週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

楽しくやさしい記者室

2010-08-28 16:24:19 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
いやあ、やりがいのある金曜対局でした。1、2面を担当しました。

金曜日の午前中、自分の担当だった棋戦ワイドの3面が
いち早く組み上げられたので、
碁聖戦の対局を記者室の片隅で拝見できました。

先生方が入れ替わりタチカワリ、検討をし続けていました。

張栩碁聖の形勢が思わしくない夕刻、「(このままだと)5連覇がフイかあ、
もったいないねえ」と某先生。「最近、止められたのって?」と、わかってて?
その場にいた王立誠九段に水を向けます。立誠先生も苦笑い。
「リーチかけられるだけでも相当なもんなんだよ」と
別の先生から自然とフォローも入りました。
(もちろん、今春の棋聖戦が直近になります)

碁の内容もよーく理解でき(たつもりになれて)、
棋士の先生方の仲が良いところを面白く拝見できて楽しかったです。

で、終わってからが、忘れていた金曜対局。土曜日の14時までに見出しを決め、
校正も済ませないといけません。

そのために観戦記者は〝スピードスケーター〟に依頼していました。

ところが、編集マンが「また明日」と帰宅した後に、あっという間に書き上げて、
「1、2面できました」。残って作業をこなしていたのは運のいいことに担当の
ワタクシでした。

土曜の朝からの作業だよなあ、と油断してたから大変。原稿が入ったら
組み付けるのがこの仕事の慣わし。市ヶ谷にいながら午前様でした。
(地元の駅に帰り着けないオマケ付き。1時間40分歩いてタクシー代を節約しました)



さて、碁聖戦も大変注目度の高い対局でしたが、まもなくはじまる名人戦七番勝負。
今週号では、直前特集を組みました。
小林覚九段におでまし願いまして、いろいろ語っていただきました。

ところが、本紙編集部、「別の切り口を」と『覆面座談会』なるものを企画。
抱き合わせで1面組み上げました。週刊誌とかで見かけそうな企画ですが、
本紙でやると……。

続きは本紙にて。ぜひ今週もよろしくお願い申し上げますです。



週刊碁9月6日(8月30日発売)ラインナップ

1、2面 碁聖戦五番勝負第5局

3、4、5面 棋戦ワイド

7面 ワイド&ネットワーク・竜星戦

8、9面 これぞプロ! 石田章九段選

10面 中韓大学対抗戦・なんでもコーナー

11面 応氏杯ワールドユース

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

17面 アマ

18面 ベスポジを探せ

19面 名人戦直前特集(小林覚九段の目&覆面座談会)

20面 2010TOTOカップジュニア国際大会

★これぞプロ!掲載棋士

神田英九段―藤沢里菜初段
 (島根県) (埼玉県)
鶴山淳志七段―玉井伸三段
 (熊本県)  (沖縄県)
新垣武九段―矢代久美子五段
 (沖縄県)  (東京都)
宮沢吾朗九段―小山竜吾六段
 (北海道)  (東京都)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

坂井七段の初タイトル

2010-08-28 08:24:04 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
関西棋院の坂井秀至七段が、張碁聖を破って4冠の一角を崩し、頂点に立ちました。

医師資格にスポットライトがあたるのもよくわかりますが、藤沢秀行名誉棋聖の合宿には、
結城聡九段とともによく参加されていたのは、テレビ番組や紙媒体にもよく出ていたのでファンのよく知るところ。

なにより、張碁聖とともに、本紙のファンということで、緊張しております(笑)

金曜対局で、まだ紙面は出来上がってません。

あと数時間ですが、完成に向けがんばります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏バテです。

2010-08-23 18:33:03 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
すいません。出張に行ったわけでもないのに、
夏バテで更新が遅くなりました。

皆々様もお身体にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

23日発売のラインナップですが、

1、2面 碁聖戦第3局

3、4、5面 棋戦ワイド

7面 ネットワーク・竜星戦

8面 講座 活碁新評・なんでもコーナー

9面 ベスポジを探せ・1分の詰碁

10面 学生本因坊戦

11面 女子学生本因坊戦

13面 認定

15面 NHK杯2週分

17面 アマワイド

18面 アマの碁いちばん

20、19面 〝三ヵ国〟名人戦(後編)

水鳥の「バタ足」はお見せしないのが美徳としたものですが、
ちょっと今週は大変でした。
編集室内では「そんなワザあり??」という
声が飛び出すシノギ筋を使ったりもしました。
(それが印刷紙面からわかるのは数人かと…)

ちなみに、↑のラインナップは紙面を見ずに「ソランジテ」
書いています。さすがにまだ覚えていますね。

すでにお買い上げになってくださっている方も多いかと
思いますが(^^;
今週も「よろしくお願いしまぁす!」(某アニメ映画の決め台詞風に)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの宿題

2010-08-23 09:30:00 | 編集・森本(東京・獅子座)
今年はとりわけ全国的に暑さの厳しい夏ですが、いかがお過ごしでしょうか。
夏休みでも取材は続きます。

18~20日は富山県高岡市「二上まなび交流館」へ
「広島・富山ジュニア囲碁交流会」の取材です。

会の様子は
このごろの下島七段

に詳しいです。

また、高岡のケーブルテレビも訪れており放送もされました。

こちら

です。
※2週間ほどアップされているとのことで早めにご確認を。

朝のラジオ体操などにもしっかりと参加。
対局だけでなく、会場のどこかに問題が隠されている詰碁ラリーやバーベキュー。
そして下島七段、山本五段の歌声も最高でした。
約50名の参加者とは少しは仲良くなれたかなと思っています。

また、ご意見もたくさん頂戴し、どのような紙面を作ろうかという夏休みの宿題をうんうん考えているところです。掲載日は少し先の予定です。

囲碁でじっくりこどもたちと向き合っている地域の取り組み、そして苦悩をどう反映させればよいのか、これは自分の仕事です。

下島七段、山本五段とも意見を交わす機会をいただきました。
僕は普段、表立って熱意を出すほうではないのですが、意見交換をする中で熱い部分が出てきていました。

その後は一軒の碁会所へ。
この日はこれまたケーブルテレビの中継がありましてその様子も貼り付けておきましょう

こちら

合宿で出会ったこどもたちもうつっておりとてもうれしくなりました。
合宿の取材のときは逃げ回っていた子たちが、緊張ぎみにうつっていたのを見たときは僕の前ではしゃいだように元気な姿を少しは見せろよとは思いましたが、自分もテレビカメラを前にしたら同じようになりますから仕方がありません。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

15の夜

2010-08-23 00:00:00 | 編集・森本(東京・獅子座)
8月15日は等々力競技場へ。
サッカー観戦?と思われた方はちょっと惜しい。囲碁入門教室の取材です。
川フロンターレ主催試合の直前に行われた「15の夜」という企画で

梅沢由香里五段による入門教室「15(囲碁)の夜 教室」が開催されたのです。
今週発売の週刊碁でも取り上げております。

きっかけは、梅沢五段が、昨年までフロンターレに所属していたGK吉原慎也元選手の奥様であること。

事前申し込みだったのですが定員60名のところに約200名の応募があり、また立ち見で見ている方も数十人いらっしゃいました。

ちょっと異色の教室。フロンターレのレプリカユニフォームを皆さん着ているのが印象的でした。

会場にいたご家族は
お兄ちゃんは4段で、妹さんにも覚えてもらいたいということで参加。
もちろん大のフロンターレファンです。

当日は炎天下だったのですが、皆さん元気で圧倒されっぱなし。
会場ではほかの催しもたくさん行われていたのですが、BGMは尾崎豊の曲。そんな中での教室というのも初めての経験でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月16日発売分はお休みです。

2010-08-17 20:07:26 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
本紙を待ち焦がれてくださっている読者さまから今日もお電話いただきました。

残念ですが、16日発売分はお休みをいただきました。
次は23日(月)発売になります。


さて、お盆休みも明け(てしまい)、ありがたいことにお仕事です。

今週、作業に取りかかりました。さすがに一週休むと記事が混雑気味。
こうゆうのをUターンラッシュとでも言うのかしら?

編集長と相談しながら、それをどうにか入れていくのが、私の仕事。

記事が多ければ、直感コーナーを休むとか、それくらいですが。

そうそう、「仕事はじめ」みたいな本日火曜日を終えたと思ったら、明日から二人が出張です。

道中の無事を祈ってますよ、吉田&森本くん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残暑お見舞い申し上げます。

2010-08-07 15:47:44 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
毎週、校了後は印刷の立ち会いがあるのですが、
先週の土曜日(7月31日)は辛かったです。
暑いのなんの。
台風は被害がでるので望みませんが、ひと雨ほしい
ところですね。
今日は風が強めに吹いているので少し楽でした。


皆さん、まだまだ暑い日が続いております。
お身体にはくれぐれもお気をつけくださいませませ。


さて、今週は合併号です。
つまり、16日の月曜日はお休みになります。

本紙の方にも必ず告知を掲載しているのですが、
どうしてもお電話をいただくので…。「配達がないぞ、楽しみにしているのに」
お言葉はうれしいのですが、恐縮ですがお休みをいただきますです。



さて、その合併号のラインナップです。

1、2、3面 〝日中韓〟名人戦・前編(井山名人の棋譜解説)

4、5面 棋戦ワイド

7面 ネットワーク

9面 サマープレゼントクイズ

10面 朝日アマ名人戦三番勝負

11面 ベスポジを探せ・なんでもコーナー

12、13面 少年少女大会

15面 認定

17面 NHK杯・さわやか手筋

19面 アマの碁イチバン・下三段でお知らせ三本詰め合わせ

21面 アマワイド

24、23、22面 小・中学校団体戦

個人的に引いた面を書いてみますと、
7、10、12-13、17、19面(ついでに11も)ですか。
面数だけでみるとたいしたことはありませんね。標準です。

でもやっぱり少年少女などは、表の校正など、気を遣う要素が
多くて疲れます。ちなみに少年少女の真ん中の写真2葉、優勝者の
顔が折れないようになっているのは読みきりです。
整理で話題になったものにチャレンジしましたです。



また、ちょっとお時間をいただく形で掲載いたしました〝日中韓〟名人戦、
まあ、観戦記の濃いこと。え、どっかで聞いたセリフ? 
いやいや、手前味噌ですが、濃いんです。非常に惜しい碁だったのが
よーくわかりました。

見出しをつけたのは堀井くん。色んな候補が飛び交う中、
一度もゲラから消えることなく生き残りました。難しい内容のところ、
いい見出しだと私は思いましたです。

この、〝日中韓〟名人戦は、古力名人の優勝になったのは既報のとおりですが、
〝決勝〟の模様は、お盆明けの23日発売にて「後編」としてお送りする予定です。

情報化社会、光ファイバーの時代に悠長なことですが、熟成させるのも
大事なことなのです。
(編集某氏の言い回しを借りて言ってみました。関係者にはバカ受けです)

これも難しい見出しになりそうな悪寒がしますね。自分、組もうかな。



長くなりました。校了直後、ツイッターには「セミの抜け殻のように疲れた」と
つぶやいたんですが。
どこにこんな余力があったのやら。



とにもかくにも、読者の皆様のお手元へと旅立った本紙。
愛しい紙面を、今週もどうぞよろしくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加