週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

囲碁雑学検定

2008-04-30 11:29:25 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
企画とは、こうもトントン拍子に決まるものか――

そんな調子(具体的には恥ずかしくて書けませんが)で決まった「囲碁雑学検定」。

入稿した原稿にさっそくトライ!

「………」(時間が止まってます)

まあ、なんといいますか、こういう職業でいる以上、「必要」「物好き」から知識を得ているつもりではあるのですが…。

出題をしてくれた方(匿名です)が、「半分できないと担当から外れてもらわないと」とにこにこしながら語ってまして、背中に汗をかきながら解きましたが…。私の解答率は秘密です。

ぜひ、1ページに濃密に入った問題へチャレンジなさってください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運の悪さ

2008-04-06 18:57:17 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
うぅーん、今週もよく働いたぁ! と自分を褒めてあげたくなる土曜日の午後。

私事ながら、家族で外食することにしています。自然食レストランで、馴染みになってしまっているので店員さんは私のことも覚えてくれています。


そこで会うのが某プロ。都内にお住いとばかり思っていたのですが、「今、○○(とても近所)にいるんだよ」とあっさり。奥様、お子様そろって「(レストランに)よく来るんだよぉ」と遭遇を笑ってくださいました。

で、以前にお会いしたときに「富士通杯の抽選会ってどうなった?」と訊かれました。刷り上がった新聞をいつも持ち歩いているのに、その時は家に置いてきてしまいました。当然、記事にしたのですから覚えていますが、全部は無理。「張栩先生は台湾の周九段と…」などと一部だけ。情けないものです。

以来、バックに潜ませてどこでどうなってもいいように準備してました。そしたら会わなくなるんですね。なんのこっちゃ。

で、今日(6日)出掛ける用事があった直前の昨日(5日)、頭の中は準備でいっぱい。そしたら1年ぶりの出会い(まあ、市ヶ谷でなんども会ってますが)。「あ、今週はすぐ渡したら喜んでもらえるかもな記事があったな」とバッグを開くと、ない

困ったもんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加