大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

面立ち♪

2010年10月31日 | 秀子のたわごと

昨日は、台風が接近する中   大切な友人 I ご夫妻が遥々と 我が市へお越し下さいました

ご主人様にお目にかかるのは、今回初めてでしたが とても気さくなかたでいらして

優しい目元が印象的なダンディなかたで、お似合いの素敵なご夫婦でした




ご主人様のお顔がとっても男性的で、好感が持てるのは何故なのかしら っと考えてみました。 


最近の 日本人男性の顔の輪郭が、とてもシャープで スッとしたかたが多いと思っているのですが・・・ 


まぁ~ 私の好みと言えばその一語なのですが  

男性の面立ちは・・やっぱり スッより、ガッチリのほうが 安心感があって 良いなぁ~っと思っています。


高校野球で一世を風靡した ハンカチ王子こと齋藤投手 対 仁王様のような面立ちの田中投手の対戦をテレビで見ていた時、


齋藤投手の都会的な面立ちも素敵なのですが、田中投手の男っぽい面立ちに惹かれるものがありました 


今でも田中投手のファンですが、彼の面立ちに好感がもてるのは

デンとした安心感を感じるからなのでしょうか  

守ってくれそうな そんなイメージがあるからなのでしょうか

原始時代、毛皮のパンツを穿いて 大型獣の骨かなにかを細工した武器を持って 

家族のためにウホウホ言いながら マンモスを捕まえてくるあのイメージなのかしら  

あら ・・ 変なものの読み過ぎでしょうか  田中投手に申し訳なし 



我が家の大黒柱 あっちゃんは スッとした面立ちですが 

勿論 あっちゃんは別格です はい 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅・・

2010年10月30日 | 秀子のたわごと
  
たまには   ゆっくりと長期の旅がしてみたい 


そう    出来れば 外国    イタリア ドイツ 娘のいるオーストラリア   


可能なら一年くらい日本を離れて ゆっくり歴史探訪の旅をしてみたい。


今年は、計画することはちょっと無理なので・・ 


長期は無理ですが   来年は是非 実現したい     ではなくて、します 




私は、外出するとき あっちゃんと一緒に行動出来ることがとても好きですし楽です。 


旅行すると、それが顕著に出ます  


行きたい所、やってみたいこと、食べたいものなど 意見が一致しますので とっても楽しい  


      



まだ一度も 二人でイタリアに行ったことがありませんので これは是非とも実現しなくてはと思っています。


歴史家でもあるあっちゃんに イタリアを見せたい 


私の好きな アッシジ・・フィレンツェ・・・その他いろいろ 


行ったら帰りたくなくなるかも・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わら工芸v(=^:^=)v

2010年10月29日 | 秀子のたわごと
  
  わら工芸 



市内の小学校で、公開研究会があり 私は助っ人としてしめ縄飾りの指導に行って参りました。 


今回の指導対象は、小学2年生で 与えられた時間が30分と短時間でしたので、

予め準備しておいたしめ縄を 35名の生徒さんに一本一本渡し 輪結びに挑戦して頂きました。


輪の形は一重も良し   二重も良しで 35名の生徒の皆さんはそれぞれ、とても素敵で 

個性的なしめ縄飾りを完成させました。


モニョモニョ、フワフワした小さな手で、一生懸命 輪作りに挑戦していることがとても愛らしくて


私は終始笑顔のままでした   


完成させると、どう思うか聞いてくるのです  

一人一人の作品の 素敵なところを ちゃんと伝えて たくさん たくさん 褒めてあげました。

「 早くお家に帰って おじいちゃんに見せるんだ  」 とか

「 わらって、あったかいね  」 とか

「 じょうずにできたから うれしい  」 とか



  なんたる 幸せ 




撮影が出来ませんでしたので   ちょっと・・残念ですが 

生徒の皆さんから 「 作れて嬉しかった 楽しかった 」 と沢山のメッセージを頂き

涙腺が緩みっぱなし  ・・・・  みなさん ありがとう



久しぶりに、小学校内に入りましたが

何とも言えない懐かしい気持ちでいっぱいになりました  




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掘りごたつ♪

2010年10月28日 | 秀子のたわごと
   
   冷雨 



この気温の低さ・・・  我が家の掘り炬燵が活躍する季節に入りました  


日本の冬に炬燵は必需品だと思っているのですが、掘り炬燵は 床面に置く炬燵と違い

足を下に降ろせますのでとても楽です 



炬燵を調べて見ましたら、炬燵に火を入れ その上に櫓をくんで 周囲を布団で覆ったものは

室町時代に成立したと書いてありました。


ルーツは中国ですが、日本で独自の発達をとげたそうです  素晴らしい 



                       



我が家の掘り炬燵は、8~10人掛けの大型のものを作って頂いたのですが

大きいことは、良いことだ ( あれ  どこかで流れたCMソングみたい )


これからのシーズン大活躍する我が家の必需品です  



それにしても・・・ この気温の変化について行くのが大変です。


温かい生姜紅茶でも頂きながら、仕事をしようと思います  


  
   私たちのブログをお読み下さっているみなさま  


        どうぞ、お風邪を召しませんように 


        今日も、良い一日でありますように    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉

2010年10月27日 | 秀子のたわごと
      鎌倉 

 

 N会の例会で、鎌倉に行ってきました 

 鎌倉は、何度も訪れたことのある地ですが 今回訪問させて頂いた 「 妙本寺 」 は初めてでした。





N会の I氏のお計らいにより 妙本寺の貫首 早水日秀(Hayami Nisshu)様に お目にかかることが出来ました。

さらに、早水様のご厚意で、祖師堂に入らせて頂き 普段観ることのできない 祖師の御開帳をして下さいました。 

厳かな気持ちで、静かに手を合わせて参りました   


早水日秀 様はイキイキ推進委員会の委員長をしていらして


http://www.mediatv.jp/ikiiki

「 一滴の水も集まれば必ず 世の中をイキイキと潤します 」 をモットーに 会の発展に貢献されていらっしゃいます。

           


 鎌倉と言えば  鶴岡八幡宮のあの 大銀杏 


大銀杏のその後はどうなったのか・・・見てきました。


凄い!! あおあおとした、イチョウの葉が フサフサと生い茂っていました。

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万華鏡

2010年10月26日 | 秀子のたわごと
   
     万華鏡 



   香蘭社主催の万華鏡作りに参加しました。 


   指導して下さった、山見浩司先生です。


       



   先生の作品は、繊細かつ大胆、そしてかなり大きな作品で 

   先端から覗き込んだ万華鏡の彩りはとても鮮やかで美しいものでした  


      



  今回、私は高さ30㎝ほどの 万華鏡を作りました 


  初挑戦の万華鏡作り  とても楽しく工作することが出来ました。


  完成した作品から覗き込んだ万華鏡の世界です 


        


山見先生のカレイドスコープアートスクールは代官山駅 北口から徒歩1分です。

http://www.littlebear.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒さんとv(=^:^=)v

2010年10月25日 | 秀子のたわごと
 

不思議なご縁で、巡り合うことが出来た  荒さんです 

( 私の着付けの師匠で、普段はお姉さんと呼ばせていただいております

今回は、結城紬をお召になっていらっしゃいました。 とっても素敵  艶やかですね


             


そして、お姉さんと ご子息の和尚さん そしてお嫁さんのクリスティーネさんです。


   



なんと  クリスティーネさんは、着つけのプロです。

勿論、このお着物も ご自分で  美しいですね まさに大和撫子  



私たちが、ランチ会をするのは・・・まだ二回目なのですが・・・

何故か旧知の仲とでも申しましょうか・・会話が弾み、時のたつのも忘れて 話し込んでしまいます。 


会話が途切れません    

       


いつも私たちを、温かく迎え入れて下さる  お姉さん  和尚さん  クリスティーネさん 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物の不思議・・

2010年10月24日 | 秀子のたわごと
  木は人の言葉が分かる  



昨日紹介させて頂いた,我が家に干し柿用の柿を分けて下さる農家のご主人 米ノ井さんは,


私たちが到着したとき庭木の剪定をしていたのですが,待っていたかのように私たちにこう仰ったのです。


「 この松が・・2本とも枯れてしまったんだ・・ 


彼が指差す先を見ると,確かに ・・・・ 今まであった松が根元から切られていたのです。


「 マツノザイセンチュウにやられて松枯れ病にでもかかったんですか? 」


 あっちゃんの   のんきな質問にたいして彼は,


「 そうじゃねーんだ・・ 以前,植木屋がきて,この松をどうしても欲しいと言ったんだ。

この松はこの辺にはない特別の松だから俺は断った。

そうしたら,その植木屋はもし売ってくれれば40万円で買う,と値を付けたんだ 



この段階では,植木屋とのやり取りと松が枯れたことと   どう関係するのか全く理解できなかったのですが・・・

次の言葉を聞いてビックリ  


「 植木は根を付けられると,3年以内に必ず枯れてしまうってことは,植木屋ならみんな知っていることなんだ。

俺が売らねえって,言ったもんだから,嫌がらせに値を付けていったんだ 


私たちは,「 えっ 」 と言ったきりしばらく言葉がでませんでした。  


木が枯れたことはSFでも妄想でもないのです。 


紛れもない現実として、私たちの目の前にあったのです 




植木に携わる人たちの長い経験で,何回も見聞きしてきたことなのでしょう。


木は人間の会話を理解しているのか 



値を付けるということは,その場から木を引き抜いて他の場所に移すことを意味します。


木は・・・わが身を引き裂かれる思いになり,それならいっそ,死んでしまった方がいい,と考えたのでしょうか?


恐いような・・・悲しいような・・・痛々しい話です。


ゆめゆめ,木の前で木の悪口を言ったり,邪魔もの扱いしてはいけないな,と思った次第です。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿作り♪

2010年10月23日 | 秀子のたわごと
   干し柿作り 



  毎年、恒例の我が家の干し柿作りが始まりました 



 「 そろそろ、柿を取りにおいで 」 いつもそう声をかけて下さる 米ノ井さんです。


  

「は~い♪ 伺わせていただきま~す」 遠慮なく 即行動♪



私たちが、楽しみにしていることを覚えていて下さって とっても嬉しいです 



今日は、早朝から米ノ井さんのお宅に伺い、早速柿の収穫に取り掛かりました。

     


全部で150個以上収穫しました。

 



 





大好きな、インゲン豆も 「 こうやって取るんだよ 」 と取り方を教えて下さって、


袋に一杯詰め込んで下さいました。



 


 

     米ノ井さんのお宅は、いつもとても綺麗です。 


     なんと清々しいことか 

 

 

    そして、お庭が綺麗  


  
    掃き清められたお庭の一角に 筵が敷いてあって、


    そこに殻付きピーナッツが干してありました  

 




     見上げた空が、やっぱり綺麗  


 



 米ノ井さん ありがとうございました 

 極上の美味しい干し柿を作れるように頑張りま~す  
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熊の出没 その②

2010年10月22日 | 秀子のたわごと
  熊の出没 その②  



「 クマやその他の大型獣はもともと好んで急斜面の奥山に棲んでいたわけではなく,


  現在,里山と呼ばれる人が森を切り開いてつくりあげた居住空間の周辺地域が 主な生活空間だった。 


  でも、人が薪炭,建材,腐葉土,山菜などを取るために里山に出入りするようになると,  
  

  動物は追われるように奥山へ移動せざるを得なくなってしまった。 



  今年のように奥山の食料が少ないと,今は人の居住空間ともなっている


  里山にクマが出没するようになったと考えられるし。




  まして,畑の作物があるとなれば住居地域の周辺はクマにとってよけいに魅力的でしょう。


  猟師が減少していることや,あるいはそれと関係があるかもしれないが・・・


  クマが人を恐れなくなったことも,クマが居住地域へ頻繁に出没するようになった原因の一部だと思うよ。



  ほかにも,人間にはまだ分かっていない原因があるかもしれない・・・。


  要するに,クマの出没原因を何か一つに決め付けるのではなく,


  複雑に関連するさまざまな要因の結果として考えたほうがよさそうだね。


  クマの問題を考えるためには,結局,我々を取り巻く生態系の構造とその変化を長期的な視点でみることが必要だと思う。 」 



  ふ~ん・・ そうなんだ・・  


  考えることが多くて・・ なかなか一筋縄では行きませんね  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加