daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

勝ち

2017-03-16 10:16:57 | 日記・雑談
順位戦最終局は、相手の急戦矢倉を受ける展開。
珍しい形と思いましたが、あるいはこれから増えてくる指し方かもしれません。
ずっと攻められっぱなしで自信はなかったですが、まあまあの内容で勝つことができました。
なんとか勝ち越しで終えることができて良かったです。

これで今年度の対局は終了。
ここ数年では、一番マシな成績だったので、来年度はもっと巻き返せるように、頑張っていきたいです。
特に竜王戦のクラスがずいぶん下がってしまったので、なんとかまた上を目指さなくてはと思っています。

さて、しばらく対局がないので、ブログもすこしの間お休みします。
開設十数年、実はいま引っ越しを考えているので、決まったらまたお知らせしたいと思います。
何か思い立ったら更新するかもしれませんし、あるいはもっと延びるかもしれませんが、いまのところ年度替わりのタイミングで再開の予定です。

この記事をはてなブックマークに追加

明日対局

2017-03-13 09:26:39 | 日記・雑談
順位戦最終節で、おそらく今年度最後の対局になる見込みです。
勝ち越しがかかった1局になります。
最後まで全力で頑張りたいと思います。

昨日はAbemaTV「炎の七番勝負」第1局。
藤井君が見事な内容で勝利を収めたようですね。

天才が周期的に登場する世界ではありますが、これまでのところ彼は本当に規格外の印象です。
正直言ってまだよく知らないのですが、公式戦も負けなしで、先週末の大橋君との対局もすごい終盤でしたし、強いということはよくわかりました。
今後も日曜日ごとに放映とのことなので、朝はNHK、夜は七番勝負で、お楽しみいただければと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

勝ち

2017-03-10 09:30:22 | 日記・雑談
昨日の対局は、かなり意外な相手のゴキゲン中飛車から、終盤の競り合いで久々の両者1分将棋になり、結果幸いしました。
ミスもありましたが、面白い将棋が指せたので満足です◎
やはり玉頭戦は対抗形の華ですね。

実は、前日に軽い風邪をひいてしまい、どうなることかと思いましたが対局には影響がなく、良かったです。
次も頑張ります。

昨日はB1順位戦最終節。
兄弟子の山崎八段は残念ながら自力のチャンスをモノにできず、豊島七段が逆転昇級、八段昇段。
A級は稲葉八段が挑戦、B2からは斎藤・菅井の両俊英が昇級と、今期も関西勢の活躍が目立ちます。
ある時代の、棋士室のすごさを物語っていると思います。

今年度の順位戦も、残すところ来週のC1のみになりました。
自分も最後まで、全力を尽くしたいと思います。

それと昨日は、カロリーナの女流名人リーグ入りの一番があり、残念な逆転負け。
自分の対局が終わってから中継を観ましたが、これはもったいないことをしましたね。

プロになれたいま、負けてもまた次頑張ればいいわけですが、チャンスはそう何度もあるわけではないので、厳しくハッパをかけておきました。
今月はほかにも対局があるようなので、しっかり反省して次に向かってもらいたいと思います。

そういえば最近、英語とポーランド語でブログを始めたようです。
こういう彼女にしかできない役割もたくさんあるので、引き続き頑張ってもらいたいですし、皆さんもぜひ応援してください。

この記事をはてなブックマークに追加

明日対局

2017-03-08 09:15:24 | 日記・雑談
王将戦です。
藤森君とは初手合で、楽しみにしていました。
心機一転、対局を頑張っていきたいと思います。

昨日は「3月のライオン」の試写会に行ってきました。
うまく言えないのですが、揺さぶられる映画でした。
この春、いっそうの将棋ブームになることは間違いないでしょう。

おかげさまで、退任後も外の世界の方々にお会いする機会が多くあります。
先日はまったくの偶然で、梅田望夫さんと久々にお会いしました。
将棋界は多くの支援者に恵まれているので、きっと未来は明るいと僕は信じています。

大切なことは、外に目を向けることと、未来に目を向けることだといつも思っています。
立場が変わったので、仕事も生活もこれからガラリと変わることになりますが、根本的な考え方はこれからも変わることなく、大切にしていくつもりです。

この記事をはてなブックマークに追加

解任

2017-03-01 09:18:10 | 日記・雑談
結果は既報の通りです。
この先の人生でまず起こるとは思えないようなことが、立て続けにあった数か月でしたが、役員を解任されるということも、おそらく二度とないでしょう。

31歳で立候補、当選して以来3年半あまり、自分なりに将棋連盟のために全力で働いてきたので、今回の結果に対してはつらい気持ちももちろんあります。
でも、終わったことより未来のほうが大切なので、このようなことになったいまでも、自分自身は前向きな気持ちですし、これからも将棋連盟のために努力することには変わりありません。

ひとまず今月はすこし休んで、これまでの仕事を振り返ってみたり、今後の人生についてゆっくり考えるつもりです。

在任中にお世話になったすべての皆様に、心からの感謝を申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

先週のこと

2017-02-26 13:05:50 | 日記・雑談
カロリーナはその後、おかげさまでいくつかのニュース番組等に取り上げていただき、そのうちひとつだけですが、自分も取材を受けました。
どうもありがとうございました。
これからも注目してもらえると思いますし、それに見合った活躍を期待しています。

他にもニュースの多い1週間でしたので、簡単に触れておきます。
まず同じ女流名人戦の話題。
初の2連敗3連勝で、里見さんの逆転防衛でした。
と一言で書くのは申し訳ないぐらい、本当に素晴らしい大熱戦、死闘でした。

また、局後の敗者のコメントとツイートは、胸を打つものでした。
それでも戦う。壁が高くても、また立ち上がる。
両者はあさって、今度はマイナビ(女王)の挑戦者決定戦で再び対戦します。
再びの名勝負を期待しています。

同日、2/22は叡王戦の表彰式。
電王戦は、今期で最後となることも、合わせて発表されました。
今度こそフィナーレ、FINAL of FINALです。
いつか来ると、ずっと前から思っていたときがついに来た。そんな感慨です。

そして、叡王戦は続きます。
ドワンゴさんにはずっとお世話になってきて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

昨日は将棋界の一番長い日、自分も全対局終了まで立ち会いました。
思えば控室で順位戦の検討をしたのは数年ぶりです。若い頃はいつも来てたなあと思い出しました。
素晴らしい将棋をリアルタイムで観戦して、楽しいひとときでした。

この結果、稲葉八段が名人挑戦、森内九段が降級。
20代同士の名人戦は21年ぶりとのことです。
佐藤会長は就任後、全く休みなく駆けずり回っているはずなんですが、見事な逆転残留で、心底感服しました。

大先輩の訃報がありました。
関根一門は自分と同世代の棋士や、お世話になっている先輩が多く、先生ご自身とはお話させていただいたことはほとんどなかったと思いますが、名伯楽の印象でした。
謹んでお悔やみを申し上げます。

続いてわが一門の話題。
師匠を大きく取り上げていただいた記事です。
ヤフーのトップにも来ていました。
すこし長いですが、本当に素晴らしい記事なので、ぜひ読んでいただきたいと思います。

自分自身のこととしてはほかに、NHK予選の対局や、久々にメディア部の会議、もちろん通常の業務も。
過ぎ去ってみれば、いつも通りあっという間の1週間でした。

明日は臨時総会です。

この記事をはてなブックマークに追加

カロリーナ

2017-02-22 09:11:17 | 日記・雑談
おめでとう!
よく頑張りました。
本当に、素晴らしい快挙だと思います。

月曜日の対局は、序盤こそすこし苦しめでしたが、全体としては良い内容でした。
報道でも答えましたが、これから彼女にしかできない役割があるはずなので、活躍を期待しています。

昨日はさっそくNHK国際局のロングインタビューに出演。
良い受け答えをしていて、頼もしく思いました。

次の当面の目標は、リーグ入りですね。
気を抜かずに、頑張ってもらいたい。

これまで応援してくださった方々に、心からの感謝を申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

対局負け、ほか

2017-02-19 10:14:41 | 日記・雑談
木曜日の対局は、角換わりからの速攻を受け、そのまま押し切られての完敗。
ノーチャンスの内容だったので、仕方ないかなと思いました。
負けたのは残念でも、新しい指し方に出会えて、勉強になった一局でした。

金曜日は出社して、女流役員会への挨拶や、その他にいくつかの会議など。
もしかしたらあと1週間になるかもしれませんが、だからと言って日々の仕事に手を抜くわけにもいきません。
心中穏やかではないですが、今週も淡々と働きます。

夜はリコー杯女流王座戦の就位式。
いつも通り、賑やかで華やかなパーティーでした。

昨日は初めて、Abema TVのスタジオにお邪魔してきました。
以前から、幻冬舎の見城さんとの対談本のファンなので、藤田社長にお目にかかれて個人的にも嬉しかったです。
収録は順調に進んでいるようで、放映が楽しみです。

棋王戦は第2局が指され、渡辺棋王の勝ち。
第4局が確定して、宇都宮のスタッフはホッとされていることでしょう。
内容的にはここまでの2局、千田君のほうが押している印象なので、後半で棋王の戦い方に変化が見られるのかどうかも、注目ポイントだと思います。




この記事をはてなブックマークに追加

竜王戦ほか

2017-02-15 08:10:28 | 日記・雑談
既報の通り、月曜日は竜王戦1組にて、三浦九段の復帰戦が指されました。
夕休のあたりでは三浦九段が優勢に見えたのですが、実際は難解だったようで、結果は大熱戦の末、羽生三冠の勝ち。
素晴らしい内容の将棋になって、佐藤会長も感謝を述べておられましたが、本当に良かったと思いました。
また、やはりトップ棋士はすごいと、心底思いました。

この対局は非常に多く報道していただき、そのほとんどは温かい内容で、この点も本当に良かったです。
棋士の真剣な対局姿が、注目を集めるというのが、将棋界として一番大切なことです。
三浦九段のことについては、「第三者の公正な調査によって疑いが晴れた」ということを、広く知ってもらえるようにと思っています。

昨日まで行われていた王将戦は、郷田王将が1番返し、佐渡(第5局予定地)の方々はきっと喜んでおられることと思います。
こちらも、特に終盤戦が非常に面白い将棋でした。
2日目に入る直前で決断の一手が出て、そこからずっと均衡の取れた勝負というのは、観る側からすると最高でしょう。
ここまで星は偏っていたものの内容は拮抗しているので、次もとても楽しみです。

聖の青春が高評価、という話題。
弟弟子としてもうれしいことですし、また将棋界にとっても、明るい話題です。
まもなく公開の3月のライオンにも、期待大です。

明日は自分の竜王戦。
今期の竜王戦は特に、対局できるということに感謝する気持ちが強いです。
思いを込めて、良い将棋が指せればと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

朝日杯、ほか

2017-02-12 09:30:39 | 日記・雑談
昨日の有楽町での朝日杯準決勝・決勝は、八代五段が初優勝。
若者ばかりで誰が勝っても初優勝という大きな勝負を制したのは見事です。
彼は自分よりちょうど一回り下の世代で、層が厚い印象ですが、これでいっそう競争が激化しそうです。

また数日戻りますが順位戦では、自分と同じクラスで、横山六段が昇級決定。
彼は自分と同世代なので、全勝は本当に見事だと思います。
繰り返し対戦してきた相手で、これまでの分は悪いですが、いつかまた、上のクラスで戦える日が来るように僕も頑張りたいです。

2人ともおめでとう。

その後、B2、C2では昇級者は決まらず。
ラス前は残すところ来週のB1のみになりました。

先週はとにかく毎日連盟に詰めていたら、あっという間に1週間が終わりました。
外出禁止に違反者が出た件は、大変申し訳なく思っています。
まずはルールの周知徹底と、対局環境については、今後さらなる議論が不可欠です。

明日あさっては王将戦第4局。

この記事をはてなブックマークに追加