週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

無事これ名馬

2012-04-30 10:03:41 | Weblog
↑のタイトルは今週の本紙から(さあ、どこでしょう^^)。
私、知らない言葉だったのですが、今週の記事から教わりました。

調べてみますとどうやら競馬から出たもののようですね。

創刊から本紙も年末年始とお盆、そして数年に一回のゴールデン
ウィークの合併号以外はお休みせずに来ていました。

思い出させて恐縮ですが、昨年の震災での休刊が断腸の思いでの
ものだったなあと改めて……今後このようなことがないことを
せつに祈ります。

さて、今週はiPad&iPhoneアプリ「黒猫のヨンロ」の特別編集紙面
です。普通の携帯電話ユーザーの私も真剣に買い替えを検討して
おります。
(V○Sとベ○タの頃からこの手の悩みは尽きませんね……)

この紙面、20面でまずアプリの生みの親、張栩棋聖のコメント、
ユーザーズガイドが11面から10面の見開きで。10面の右肩には
張栩棋聖の棋聖就位式の囲み記事という構成でお届けいたします。

11面から10面という見開き使いが珍しいですね。私が知る限り
初めてかも。横書きなのでわかっていただけますと幸いです。

アプリ自体はそんなに高い商品ではありませんので(すいません)、
ツイッター等でありがたいことにご好評をいただいております。

ですがですが、まだ迷っているアナタ! 本紙ではアプリの
プレゼント企画を行っております。
ぜひ本紙を、本紙をよろしくお願い申し上げます。


4月30日発売(5月7日号)のラインナップです。

1、2面 新初段シリーズ(木部夏生新初段―柳時熏九段)

3、4、5面 棋戦ワイド

7面 碁界ネットワーク・週刊碁的囲碁ガール(黒猫のヨンロで入門)・竜星戦
   LG杯統合予選・マイケル・レドモンド九段の新刊

8面 依田紀基九段「依田式上達術」・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 石田章九段
   謝依旻女流本因坊(台湾)―稲葉貴宇初段(神奈川県)
   村松竜一八段(静岡県)―安達利昌二段(東京都)

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ・さわやか手筋

17面 アマ碁界ワイド・碁の句春夏秋冬
   青山学院大学で今年度から囲碁が正規科目に
   朝日アマ名人戦大阪大会・兵庫大会
   本因坊戦七番勝負第1局前夜祭のお知らせ

18面 早送り劇場(鎌倉十番碁第3局)

19面 小林光一九段の「現代トップ棋士の棋風を探る」

20、11、10面 iPad&iPhoneアプリ「黒猫のヨンロ」リリース

〈ふろく〉

某観戦記者さんから聞いた話です。
「週刊碁で1面の記事を書かせてもらった最初のとき、一番うれしかった
のは「ウロ烏鷺戯評」が一緒だったこと」。

それを聞いていたから、というわけでもありませんが、私コセムラも
自分の原稿に鮎沢まこと先生のマンガが一緒になった時はうれしかったです。

ですが、今週は先生のご都合でお休みです。

ちょっと覚えがありません(小瀬村で整理満8年)。
先輩職員の整理経験者数名に聞きましたが、
やはり覚えがないそうです(たぶん、計?15年くらい)。

(覚えてないだけという恐れもなきにしもゴニョゴニョ……)

でも、毎週毎週、お休みなしに続けてくださっているのは頭が下がります。
あらためて感謝しないといけないとつくづく思いましたです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪よいとこまた来たよ

2012-04-24 05:12:39 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
このブログを書いている時点ではすでに帰宅しております(^^

十段戦の第4局へ行ってまいりました。

整理の本業を考えると水曜対局はギリギリ。木曜日に帰京して
それを手伝って……という感じ。火曜日の出発前にもささやか
ですが、留守番のHくんの手伝いを少々しています。

自分からは立候補したいけど、言い出しにくいタイミングでした。

そこを上司が「どう? 行ってくれない?」と振ってくれて、
Hくんも「(続くと疲れますけど一週くらいなら)大丈夫です」と
頼もしい限り。

後方の心配なく前線に出て参りました。

@@@@

さて、どこからこの出張のお仕事のとっかかりを考えるのか。

五番勝負の第4局であること。

つまりは決定局になるかもしれないし、ならないかもしれない。
井山裕太十段と張栩棋聖のどっちが勝つのかヤマをはっては仕事に
ならないので(そりゃそうだ)、そのどちらに転んでもいいように
構えます。

なにかというと、

原稿も書かないといけないのは言うまでもありませんけど、
写真も撮らないといけない。終局の写真を撮り終わるといい汗を
かいているので写真が著作物である理由がこういうところから
体感できます(なんのこっちゃ)

話がさっそく前後しました。悪いクセです。

井山先生が防衛になった場合は、写真も見出しもそこそこ大きく
扱うことになるので、終局のいい写真が撮れていればそれで
いいのですが(これもそうそう簡単ではありません)、

張先生の勝利の場合、何かサブの写真が欲しくなるのですが、
対局場所は関西総本部ですので、身内のところを撮影しても、
ということがあります。今回はその総本部で行われた解説会が
大変な盛況ぶり。広い一般対局室は満席で立ち見のお客様も
大勢いらっしゃいました。これがサブに来たかもしれません。

それも当日にならないとわかりませんので、おりしも行われて
ました大阪造幣局さんの桜の通り抜けの写真を撮りに行って
みました。梅田から地下鉄で2駅ですからすぐです^^

天満橋の駅を降りて、すでに夜桜の時間。写真から受ける印象
よりはもう少し暗かったような気がします。



天満橋を渡って旧淀川の川べりに降りてパシャパシャ。その辺りの
桜はもう盛りを過ぎているような印象で、正直「これでは使い
にくいなあー」という感想でした。

夜店で軽く食べて帰ろうかなーなどとチラりと思ったのですが、
人波に沿って動いていたら、あら、ここから本番。

昔、古典で習った徒然草の「先達はあらまほし」みたいな
愚を犯すところでした。入ってみると、通り抜けの初日だけ
あって、それはそれは綺麗でした。


「カップルばっかやな」という声も再三聞こえてきました。
一人でパシャパシャやっているのは少々さみしくもなりました^^
来年は、仕事ではなく家族でこれたらいいなあ、とか思いました。

で、囲碁の方のお話ですが^^ いっぱい感想戦の話も盛り込み、
井山先生からも直接お話を伺えて原稿もいっぱい書きました。

自信はありませんが、同僚がいっぱい直してくれたので心配なく
読者の皆様にお届けできるかと思います(自爆)

では。写真を少々。

対局の朝、いの一番に特別対局室「無量」に入り盤を清める井山十段。


控室で検討する関西総本部の棋士の皆さん。
(ちょこっと写っている方も含めて、山田規三生九段、円田秀樹九段、
岩丸平六段、佃亜紀子五段、阪本寧生四段)


昼食休憩中の盤面。張栩棋聖の側から。


終局後、感想戦での井山十段


終局後、感想戦での張棋聖


記念撮影に応じてくださいました(^^ 




4月23日発売(4月30日号)のラインナップです。

1、2面 森ビル杯第50期十段戦五番勝負第4局

3、4面 棋戦ワイド・お立ち台(淡路修三九段)
   本因坊戦第1局前夜祭のお知らせ

5面 小林光一九段の「現代トップ棋士の棋風を探る――山下敬吾名人」

7面 碁界ネットワーク・週刊碁的囲碁ガール(大阪阿倍野教室の囲碁ガール)
   ・竜星戦
   六段免状獲得プレミアムキャンペーン指導碁
   国内戦、国際戦の日程決定

8面 早送り劇場(鎌倉十番碁第2局)・さわやか手筋

9面 これぞプロ! 選評・酒井猛九段
   伊藤優詩二段(北海道)―竹内康祐(宮崎県)
   宮崎龍太郎六段(福島県)―平田智也三段(広島県)

10面 依田紀基九段の「依田式上達術」・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国」

11面 日中青少年交流戦・棋士の本棚(桑本晋平六段)

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ

17面 アマ碁界ワイド・碁の句春夏秋冬
   朝日アマ名人戦東京都大会
   清華大・早稲田大教職員交流戦
   阪急電鉄第2回納涼囲碁まつりのお知らせ
   2012ファンフェスタin箱根のお知らせ

20、19、18面 棋士130人が選んだ尊敬する棋士・好きな棋士ベスト10

〈付録〉

早くもツイッターにて反響をいただいております10面の「お悩み天国」と
20面からの「尊敬する棋士」。

こちらもおかげ様でいい評判を頂戴しておりますiPad、iPhoneアプリの
「黒猫のヨンロ」ですが、これは紙面の都合で次週の掲載になります。

お悩みについては、今週の相談者はプロ棋士の先生です。ブログ等で
語っておいでですので皆さんもうおわかりかと思われます^^ 治勲先生が
その質問にどうシノいだか(爆)お楽しみ^^

尊敬する棋士については、編集長が「こんな企画でやろうと思うんだけど」
と自信なさげに言っていたものですが、ありがたいものでいまのところ、
上々の反響をいただいていると思います。
大枠のレイアウトは私が取材前にやったものですが、実際には出張に出て
しまったので後輩の仕事です。

今週は、概略をお伝えするだけでもいっぱいいっぱいになる内容です。

読み応えバッチリな週は逆に棋譜が減るものなのですが、そこは11面の
日中青少年交流戦でコッテリと。

喜んでいただけるべくがんばりましたです。

今週もぜひぜひよろしくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

張栩の黒猫のヨンロがリリース開始

2012-04-18 16:51:12 | 碁ワールド・太郎(千葉/乙女座/卒業生)
碁ワールドでチラチラ予告していた、「張栩棋聖の黒猫のヨンロ」がついにリリース開始しました。

iPad&iPhone対応です。
価格は現在リリース記念として250円を170円にしてありますので、今の内お求めください。

画面を見てもらうと分かるように、「これが囲碁?」っていう作りです。
動物の碁石やお菓子の碁石などカワイイ碁石で一杯。
※お菓子の碁石やカエルの碁石を使うには各85円で問題とともに追加購入が必要です。



囲碁が分からない方でも黒猫の「ヨンロ」とともにストーリーモードで囲碁のルールやテクニックが学べます。


お求めはAppstoreで。
http://itunes.apple.com/jp/app/ri-ben-qi-yuan-zhang-xuno/id517153034?mt=8
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今週は短いブログ

2012-04-18 02:09:27 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
今週掲載の新初段シリーズは、菊地正敏新初段―王銘エン九段の対局でした。

「ヒカルの碁」にも出てくる本紙、春の風物詩(ここ数年初秋にもありますが)。

私が一番最初に組ませていただいたのは、奥田あや先生と趙善津九段との
対局でした。同じ年には向井千瑛先生と武宮正樹九段の対局も組みました。

その2局、カメラマンさんが、世間話で「若い頃の先生の写真よ~」と
見せてくれたものを紙面に採用したのも私の判断でした。
(先生がた、ごめんなさい〈(_ _)〉

いろいろお世話になっている桑本晋平六段の新初段シリーズのお相手は、
今は亡き梶原武雄九段でした。
桑本先生がその碁を並べながら「これが梶原先生だよね」と嬉しそうに、
懐かしそうにおっしゃっていたのが忘れられません。

今、棋士の道を歩みはじめた皆さんの思い出になる紙面にがんばったつもりです。
ぜひ、買って読んでみてくださいね(^^


あーもう丑三つ時! 私はもう寝ないと。

なぜなら、明日は十段戦第4局だからです!



4月16日発売分(23日号)のラインナップです。

1、2面 新初段シリーズ(菊地正敏新初段―王銘エン九段)

3、4、5面 棋戦ワイド・お立ち台(峯松正樹六段)・竜星戦

7面 山下敬吾名人のはじめての手筋(最終回)・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 酒井猛九段
   上村陽生九段(宮崎県)―李沂修七段(台湾)
   金沢真三段(神奈川県)―沼舘沙輝哉初段(神奈川県)

10面 依田紀基九段の「依田式上達術」・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国――これが治勲のシノギかた」

11面 碁界ネットワーク・宮崎龍太郎六段の東南アジアクルーズ紀行・碁の句春夏秋冬・週刊碁的囲碁ガール(ネットで仲間を広げる)
   黄竜士双登杯

13面 認定

15面 NHK杯・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ!・りゅう石会囲碁まつり

17面 アマ
   宝酒造杯クラス別チャンピオン戦京都大会
   千葉県少年少女大会
   大正製薬ダイレクト・シニアカップ
   延生大学・慶応義塾大学交流戦

20、19、18面 コンピュータが棋士に挑戦!・特別座談会

〈ふろく〉

先般、各方面でひろく取り上げられましたコンピューター囲碁ソフトと
武宮正樹九段との四子局。

本紙では直後に載せる方針は採りませんでした。

特に偉そうな意味はございません。ただ、座談会の日程(掲載含む)の
方が段取り先に決まっていて、「そちらに合わせましょう」という話に
なっただけです。

速週で掲載して座談会を後日掲載するのも一局かとは思いますが、
ご存知の通り、少し日程が開いているので、どうせ開くなら後ろに
合わせようのココロだと思います
(編集長の判断を言葉では聞いてませんので推測です^^;

お楽しみいただけますと幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記念写真

2012-04-10 21:49:29 | 編集・森本(東京・獅子座)
今週発売の20、19面はゆうちょ杯第15回ジュニア本因坊戦を掲載しています。

ジュニア本因坊戦は、前に勤めていた職場が協賛をしたことがあったため、私が編集に入る前からご縁がある大会です。

もう5年以上前のことです。その時は、ボンド杯と呼ばれていました。

私は視察に行っていたため現場にいたのですが、大会がおわり、表彰式を残すだけとなったときのことです。
私の気はそぞろになっていました。

本来ならトップが来訪し、表彰状の授与や記念写真に収まるものですが、そのトップが交通事情の影響で少し遅くなるとのこと。

「もし間に合わないようでしたら森本さんが出席してください」と主催者に声をかけられたのです。

当時私は25歳くらい。
職場の代表としては荷が重いなと思いながら、前に並んだ椅子に座っていました。

次に私が表彰状を読まなければというところで、トップがぎりぎり間に合い会場にやってきてことなきを得たのですが、せっかくだったら授与する立場もやってみたかったなと複雑な気持ちになったことを覚えています。


話を戻して今週の週刊碁。
20面の写真は参加者全員が写っているものですが、この写真を撮るため、皆さんに並んでいただくときに、ふと5年前のことを思い出していました。

選手にとって、この写真が良い思い出となることを祈っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒子(くろこ)にも個性

2012-04-10 20:29:47 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
今週発売分の担当分けを書いてみます。編集の担当はざっくり決まって
おりますが、管轄外なので〝さわり〟だけ。

この人はアマ大会が多いかな~とか、この人の名前がプロ棋戦でよくみるな、
とかで追っていればそれで間違いないです(^^
これぞプロ!みたいなフリーの記者さんに依頼するものでも編集担当はおります。

で、今週作業の整理担当は、

小瀬村が、1・2・3・7・8・9・10と11面
後輩Hくんが、4・5・15・17・19・20面ですね。

これぞプロ!はレイアウトの最初の形は小瀬村が作りましたが、
それ以降は同じもので行ってます。ベスポジや認定も同じですね。

整理についての考え方は、かつての編集長で整理出身者もおりましたので、
たっくさん話を聞きました。

今は発行を中止してしまいましたが、縮刷版で当時のものをみると「あーこれは
○○さんだな」という感慨にひたれます。

たとえば、

写真を斜めにしたり、見出しがあっちこっちに配置してにぎやかな紙面のAさん。
見出しの言葉を〝引き出し〟いっぱいに持っていて語彙が豊かなSさん。
リード(前文)をスポーツ新聞みたいに円で囲むのが好きなHさん。
女流棋士の写真選びに全神経をそそぐRさん(冗談ですよ冗談^^)。

いろいろ役者が揃っております(笑)。強烈な個性と言っては語弊があるし、
現役の職員だったり、退職してもまだまだ関係の仕事に就いていたりで悪いことは
書けません(^^ もちろん〝書く内容がないから〟書けないんですよ(´-`).。oO

4月9日発売(16日号)のラインナップです。

1、2面 森ビル杯十段戦五番勝負第3局

3、4、5面 棋戦ワイド・碁の句春夏秋冬・さわやか手筋

7面 碁界ネットワーク・週刊碁的囲碁ガール(十段戦の舞台を支える二人)・竜星戦
   ドコモ杯女流棋聖就位式
   文楽のつどい
   大和証券杯が公式戦に
   華頂茶業杯世界女子団体戦

8面 山下敬吾名人のはじめての手筋・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 選評・小松英樹九段
   西村慶二八段(佐賀県)―松本武久七段(長崎県)
   白石勇一四段(神奈川県)―鈴木伸二三段(北海道)

10、11面 春蘭杯世界選手権・二十五世本因坊治勲の「お悩み天国――これが治勲のシノギかた」
   ・棋士の本棚(長原芳明七段)

13面 認定

15面 依田紀基九段の「依田式上達術」

17面 アマ
   第1回渡辺和代キッズカップ
   第5回千代田区こども大会
   第44回京滋職域・団体戦
   平成23年度関東学生ペア碁大会
   三浦市少年少女大会(短信)

18面 ベスポジを探せ

20、19面 ゆうちょ杯ジュニア本因坊戦全国大会

〈おまけ〉

今週は、10・11面が肝。もちろん、他の記事もすべて売りですが……。
見出しなどの決定に時間がかかるという意味です。

春蘭杯がそれです。大変残念な結果でした。
記事を読むと、今回、内容がよかっただけに結果は心から残念です。

書き手の編集マン、現地まで出張に出ていて編集歴も長いので、「こう組んで」という
青写真は持っています。たぶん、見出しの候補も頭にありそうです。

でも、整理担当の私に気遣ってくれるんですね。やさしいんです。入稿の段階では
それを私には伝えずにいてくれます。言ってくれていいのですが……。
(相談の上で組むことも多いし、19面のゆうちょ杯棋譜3つは編集の要望です)

組みあがってから「ぼくの考えでは」と教えてくれたのは「たんたんと」。
そこは私も同じでした。だけど、5人のタテ写真を並べたのは「派手だなー」と
感じたそうです。

まるで読者の目を引かないようなサッパリな組みもできないのです……。
せっかく中国まで出張に出かけているわけですから。

(派手に組むなら11面を全面使いにしてふんだんに撮影してきてくれている写真や、
日本以外の対戦棋譜を掲載していますね、たぶん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流浪の囲み

2012-04-05 20:17:29 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
長々と書かせていただいております、本ブログ、とあるプロ棋士の
先生からありがたいお言葉を頂戴いたしました。

某「あー小瀬村さん、まーたいっぱい書いている(^^」

で、大量すぎて読まないそうです。うーん、よーくわかります(汗

では、今週はこの辺で(と書きかけて数日……)。

ありゃ、気づけば木曜日。いや、忘れてませんよ。
忘れてませんってば、忘れてません。書く時間が取れなかったのですよ…。

ごめんなさい。

(…でも、やっぱり火曜日からの作業をはじめてしまうと
先週作業はきれいに忘れますね…。
男は別名保存、女は上書き保存みたいな。仕事も上書き保存??????)

表題のお話は付録で。

4月2日発売(9日号)のラインナップです。

1、2面 大和証券杯ネット囲碁オープン決勝戦・碁の句春夏秋冬

3、4面 棋戦ワイド

5面 碁界ネットワーク
   合同表彰式
   NHK春の新囲碁番組
   電子書籍で絶版本が復活

7面 碁界ネットワーク
   大和証券杯ネット囲碁アマ選手権クラス別決勝戦
   週刊碁的囲碁ガール

8面 山下敬吾名人のはじめての手筋・歴代本因坊列伝

9面 これぞプロ! 選評・小松英樹九段
   久保秀夫六段(熊本県)-本木克弥初段(群馬県)
   加藤朋子五段(埼玉県)-寺山怜三段(東京都)

10面 東日本大震災復興祈念イベント「こころの碁~がんばろうふくしま」
・二十五世本因坊治勲「お悩み天国~これが治勲のシノギかた」

11面 スカパー!杯日中最強戦

13面 認定

15面 依田紀基九段の依田式上達術・1分の詰碁

16面 ベスポジを探せ

17面 アマ面
   オールアマ団体戦
   平成23年度支部代表者懇談会
   学生研究会〝秀遊会〟VS.立命館
   ゆうちょ杯ジュニア本因坊戦(速報・次週詳報)
   早稲田大VS.高麗大

18面 全国高校選抜大会

20、19面 プロペア碁2012決勝戦

〈付録〉

以前、碁の句春夏秋冬の掲載位置で……がわかると書きました。
今週はなんと○面です。

週刊碁的囲碁ガールも横組にしたりと7面のネットワークは
パンパン。大和証券杯アマ選手権がとても大きな扱いです。

本来なら、ここに碁の句がいらっしゃるはず。でも、いません。

棋戦ワイドも記事がいっぱいです。3面は150行ほど、
4、5面は下三段にCMが入らない全面記事です。
うーん読み応えタップリ。

さて、碁の句はどこへ? まだ駅売りなどで売っています!
このあたり、マンガ雑誌よりは寿命(^^ が長いですね。
(コンビニ店員のアルバイトやったことあるので多少は
わかります)
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加