週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

囲碁雑学検定

2010-04-30 20:37:15 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
長期休暇のお楽しみ、と決まっているわけでは
ありませんが、

次週発売号には「囲碁雑学検定」が掲載になります。

最初はメニューの予定にはなかったのですが…。
いろいろな諸事情が飛び交っておりますです。

現在は、「16字詰めでこれくらい」と出題者の方が
加減してくれているので組み付け(レイアウト)は簡単に
なりましたが、

始まって数回は、「読みやすい」「分量を合わせる」を紙面の
レイアウトで実現するべく冷や汗をかきながら頑張ってました。

自分が整理若葉マークだったころは、わからないことや
困ったことがあれば先輩が助け舟を出してくれましたが、
今はいません。別部署に異動にしてますので。
自分で解決しないといけません。
(ここのレイアウト読みにくいよ、と印刷後に指摘が飛んでくることはあります)

なので、今でもメニューに入ってくるとビビリます。

何回か前には、出題者の方が「今回は全部図のあるものにしてみました」
と言って来ました。私は泡吹いて卒倒しそうでした。

それでも頑張って、アフレ(入りきらずに行数がはみ出ている状態)なく、
アマイ(文章が足りない)でもなく、どんぴしゃで
組み付けられたときには、僭越ながら、

「神様が降臨してくださったときはこんな空気になるのか…」

などとハイな気分にもなったりしました。

奇跡ってあるんですね。

※新聞は時間勝負のため、ホンキ(文章)で分量調整を
し始めると、どこを削ったり足したりするのか判断するのが
大変だったりするので組みでどうにかするものと教わります。
〝新入生〟の頃、カライ(文章が多い)からとホンキを勝手に削ろうとして、
上司からコッテリ叱られたものです。


今回も難問揃い。ぜひぜひチャレンジしてみてください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乾杯しチャイナ

2010-04-27 20:36:52 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
嗚呼、またもやってしまいました。
毎度、後悔後を絶たずのオヤジ見出しです。


5月3日号の20面、ペア碁ワールドカップの記事です。

取材に中国・杭州へ行った某編集マンも執筆時に悶絶してまして、
「署名、編集室にならないかなぁ」などと聞こえるか
聞こえないかのちぃさぁな声で一人つぶやいてました。

「小瀬村さんがワザ飛ばしてくれますよ」などと、
励ましなのかプレッシャーなのか、そんなセリフもくる中、
どうにか組んだのですが、
印刷前だというのに某先生にゲラを見られてしまい、

「小学生の頃に言った覚えが…」

はいそうです 胸張って作ったわけではない見出しです。

苦心して書いたものを読んでいただけるように、
目を惹くような(引くような、ではない。
目をおおいたくなるような、でもないですヨ)見出しに
しないといけないのですが…。

わかってはいても言われると顔は真っ赤に。

必死に代案を考えたのですが、結局ダメ。

「ペア碁は楽しくなきゃ。これで行こう」
と太鼓判なのか、諦めなのか、編集長の裁可で生き残りました。

読者の皆様へ。
あなたならどんな見出しをつけますか?

紙面を熟読の上、お考えくださいませませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加