週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

いろんな人の思い

2011-10-31 01:02:03 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
今週の本紙をお手にとっていただきました皆様、
ありがとうございます。

今週の週刊碁、「なんか変わったね」とおっしゃる
読者の方はするどいです。私は作っているイチ成員なので
当たり前ですが、やはり少し感じます。

事情については、一部の講座でチラ見(?)程度で
お話しておりますので、そちらで感じ取ってみてください。
(ナンノコッチャですいません)

その一端が垣間見られるのが矢代久美子五段の地中海
クルーズの記事です。紹介しきれなかった写真がこれ。
どこだかわかりますか? これ、船の中なんです。
(えーーーと叫んでくださいね(^^



どれとは申しませんが、私の〝立ち位置〟からすると
「変わったなあ」と思います。この記事の中のどれかがそれです。
(またもナンノコッチャ^^ もう一回ごめんなさい)



さて、決まってしまいました。名人戦と女流本因坊戦です。
どちらもデッカク扱わないといけない内容になりました。
〝両方〟ということでまあ、なんとも大変な週でした。

その名人戦。金曜対局でした。七番勝負は1、2、3面で
お届けするのを基本にしているのですが、こればっかりは
仕方がありません。1、2面でお伝えすることになります。
組みも時間ぎりぎり、書くのも時間ぎりぎりです。

で、どっちに転んでも、ということで紙面の用意をして
おります。紙面に反映しない1面の労をどう考えるか、ですが
決まるのが当然遅い時間になるので、そのタイミングから
組みをゼロからヨーイドンするのは……気が進みません。

これがその借り組みです。



井山裕太先生のファンの方の声についてはツイッターで
多く聞いております。ワタクシから先生にお話しすることは
ありませんが、山下ガンバレ、井山ガンバレ、その声は
伝わっていると信じています。

それに、プロ棋士がどれだけファンの皆様を大事に考えて
いるのかは、近くにいさせてもらって、よーく感じています。



さて、もうちょっと本紙の仕掛けをご紹介。

この2枚、実際紙面に使ったものです(17面)。





普段、手合で使う市ヶ谷・日本棋院の和室です。襖を取り、
広く使ったのですが、ちょっと技を使ってみました。
ようするにパノラマに見えるようにというだけの話ですが。
(昔、同じことやったことがあります。その時は3枚の
合わせ技でした)

普通の写真を紙面に使うにはちょいとワサビやスパイスが欲しく
なるのが整理という職業の治らない病気ですね。
(写真のお子さんたちの親御さんにはとても大切な写真ですよね。(^^
さらに、この中からプロが、大棋士が生まれれば大変な写真になります)

今週も一週間(実動5日)で作った本紙、思いの詰まった
本紙、ぜひぜひお求めくださいませませ。

10月31日(月)発売分(11月7日号)

1、2面 名人戦七番勝負第6局

3、4面 棋戦ワイド

5面 碁界ネットワーク・碁の句春夏秋冬・竜星戦

7面 実況!市ヶ谷囲碁学校

8、9面 これぞプロ!・棋士の本棚(大橋拓文五段)・矢代五段の地中海クルーズ

10、11面 天元戦五番勝負第1局・なんでもコーナー

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ・さわやか手筋

17面 アマ

18面 アマの碁いちばん

20、19面 女流本因坊戦五番勝負第4局

これぞプロ! 選評・小松英樹九段

1譜
橋本雄二郎九段(石川県)―大橋拓文五段(東京都)

2譜
河野光樹八段(宮崎県)―光永淳造六段(岡山県)

3譜
鈴木歩六段(東京都)―沼舘沙輝哉初段(神奈川県)

4譜
金川正明七段(神奈川県)―堀本満成二段
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

晴れやかな就位式

2011-10-24 03:34:48 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
早いものでついこの間までセミやカブトムシの世話を
していたのに、本紙にお正月の広告を頂戴する季節に
なって参りました。
(お年始の名刺広告も活動がはじまっております。
ぜひ、ご協賛のほど、心からお願い申し上げます)

先週に引き続き、ボツ写真について。
ボツといっては失礼ですね。ボツそのものに理由が
あって他を選んでいることもあれば、こんなケースも
あるということで。



これは21日の金曜日に行われた碁聖戦の就位式の記念写真。
この上ない、最高のショットなんですが、いつも通り、
という感は否めません。毎週毎週作り続けている職業病
ですね。変化球が欲しくなる。

そこでこういう写真に目が行きます。



両手に日本酒を手にした羽根直樹新碁聖。

一升瓶を両手に持っているのがナニが珍しいの?という方は
写真をサムネイルの写真をクリックしてよーくご覧ください。
カラー写真とはいえ、掲載の都合、少々リサイズしているので
わかりにくいかもしれません。

お気づきになりましたか?

これ、本紙ではモノクロ写真になります。就位式がカラー面に
くるのは過去1回だけあります(組み担当でした)が、
タイトル戦というネタがあるのにわざわざそれを退けて、
というわけには参りませんよね。

で、この写真がモノクロになったとき、読めるか否かが問題。
今はパソコンのソフトが充実していますので、モノクロに
するくらいなら簡単なものですし、加工も容易です。

ですので、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ足しました。
作為のない、オリジナルでお届けするのが基本ですが、
伝わらないとまったく意味がありません。
(私のダジャレと同じです)

で、「読める程度に」というのが加工の際の私の注文でした。
ここがミソですね。自然でかつ読めるくらい。

出来栄えやいかに。ぜひ、本紙を手になさってください。


10月24日発売(31日号)のラインナップです。

1、2面 王座戦五番勝負・第1局

3、4面 棋戦ワイド

5面 碁界ネットワーク・竜星戦・碁の句春夏秋冬

7面 実況!市ヶ谷囲碁学校

8面 早送り劇場(鎌倉十番碁開幕局)

9面 ベスポジを探せ

10面 白河市囲碁将棋まつり・なんでもコーナー

11面 2011ファンフェスタin箱根

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 アマ

17面 アマ(ペア碁特集)

18面 アマの碁いちばん・ヨセワン

20、19面 女流本因坊戦五番勝負・第1局 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

見出しも残った

2011-10-16 03:15:15 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
名人戦、すごい戦いの連続でした。井山裕太名人と山下道吾本因坊が
鎬を削る本シリーズ、第6局へと決着が持ち越されました。
井山名人、そうそう簡単に土俵を割りません。

さて、この第5局は攻めとシノギの内容でした。そこにひっかけた
見出しはすんなり採用となり、整理担当としてこの上ない週末を
迎えられました。

金曜対局と本紙編集室界隈で言われる厳しい日程なのですが、それでも
取材担当、整理担当それぞれ頑張りました。

今週もちょっとそのあたりをご紹介。

1面、名人戦のメインに一度組み付けて差し替えになった写真です。



理由は申し上げません。お手元に届いた本紙と比べてみてください。

もう一枚。これは日本棋院のホームページでも使っているものです。



これは、2面の2枚目に組んで初校を出したものです。棋院の
ホームページでこの写真が一番最初に来ているのを見て、
私の感想は「やっぱりな」。これを選んだのは私に整理のイロハを
教えてくれた恩人の先輩。今回、金曜対局でなければ、私もこれで
1面を組んだと思います。
(縦写真で待っていた、ということがお分かりいただけると思います。
申し上げませんが、これには理由があります)

参考までに、印刷用に加工したものも。



この写真が入っていた2面の上から2枚目に使うことになった写真は…。
「瓢箪から駒」で発掘した昔の写真。編集室で「これ行こう、これ」と
ノリノリ。結果、私がブログで使ったのがややフライング気味な…。
ま、いっか(^^;

今週もぜひぜひよろしくお願い申し上げますです。

10月17日発売分(24日号)のラインナップです。

1、2面 名人戦七番勝負第5局

3、4面 棋戦ワイド

5面 碁界ネットワーク・碁の句春夏秋冬・竜星戦

7面 実況!市ヶ谷囲碁学校・ヨセワン

8、9面 これぞプロ!・棋士の本棚(三村智保九段)・さわやか手筋

10面 湘南ひらつか囲碁まつり・なんでもコーナー

11面 早送り劇場(引退碁から十番碁へ)・囲碁フェスティバル2011告知

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ

17面 アマ

18面 アマの碁いちばん

20面 中野杯2回戦

これぞプロ! 選評・王銘エン九段

1譜 小川誠子六段(福井県)―平田智也二段(広島県)

2譜 蘇耀国八段(中国)―望月研一七段(東京都)

3譜 下地玄昭六段(沖縄)―孫初段(神奈川県)

4譜 黄孟正九段(台湾)―常石隆志初段(神奈川県)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13年後の名人戦七番勝負

2011-10-13 17:00:00 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)


名人戦七番勝負第5局が今日、10月13日と明日14日(木・金)に
かけて静岡県熱海市の「あたみ石亭」で行われています。
カド番の井山裕太名人、踏ん張るか。山下道吾本因坊、決めるか。

写真は、囲碁クラブ誌に掲載された、山下敬吾五段(当時)と
井山裕太少年の記念対局。平成10年2月号掲載(11月対局)です
ので、少年少女大会初優勝の記念対局のものです。

ちなみに、次の夏の少年少女連覇の際には本紙で山田規三生王座(当時)
との記念対局をお届けしております。大会直後の8月に井山少年は院生に
なっている状況でした。

ちょっと出て来たのでご紹介いたしました。(それだけですが…)
13年の時を経てのこの対決にちょっと感慨深くひたってみました。

なお、囲碁クラブ誌にはカラーで掲載されております。
バックナンバーを大事にお持ちの方は、ページをめくってみてください。

さてさて、名人戦はどうなることやら。
ツイッターでは新聞解説を担当している山城宏先生が
封じ手予想を、「切り」とおっしゃってました。

本紙の紙面編成の運命やいかに(うそ大げさなんとやら)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あふれる思い

2011-10-09 03:32:57 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
ご存じのとおり、名人戦第4局は山下道吾本因坊の勝利。
タイトル奪取へあと1つとしました。
以前、当時の依田紀基名人に挑戦して敗れたタイトル。
思いの強さは、外野からはわかりませんが、想像に難くは
ありません。

山下本因坊と井山裕太名人のお二人が勝った負けたの
繰り返しに見えるのは、10月1日に行われた阿含・桐山杯の
決勝があったから。こちらは井山名人の勝利で2度目の
頂点に輝きました。6年ぶり……って前は何歳でしたっけ?
やっぱりすごいですね。

名人戦の第5局は今週の13、14日(木・金)に静岡県熱海市の
「あたみ石亭」で行われます。大阪の関西総本部では
解説会が行われます。本紙を頼りに(^^こちらもよろしく
お願い申し上げます。

え、これだけではモノ足りない?
ずいぶん硬いブログだねって?

……見破られましたか。一度書いたのは「砕けすぎ」で
自己規制いたしました。反故です。


では、写真を少々ご紹介。

この真っ暗な写真は?



印刷してしまうと〝なにがなにやら〟になるので、
週刊碁の掲載には適さず、選ばれませんでした。

名人戦第4局での一幕です。停電があったのです。
東日本大震災でいろいろ話題になりましたが、近年では珍しく、
タイトル戦の最中では異例とか。

写真は控室なのですが、立会の小林光一九段が写っています。
わかりますか?


では、もう一葉。

日本棋院ではタケフ基金「こころの碁」と銘打って
被災地支援を行っております。週刊碁でもすでに何回か
記事にしてお届けいたしております。

この写真は、ほかのものを使うことになり、
はじかれてしまったもの。

津波の被害を受けて水、泥をかぶってしまった盤です。



現地の状況は、一般紙の報道などで日頃からよく知られている
ところかと思います。
本紙や普及事業部の担当が出張に行き、撮影してきた写真にも
そうしたものは含まれています。本紙でどれくらい扱うのか。
担当や課員で意見が分かれます。

「すでに一般に流れている情報。あえて載せるのか」
「これが現実。なぜ載せないのか。理解できない」

震災復興への思いは一緒。ちょっとの考え方の違いなのですが、
気持ちの入るところなのでなかなか決まりません。

話し合いの結果、紙面のように小さくではありますが、
ワンショット使うことになりました。


最後はちょっと重い書き方になってしまいました。
ごめんなさい。

いろいろ思いの詰まった週刊碁。今週もよろしくお願い
申し上げます。


10月10日発売(10月17日号)のラインナップです。

1、2、3面 名人戦七番勝負第4局

4、5面 棋戦ワイド

7面 碁界ネットワーク・碁の句春夏秋冬・竜星戦

8面 実況!市ヶ谷囲碁教室

9面 ベスポジを探せ・さわやか手筋

10、11面 女流本因坊戦五番勝負第2局・なんでもコーナー

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 アマ(こころの碁・遠野物語)

17面 アマ(アルプス囲碁村まつり)

18面 アマの碁いちばん・ヨセワン

20、19面 阿含・桐山杯決勝戦

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うっそー!消えた170行の観戦記?

2011-10-02 13:47:49 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
いつも明るく原稿をくださる観戦記者のAさん。
今週は女流本因坊戦の記事を担当してくださいました。
整理担当は私、小瀬村。

原稿の分量は、決め打ちと言って、例えば「100行」に
してしまって原稿を削るやり方もありますが、うちでは
やっていません。
(「これぞプロ」はそれでお願いしています。連載途中までは
ほぼ自由に書いてもらって組み付けで調整していたのですが、
あまりに大変で、丸1日がかり。見かねた編集がそう方針を
立ててくれました)

で、週刊碁で決め打ちが出来ないのは、碁の内容(手数)と
取材の加減があるから。参考図がいっぱいあるときはどうにか
なるのですが、たまに参考図がないことがあります。
こうなると大変。記者が勝手に図を作るわけには当然いかず、
発注で3譜2図100行、などと大枠でお伝えはしても、
そのまま原稿をもらえることは少ないのです。

その女流本因坊戦。11面は下三段のないスタイル。
編集からは3譜2図120行を目安に、とお伝えしました。

9月29日の早朝いただいた原稿は、3譜と2.5図(一つ半図)、
137行。これくらいの前後は守備範囲です。

で、花巻から帰還したAさん。
A「原稿届いているよね」
小瀬村「ありがとうございます」
A「原稿の分量聞いておいてよかったよ」
小瀬村「?」
A「170行も書いちゃったから削ったんだよ」
小瀬村「!」

さすがに170行ともなると、付随して参考図が増えることが予想
されるので、オーバーランと言わざるを得ません……。
紙面の器には、行数の限度があるので、決め打ちしない、
と言っても上限はありますです。
(ちなみに、昔、300行を持ち込んだ人間もいますが、
そんな「伝説」はいりません。問答無用で「削って」と
言うだけですから……)

舞台裏を少々披露いたしまして、今週はこの辺で。


10月3日発売分(10日号)のラインナップです。

1、2面 竜星戦・決勝戦

3、4面 棋戦ワイド

5面 碁界ネットワーク・碁の句春夏秋冬・さわやか手筋

7面 実況!市ヶ谷囲碁教室

8、9面 これぞプロ!・棋士の本棚(井山裕太名人)

10、11面 女流本因坊戦五番勝負第1局・なんでもコーナー

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

17面 アマ

18面 ベスポジを探せ・ヨセワン

20、19面 新人王戦決勝五番勝負・第2局


これぞプロ! 選評・二十四世本因坊秀芳

1譜 酒井猛九段(東京都)―寺山怜三段(東京都)

2譜 青木喜久代八段(東京都)― 一力遼初段(宮城県)

3譜 楊嘉栄八段(台湾)―大場惇也六段(東京都)

4譜 三村智保九段(福岡県)―李沂修七段(台湾)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加