大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

台風接近!

2012年09月30日 | hidekoのクラフト
台風17号が関東地方に接近中で、午後からは警戒が必要なようです。

何年だったか忘れましたが、別名りんご台風とも呼ばれ、青森のリンゴ園が体打撃を受けた19号台風がありました。

あの時は日本列島に甚大な被害が出て、関東地方も大変な騒ぎになっていたことを覚えています。

猛烈な暴風雨が気になり、まんじりともしない夜を過ごしていましたが、

あの日は近々ペーパークラフトの作品展が迫っておりましたので、どう眠れぬのならと制作を続けておりました。

豪雨と暴風が吹き荒れる音を聞きながら作っていた作品はこれです♪

 
               Photo by JUNKO  ぜ~~~んぶ紙です

この作品を見ますと、19号の台風を思い出します。

どの作品にもそれぞれに思い出がありますが、猛烈な台風が直撃している時に制作したことはありません。

こういうオリジナルのミニチュア作品は、自分のイメージサイズで型紙を作りますので、そんなに大変な作業ではありません。

でも、架空の物をイメージする時には、まず使用したいと思う色味の和紙や洋紙を目の前に置き、ただジッと待つ 

紙の色や質感から感じ取れる何かが芽生えるまで、私の場合は待っています。

でも、ただ手をこまぬいて待っているのではなく、イメージが湧きそうな工夫はするようにしています。

ですから、あっという間にイメージが浮かぶ時もあれば、地の果てまで行っているのではないかと思えるほど時間のかかる事もあります。

          

今回、関東地方を直撃するかも知れない17号台風の時は、多分読書をして過ごしそうです。

只今読んでおりますのは、実業之日本社から発行されている 山田吉彦著 「 日本国境の新事実 」 です。


9月最後の日・・・もの思う秋・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お楽しみ♪

2012年09月28日 | 秀子のたわごと
  

長年使用していたあっちゃんのお弁当箱を、新しくしました。

大学に行く時はお弁当を持って行ってもらいますが、ちょっと雰囲気が変わって良い感じです♪

お弁当を作る時は、あっちゃんに出来るだけ見せない様にして作ります。

お弁当の蓋を開けるまでのお楽しみにしておいて欲しいからです。

後数年で、あっちゃんも退職しますが 、お弁当作りもそれで終了になると思うとちょっと寂しい・・

そこであっちゃんに、「 退職しても、お弁当を作る機会を作って欲しいんですけど  」 っとお願しておきました。


子どもたちのお弁当作りが終わった時も、何とも言えない気持ちになりました。

お弁当作り最後の日に、子どもたちが「長い間、ありがとう♪」と言葉を添えてくれました。

「 どういたしまして 」 と言いつつ、胸が一杯になって 母親業の一つの行事が終わったのだと感無量の心境になりました。


さてさて  今日も、お弁当の蓋を開けて楽しんでくれたら良いのですが 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビックリ(@:@)

2012年09月27日 | 秀子のたわごと

  
             Photo by TOMOさん

いやぁ・・・・自民党の新総裁は、元総理大臣安倍氏に決まったのですね。

何と申しましょうか・・・、首が傾いたままでおりまする 

5年前に政権を投げ出し、退任された時のことはまだ鮮明に覚えています。


政治家を風刺したコントを披露している「ザ・ニュースペーパー」のかたがたも、

石破氏・石原氏あたりを目安に扮装よろしく控えていたようで、

安倍氏に決まった時は、石破氏役のかたが困惑されている様子がテレビに映っていました。

石破氏役の方は、前に安倍氏の役をされていたかたですから、

急遽顔の半分を安倍氏に  あとの半分を石破氏で演じられていました。


日本の屋台骨を支える、芯のある骨組にするには・・・

一国を支える中心人物となる大黒柱は、どなたを推挙すればよいのやら・・。

条件の一つに上げたいのは、最後まで投げ出さない人が良いなぁ~ 


そうそう、元格闘家の須藤元気さん率いる サラリーマン集団のパフォーマンスを韓国で披露されているサイトがありました。

面白い映像です♪

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/music/p4cd8a5af3ff85f42a70cc2fa8ef468ce
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

齢♪

2012年09月26日 | 秀子のたわごと

         散歩の途中でみ~つけた♪

普段年齢を気にすることはほとんどないのですが、5月に行われた弓道の昇段試験の時にあれっと年齢を自覚する場面がありました

各段位の受験者は、どうやら年齢順のようだと仲間から教えて頂いて、「 あらそうなの 」 と軽く聞き流していたのですが、

実際自分がその年代層の中に入って審査を待っている時に、ふと周りを見回しますと・・・何だか雰囲気と言いますか、景色が違うのです

その時、「 ああ、私この年代なのだ 」 と再認識

頓珍漢と言いますか、厚かましいといいますか、無自覚にも程があるっと思えないのが、私の欠点&長所なのかもしれません。

無理に年齢を気にしない訳ではなく、普段の生活で気にする必要がないのです。

何かの手続きに年齢の書き込みが必要なことも、年に一度有るか無いかですから、自覚は遠くなりにけり 


先日唐突に、「 ところで大木さん何歳なの 」 とK先生から尋ねられ、即答しましたが突然の御尋ねにちょっとビックリはしました 

男性から直球で年齢を尋ねられたのは初めてかもしれません

「 御想像にお任せします 」 くらいでも良かったかしら でも、気にして頂いていたのですから、ちゃんとお答えしなくっちゃ♪


10代の頃は大人っぽい顔立ちだったので20代と思われていたのですが、顔立ちにさ程に変化がなく、

数十年ぶりに会う人もすぐに私だと分かるそうです。

「 全然変わってな~い 」 と言われますが、さんまさん風に言えば 「 うんなわけないやろ 」 っとちょっと照れ隠し


これからも、何でも良いように解釈して楽しく過ごして行こうっと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試食券♪

2012年09月25日 | 秀子のたわごと

友人から、珈琲館の手焼きホットケーキ試食券を頂きましたので、早速散歩を兼ねて行って参りました。

    

試食とはいえ、ちゃんと一枚頂けました。 こういうサービスは嬉しいですね 

前にも注文したことがありますが、食感も味わいも良くてここのホットケーキは美味しい

試食だけ  などと言うことはせずにですね  ちゃんと炭焼き珈琲を注文致しました。


読書をする場所の一つに入れているのですが、今日も読みかけの本を持って行き、

本が読めるこの時間を心から有難く思い、小一時間ほど過ごして参りました。

         

それにしても、気温が下がると食欲がわいてきます。 何を頂いても美味しい 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

碁って・・!

2012年09月24日 | 秀子のたわごと

     

昨日、この弓道場で講習会が行われました。

参加者は80名ほどでしたが、早朝から夕刻まで弓道の基本から、一人一人の射型の修正点など多くの事を講師の先生がたから御指導いただきました。

この修正点を普段の稽古に取り入れて、精進せねば!と言うは易く行うは難しで・・・ 動かぬ的を相手に、悪戦苦闘♪

私自身に何事も無ければ、あと10年くらいは稽古に通えるのではないかと思っていますが・・・

       

私は碁のことは全く分からないのですが、先日テレビで小学生の碁の決勝戦が行われているのを見ました。

結局最後まで見ることになったのですが、あの集中力は凄い 
 
最後まで碁を見たのは初めてですが、結構な趣味だと感心しながら見ていました。

小学生の次は、中学生の対戦が放送されていましたが、生憎用事があり外出しなければならず、録画しておきました。

小学生の対戦を見て、凄い!と感心しきりだったので、これが中学生の対戦になったらもっと凄いのではないかと・・・

案の定、凄いがレベルアップしていました 

多分始めることはないと思いますが、ちょっとだけ碁の事を知りたいなぁ~っと思っていたりして
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しい♪

2012年09月22日 | 秀子のたわごと


    Photo by TOMOさん

涼しくて体が軽い感じがします。 心もウキウキ 

あっちゃんが「 まだ、30度位になる日があるらしいけれど、蒸し暑さはないみたいだよ 」 と話しかけてきましたので、

「 太陽もちょっと反省しているんじゃ~ないの  いやぁ~暑くし過ぎましたとかなんとか

「 そうだねぇ~、この手の空気これからはちょくちょく送りますんで って感じかな 」

こうなると思考回路も正常に動き始める感じで、やる気・元気・根気・勇気・本気の五気も充実してきます。


昨日、国語の世論調査が新聞に掲載されていました。

本来の意味が捉えられていない言葉が幾つか載っていましたが、私も捉え方を間違えていたものがたくさんあります。

学生時代まで 「 馬子にも衣装 」 の「 馬子 」 を 「 孫 」 だと思っていましたし、「 特徴 」 と 「 特長 」、

「 さわり 」 では、 この 「 さわり 」 がどの部分を指すのかとか、間違えた捉え方をしていたものがた~~~くさんあります

それでも、中には正確に捉えていたものもありますが、友人と捉え方に相違があるものに 「 押っ取り刀 」 の使い方がありました。

私は、取る物も取りあえず慌てている様のことだと思って使いますが、友人はゆったりと構えて行動することだと思って使います。

「 おっとり 」 が 「 ゆったり 」 している様子に繋がるのかもしれませんが、本来の意味は多分・・・私の解釈で良いと思います。


あと、私は気に入って使いたい言葉の一つに 「 気が置けない 」 がありますが、この言葉は悪い意味に捉えられてしまうことが多いようです。

「 気にする必要がなくて、気が楽♪ 」 と、褒め言葉で使ったつもりでいたのですが・・・・・・

誤解されることが多いので、違う言葉を使うようにしています。


日本語は美しく奥深く難しい言語で・・・、そんな超難解な言語を自在に使えたら素敵なのですが、道遠し・・・ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残暑もちょっと休憩中♪

2012年09月21日 | 秀子のたわごと
 
          Photo by TOMOさん

ひんやりとした空気を感じて目が覚めました♪なんと心地よい日でしょう。

でも、まだ残暑が続くようですし秋だ秋だ・・・っと騒ぐにはまだ早そうですが、

公園のイチョウの葉も、少し色味に変化が出てきましたのでもうすぐ秋とちょっとだけ小雀りしておきたい。

           

我が家はこの夏、一階に関しましては一度もクーラーを使用せずに済みました。

多分、9月中の残暑にも使用することなく終わりそうです。

確かに日中は暑いのですが、窓を全開にし玄関を開けておきますと風が通り抜け、

そのお陰でクーラーの使用無しで済んだのだと思います。玄関の網戸はとても快適です。

二階のあっちゃんの書斎も、数回使用したようですが、それもほんの短時間で済んだようです。

耐震性とか問題はありますが、通気性など日本の気候風土にあった木造家屋の良さを感じます。


それにしても・・、今夏は猛残暑が続く中 弓道の稽古に励んだと、ちょっとだけ自分を褒めてあげたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心和む花の写真

2012年09月18日 | 秀子のたわごと

  
         Photo by TOMOさん  
                                     
近くから鳥の囀りが聞こえてきて、家の周りは何とも長閑な状態。

海を隔てた中国では、 反日デモで日系企業が襲撃されている様子が放送されていました。

多大な被害を出した中国側の言い分は、「 その責任は日本が負うべきだ 」「事態が深刻化するかどうかは日本側にかかっている 」

と通訳されたテロップを見ながら、何とも言いようの無い空しさを感じておりました。

この時画面に登場された方は、中国外務省の洪磊副報道局長で、毅然とした面立ちで語られていらっしゃいましたが、

この洪氏は 「 中国は法治国家であり、国民に理性的で合法的に意思表明するように求めている 」 とも仰っていたようで、

私など・・・すべては通訳された内容に頼るしかなく 何とももどかしい・・・。

漢字表記ですと、こんな内容なのではないかと推測することは出来るのですが、口に出来るのは「謝謝」くらいで・・

やれやれ

それにしても、法治国家の意味って国により解釈が違うようです。

それに、破壊行為を起こしてもその原因を作ったのは他国であり、その責任はあなたがたよ 

っと言いきる押しの強さは日本にはありませんね。

デパートなどを襲撃し、破壊し、強奪までしている・・・ でも、強奪はおかしいでしょう

日本製品の不買運動をしているのではなかったの 日本製品を強奪して、それをどうするのかしら

               

家に持ち帰って破壊するのかしら、いえいえ・・たぶん破壊はしないと思います・・・きっと・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手に負えなくなると!

2012年09月17日 | 秀子のたわごと
子猫がミャーミャー鳴きながら、庭をうろついています。

親猫を探しているのでしょうが、逸れてしまったのでしょうね。

ここは居場所ではないと分かれば、どこかに行くでしょう。


市内の川沿いで、野良猫が増えているという話を聞きました。

どうやら何方かが餌をやっているようで、付近の方々から苦情が出ているようです。


ペットが大きくなりすぎて、手に負えなくなると放置という無責任な行為が、被害を拡大させているケースも多いようです。

アライグマとか、イグアナとか、カミツキガメとか、大蛇とかその他いろいろ・・・

外来種の中でも、生態系や人間のへの影響が大きいものをペットにすること事態問題が多そうです。

力だって、人間の能力を上回わっていて、ひとたび暴れたら手に負えないどころか命がけ。


    Photo by JUNKO

そういえば、中学生の頃ワニを飼っている友人がいました。

私が見た時は、まだ水槽に入る大きさで、餌はササミ?とかだったと思いますが

あのワニ・・・その後どうなったのかしら 

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加