宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

たまねぎ畝成形機・移植機実演会を開催しました

2014年10月31日 16時24分21秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
平成26年10月21日に,たまねぎ畝成形機・移植機実演会を加美よつば農業協同組合と共同で開催しました。あいにくの雨となりましたが,生産者など他管内からの参加者も含めて約30名が参加しました。
 たまねぎは,加工・業務用としての需要の高さから産地拡大が期待できる品目ですが,宮城県内最大の産地であるJA加美よつば管内でも生産者の高齢化を背景に栽培面積が減少傾向です。
 そこで,当普及センターでは,たまねぎ栽培の拡大を阻んでいる手作業主体の体系から機械化一貫体系への転換を目指し,(一社)全国農業改良普及支援協会と農機具メーカー((株)クボタ,クボタアグリサービス(株),みのる産業(株))の協力により実証ほを設置して検討を行っています。
 実演会では,「機械化一貫体系で最も大切な作業」である畝立て作業と,同時に雑草対策となるマルチング作業,引き続いての移植作業の一連の流れを参加者に見ていただきました。
 生産者から,機械化体系や雑草対策,土づくりについても熱心に質問が出され,有意義な実演会となりました。
 普及センターでは,今後もたまねぎの産地拡大に向けて支援して参ります。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生食向けいちじく」普及宣伝・... | トップ | いちご産地のさらなる復興へ ~... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む