郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

8月29日 やや増水の那比川・亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月29日 | Weblog

先日の釣行から3日後の今日も郡上へ・・・

長良川本流の郡上市八幡町相生に架かる法伝橋を見ると・・・

      

平水よりやや高い状況です。

橋を渡り、亀尾島川最下流に架かる大奈良橋からも、川の状況を見てみると・・・

           

亀尾島川は15cm水位が高い状況で薄い濁りが入っています。

6時30分に、亀尾島川沿いの「むとう釣具店」に到着。

仕掛け類の補充をし、しばらく休憩し山肌に陽が射し始めた頃に釣り支度をして、オトリを購入!!!

亀尾島川の水温が上がるまで、先ずは那比川に入る事に・・・

      

この瀬から始めます。

水位も5cm程高い状況なので、先回攻められなかったポイントを狙います。

瀬の流れを細かく探り、追われる感じがある所では少し待つと・・・ 目印が下流に引き込まれ、オトリ共々下流に走ります。

瀬を一段下った所から引き抜きタモへ・・・

      

先ずは、1尾目ヨシヨシ!!

その後も瀬一つ一つを丁寧に探ると、キュキュキュ~ン目印が一気に下流へ・・・

瀬の中で掛かる鮎の引きは最高ですね!

      

この鮎も引きを楽しませてくれました!

その後も掛かりますが、引き抜く瞬間にポロリが2回・・・ん?ん?ん???

車で那比川下流へ移動します。

      

ここは例年大物が出るポイントです。

岩の上から見ていると大鮎が居ますが、まだ追い時ではない感じですが狙ってみます。

時折、大鮎が苔を食みに来ますが掛かる気配が無いですね・・・

すると・・・目印がググッと持って行かれる感じでキラッ~掛かりました。

      

小ぶりなサイズの鮎です。

オトリを交換してまた泳がせると、目印がスッスーと上流に・・・

小ぶりな鮎が掛かり上流に走りました。

      

このサイズの鮎なので場所移動です。

ん?・・・上流に副会長の河合君がいますね!

      

このポイントでバタバタと4尾掛けたそうです!!やるね~(^^

むとう釣具店に寄りしばし缶ジュースを飲みながら休憩!

亀尾島川の高橋から上流へ・・・

朝より濁りが入っている・・・上流で雨でも降ったのだろうか???

ならばと、那比川の綺麗な水が流れ込む所から下流へ行く事に・・・

      

先ずは、ここからオトリを送ります。

変化のある流れにオトリを誘導すると、シュ~と目印が下流へ・・・

      

このサイズはオトリに丁度いいサイズです。

オトリが替わり、掛かった流れに入れジワリジワリと引き上げると・・・またまたキュキュ~ンギラギラ~気持ちいいですね!(^^

      

このサイズです!

今度は、瀬肩から荒瀬を狙います。

      

ここから、順に下流の荒瀬に・・・

中サイズが数尾掛かり荒瀬にオトリを送ります。

馬の瀬にオトリを入れた瞬間!!!ガッツ~ン!ギュギュギュ~一気に荒瀬を下る鮎・・・

曳舟を持って瀬を一気に20m駆け下り、下流の深トロで寄せますが、グングン潜り中々出て来ません・・・竿は弧を描き鮎が見えて来ます。

そして、掛かり鮎が水面を切った瞬間に引き抜きました。

      

この鮎は100gでした。

その後も、荒瀬で・・・走りましたよ。

      

      

このサイズを取り込みました。

また、この荒瀬でドンブリ3回掛けても掛けても数が増えませんね!

今週末辺りが釣り頃な感じですが、また、金曜日辺りから雨の予報が・・・???

コメント

8月26日 増水の那比川で鮎釣り!

2018年08月26日 | Weblog

台風の影響で23日夜から集中的に降った雨で、長良川水系も増水となった。

今日は、Sさんと郡上へ・・・

美濃市を流れる長良川本流も増水と濁りで釣りは出来ない状況・・・

7時に郡上市八幡町相生に架かる法伝橋を渡り亀尾島川下流域の大奈良橋で川の状況を見ると・・・

      

亀尾島川も24日の6:00には平水より170cm高くなったが、今朝は平水より55cm高く濁りも強く入っている・・・ やはり7月の豪雨災害で奥の谷が崩れていると聞いたが、その影響がまだ残っているようだ・・・

そこで、那比川を見に行ってみる・・・

     

水位は平水より35cm高いが濁りも無くクリアな状況なので何とか鮎釣りは出来ると判断!!

むとう釣具店に到着、オトリも数尾しかいないので武藤さんが仕入れに行くとの事で、店番をする事に・・・

8時30分オトリ鮎が到着です。

釣り支度をして、オトリを購入し那比川に向かいます。

      

Sさんはここの上流の瀬から始めます。

私はここから下流の瀬に向かいます。

      

先ずはこの瀬から始めます。

瀬肩から徐々に攻めて行くと開始15分目印が瀬の中に引き込まれます。

何時もより水量が多く引き味抜群です!!

      

瀬の中から引き抜き先ずは1尾目です。

天然オトリで瀬を攻めますが・・・ しかし、後が続かず再度養殖オトリに交換・・・

対岸の大岩際の深い瀬で鮎が見えたのでオトリを送ります。

群れが居るようで水深のある瀬の中を泳ぎ回るが中々掛からない・・・その内、ん・ん・ん???オトリが詰まったぁ~ 止む無く仕掛けを切る事に・・・

新たな仕掛けで、5m程下流からジワリジワリと泳がせ狙うポイントに誘導しますが・・・ また、詰まってしまう・・・ 何かが大石底にあるようです。仕方なく仕掛けを切りこのポイントを諦めます。

一旦、Sさんの所へ・・・Sさんも大型鮎が掛かりドンブリしたと・・・残念!

場所を移動します。

上流へ数ヶ所見に行きますが、何処も水量が多くSさんに何とか釣らせてあげたい・・・

下流域も見に行くが、良さそうな所は釣り人が入っている。

そこで、Sさんの提案でこの場所に入る。

      

私はここで、Sさんは私の上流で並んで入る事にした。

左岸の瀬に送ると、追われる反応がありそのまま待つと・・・ ギュギュギュ~ン

上の枝を気にしながら抜きタモへ!!

      

オトリサイズの鮎!

対岸に渡りこの瀬を狙い目印が引き込まれます。

      

気持ち良く引き抜きました。

      

このサイズです!

Sさんの所に戻り、高水の為バラシが多かったそうです。

予定より早めに切り上げました。

もう少し、水位が下がれば楽しめそうです!(^_-)-☆


 

コメント

8月22日 亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月22日 | Weblog

台風19号20号が明日辺りから東海地方に接近するとの予報で、その前にと言う事で今日郡上へ・・・

早朝4時過ぎに名古屋を出発、岐阜市に入り長良川に架かる鵜飼い大橋辺りから雨・・・関市から美濃市を抜ける所まで雨でしたが、郡上市に入ると雨は降っていない・・・

長良川本流も水位が低くなっている・・・7時前に郡上市八幡町相生に着き、亀尾島川の水位を見てみる・・・

      

亀尾島川下流域に架かる大奈良橋上流で、水位は平水より7cm低く渇水状況です。

そして、むとう釣具店に到着し平日でも結構釣り人が来ます。

30分程話し込み、そろそろ釣り支度をしてオトリを購入。

那比川の状況を見てみます。

      

この辺りでもちらほら鮎は見えますが、数尾の群れが居る程度・・・

一応、竿を出してみましたが反応が無く移動します。

亀尾島川の先日入れなかった場所へ・・・

車が駐車されており、私がむとう釣具店に居る時にオトリを購入された方の車です。

入りたい場所に行くと・・・既にそのポイントで竿を出している。

しばらく見ていると、鮎が掛かり取り込んでいます。

まぁ、仕方がないので別の場所に・・・

      

このポイントも数尾の鮎が見えるので竿を出す事に・・・

んんん・・・ 掛かる気配が無い・・・ もうしばらくじっくり泳がしてみる・・・

30分程過ぎた頃水中でキラキラキラ~ 竿を立てるとポロ・・・ ハリ掛かりが悪い!

オトリとハリを替えて再度泳がす・・・ キラキラ~とした直後に目印が下流に走る~竿を寝かせたまま数秒待ちハリ立を良くします。今度はバッチリです!

      

やっと1尾目ヤレヤレ(^^)/

オトリが天然になり深い瀬に送ります。石組の中に入った瞬間にギュンと目印が引き込まれ走り回ります。竿を立て抜きの体制に入るもグングン走る・・・ んん!!

石の隙間に枝がありその枝に2尾の鮎が引っ掛かっている・・・

何とか胸まで入り外しにかかるも、掛かり鮎は外れてオトリのみ回収・・・残念!!!

その後、反応が無くなり荒瀬を攻めてみる!

      

この荒瀬にオトリが入ると同時の目印が一気に下流へ引き込まれます!!!

瀬の開きで引き抜きタモへ!!

      

いい鮎です!(90gありました)

この鮎をオトリにして上流の荒瀬に戻り奥の流れに入れます。

オトリを送り竿を寝かした瞬間にガツンギュギュ~ン強烈なアタリでグングン下流へ走ります。

竿は目一杯撓りギュギュンギュギュンと引き込みます・・・ヤバイデカイ!!!

荒瀬の開きまで下がり寄せてタモへ!!

      

この鮎は特大でした。(125gありました)(^^

その後は反応が無くなったので場所移動です。

      

この瀬を攻めてみます。

先回大鮎が出た場所ですが、鮎の群れが少ないですね・・・網が入ったのかも???

渇水状況なので泳がせに徹します。

水中でキラリ~目印が左右に走り、竿を立てるとグググンギュ~2尾の鮎が走ります。

      

このサイズの鮎~中鮎ですね!

この鮎をオトリにして瀬を攻めると、キュキュンシュ~目印が引き込まれます。

      

同サイズの鮎です!

別の流れの瀬でも気持ち良く目印を走らせてくれます。

      

このサイズの鮎でした!

水位も低くなり単発的なアタリでケラレやバレそして根掛かりもあり、数は伸びませんでした。

今日の釣果・・・タモに入れた途端1尾脱走しました。()

      

サイズ的には、特大、大、中でした。

1m程の増水があればまだまだ楽しめると思います!(^^

コメント

8月19日 亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月19日 | Weblog

さて、昨日は孫を連れて、カッコーツアーで大井川鉄道の機関車トーマスに乗り、楽しんできましたよ!

その疲れか、今朝の起床はきつかった~()

午前5時に会員のSさん宅へ迎えに行かなければならないのに、起きたのは4時を過ぎて慌てて準備し何とか5時に迎えに行く事が出来た!

亀尾島川沿いには既に釣り人の車がかなり多く止まっている・・・ 

7時にむとう釣具店に到着、しばらくすると会員のKさん、Hさんも到着です。

KさんHさんSさんとお盆の時の話を聞き、kさんがブログにコメントをくれた方に会われた事も聞きました。

さて、釣り準備後オトリを購入し、どのポイントに入るか???

当初は下流域に入るつもりでいましたが、今朝の釣り人の多さに上流へ向かいます。

      

8時前、この場所をSさん一緒に入る事に・・・

私は徐々に下流へ移動しながら狙います。

オトリが中々代わらない・・・時間だけが過ぎて行く・・・

養殖オトリを交換してじっくり泳がせていると・・・ググンギュ~キタ~

      

やっと掛かりました!(^^

オトリが天然になれば流れの中にグングン泳いで行き、キュキュ~ン目印が引き込まれます。

      

綺麗な鮎です!(^^

その後、反応が無くなり竿抜けポイントを狙ってみます!!!

木の枝が覆い被さるポイントにオトリをジワジワ引き上げると・・・ ガッツン!ギュギュンと目印が一気に下流へ走ります。

竿を水面ギリギリで枝から外して引き抜き体制へ・・・

      

この鮎も綺麗です!(^^

この鮎をオトリにして竿抜けの瀬に・・・ すると竿を寝かせた瞬間に目印が吹っ飛びます~鮎釣りはこうでなくちゃ~

      

これがまたいい鮎でした。(^^

この後もオトリが入った瞬間に掛かりましたが、竿を枝下から外したらポロリ外れました。

オトリとハリを交換した深い瀬のポイントへ・・・ 来た!!!思わず竿を上にガサ???

天上糸が枝に絡まるアクシデント・・・

竿を仕舞ながら切ろうとするも切れずにオトリが宙ぶらりん・・・ オトリを回収しようとするがオトリ外しを伸ばしても、20cm届かない・・・やむなく竿をまっすぐ引っ張って切ろうとした一瞬パキ!!!穂先が折れた・・・

      

上流のSさんも穂先が折れたト・・・

二人ともアウト!!! むとう釣具店に戻り回転トップと穂先を購入

さあ~! 気を取り直して・・・

亀尾島川下流域へ向かうも・・・🚙🚙🚙釣り人・釣り人・釣り人・・・と解禁並みの多さ!!!

下流域をぐるりと回り諦めて、上流へ向かう!

      

亀尾島川のこの場所で再スタート!

定番ポイントでは中々掛からない・・・ ならばここでも竿抜けポイントを狙う事に・・・

見逃しそうなポイントにオトリを送ると・・・キュキュキュンと小気味よく目印が走ります!

      

オトリにピッタリサイズの鮎です!(^^

ここから一時入れ掛かりモード!!!

      

      

      

      

      

      

その後、反応が無くなりました。

Sさんは一級ポイントをじっくり探ってています。

ここで掛からなければおかしい??と粘り!!

ついにその時が!!! 強烈なアタリで竿が撓っています。見ていても抜けず寄せて取り込んでいます。その後も弓の如く竿を撓らせていました。

今日の釣果・・・ 

      

私は、-6尾もありしたが、最終的にはこれだけ~(^^♪

     

Sさんもこれだけでしたが・・・

           

今日の大物賞はSさんでしたぁ~ やられた~()

コメント

8月17日 亀尾島川・那比川でアマゴと鮎釣り!

2018年08月17日 | Weblog

お盆の帰省後の釣りで、今日も郡上へ・・・!

午前4時過ぎに名古屋を出て、岐阜県美濃市から長良川沿いの国道156号を北上・・・

昨日の雨で長良川水系も増水・・・

      

郡上市八幡町相生の長良川本流も美濃市辺りと比べると、濁りもやや薄くなっている。

亀尾島川は・・・

      

亀尾島川最下流に架かる大奈良橋から下流を見ると、濁りと増水で平水より35cm高い状況ですね!

亀尾島川も昨晩は一時水位が70cm高くなりましたが、今朝はかなり下がりました。

那比川は・・・

      

亀尾島川合流点30cm高い状況で濁りは無くクリアな状況です。

この濁りなので、午前中はアマゴ釣りをしてみる!

むとう釣具店でミミズを購入・・・ 

先ずは、亀尾島川から・・・

      

この辺り一帯を探ってみます・・・

頻繁にオモリを交換してじっくり探るもチビアマゴの反応のみ???

      

ここでも、5Bを3個で底波を捉えながら流すも反応が無い・・・

ならば、那比川はどうだろう???

      

この辺りも7月の豪雨で流れが変わっている・・・

釣れるのは・・・

         

チビアマゴのみです。

ここでアマゴを終えて、川見です。

数ヶ所見てみますが、鮎の姿は一ヶ所で見えただけで、そこには釣り人が竿を出していました。

さて、昼前にむとう釣具店でオトリを購入し、那比川中流域へ・・・

      

ここからスタートします。

瀬のタルミで養殖オトリを泳がせますが・・・ 反応が無い・・・

オトリが替わらないと??? 水温が低いのか???

開始35分!!目印が引き込まれキラり!ケラレた・・・ ここは居る!!!

オトリを交換して元気な養殖に・・・ ハリも交換して再度同じポイントへ・・・

待つ事数分・・・ 

気持ち良く目印がキュキュ~ンと引き込まれた!!今度はバッチリ!!!

引き抜きタモへ

      

先ずは、1尾目~

オトリが替わると瀬の芯にグングン泳いで~ ギュギュ~ン

      

オトリサイズのいい鮎!

こんな調子でコンスタントに掛かります!

     

     

     

      

最後は、荒瀬でプッツン!ドンブリで終わりです。

今日は、早帰りの為14時迄です。

      

実質2時間30分の釣果です!

もう2時間出来たらなぁ~と思いつつ帰途に・・・

コメント (2)

8月9日 厳しい・・・亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月09日 | Weblog

さて、お盆の帰省前に、今日も郡上へ鮎釣りです!

亀尾島川の宮ケ瀬橋の上流状況・・・

          

午前6時で平水より-18cm超渇水状況です・・・

むとう釣具店で鮎仕掛けの小物を購入して、着替えを済ませオトリを購入!

今日は、入川場所を決めていましたが、グラブの会員から今日○○○に入りたいと連絡があり、今シーズン好調なポイントを譲る事にした・・・

先ずは、今シーズン初めて入る所に行ったが、追いが悪いのか???ケラレが多くある。

瀬肩で掛かるも、川底の鉄筋に絡まるアクシデント・・・ 釣果が伸びない???

そこで、この荒瀬を攻めてみる・・・

     

背針を打ち、瀬肩からオトリを送る・・・反応が無い・・・

そこで、荒瀬の流心にオトリを送ると・・・ 

オトリが入った瞬間に目印が下流に吹っ飛ぶ~ やったぁ~~

強烈なアタリで最高に楽しい~ 瀬脇に誘導して引き抜くが、中々出て来ない・・・

竿が弓の様に撓るがMTのパワーでオトリが出てくる・・・ じっと堪えて掛かり鮎が水面を切った一瞬に引き抜きタモへ!!!

      

この鮎25cmでした!(ピンボケ)

この後も、順次荒瀬を下って行きましたが・・・ 1尾追加しただけでした。

      

写真を撮るのを忘れてたので、散々オトリに使ってから撮りました。

対岸に釣り人が居たので移動します。

車で下流に移動します。

平瀬を攻めますが、下流に1名釣り人が・・・

上流からもクラブのYSさんが釣り下って来ます。YSさんもポツポツとの事・・・

まぁ~一応、竿を出してみましたが、オトリも弱くなり頻繁に根掛かり・・・

外しに行っても鮎がいる気配が無いですね???

釣りはここで終わりとして、豪雨後から気になっていた・・・

      

そう、写真の2本の垂れた枝を何とかしよう!!!

対岸に渡り、2本の枝を斜面の木々に絡ませて川に垂れないようにしましたよ!

     

上部に張り出した木々の枝はどうしようも出来ません。

ここで鮎釣りをされる方は、穂先に注意しないと天上糸が枝に絡まるので注意して下さいね!

次回釣行はお盆明けとなります!

コメント

8月7日 超渇水の亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月07日 | Weblog

今日も郡上へ鮎釣りです!

長良川本流も超渇水状況で、瀬でも水温が高いので青のりが一面に付いていますね・・・

亀尾島川も今シーズンでは、一番低い水位です。

7時前にむとう釣具店に到着!

しばらくすると・・・

お客さんがオトリを買いに来られ、私を見て声を掛けてくれました・・・

      

そう!Facebookの同じグループ入っている、土屋さんです!

私のブログを見て、先週初めて亀尾島川に来られ楽しい釣りをされ、気に入ったので今週もこの川に来たそうです!

お勧めのポイントも教え、私は上流へ・・・

数ヶ所見て回りましたが、7月の豪雨でお気に入りのポイントも埋まった状況です。

何か所か見て回り・・・結果・・・ 今日の朝一は・・・

      

この場所から始めます。

しばらく見ていると鮎が見えます。

オトリを送り出し10分ギュギュン~ギラギラギラ~掛かった瞬間が見えるので楽しいですね(^_-)-

      

先ずは1尾目

オトリが替わりしっかり泳がせます・・・

オトリの近くには来ますが、追いは弱い感じです・・・

それでも、このポイントから外さないように石周辺を泳がせると・・・

下流に目印が走ると同時にギラギラ~ですね!

      

このサイズです!

この調子でしっかり泳がせてると・・・ またまた、ギラギラ~ですよ!

      

この鮎以降しばらく反応が無くなり少し移動します。

次はこの瀬へ・・・

     

瀬の開きには鮎が見えるので、瀬に入ってくるのを待ってみます!

ん・・・ 反応が無いので瀬の白波が消える辺りにオトリを止めてみます。

しばらくすると・・・目印が下流に引き込まれましたが外れました。

オトリの逆バリを確認すると、ヒレが切れているので掛かったのは間違いなし・・・

針を交換して再度送ります。

ジワーっと引き上げながら止めてみます。

数回繰り返すと追われる反応・・・ そのまま待つ事・・・数秒!スパ~ンと目印が引き込まれます!

      

マッキキーの鮎ちゃん!!

この鮎で瀬の開きを泳がせます。

すると・・・またまた気持ち良く目印が引き込まれます!!

      

少しサイズが良くなりました。

こんな感じでもう1尾追加~

      

この鮎でこのポイントを上がります。

丁度、釣り人がこちらに来られたので、鮎が見えているポイントを数ヶ所教えてあげて車に戻ります。

その後、2ヶ所ほど竿を出し大・中を7尾程追加しましたが、詰まりも数多くありました。

今日の釣果です。

      

腰までの瀬で詰まったのは何とか回収出来ましたが、深場での詰まりは致命傷でマイナスが数尾ありました。

大鮎も群れている状況で追いが悪く、大物狙いも数が出ませんでした。

一度、垢を洗う程の増水があれば楽しめると思います。

コメント

8月5日 クラブの大鮎釣り大会!

2018年08月05日 | Weblog

今日は、クラブ「郡上長良・亀尾島会の大鮎釣り大会」です!

     

午前5時に参加者の皆さんが、事務局のむとう釣具店に来られます。

石川県から参加される中本さんが遅れるとの連絡があり、1時間遅らせての開始です。

     

先ずは参加者の皆さんで記念撮影!

      

大会運営委員長の河合委員長から競技内容の説明です。

今回は、亀尾島川の上流荒倉橋上流の瀬肩から下流は長良川合流迄と那比川が競技場所です。

      

くじ引きでオトリ配布を順番に貰います。

競技時間はスタートから13時迄で、検量は13時~13時30分です。

オトリを貰い選手の皆さんは思い思いの場所に向かいます。

今大会は、1尾の重量で順位が決まります。また、同重量の場合は総尾数の多い方が上位となります。

競技時間終了と共に選手の皆さんが事務局の検量所に戻ってきます。

検量では・・・

      

特大鮎が持ち込まれます。

      

また、亀尾島川も超渇水で総尾数も少ないのかと思いましたが、上位の皆さんは大鮎を揃えて持ってきます。

検量の集計が行われ表彰式です。 

      

優勝は熊谷さんの133g総尾数14尾

2位は片岡さんの130g総尾数11尾

3位は佐久間さんの130g総尾数7尾

4位までが特大鮎で、6位までが大鮎でした

この超渇水のなか、総釣果66尾で特大鮎が10尾 大鮎15尾と亀尾島川の鮎が良型揃いで圧巻でした。

表彰式が終わり上位3名囲み参加者全員で記念撮影!

      

参加された皆さんお疲れさまでした。(^_-)-☆

コメント

8月1日 渇水の亀尾島川で鮎釣り!

2018年08月01日 | Weblog

今日は、クラブのYSさんと鮎釣りです!

午前5時30分むとう釣具店に到着!

先ずは、川の状況を確認すると・・・

           

亀尾島川に那比川が合流する高橋下を見ると、平水よりも15cm程低い状況ですね!

橋の上流は・・・

           

落ち込みの淵が7月の豪雨で埋まっています。

しばし、むとう釣具店で最近の状況を聞きながら川面に陽が射すのを待ちます。

釣り支度をしてオトリを購入します。

さて、この渇水状況で何処を狙うか???

      

先ずは渇水でも実績のあるこのポイントに二人で入ります・・・

YSさんは1級ポイントに!!!

私は、豪雨後初めて入る瀬肩から狙います!

      

いや~ 水位が低すぎますね???

それでも、流れに変化があり少しでも深みのあるポイントから攻めてみます。

開始5分目印に変化が・・・ そしてキラリ!!!

      

チビ鮎ですが、先ずは1尾目!

しかし、後が続かないので細かく探る事に・・・ ちょっとした瀬もオトリを入れて探ります・・・

すると、小さな瀬で目印が走ります!!

      

このサイズならオトリに丁度いいですね!!

絶対居そうな瀬では反応が無いですね・・・ 砂地には幾つもの足跡があるので結構釣り人は入っているようです。

それでも、一通り探ると目印が走ります。

      

でも、このサイズです! この後も、同サイズを追加し移動します。

次の場所はこんな感じです。

      

竿の出しにくいポイントを探ると・・・

目印が気持ち良く引き込まれます・・・ 竿が立てれないので少し下流へ移動して引き抜きます。

      

これもオトリにいいサイズですね!

オトリを交換し下流からジワリジワリと上流へ引き上げます。

すると・・・キュキュ~ン目印が走ります。

      

少し幅がある鮎です!

そして、もう少し奥の流れにもオトリを引き上げると・・・ キラキラっと掛かります! やはり同じサイズの鮎です!

ここでも、同サイズをもう1尾追加し下流のポイントへ・・・

ここは、豪雨後川底が掘れて深くなって、石が出て来ています。

深い部分にある大石から、かけ上がりを泳がせていると・・・  ん・・・対岸の深場でオトリが詰まり・・・ 天上糸を掴んで外そうと竿を仕舞いかけた時・・・ バキー・・・ アッ!!!

#3番が・・・

      

まだまだ攻めたいポイントでしたが、一旦上がりむとう釣具店に竿のパーツを注文しに戻る事に・・・

少し休憩し、気を取り直して下流のポイントへ・・・

     

YSさんが取り込んでいます。

私も、ポツポツと掛かります。

      

ここでのサイズはいいですね!

更に荒瀬を攻めると・・・ 強烈なアタリで目印が飛びます!!!

      

やっといいサイズが出ました!!

これをオトリにして、再度荒瀬に・・・ すると・・・またまた目印を引っ手繰るように荒瀬の中に引き込まれます。グングン下流に走ります・・・ 抜きの体制に入っても中々オトリが出て来ません・・・ ジワーっと寄ってきますが抜けず引き寄せます。

      

この鮎が特大サイズでした!

その後は、オトリサイズの鮎を数尾追加して終了です!

      

今日の釣果です。ロッドが折れるトラブルで狙いたいポイントを攻めきれなかったのが残念です!

亀尾島川も渇水状況で一雨欲しい状況です。

コメント