛ばないかも、という情報にがっくりしつつ、取りあえず名古屋空港へ。

前便はすべて飛行欠航でしたが私たちの便はセーフ。

特に揺れる事もなく帰ってくる事が出来ました。


本当に感謝の一言です。

高知でのチョーファンタスティックな龍神様については  また後日。

030

コメント

業務連絡です

2013-10-18 | ブログ

jj-Lie-LIeさん

何度か返信ミスでかえってきてしまいます。 パソコンの設定を確認お願いします。

業務連絡でした。

O0550082512301221500

コメント

アンジュ・今日から名古屋~高知

2013-10-13 | ブログ

早朝、盛岡を立って名古屋に行きます。 アンジュのセラピー体験会を開催するためです。 実際に施術を受けていただいて この光エネルギーを感じていただきたいと思います。

その後、私は高知に行きます。 初 ! 高知
そこで地鎮祭を執り行わせていただきます。 私は神官ではありませんが時々、このような仕事も承ります。

031



地鎮祭とは実は「龍神様への挨拶」だったりします。 地龍、水龍、雲龍へのことわり。 「ここに住まわせていただきます。 土地を使わせていただき(地龍)、水を使わせていただき(水龍)、空気を吸わせていただきます(雲龍)。」という事を告げます。 感謝を申し上げます。

私は龍神様が好きなので、このような仕事が増えればいいな、と思っています。

高知の海を見に行くのも楽しみの一つです。

空海の親族だった過去性があるらしく、その時の自分は高知に住んでいたようです。

密教秘儀を修めながらも、身体が弱かったので「宗教界でトップに立つ」という野望は持っていなかったようです。

身の回りの世話をしてくれる少年と ひっそりと暮らしていた感じがします。 (ここ、ちっょとステキ?)

自分の足跡をたどるのも 時には良いと思います。

という訳で 17日くらいまでブログはお休みしまーす。 過去記事を読んでいただけると嬉しいです。


あと 告知をいくつか

◆福島県郡山市体験会は10月26日、土曜日

◆研修会は 盛岡      10月23日、24日

        福知山市    11月1日、2日

        福岡市     11月3日、4日

        横浜市     11月6日、7日

        東京       11月16日、17日

        盛岡       11月26日、27日

問合せは 全て  angel-5@ace.ocn.ne.jp

ご本名でよろしくお願いいたします。

008

コメント (1)

ジュンス

2013-10-11 | ブログ

ジュンスについて。

026


ジュンスの波動を読んでみると 

「才能。  歌う力。  明るいエネルギー。  大きな力。 必ず成し遂げる力」

これらと共鳴しています。

誕生数8 (本当の誕生日12月のほうでみました。)なので「力」の共鳴が強いのですね。 心も身体も強い。



葛藤を乗り越える力を持ちます。 そんなにデリケートなタイプではないようですが直感力、創造力に優れたところが目立ちます。


近い前世で視えてくるのはヨーロッパ。 たぶん一次大戦の頃。
焼けた町から一人、裸足で逃げて来た少年。

 

手に靴を持ちながら涙をふいています。 頬や身体には爆撃でついた煤。

 

なんで靴を手に持っているのか、よく視ると底が破れているからのようでした。

 

戦火をぬって逃げてきたんだなあ

 

 

まわりには誰もいない。 

そして前世のジュンスは教会に引き取られ聖歌隊に入りました。

 

さぞや歌がうまかったのだろうなあ、と思いきや。 その時はフツーのレベル。

一生懸命  歌ってはいますが、ずば抜けたものはなかったようです。

 

この時、ジュンスの側にいたのがジュノ。

Imagescagz023b

神父様のジュノは孤児になったジュンスを保護して 側に置くことにしました。

 

現在と同様、大変溺愛し保護しています。 聖歌隊の指導もしていました。

 

 

だから。

 

 

だから、この時のジュンスはジュノの気持ちに報うためにも 歌をうまく歌いたかった。 でも、当時の彼に その資質はなかったので  今世では「歌の才能」を強く欲したのかもしれません。

 

 

 

ジュノとの縁は大変深いようで、絡み合う糸のように私には視えます。

男同志で生まれたほうがうまくいくパターンが多いのが特徴でした。

今回は「親も同じ」設定を選びました。

 

 

そして「自分がジュンスを守る」という責任感の持ち主、ジュノが先に生まれる事にしたようです。

 

 

ジュンスへの並々ならぬ愛情です。

 

今世では2人で親孝行したいね、と誓いあったようです。 有名になって楽な暮らしをさせてあげたい、そんな気持ち。 そして それも達成できて。

 

今、ジュンスは

 

5人の東方神起に戻る事はもちろん、プラス

 

2人の幸せについて考えているようです。 


Imagesca3mq0j0

コメント (2)