週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

サンパウロ旧市街

2008-01-14 00:31:30 | 現編集長・上田(高知/水瓶座)
 対局場のあるホテル周辺は官庁街といった趣きで、建物も近代的。

 このカテドラルはサンパウロの名所の一つで、旧市街中心部にあります。回りも洋風の建物が目立ちます

 サンパウロは治安があまり良くないということで、極力単独行動はしないようにと釘をさされていて、このカテドラルの撮影も、現地ガイドの方を入れて四人で行ってきました。

 もっとも、サンパウロを拠点にして南米で普及活動をする円田秀樹九段によると、「一人でも大丈夫ですよ」とのこと。

 何かあったときのために、ポケットに50レアル紙幣をしのばせておくのがコツ。万が一、銃やナイフを突きつけられても、両手を挙げて50レアル渡せば、命までは取られないみたいです

 ちなみに、山下、趙両対局者らが外出のときは、SPが同行します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジルより

2008-01-12 10:45:57 | 現編集長・上田(高知/水瓶座)
オ~~レ~~オ

山下敬吾棋聖―趙治勲十段による棋聖戦七番勝負が、いよいよ開幕。

場所はブラジル・サンパウロ。地球の裏側にある世界有数の大都市で、いま夏真っ盛り。

気温は毎日30℃超。湿気はあまりないのですが、暑いです

アツいと言えば、前夜祭のサンバがアツかった

打楽器の大音響に乗って、布切れ程度の衣装を身に着けた女性が腰を振りながら軽快にステップを踏み始めると、会場が熱狂して、いつの間にか一般の参加者たちの間に踊りの輪が出来上がっていました。

リオのカーニバルでは、こんな乱痴気騒ぎが4日間も続くのだそうで、この時期に結ばれる男女が多いのだとか

跳ねる女体を目の当たりにして、記者は夢中でシャッターを切り続けました。

これでこそ、24時間かけて来た甲斐があったというもの。ツアーで参加された方々も大喜びでした

本番の対局は、今晩ついに始まります。今から楽しみです。





コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2008-01-04 18:46:36 | 雑務・つる(長野/水瓶座)
あけましておめでとうございます
2008年も、週刊碁をよろしくお願いいたします

皆様はどんなお正月を過ごされましたか。
私の場合、例年の1月2日は田舎でのんびり起きて始動するんですが、
今年は東京にいたので、人生初の「初売り挑戦」をしました。
10時ちょい前に、街に出ていました。

…いやぁ、
あんなにあちこち人が並んでいて、
あんなに人が走っている(ほとんど女性)とは!

結局私は、人気どころの福袋なぞ買えず、すっかり負け組
『ありゃ並んで買ったんだろうなぁ』みたいな袋を持ってる人が勝ち組。
そんな人たちも、お目当てを入手したら帰宅するのか、
昼過ぎには見かけなくなりました。
初売りって、10時からの2時間くらいが勝負なんですねぇ。
来年は頑張ります

さて、明日は日本棋院も打ち初め式。仕事始めです。
実は昨年末、本院2階売店で、福袋を作成しているのを見てしまいました!
「ちょ、ちょっと入れすぎ~」と、思わずいっちゃったくらい、
大盤振舞になっております(数量限定)。
肝心の打ち初め式の出席者は、福袋よりさらに豪華という噂。
お近くの方はぜひお越しください。

2007年10大ニュース、投票はお済みですか?
 6日までだそうで~す。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加