週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

5月30日発売(6月6日号)井山本因坊タイ

2016-05-28 16:26:25 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
今週発売の週刊碁、1面を飾るのはもちろん本因坊戦第2局です。

皆様、棋譜はすでにご覧になりましたか?

編集部では、右下のワカレが評判になりました。
白番の井山本因坊が亀の甲と呼ばれる2子抜き、高尾九段が約50目の地を得るというフリカワリです。

おそらくほとんどの方が、巨大な地を得た黒を持って打ちたいと思うのではないでしょうか。

ですがこの後の井山本因坊の打ち回しは、さすがの一言!
厚みを華麗に活かして勝ちに持っていく手腕には、惚れ惚れとしました!

井山本因坊が1勝を返し、これで1―1のタイ。シリーズはますます盛り上がります。


本因坊戦第2局の舞台は、兵庫県尼崎市の「本興寺」。
写真は、対局場を検分する両対局者です。


20面は、会津中央病院杯女流トーナメント、準決勝までの様子をお届けします。
袴姿に身を包んだ女流棋士達の姿は、鮮やかの一言。
決勝まで進んだのは、謝依旻女流三冠と青木喜久代八段。実力者の2人が勝ち残りました。
決勝戦は6月17日と18日の2日間にわたって行われます。
写真は、袴姿で東山温泉を歩く棋士達です。

今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  本因坊戦七番勝負第2局
4面      棋戦ワイド(棋聖Sリーグ)
5面      棋戦ワイド(王座戦本戦、女流本因坊戦本戦、観戦余話)
7面      棋戦ワイド(新奥杯予選結果、etc)、竜星戦
9面      幻庵 若手棋士が観る古碁(安達利昌三段)
10面      棋戦ワイド(扇興杯)
11面      女流会津杯フォトアルバム
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(尼崎こども本因坊戦、etc)
20、19、18面  会津中央病院杯女流トーナメント1回戦~準決勝


ちなみに本興寺には「天下五剣」の一つ、「数珠丸」など様々な宝物が保存されています。
数珠丸は、個人的に愛読している漫画「火ノ丸相撲」にも登場するとあって、誰にも共感を得られないところで一人興奮していました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月23日発売(30日号)小さな変化

2016-05-21 18:33:18 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
23日発売の週刊碁。
1面をよーく目を凝らしてみると、いつもはなかった小さな囲みがポツンと存在します。

その名も、「INDEX」。
どのページに読みたい記事があるのか、1面を見るだけで一目瞭然!
という代物です。
大々的に発表するようなことではないのですが、せっかくの変化なのでお知らせさせていただきました。

ではでは、今週の1面記事はこちらです↓


30歳以下の若手が火花を散らすおかげ杯。
元タイトルホルダー、リーグ入り棋士など、恐ろしい顔ぶれがずらりと揃いました。
そんな熾烈な争いを制したのは、一力遼七段。
決勝で兄弟子の安斎伸彰七段を破り、3度目の優勝となりました。
写真は伊勢神宮をお参りする選手達です。右から2番目が一力七段。


20面は、山下敬吾九段と村川大介八段で争われた碁聖戦の挑戦者決定戦です。
序盤からギシギシと石が絡み合う難解な碁を制したのは村川八段。
昨年、王座戦五番勝負で敗れた借りを返すべく、挑戦者へと名乗りをあげました。
写真は、初手を打ち下ろす山下九段。対局開始の一場面です。

今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  おかげ杯
4面      棋戦ワイド(棋聖Sリーグ、王座戦本戦開幕)
5面      棋戦ワイド(名人リーグ、新人王戦本戦)
7面      棋戦ワイド(扇興杯)、竜星戦
9面      碁界ネットワーク(女流本因坊戦本戦、井山七冠記者会見、etc)
10、11面    天台山農商銀行杯世界女子団体戦
12面      幻庵 若手棋士が観る古碁(安達利昌三段)
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(春季関東学生リーグ、etc)
19面      並べたい!この一局(応氏杯、朴廷桓VS.柯潔)
20面      碁聖戦挑戦者決定戦


ちなみに、この写真は応氏杯の準々決勝、朴廷桓九段㊧―柯潔九段戦です。
19面の並べたいこの一局で詳細解説しています。
韓国、中国のランキング1位同士の激闘、囲碁ファン垂涎の一戦かと思います。
ぜひ並べてみてください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月16日発売(23日号)高尾九段先勝

2016-05-14 17:10:18 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
井山裕太本因坊に高尾紳路九段が挑戦する、本因坊戦七番勝負がいよいよ開幕しました。

第1局はもうご覧になりましたか?

高尾九段の重厚な打ち回し、そして深い読みが印象に残る開幕戦でした。

本紙で詳細解説していますので、ぜひご確認ください!


第1局の舞台は因島。井山本因坊と高尾九段は前夜祭でミス尾道から花束を受け取りました。



20面はというと、新初段シリーズをお届け!
上野愛咲美新初段㊨が鶴山淳志七段を相手に力勝負を挑みます。
結果やいかに……?


今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  本因坊戦七番勝負第1局
4面      棋戦ワイド(棋聖Sリーグ、新人王戦本戦)
5面      棋戦ワイド(名人リーグ)
7面      棋戦ワイド(天元戦本戦)、竜星戦
9面      幻庵 若手棋士が見る古碁(六浦雄太二段)
10面      碁界ネットワーク(女流本因坊戦本戦、とちぎプロアマトーナメント)
11面      NHK杯、お悩み天国
12、13、14面 井山七冠達成記念特別紙上認定
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(宝酒造杯東京大会、etc)
20、19面   新初段シリーズ第7戦



ちなみに、本因坊戦の対局場は秀策記念館。
ふらふら周囲を散歩していると、こんな看板も。さすがは秀策生誕の地ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月9日発売(16日号)7冠の軌跡

2016-05-07 17:00:00 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
いよいよ9日(月)から本因坊戦七番勝負が開幕します。

本因坊はご存じ井山裕太七冠。
現在4連覇中の井山本因坊は今期防衛すれば名誉本因坊の資格を手にすることになります。

対して挑むのは、今年絶好調の高尾紳路九段。
井山本因坊が七冠となってから初の刺客に名乗りをあげた高尾九段が、どのように挑むのか気になるところですよね。

そこで今週の週刊碁では、2人の特集をお届けします。


1、2、3面では井山七冠のインタビューを中心に、7冠になるまでの歩みを振り返っています。
印象深い対局、ライバルの印象、普及に対する思いなど、井山本因坊の本音に迫る!


20、19面では高尾九段がどのような心境で本因坊戦に臨むのかをお伝えします。
井山七冠がなぜ強いのか、アルファ碁からどのような影響を受けたのか、など包み隠さず語ってくれています。


今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  井山裕太 七冠への軌跡
4面      棋戦ワイド(名人リーグ、天元戦本戦、観戦余話)
5面      棋戦ワイド(棋聖戦Aリーグ)
7面      棋戦ワイド(碁聖戦本戦、女流本因坊戦本戦)、竜星戦
9面      幻庵 若手棋士が見る古碁(六浦雄太二段)
10面      棋戦ワイド(扇興杯、etc)、お悩み天国
11面      碁界ネットワーク(ニコニコ超会議、シモキタ名人戦)、棋士の本棚(潘善八段)
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(広島フラワー囲碁まつり、etc)
18面      若手棋士関西合宿
20、19面   高尾紳路インタビュー

また、本ブログでも募集させていただいた井山七冠へのメッセージが3面に掲載されています。

たくさんのご応募、ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加