週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

水を打ったような

2012-07-24 19:00:36 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
本因坊戦第7局が終わりました。
私は第6局の記事を書かせていただいてますが、第7局については
読者の皆様と同じ通信環境^^で激闘を見守っておりました。
(仕事しながらなので、チラ見をしながら……)

その終局場面、本紙の1面のサブ写真として掲載しましたものですが、
ちょっとその場の空気をご存じの方なら、「……」となるのでは。

第6局でさえ、その空気が痛かったです。山下道吾本因坊(当時)の
心中やいかに、井山裕太新本因坊の心中やいかに。

この写真だけでもいろいろなものを雄弁に語ってくれます。
棋譜ならば言うまでもありません。

関係者の立場でひとこと添えさせていただきますと、カメラマンさんが
パシャパシャやってくださっているうちはまだ紛れるんです。
ですが、各社ともある程度の枚数が撮れたら引き上げます。

そこからが無音――。両雄が言葉で交わすやり取りも盤側がかろうじて
聞き取れるかどうか。痛いくらいの静寂の中でも、です。

1面の写真は、データとしてはメインの方が重いですが^^、空気としては
サブの方がはるかに重いものです。

ぜひ、本紙を片手にサブ写真をじーーーーっと眺めてください。

そして、両雄の心血注いだ棋譜を並べてくださいませ。

7月23日発売(7月30日号)のラインナップです。

1、2、3面 本因坊戦七番勝負第7局

4、5、7面 棋戦ワイド・柳時熏九段の「チョコレート食べちゃおう」
       ・週刊碁的囲碁ガール(倉吉の囲碁ガール)・永年表彰式

8面 依田紀基九段の「依田式上達術」・福井正明九段の「歴代本因坊列伝」

9面 これぞプロ! 選評・二十四世本因坊秀芳
   溝上知親八段(長崎県)―金沢真三段(神奈川県)
   大場惇也六段(東京都)― 一力遼二段(宮城県)

10、11面 朝日アマ名人戦全国大会・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国~これが治勲のシノギかた」

13面 認定

15面 NHK杯

16面 ベスポジを探せ

17面 アマ碁界ワイド
   ・春季関西学生リーグ・少年少女千葉県大会
   ・横浜市囲碁連合会から宮城県囲碁連盟へ盤石寄贈
   ・埼玉大学で囲碁授業・短信

18面 ベスポジを探せ

20、19面 碁聖戦五番勝負第2局・碁の句春夏秋冬

〈ふ・ろ・く〉

印刷の終わった紙面を眺めていますと、作業の推移を思い出します。
碁であれば、私なら終局直後まあ100手くらいまでは復元できますが、
それも数日の命。紙面だと、もう少しながく、そこそこ思い出せます。
(´-`).。oO あー、この見出しこう直されたなー、とか。
ここの組みはかわったんだよなーとか。

たとえば、

19面の下三段の半分が碁の句春夏秋冬ですが、火曜日には別のものが
入っていました。

お悩み天国は、最初10面の予定で棋譜×3局分は11面に組み付けました。

週刊碁的囲碁ガールは最初、縦写真でした(諸事情で変更。ついでに横組みに)。

2面の見出し「本因坊・天元・十段…」は最初「本因坊戦七番勝負⑦」
でしたが、校正が進むにつれて行数が減って、印刷された処理になりました。

今週については、1面と終面の見出しがなんといいますか、というものに
なっていますが^^、まあそれは数秒の命(笑)。ネットで話題にしていただいてます。
記事や解説が売りものですから。そちらも精魂込めて制作していますです(^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魂の逆転

2012-07-17 23:16:42 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
タイトルは、平成17年の十段戦の最終局で本紙の1面を飾った見出しの言葉です。
「趙、魂の逆転」。今は亡き小西泰三先生の観戦記でした。

本局を脱稿して脳裏の浮かんだのはこの見出しでした――。


本因坊戦七番勝負は、いよいよ第7局。18、19日(水・木)に静岡県伊豆市「東府や」にて
行われます。

現在発売中の本紙第6局は、わたくし小瀬村が観戦記を担当させていただきました!
毎日新聞さんの関係者の皆様、中部、名古屋、三重、鳥羽の皆様、棋士の皆様に大変お世話に
なり、ツイッターのフォロワーの皆様の声援を受け、東京に戻ってからは同僚の編集マンに
「ここは?」「あそこは?」「ここは、このこと知っていて書いている?」……。

出かけるときは、意気軒昂なんですけどね。印刷を終えた今は、正直、署名を省きたいくらいの
気持ちでおります(もちろん時すでに遅し)。
編集チームのみんなに心からありがとうといいたいです。

さて、第7局がいざはじまらんというタイミングで第6局のお話で恐縮です。紙幅が足りない、
原稿を削った旨をツイッターで書いていましたら「では、ブログで」と注文をいただきました。

えーーーーーーー。ここは他の編集マンの手直しが入ってない、私の独力の駄文なので……。
あんまり盤上のことには触れたくないのですが、では少々。

山下道吾本因坊の先番。初手を右上隅の星に打たれ、井山裕太天元が二手目を〝4の三〟の
小目に打たれました。

控室では、右上の星に対してこの小目は「最近は少ないのでは?」と二手目でさっそく話題が。
棋譜の形検索ができるソフトがあるので、その場で検索をかけると、類例はザックザックと
出てきますが、〝最近は〟ということで、スルーしてお話を伺います^^

変化図こそ作るほどではありませんけど、黒3で左下に打つ「タスキ」の話、その黒3で
〝4の十七〟に打つケンカ小目の話、と盛り上がりました。

初手から数手の着手を、控室の会話を参考に勝手にお話に仕立ててみますと、山下本因坊の星に対し、
井山天元は、ケンカ小目も辞さず(急戦になりやすい、と言われています)、白2の小目。

――――――本紙で書いたところなので、あとは省略――――――

印刷で仕上がった観戦記は、私と編集マンの共同作業の結実でございます(すいません)。


7月23日号(16日発売)のラインナップです。

1、2、3面 本因坊戦七番勝負第6局

4、5面 棋戦ワイド・竜星戦

7面 第61回本因坊秀策囲碁まつり&本因坊秀策杯・秀策の新譜発見・碁の句春夏秋冬
   ・平本弥星六段の「創作詰碁〝日本〟――ロンドンオリンピックに寄せて」

8面 小林光一九段の棋風を探る「河野臨九段 下巻」・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 選評・石田章九段
   泉谷英雄八段(東京都)―首藤瞬七段(東京都)
   万波奈穂二段(兵庫県)―本木克弥初段(群馬県)

10面 碁界ネットワーク・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国――これが治勲のシノギかた」
   十段戦&女流名人戦の合同就位式

11面 依田紀基九段の「依田式上達術」・棋士の本棚――平田智也三段

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ・1分のさわやか手筋

17面 アマ碁界ワイド

20、19、18面 棋士130人が選んだ尊敬する棋士・好きな棋士「本因坊秀策」

〈ふろく〉

碁好きな一人として、この第6局は原稿が手を離れてから見るとやっぱりとても
面白く並べられました。

個人的に興味深かったのは、左辺の黒石。「取られ」は紛れもない事実なのでしょうし、
局後の感想で「誤算があった」とおっしゃっていたのはここのことを言うのでしょう。

でもでも、そうなのかなあーとか思ったりします。

井山天元がその後、左辺のアジ悪で苦しんでいたのは原稿の通りです。まさか捨て石
だったってことはないのかなーとか、妄想したりします。
(もちろん、妄想です。そうした言及は控室の検討や解説では出てきませんでした)。

さて、第7局。

このシリーズは勝つのも負けるのも大変な思いをするものだ、と思いますし、この第6局の
感想に立ち会えて、両雄がいかに魂をぶつけあい、命を削って戦っているの垣間見ることが
できたと思います。

それ故に、冒頭に書いたセリフが脳裏に浮かんだのでした。

私がコトバを連ねるよりは、盤に石を並べて、両雄の呼吸を、手で、肌で、脳で、感じて
いただければ、と思います。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いざ鳥羽決戦

2012-07-09 10:07:15 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
はじまりました本因坊戦第6局。

山下道吾本因坊が先に入室。盤と碁笥を拭き清めました。

写真は、両雄の入室前。関係者だけですが、静けさが痛いくらいです。


対局開始は午前九時。山下、井山裕太天元の二人も着席して黙想するなか、
近くの船が少々フライング?! 30秒ほど前に「ボーーーーーー」。

山下本因坊、一瞬目を開けましたが、ちょっと早い。
関係者も「(あれ、まだだよね)」という空気が流れました。

写真は初手を打ちおろす山下本因坊。


さて、この激闘の果てには何が待ち受けているのか。運命やいかに。

目が離せませんね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

紙幅という制約

2012-07-09 01:06:28 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
今週の週刊碁も盛りだくさんでした。
制作していて手応えアリですね。

内容の良さは……まあ、読者の皆様のご判断を待つといたしまして、
分量の話です。

制作していく上で、見出しの大きさ、写真の大きさ、記事の数と分量、
広告の本数……。いろいろ調整や変更があります。

先週行われました名人戦リーグの最終〝前〟の一斉対局。4局すべてが
挑戦権に絡んでいるわけではありませんので、主な2局を原稿で
取り上げました。

4局の成績は以下の通り。

△井山裕太天元 中 押  結城 聡九段 ※
△河野 臨九段 3目半  溝上知親八段 ※
 高尾紳路九段 中 押 △金 秀俊八段
△内田修平七段 中 押  張  栩棋聖
            (△印は先番)

※印の2局を記事で扱いました。ですが、ほかの対局も創意があり、
ドラマがあり、感動があったのでは。残念ながら結果だけで、
写真も掲載できませんでした。こればっかりは紙幅に限りがあります
ので仕方がありません。

碁の中身のドラマは朝日新聞さんの観戦記をご覧いただくとしまして、
ここでは写真のご紹介をしたいと思います。リンク付きサムネイルですので、
見た目は小さいですが、クリックしていただくと大きくなります。

まずは、河野臨九段(写真左)―溝上知親八段戦。
名人戦初挑戦を狙う河野九段、1敗を死守しました。


次に高尾紳路九段(写真左)―金秀俊八段戦。
高尾九段、勝ったけど1敗者も崩れずに勝ったので挑戦の可能性が
消えてしまいました。金八段、陥落が決まってしまいました。


終わりは、張栩棋聖―内田修平七段(写真左)戦。
ここまで黒星が続いた内田七段、張棋聖を相手に白星をあげました。
次につながるといいですね。


7月9日発売(16日号)のラインナップです。

1、2、3面 第2回エステー&フマキラー囲碁マスターズカップ準決勝

4、5面 棋戦ワイド

7面 棋戦ワイド・碁の句春夏秋冬・竜星戦(王立誠九段―高尾紳路九段戦)
   平成25年度夏季採用決まる

8面 小林光一九段の棋風を探る「河野臨九段(中編)」・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 選評・石田章九段
神田英九段(島根県)―山田晋次六段(東京都)
大木啓司七段(群馬県)―堀本満成二段(山口県)

10面 碁界ネットワーク・週刊碁的囲碁ガール(チリの囲碁ガール)
   ・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国――これが治勲のシノギかた」
   ・柳時熏九段のチョコレートを食べちゃおう
   第2回ワールドケンカップ決勝戦

11面 依田紀基九段「依田式上達術」・新刊案内(「盤上の夜」、趙治勲「ひと目の2択 石の形編」)

13面 認定

15面 NHK杯(今村俊也九段―加藤充志九段戦)・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ・アマ碁界ワイド(短信)

17面 アマ碁界ワイド
   100てんキッズ囲碁教室
   郷土の偉人「岩本薫和」に学ぼう
   「気仙沼囲碁サロン」のその後
   第36回高校選手権東京都大会個人戦
   朝日アマ名人戦の観戦と大盤解説会のお知らせ

20、19、18面 棋士130人が選んだ尊敬する棋士・好きな棋士
       「二十三世本因坊坂田栄寿」

〈ふろく〉

これを書いている7月9日の深夜は、三重県鳥羽市にお邪魔しております。
そう、本因坊戦七番勝負第6局の取材です。

明日の取材が本番だというのに夜更かしはいけませんので、そこそこに
いたしますが、本日撮影しました写真を少々ご紹介。

対局室から臨む鳥羽湾。まっすぐ奥にかすかに見えるのは神島でしょうか?
(明日、聞いてみます)


明らかに前夜祭でないところで花束をいただく山下道吾本因坊と井山裕太天元。
対局場の「戸田家」さんに到着してすぐに、花束贈呈のサプライズ(?)でした。
(カメラとか気持ちも何にも構えてない私たち関係者にもサプライズでした。笑)


本因坊戦については、来週のブログで書ければ書きます。写真もおそらく紙面では
ご紹介しきれませんので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊井山

2012-07-04 15:42:04 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
トップランナーというのは、こういうことを言うのでしょうか。

ひと頃、張栩棋聖が毎週毎週毎週、本紙の1面を賑わせてくださいました。
張先生の強さは、身にしみて感じました。盤を挟んで感じた訳ではありませんが…。

山下敬吾名人もそう。次から次へと挑戦です。「山下3連投」とか野球みたいな
見出しでカラー面の大見出しを飾ったものです。

もちろん、羽根直樹碁聖と高尾紳路九段のお二人も常連さんですね^^

ここにきてその常連組に加わったのが、いや、もうとっくに常連のお一人なのが
井山裕太天元ですね。

1面と終面ともに、井山先生の見出しになりました。


さてさて、そこで思いつくのが1面の見出しを「山下本因坊を主語で行く」手筋。
幸か不幸か、「山下痛恨」という見出しはピッタリだったりします。

碁もそういう形で決まってしまったので、山下先生には悪いのですが……。
これ、小林覚九段が張栩名人に挑戦した第30期名人戦七番勝負の第3局で
やっているんですね。題して「小林蒼白」(2005年10月10日号)。
(裏面は新人王戦、金秀俊七段が優勝)

この時は、写真がコトの発端でした。小林先生の表情が文字通り真っ青。
七番勝負開幕から3連敗でカド番に追い込まれた、という内容では
無理もありません。

ただ、これ、棋士の先生には評判がすこぶる悪かったんです。
関西総本部がいまの梅田に移転することになり、刷ったばかりの週刊碁を持って
飲んでいる先生たちにご披露したら……。

「せっかく勝ったのにかわいそうやなー」

小瀬村は「そうか、そう見るのですね。プロは」と思いました。
口にはしませんでしたけど、「張栩先生はいっぱい勝ってらっしゃるから……」
とも思いましたが、口ごたえになりかねず、はじめましての飲みの席では自重です。
(まあ、私の仕事ではないのでフォローする気はサラサラありませんでしたけど^^


今週はどうか。2、3面でまたがせた(という表現をします)写真で山下先生の
痛々しい表情がまさに痛恨。「山下痛恨」をやるチャンスですが、もろもろの
諸事情がまずあって、次に先般の先生方の「かわいそう」が脳裏をよぎって
やめました。編集室でも異論は出ませんでした。
(私のこんな心中は説明とかしてません)

紙面以外でもこんな感じでドラマ(^^; がありました。


7月2日発売(9日号)のラインナップです。

1、2、3面 本因坊戦七番勝負第5局

4、5面 棋戦ワイド・竜星戦

7面 碁界ネットワーク・碁の句春夏秋冬・柳時熏九段のチョコレートを食べちゃおう
   和田紀夫氏が日本棋院新理事長に
   第8回囲碁殿堂に安井算哲(渋川春海)と陳毅氏

8面 依田紀基九段の依田式上達術・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 選評・酒井猛九段
   下地玄昭六段(沖縄県)―寺山怜三段(東京都)
   岡田伸一郎八段(埼玉県)―白石勇一四段(神奈川県)

10、11面 品川区ジュニア囲碁フェスタ2012・週刊碁的囲碁ガール(フリーアナの囲碁ガール)
     ・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国~これが治勲のシノギかた」
     ・棋士の本棚(山田規三生九段)

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ・さわやか手筋

17面 アマ碁界ワイド
   高校選手権&高校総合文化祭 富山県予選
   東京都中学校大会
   囲碁文化振興議員連盟碁会
   女子学生本因坊戦関東地区予選

18面 小林光一九段の現代トップ棋士の棋風を探る

20、19面 碁聖戦五番勝負第1局

〈ふろく〉

さて、「小林蒼白」ですが、自信をもって制作している……本紙とはいえ、やっぱり「蒼白」
みたいな見出しは度胸がいります。ドキドキです。

そのあと小林先生は3連勝で、勝負は第7局まで持ち込まれました。挑戦者も挑戦を受ける
立場も常套句で「第7局までいけば責任を……」というのがありますが、われわれも「蒼白」
の贖罪ができたかな、とか思ったものでした。

さてさて、その「小林蒼白」の号の裏面が新人王戦。メイン見出しが「目覚めた獅子――
金秀俊2―0新人王に」。サブが「期待の星・井山散る」。
(私の組み担当はこっちでした)

光陰矢の如し。7年なんてあっという間。時間の流れを感じます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の囲碁ガール

2012-07-03 19:08:27 | 編集・森本(東京・獅子座)
 今週発売の「週刊碁的囲碁ガール」には、フリーアナウンサーの脇田美代さんにご登場いただきました。
 ブログでも、ご紹介されていますね。
 囲碁を覚えて、約半年の脇田さんの上達のエネルギーの源は、紙面をご覧いただくとして、
 取材をして感じたことは、囲碁に対する熱意!!
 脇田さんは、ご友人にもぜひ囲碁を打ってほしいと願っており、その熱い気持ちを聞く取材の時間は、とても楽しいものでした。
 アナウンサーの方とお話しすると、話し方はもちろん、会話の運び方も勉強になります。少しでも、良い面を吸収したいなあと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加