週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

合併号の週になりました

2009-12-14 19:02:17 | 雑務・つる(長野/水瓶座)
いよいよ12月に入り、年末という感じですね
明日は出版部の忘年会
例年、日程は「週刊碁が余裕ある日」「月刊碁ワールドが余裕ある日」等々を勘案して、
だいたい12月半ばの火曜であることが多いんです

しかしっ。
今週で作るのは24ページの合併号。
広告が増えるといっても、実質的な中身もちょい増え
合併号ならではの私の仕事もあって、
今日は仕込みをしとこうと思って出勤しました
ただし今朝は五時まで、仕事のような遊びのような時間を過ごして…。

編集室のあるフロアは人口密度が高いせいか、いつも暖かい。否、暑い。
現在発売中の号掲載の『アマの碁いちばん』では、
片岡聡九段が寒いところで一服しているくだりがあります。
私も同じ場所でシャキッと気分を変えてくるんですが、
また席に戻ってくるとだんだんボーッとしてきます。

普段のように周囲に編集のみんながいるとずいぶん違うんでしょうが、
唯一出勤していた森本君が取材で席を外し、
横の席で原稿書いていたライター氏もいなくなった今、
あ~、睡魔が…

というわけで合併号の主な中身をちょっとご案内します
・プロペア碁
・中野杯中国編(前編)
・タイトル者勢揃いの干支絵
・2009プロ回顧
・囲碁雑学検定
・新春特別認定
・お年玉プレゼントクイズ

まっこと個人的な話で恐縮ですが…。
私がいちばん思い入れがあるのはプロ回顧。
執筆のライター・川熊さんはいまでも手書きで原稿をくださいますが、
これを私がキーボードで打つこと、もう10年以上。
打ち込みながら、しみじみ一年の終わりを感じる恒例の企画であります。

さて、そろそろ「去年」と「今年」と「来年」の表記の区別がごちゃごちゃになりそうな、
編集病の足音が聞えてきました。
合併号にたずさわることウン十回でも、
いまだ作業の週には緊張と興奮があります。

この高揚感が好きだから、毎週合併号(!)でもいいなぁ…
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加