大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

審査風景(^:^;)

2012年04月30日 | 秀子のたわごと
厳粛な弓道の審査風景ですが・・ちょっと見づらいですね

   

外の観覧席から、審査の様子を見ることが出来ました。

190名程の参加者は、5名の審査員の前で実技を審査され、後に学科試験を受けます。

遠くから審査風景を拝見しましたが、何方も緊張されて審査を受けている様子が伝わってきまして・・・

私も、こんな緊張感の中で審査を受けることになるのだと神妙な面持ちで見学しておりました。


まぁ・・・ 何事も人生の味わいの一つとして、緊張感も楽しめたら良いなぁ~~~なんて、

今のところは呑気なことを考えておりますが、果たしてどうなりますことやら 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昇段試験

2012年04月30日 | 秀子のたわごと

今日は、弓道の参・四段の一般審査が千葉県弓道場に於いて行われます。

先輩がたが審査を受けられますので、仲間と一緒に応援と見学を兼ねて行くことにしました。

どんな感じで審査が行われるのか興味深々です。

       

参段、四段の審査になりますと、会場内もグッと引きしまった雰囲気なのではないかと思います。 

弓道を始めてから、まだ未体験のことが沢山ありますので、全てはこれからの稽古に繋がる良い機会になると思いますし、

学びの機会が増えてとても幸せです。


さてさて、ゴールデンウィーク中で渋滞が予想されますので、そろそろ出発しなくっちゃ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラレン

2012年04月29日 | 秀子のたわごと

今朝、「 5月にしたいスキンケア 」 という内容の番組を見ていましたら、

お蕎麦や野沢菜、パセリ、セロリ、イチジクや柑橘系のものには紫外線の感受性を高める物質、

ソラレンという光毒物質が入っているということで、食する場合は夜がお薦めと言う事でした。


あらら   私は柑橘系のものが好きで、毎朝必ず頂きます。

紫外線対策は、年がら年じゅうしていますし、どうしたら日焼けを予防できるかとあれこれ工夫をしていますが、

柑橘系のものを朝から取り入れるのは、避けた方が良かったのですね・・・トホホ・・ショック 


お蕎麦とかレモン、オレンジなどの柑橘系に含まれているソラレンが、紫外線の感受性を高めということを知って良かったです。

私はしたことはありませんが、レモンパックなどしたあとで、紫外線に当たったらシミが出来ると言う事ですね。


ソラレンは摂取してから数時間で代謝するそうなので、紫外線が強い時間帯には、

柑橘系のものを摂取するのを避けるようにしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本・読書

2012年04月28日 | 秀子のたわごと

本は、生涯に亘って一番身近にある物だと思っています。

この世から本が無くなったらどないしまひょ 

子どものころから本が好きで、暇さえあれば図書館に行ってあれやこれや借りては読んでおりました。

授業中も借りてきた本の続きが読みたくて、こっそり机から出しては読んでいたことも幾度となくありました。

先生に見つかったことなし♪ 


子どもの頃通っていた図書館に、月に一度お話のおじちゃんが来て下さっていたのですが、

語り聞かせと読み聞かせをして下さることを毎回とても楽しみにしておりました。

体格が良く、黒縁の眼鏡をかけ、ダブルの紺色のスーツをお召しになっていたことを記憶しています。

多分50代位の方ではなかったかと思うのですが、私はそのお話のおじちゃんが大好きでした。

クリスマス会があった日、お話のおじちゃんも来て下さっていたのですが、

突然名指しで「ひでこちゃん、前に出て皆さんに紙芝居を読んであげて欲しいな」と言われたのです。

ひぇ わ・た・し 」 ビックリドッキリ ・・ 心臓バクバク

子供ですから断る術も知らず、言われるまま前に出て ぶっつけ本番で紙芝居を渡されて、少しだけ目を通す時間を与えて頂きましたが、

あとは何をどうこなしていったのか思い出せないのですが、とにかく緊張していたことだけは鮮明に覚えています。

それまで、一度もそのおじちゃんとお話したことなどありませんでしたから、私の名前を知っていたことにとても驚きました。

特に目立つようなことを図書館でしていたことなどないと思いますし・・本当に不思議でなりませんでした。

緊張と不安を抱えながらも、おじちゃんのお計らいは私にとって、とても貴重な体験になりました。

お話のおじちゃんは、お話しが終わるといつも一言、「 本は宝の山です。 」 と仰っていたことが今でも心に残っています

     

今読んでいる本は、渡辺京三さんがお書きになった「 逝きし世の面影 」 です。

外国人の目から見た日本のことが、ヴィヴィッドに伝わってくるとても興味深い本です。

今の日本と比較すると、まるで別世界のようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

加害者と被害者・・

2012年04月27日 | 秀子のたわごと

事件に巻き込まれ、その被害者となられたかたがたに関し、即座に写真が掲載され、微に入り細に入り報道されます。

亡くなられたかたがたの生い立ちや、交友関係、親戚縁者まで報道されることもあったりで、私はとても違和感を感じています。

事件や事故に巻き込まれたご家族の方々は、心の整理もつかぬまま葬儀を余儀なくされます。

いつも不思議に思っていたのは、幼い頃の写真とか、交友関係とか・・・

そのご家族の了解を得た上で報道したり、写真を掲載したりしているのでしょうか・・・?

被害者のプライバシーは、まったくと言っていいほど無視されているように思えてなりません。

悲しみにくれるご遺族に対して、「 今の心境は? 」 と問う、報道陣も如何なものかと・・・ 

        

加害者の人権保護とでも言うのでしょうか、擁護の在りかたに対して、とてもバランスが悪いと思うことがたくさんあります。

京都で起こった今回の事件、加害者が未成年であるということで、どうやらとんでもない刑罰で終わってしまいそうです。

推移を見守りたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間と動物

2012年04月26日 | 秀子のたわごと

秋田県鹿角市のクマ牧場で起きた事件から、一週間がたちます。

檻から脱走した熊は射殺され、二人の女性飼育員が亡くなるという・・悲しい事態でしたが、

熊を射殺せずに捕獲することは出来なかったのかと・・・。

麻酔銃で眠らせて捕獲するとか・・・もっと考慮することがあったのではないかと思いました。

       

飼育されていない、自然界に住む動物たちは、他種の生き物に積極的に近づこうとすることはほとんど無いと思います。

そして、彼らは必要以上の殺戮をすることも無いはずです。

ほんの僅かな地域で、ただ日々の糧として狩りをする。子孫を残すために、最低限の狩りをしているのだと思います。

彼らの縄張りに足を踏み入れて、悲劇が起こることは多々あります。

生息地域の森林破壊や土壌の破壊をした結果、動物たちはその地を離れることを余儀なくされ、

餌の獲得に人間の住む所まで下りてくるしかないことも沢山ありますし、

乱獲で絶滅していった動物たちもたくさんいましたが、すべては人間による仕業です。

       

弁を持たない動物たちが、もし言葉を発したら、私たち人間では想像もつかないようなことを言うような気がします。

時には、地球の異常を敏感に感じ取ることのできるような、そして、地球を汚すようなことをしない

人間よりも遥かに優れた能力を持つ動物たちに、何故神様は言葉を与えなかったのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古事記・日本書記

2012年04月25日 | 秀子のたわごと

最近、「 古事記 」 や 「 日本書紀 」 を読みたいなと思うようになってきました。

勿論、現代語訳で  学生時代、一度目を通したことがありますが、読み切ることなく長い月日が経ちました。


知り合いで、外国人のかたなのですが、原文をスラスラ読まれるかたがいらっしゃいます。

凄いですね・・・古語をスラスラですよ! 努力の二文字が苦手な私には、こういうかたを尊敬してしまいます。

そのかたはロシア人のかたで、ロシア語は勿論ですが英語も日本語も完璧でいらっしゃるのですが、

そのかたの彼氏がイラン人のかたで、なんとお二人は日本語で意思疎通を図られていらっしゃいます。 

何だか楽しい気分になります


あっちゃんは、英語の他に、オランダ語も、インドネシア語も話せますし、フランス語は少し分りますので、

他国へ旅行に行く時は、超優良名ガイドに変身  私は 楽ちんこのうえなし 

私はといえば・・・日本語での会話が、どうにかこうにか やっとこさっとこ状態 

未だに時々、意味不明な日本語を使ったりしますので、日本語の上達もまだまだ先になりそうですが、

せめて綺麗な日本語が話せるようになりたいと思っております。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルク風?

2012年04月24日 | 秀子のたわごと

先日友人たちと談笑中、何人かの友人は珈琲を注文し、添えられていたミルクの量だけでは足りずに、更に数個追加していましたが・・  

あの小さな容器に入っている液体は、ミルク成分は一滴も入っていないのだということを友人に伝えました。

皆ビックリしていましたが、無造作に使用するあの液体  あれは全て添加物 

添えられてくる小さな容器には書かれてありませんが、スーパーなどで売られている大袋の裏面を読めばすぐに分かります。

          

あの小さな容器に入っている、ミルク風の液体の正体は 

植物油と水が良く混ざるように、乳化剤と増粘多糖類、PH調整剤や着色料、そして香料が合わさったもので出来ているはずです。

油と水を混ざるようにしている乳化剤は、界面活性剤です。

        

もう十年くらい前でしょうか、タイトルは忘れてしまいましたが、

添加物のことが書かれてある本を、知り合いからお借りして読んで得た知識ですが、それ以降購入することはありません。

このコーヒーミルク?以外にも、巷に出回っているものはほとんど添加物が入っていますので、

ゼロにすることなど不可能ですが、気にしておくことは出来ます。


放射能汚染も気になりますが、常日頃 私たちが口にするものの中に、     

不安な物が沢山入っているのだということは、どこか意識から遠のいているような気がします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筍♪タケノコ♪

2012年04月23日 | 秀子のたわごと

掘りたての、旬のタケノコを頂きました。

  

毎年、お裾わけにあずかりとても嬉しいです。 Mさんありがとうございます。

タケノコを茹でる時、皮にも風味があると祖母から聞いておりましたので、

茹でる時は、先端と末端を斜め切りし、皮に少しだけ切れ目を入れてから茹でるようにしています。


そういえば・・・今年は、暫定基準値が高いということでタケノコの出荷制限・出荷自粛の要請が出たりしていましたが、

タケノコに限らず、シイタケも出荷制限されている地域が出ました。

放射性物質検査の新基準値が下回っていた地域でも、ある地点で基準を少し上回っただけで、すぐに出荷自粛要請が出てしまいます。

日本は、諸外国に比べてベクレルの数値が極めて低く設定されていますので、

ほんのわずかな数値でも敏感に反応し対応を迫ったりしているように思います。


何故日本は、諸外国に比べて放射線量の値がこんなにも極端に低く設定されているのだろうか・・・と、

タケノコをグツグツ茹でながら考えておりました。

グツグツ・・ブツブツ・・  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月例会

2012年04月22日 | 秀子のたわごと

弓道を始めてから一年がたちましたが、今日は月例会が行われました。

今まで一度も月例会に参加したことがなかったのですが、これからは出来るだけ参加するようにしたいと思っています。

    

ひと月ほど前だったでしょうか?どこかの新聞に、 「 本当はやりたいスポーツ 」 のランキングに、

一位は乗馬、二位は弓道が入っているようです。そして、アーチェリーや射撃などが続いていたようです。

タイトルも、「 本当はやりたいスポーツ 」 ですから、現実には難しいけれど 叶うならばという気持ちで選んだのだと思います。

どれも、身近にありませんので見掛けることも少ないものばかりですし、手軽に始められないものばかり♪

でも、こういうランキングは分かるような気がします。


私も、本当はやりたいスポーツは何かと問われたら 乗馬ですね。

乗馬といえば、ロンドンオリンピックの馬術競技に参加される法華津さんが素敵♪

馬上の法華津さんは、姿勢も正しくとても凛々しく見えます。

法華津さんが参加される馬術競技も、ちゃんと放送して下さると良いのですが。


本当はやりたいスポーツの乗馬が実現するようなことがあったなら、やはり  目指すは流鏑馬 

私の究極の憧れです。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加