週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

「8」の文字

2009-11-17 15:14:47 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
11月16日号11面の下4段にて碁番街の告知を掲出いたしました。
そこにちょこっと遊びの仕掛けがあります↓と書きました。

答えは「8」。コメントをお寄せいただきました方をはじめ、
印刷所の方にも同じことを言われまして「ここの空きは?」。
何か鉄板に焼き付けるときに落ちちゃった、ような事故かと
心配をかけてしまったようです(今はそんなことないみたいです)。
それですね、ピンクのアミが「8」の文字になっているんです。
3歩くらい下がって見てください(なんて)。

もちろん、フジテレビさんが8chだからです。

当然、ネタバレするといろいろ言われます。
「あーあ、なるほどね」と言ってくださるのは非常に好意的です。
「わかんないよ(呆れてる)」というのが普通の反応です。
さらに「関東出身の人は…。地方はですね(以下略)」と説得されたり
大変でした。


さて、今週は、その碁番街のメニューの詳細をお伝えしております。
(特に仕掛けとかはありません)

楽しみなメニューですよね。みなさんもぜひ足を運んでみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠し文字

2009-11-11 18:06:24 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
秋雨前線の刺激を受けて(ウソです)、
棋士の先生たちの活動が活発化しているようです(なんちゃって)。

今週の本紙では広島アルミ杯と女流都市対抗戦を1・終面で
お伝えしています。書き手が同じ森本ですが、
阿含・桐山杯決勝(京都)から熊本、Vターンして広島へ。
全行程ハシゴではなく、少し途中で東京へ戻っているみたいですが、
全国行脚の薬屋さんみたいな活動ブリですね


で、11面では林漢傑先生のブログで掲載されております「軽井沢合宿」の
模様を張豊猷先生と林先生の共同執筆の原稿にてお伝えしております。
土曜日の印刷前、市ヶ谷に漢傑先生と王唯任先生がいらっしゃったので、
ゲラをご覧いただいたのですが、「え、カラーですか?」(林六段)。
写真はブログとカブってますが、楽しさを存分に伝えるべくがんばって組みました。

その下の4段を使って告知を掲載しましたのが「お台場オトナパーク」の「碁番街」。
井山裕太名人も出演され、謝依旻女流本因坊vs.大物著名人(入稿時はこうなってました)
という楽しみな対局があるそうです。

この碁番街の告知にレイアウトの仕掛け(?)が。
今のところ本紙の編集から棋院関係者、一発でわかる人はいませんでした。
印刷社で輪転機がワーーーっと回っている時も現場の人に「これは?」と
訊かれる始末。果ては私の家内もわからなかったものです。
そこまでわからないのはまあ、「失敗」としたものなのでしょうが…。

一応、AMIGO(協力?らしいです)のメンバーさんから校正が主催のフジテレビさんに
届いて、解説(ネタバレ)の後でお喜びいただけたそうです(これがヒント)。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加