週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

金曜対局

2009-02-21 05:44:06 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
白銀の棋聖戦七番勝負――。棋聖と挑戦者が東北新幹線新花巻駅に降り立つと、そこは第1局同様の一面の雪。今回対局場となる「佳松園」の美しい中庭も雪で覆われ、軒からは大きなツララが伸びていた。



金曜対局なのに↑などとノンキなものですが、それは担当ではないから。

整理丸1年のダテくんが担当です。七番勝負、しかも金曜対局はある程度の力量がないと、こなすのも熟した見出しをつけるのも及ばない可能性があるものなのですが、この一年の経過を踏まえて今回のシリーズを通してやってもらっています。

彼の自宅の通信環境の事情から、現地からの入稿は私が手伝いました。

白熱の対局に負けないように、書き手も整理も善き紙面にするべく頑張ってます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の「旬の人」

2009-02-09 19:23:50 | 編集・森本(東京・獅子座)
学生名人戦は早稲田大学の谷口さんが優勝でした。


早稲田大学からのうれしいニュースといえば最近ではもうひとつ。

下坂美織新初段の誕生です。
下坂さんは早稲田大学在学中。

今週発売の週刊碁では、久々の「旬の人」で下坂新初段をとりあげています。
小学生のとき、少年少女大会に出場した際の写真も掲載しております。
ぜひご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生名人戦のお知らせ

2009-02-08 09:48:53 | 編集・森本(東京・獅子座)
昨日から今日にかけて、
学生名人戦三番勝負が行われます。

大熊 悠人さん(専修大学)対 谷口 洋平さん(早稲田大学)
の戦いです。

一局目は谷口さんが制しました。

今日の午前中は、第2局。

詳しくは、全日本学生囲碁連盟さんのホームページへ、リンクは

こちら

掲示板には速報もあがっているようですので、ぜひご覧ください。


昨日は、懇親会の席へお邪魔しました。
なんと、対局者のお一人は今日が誕生日。
果たして結果は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒカルの碁完全版

2009-02-05 18:54:45 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
>エピソードはコセムラさんからの書き込みに期待です。

などという「撒き餌」に食い付く魚ではありませんよ。

カゼがなかなか良くなってくれずに困っています。
仕事中なのに不動産屋さんから営業攻勢の電話が来たり。ぶつぶつ
仕事も大変だけど、日常の雑事からも「人気者」…うれしくないですね。

さてさて、独り言はさておき、「ヒカルの碁」完全版、
市ヶ谷本院から至近の○教堂さんで1、2巻を買ってきました。
私としたことが(?)、発売日の購入を忘れ、1日遅れです。

自宅に持って帰り、こどもたちの魔の手から逃れるために
天袋の「書庫」(?)に、大~事に隠すつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交流会とか

2009-02-05 16:57:28 | 編集・森本(東京・獅子座)
朝寝ぼけてベランダサッシのガラスに激突。
あいていると思い込んでいたのです。
ガラスがゆがんだ感触で一気に睡魔が消えました。
割らなくて良かったですが、近所を驚かせてしまったようです。

何で冬の寒い時期に、10分早く起きたんだろうと、混乱に近い物忘れに浸っていたら、

「銀行に行くんだった!!」

思い出しました。


先日も休みの日に早起きをしたら、なぜ早起きをしたのか忘れて、ゆっくり風呂に入っていると

突然

「散髪に行くんだ」

と思い出したほど。


急いで銀行に行って、窓口に行こうとすると、最近はATMでも納税が出来るというではありませんか。

今まで結構待ち時間があったのに便利になったものです。

なにやらキャンペーン中らしく、ハンカチまでいただいてしまいました。

これでプラスマイナスゼロと勝手に喜んでいます。
そんな日常です。


さてさて、せっかく公式ブログになったのに更新しなくて、すみません。

先日は、囲碁棋士と将棋棋士の交流会を行いました。

週刊碁と同じgooブログで、頻度の高い更新をされている片上大輔五段。
そして、竹清勇四段らが集まったもの。

片上大輔五段のブログ


竹清勇四段の主催するスターナインホームページ


を貼り付けておきます。

参加者は全員男性だったので合コンとは言いませんね。
貴重なお話を拝聴してまいりました。

こういう経験を記事にも生かせていければよいのですが。。。。


※おしらせ


ただいま

ヒカルの碁完全版
が発売中。

週刊碁編集室が出てくる漫画ですね。

私も、編集室に入る前に週刊碁のシーンをよく読みました。
エピソードはコセムラさんからの書き込みに期待です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本因坊秀策囲碁記念館

2009-02-04 17:22:08 | 元編集長・小高(東京/乙女座/卒業生)
棋聖戦第3局の対局場「ナティーク城山」近くに、
昨秋リニューアルオープンした
広島県尾道市の「本因坊秀策囲碁記念館」。

小雨の中、両対局者が秀策の生家や数々の遺品が展示される館内を
見学、係員の説明に耳をかたむけていた。

特に依田紀基九段は真剣なまなざしで棋譜や、
解説文をみつめていた。

前日の見学に影響された(?)両対局者、
先番山下敬吾棋聖が本因坊秀策が愛用した、
「右上小目から、黒1、3、5の秀策流」で
打ち始め、控室を大いに沸かせた。

勝敗の行方は、秀策のみぞ知る!?
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加