宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

なす現地検討会が開催されました。

2017年06月22日 17時55分10秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

  JAみやぎ登米なす部会では,今年の栽培がスタートし,高品質・高収量を目指して活発に活動しています。去る5月12日には,単為結果性品種の現地検討会が開催されました。
 部会では,作業の省力化及び安定生産を目的として単為結果性品種を試験栽培しており,現地検討会では種苗会社,農協担当者と生産者のハウスを巡回し,生育状況を確認しました。また,仕立て方法や品種特性を踏まえた管理方法について検討しました。
 また,5月16日にはJAみやぎ登米なす部会現地検討会も開催され,部会長からきめ細かい温度管理や花の形態を診断材料として追肥等管理するよう説明がありました。その後,生産者2名のほ場にて,部会長から短花柱花が見られるため追肥すること,農薬の系統に注意しながら防除するよう説明がありました。普及センターからは,下位葉の葉色が薄いため追肥すること,防除の際は不要になった下位葉を摘葉すること等を指導しました。
 今後も引き続き栽培管理指導を行い,産地を盛り上げていきます。


  

 <連絡先>
 宮城県登米農業改良普及センター  先進技術班
 〒987-0511 
 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
  電話:0220-22-6127 
  FAX:0220-22-7522


この記事をはてなブックマークに追加

仙南の和牛,第11回全国和牛能力共進会の県代表に

2017年06月22日 17時09分23秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成29年6月17日から18日の2日間,第11回全国和牛能力共進会宮城大会(通称:全共)の宮城県最終選抜会を兼ねた「平成29年度宮城県総合畜産共進会(肉用牛の部)」が,美里町の「みやぎ総合家畜市場」で開催されました。

 仙南地区からは,仙南和牛改良推進組合がエントリーした5頭の黒毛和牛が,最優秀賞を獲得し「総合評価群の区」の県代表として全共への出場を決めました。

 選ばれた5名の出品者は,全共でも1番を勝ち取るため,これからも牛の調教や飼養管理をしっかりと行っていきたいと張り切っています。

 全国和牛能力共進会推進室
 
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/miyagi-zenkyou/

       
    表彰式             審査            比較審査

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター  先進技術第一班
      TEL:0224-53-3496 FAX:0224-53-3138


この記事をはてなブックマークに追加

春キャベツの現地検討会が開催されました

2017年06月22日 13時56分49秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成29年6月12日にJAいしのまき加工業務用野菜生産部会主催の春キャベツ現地検討会が開催されました。栽培している主な品種はサワー系の「祝園」と寒玉系の「みくに」です。3月中旬頃に播種し,4月中旬頃に定植しましたが,4月から5月にかけて雨が少なく,乾燥による生育の遅れが心配されました。しかし今回巡回した(農)水沼ファーム,(農)たてファーム・和の生産状況は外葉の大きさや結球形成は比較的良好であったことから,生産者も安堵の表情を浮かべていました。写真は(農)たてファーム・和のキャベツで,出荷は6月27日から始まる予定です。コナガやタマナギンウワバ等チョウ目害虫の食害や寄生が確認されたほか,べと病や黒腐病がわずかに確認されました。収穫間近ということもあり,使える農薬が限られている状況ですが,普及センターでは農薬を適切に使用するよう出荷前の総仕上げの指導を行いました。生産者も熱心にメモを取り,出荷に向けてよりいっそう気を引き締めていました。

<連絡先>
宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第2班
  TEL:0225-95-1435   FAX:0225-95-2999


この記事をはてなブックマークに追加

「はまなす会」と「ベジ☆Hope」による6次化チャレンジ始まりました。

2017年06月22日 09時42分42秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 東日本大震災により壊滅的被害を受けた長面浦に平成27年3月に「長面浦海人の家 はまなすカフェ」が建設されました。石巻地域生活研究グループ「はまなす会」がその運営を任され家業の牡蠣養殖業に従事しながらカフェを切り盛りしています。この度、みやぎの農商工連携・6次産業化支援強化事業を活用し牡蠣と地元野菜を使用した加工品開発に取り組むこととなりました。
 平成29年6月5日,はまますカフェにて(一社)IkiZen齋藤由布子代表を講師に第1回勉強会を開催しました。地元野菜生産者としてベジ☆Hopeも同席し,マーケティングの話やコンセプト設計などどのような流れ・考え方のもと商品開発を進めていけば良いのか導入部分を学習しました。初めての試みを成功させようと参加者は真剣に齋藤氏の話に耳を傾けていました。講義後,試作品を試食しながら行った意見交換では料理の味や調理方法に関する意見,長面浦のセールスポイントや販売ターゲットについての話で盛り上がりました。次回は,今日の勉強会を踏まえ更に詳しくコンセプト設計を進める予定です。

<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999


この記事をはてなブックマークに追加

JA栗っこズッキーニ部会が出荷査定会と現地検討会を実施!!

2017年06月21日 15時21分43秒 | ①次代の農業を担う経営体の育成・支援

<現地検討の様子>

 平成29年6月12日,15日,16日の3日間,栗原市内でJA栗っこズッキーニ部会による出荷査定会および現地検討会が行われました。
 ズッキーニの生産拡大を図り,販売額1億円の産地化を目指しているJA栗っこの管内では,新規栽培者の栽培技術向上や出荷規格の順守をどう達成するかなどの課題が出てきています。今回の現地検討会では,部会員の栽培技術や選別の向上を目的に,市内3地区で実施されました。
 参加者は各地区の集荷場に集まり,選別の仕方をビデオ上映で学び,A品とB品の出荷規格について確認しました。その後,品種比較試験を行っている現地ほ場へ移動し,収穫開始から中盤までのほ場を見ながら生育状況や栽培管理について検討しました。現地検討では,普及センターや種苗メーカーから栽培管理の指導を行うとともに,追肥のタイミングや,試験を行っている品種別の特徴などの情報交換が行われました。
 栗原市内では,これからズッキーニの出荷が最盛期を迎えます。皆様もお近くのスーパーや栗原市内の農産物直売所にてぜひ栗原産ズッキーニをお買い求めいただき,ご家庭で召し上がってみてください。また,栗原市内の飲食店でも8月7日から2週間程度,ズッキーニ料理を提供していただく「ズッキーニウィーク」を開催する予定になっていますので,ぜひ栗原にお越しください。
  なお,普及センターのホームページに「ズッキーニレシピ集」を掲載していますのでぜひご覧ください。
 「ズッキーニレシピ集」
 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nh-khsgsin-n/zukkinirecipes.html

 <選別の仕方のビデオ上映>

<出荷規格の確認>

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班    
TEL:0228-22-9437       FAX:0228-22-6144


この記事をはてなブックマークに追加

大豆の「小うね立て深層施肥播種機」実演会を開催しました!

2017年06月21日 15時14分21秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 <播種機の説明を聞く参加者>

 平成29年5月31日に栗原市志波姫の大豆ほ場を会場に,「小うね立て深層施肥播種機」実演会を開催しました。
 栗原市内の主要な水田転作作物である大豆では,湿害や固定転作ほ場における地力の減耗による生育量不足が収量低下の大きな要因となっています。近年,湿害軽減対策として開発された“小うね立て播種技術”と,根粒菌の活動を阻害せず効率的に窒素供給する技術として開発された“深層施肥技術”を組み合わせた,新たな播種同時施肥技術が開発されました。そこで,この技術を栗原市内の大豆生産者に普及拡大するため,実演会を開催しました。
 実演会には生産者と関係機関等含めて35名が参加しました。始めに普及センターから小うね立て深層施肥播種技術の説明を行った後,協力メーカーのクボタアグリサービス株式会社より播種機の説明が行われ,その後,実際に播種作業の実演を行いました。実演会のほ場は同技術の実証・展示ほとして,隣り合った3筆のほ場で1筆毎に肥料の種類や量を変え,対照区も含めて3種類の施肥パターンを設けました。参加者は播種機の仕組みや播種速度,うねの形成具合,深層施肥の位置等を熱心に見学していました。
 今後は,実証ほの生育状況を随時調査するとともに,夏期には現地検討会を開催し,生産者と一緒に本技術の効果を確認していきます。

<深層施肥播種の様子>

<連絡先>
 宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0228-22-9437  FAX:0228-22-6144

 


この記事をはてなブックマークに追加

川崎地区で夏まきブロッコリー栽培講習会が開催されました

2017年06月19日 11時30分00秒 | ⑤安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成29年6月13日,午後6時30分から川崎地区で夏まきブロッコリーの栽培講習会が開催されました。
 3名の方が新たにブロッコリーを作付けしたいということで,ブロッコリー部会員7名と一緒に講習を受講しました。
 はじめに夏まきブロッコリーの品種選定,播種,育苗管理,畑の土づくり,本圃施肥,定植,本圃管理,病害虫防除について重要なポイントの説明があり,その後質疑応答と意見交換が行われました。
 花蕾が締まったブロッコリーを作りたい。昨年,病害虫の影響で商品化率が低かったので,今年は商品として多く出荷したいとの声もありました。
  普及センターでは,今後も現地検討会等をとおして,ブロッコリーの生産拡大を図っていきます。
〈連絡先〉大河原農業改良普及センター先進技術第二班
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138


この記事をはてなブックマークに追加

蔵王梨生産者が徹底した病害対策に取り組む②

2017年06月15日 17時11分55秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 6月13日,JAみやぎ仙南蔵王地区なし部会は,蔵王梨選果場において今年度2回目の栽培講習会を開催しました。

 蔵王地区は,昨年,ナシ黒星病の発生により,大きな被害を受けました。病原菌の越冬密度を低下させるため,収穫後から薬剤防除や落葉処理などの防除対策に取り組んできました。

 前回5月の講習会は,果そう基部病斑の判断と除去を勉強しました。今回は,徐々に増え始めた病原菌の付着した果実の徹底除去を重点に,害虫の発生状況と防除対策も勉強しました。

 講習会終了後には,部会長を中心に今後の散布薬剤を防除暦に照らし,生産者ごとに検討しました。

 部会では栽培講習会を継続して開催し,蔵王のおいしい梨の安定生産に取り組んでいきます。

 
個別に散布薬剤を検討

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
      TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138


この記事をはてなブックマークに追加

「花のみち45」花壇管理講習会が開催されました

2017年06月15日 10時08分23秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 平成29年6月5日,気仙沼市主催の「花のみち45」花壇管理講習会が,気仙沼市民健康管理センターすこやかで開催されました。気仙沼市緑化推進協議会から畠山副会長を迎え,市民ボランティアなど約40名が参加しました。「花のみち45」は国道45号線気仙沼バイパスを花で彩る取組で,平成7年から始まったものです。
 普及センターからは,サルビア,マリーゴールドなど各品目の特徴・管理方法について説明しました。植物は長く育てていると,草丈が高くなり,茎や枝が乱雑に伸びてきて,見た目もあまり美しくありません。そこで,切り戻し作業(生育のよい葉の上あたりで茎を切る)を行うと,再びわき芽が伸びてきて,こんもりとしたきれいに整った姿になります。
 座学の後は,すこやかの花壇に出て,ベゴニアとジニアを植える実習を行いました。畠山副会長から,浅植えにならないよう指導をいただき,植栽しました。
 今年も「花のみち45」はきれいな花で彩られます。国道45号線をお通りの際はぜひご覧ください。

<連絡先>

宮城県本吉農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2

TEL:0226-29-6044   FAX:0226-42-1672

E-MAIL: mynokai@pref.miyagi.lg.jp

 


この記事をはてなブックマークに追加

「秋保環境保全米プロジェクト田植体験」が開催されました

2017年06月14日 17時23分58秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 平成29年5月23日に仙台市太白区秋保馬場地区の水田を会場に,JA仙台「秋保環境保全米プロジェクト田植体験」が開催され,馬場小学校4・5年生10人と秋保温泉のホテルや旅館の女将さんや従業員約20名が参加しました。
 秋保地区で生産している環境保全米は「秋保清流米」として全量,秋保温泉のホテル,旅館に出荷されており,朝食に提供されています。
 地元の生産者が講師となり,田植え体験から稲刈り体験まで行っています。
 参加した馬場小学校の生徒達やホテル,旅館の関係者は初めて入る田んぼの感触に歓声をあげたり,初めて見たヒルに驚いていました。
 約2aの田植えは30分で終了し,用水路で手足を洗って「秋保清流米」を食べながらの交流会で幕を下ろし,10月の稲刈り体験を楽しみに帰路につきました。
  普及センターではJA仙台と連携し,環境保全米等の秋保地区での米づくりを支援してまいります。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8374
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


この記事をはてなブックマークに追加