仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

もちもちの木 仙台愛子店

2016年04月15日 | 仙台市青葉区

元アイドリング34号佐藤麗奈(さとれな)過去記事(1)/(2))が「めざましテレビ」のイマドキガールに大抜擢!

という事で4/12に番組初登場してました、メデタイ。

トンカツです。-ズミ乳まとめ隊- : 4/12めざまし、佐藤麗奈→ココ調9号横山のリレー - livedoor Blog(ブログ)

めざましテレビがフジテレビ系列なので押し込めたのかな。アイドリングがフジテレビ系アイドルで良かったなと、何なら初めてフジ系だったメリット享受だったかも。

アイドリング時代はフジ系の歌番組にすら出してもらえなかった>アイドリングですからね。ひーちゃん@三宅ひとみも先日芸能界引退しちゃいましたね。

さとれな佐藤麗奈がアイドリングで数少ない生き残り組になるのかも。

高橋みなみ@AKBもビックリのデカリボンがあざといな(笑)でもディズニーだから違和感無い上手い。

佐藤麗奈がリーダーを務める新結成アイドルユニット「マジカル・パンチライン」情報は地方に居ると一切伝わって来ず、ほぼ地下アイドルレベルですがしばらくは様子見しておこう。

佐藤麗奈4/3ツイッター葵なつみ@元asfi(アスフィ)の動向確認。もう一人は藤巻碧@多摩TVか。

佐藤麗奈 さとれな(マジパン): "この子達とお泊りして 浅草観光したんだ~。 みんなサバサバしてて 終始おもしろい。(笑) 大好きで大切な友達です♡

リアル同級生らしいけど本当に仲良さそう。前に佐藤麗奈の写真集出た時にイラスト描いたりしてたエピソード(クリックで過去記事へ)とか微笑ましかったっけ。

青春やなぁ。若さが眩しいわ…(年寄り)

 

 

さてローカルアイドルネタはこのくらいにして、

ラーメンの話に

仙台でも有数のラーメン激戦区愛子・栗生エリアに11年夏、殴り込みをかけてきたラーメンチェーン店がこちら「もちもちの木 仙台愛子店」です。

言わずと知れた全国区の人気店でセブン系のカップラーメンも長寿人気をキープしている模様。

名取市にあります「もちもちの木 仙台店」(店名クリックで前回記事へ)は以前行ったことありましたが愛子店は初訪。期待が高まります。

味噌ラーメン・大盛」830円(写真上)

大盛50円と聞いたら大盛りで頼むしかありませんね。

更にラーメン雑誌クーポン使用で味玉サービス、有り難く頂きます。

早速のスープですが、白濁させた豚骨ガラベースは綺麗に取られていてラードも浮かばせてあります。油量もまあまあ強め。

強い動物系に負けないくらい強烈に生姜が効かせてあり味噌ダレが優しく中和してくれている印象です。

味噌ダレは白と赤のブレンド。風味は奇をてらわないスタンダードなタイプですが熟成味がありなかなかの深みが有ります。

細切りの白ネギが薬味を醸しこれが味噌によくマッチします。モヤシがボリューム感の底上げを助けてくれてますね。

チャーシューはトロリ柔らかい豚バラロールで文句なしの仕上がり。白ゴマがアクセント。

麺は中太のストレートでまさに”モチモチ”とした食感のもの。濃厚なスープに程良く絡みます。大盛でしたが美味しくてぺろりと完食。身体が温まりますね。

 

中華そば」680円

こちらも味玉サービス有り難い。

半濁のガラベースに油量がかなり多め配合。

豚脂が蓋をしており湯気がほとんど立ち上ってこないほどで豚脂の旨味がスープのボディを作ります。

「とにかくラーメンとは熱いもの」という「もちもちの木」のこだわりが初っ端から体現されています。熱かろう美味しかろうの方にはたまらない仕上がりと思います。

猫舌な人にとっては氷下さいと頼みたくなるレベルなので要注意(笑)

醤油ダレは濃口主体っぽいですがもしかして魚醤かな。

節が煮出しと魚粉で投入されており、スープ一口目から鰹節を主体の魚介系がこれでもかとばかりに押し寄せてきます。

節は味わいだけでなく香りもしっかりと立っていてまさに節の洪水。

ストレートな中細麺はモッチリとした食感。ややのびが早いのはスープが熱々だからでしょうね。

味玉は昨今珍しいくらいの強めの味付けで塩気の飽和状態レベル。スープに負けないインパクトを持たせた作りとなってます。

しょっぱ口の自分は非常に美味しく頂きましたが、食後に烏龍茶が欲しくなるかな。

 

久しぶりの「もちもちの木」でしたが、相変わらずの”やり過ぎ”感が小気味良いですね。これくらい強烈なインパクトが無いと全国展開なんて出来ないって事か。カップラーメンも人気継続中ですし仙台に2店舗展開してくれているのが有り難い。ラーメン激戦区に楔を打ち込む一杯。

(15/11/04)
もちもちの木 仙台愛子店/仙台市青葉区栗生7-12-1

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御食事処 桂(2) | トップ | そば処 蕃山(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL