ジョージ・いまさきもり の アンダンテ・カンタービレ

晴れた日は農業とウォーキングとライカ、雨なら読書と料理。
そして毎日ラジオがお伴です。

本意ではないが、やめたらどう?マラソン競技

2019年10月19日 | 思いつき


『おもてなし』の一言で、おめでたくと言うか無理やり誘致した東京五輪。
「真夏の東京なんて無理」と国民の大多数がその『非常識』を感じていたと思う。

そうしたらここへ来て、
「マラソン競技は涼しい札幌市でやれ!」とIOCのお偉いさんからの指示。
「灼熱の東京でマラソン競技など、選手の健康無視も甚だしい」
「今までに東京で8月にマラソン大会をやったことは皆無だろう」
いやはや、IOCの方の言うほうがはるかに『常識』的だ。

開催直前の変更で、かなり多額の費用が増加するという。
ここまでの準備の様子を見ていれば、当然、国や組織委員会や東京都が相談すべき事。

しかし、やっぱり東京五輪はスポーツの祭典ではない。
我々が期待するような、常識的な話し合いなど無理。
ドロドロしたオールジャパンの政争の場だ。

やっぱり菅さんが森さんとグルって、直ぐに言った。
「東京都が主催するのだから東京都が負担するのが妥当」

変更協議に無視され、決定後に屈辱の通知をもらった東京都。
小池さんも負けていない。
「涼しい北方領土でやったらどう? 森さんがプーチンと話せばできるでしょう」
これには、小池さんに久々大きな拍手。

プールの水が汚くて泳げないとか、
台風も、ラグビーに続いて五輪も観戦したくて沢山来そうとか、

本意ではないが、いっそもう、マラソン、いや五輪をやめてしまったどうだろう。

コメント