宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

女性限定「北浦梨」摘果講習会の開催!

2016年05月24日 10時14分40秒 | 農村地域の振興に向けた取組支援
 美里町では北浦地区を中心に大正時代から本格的な梨栽培が始まり,「北浦梨」として県内の梨産地の1つとして知られています。
 北浦梨は,明治17年現在の石巻市大街道から樹を持ち込んで以来地域に普及し,大正時代から本格的な生産が始まりました。現在,JAみどりの北浦梨部会員は約50名,栽培面積は約10haほどあり,様々な品種を栽培しています。
 5月19日(木)に,女性生産者に向けた摘果講習会が開催されました。女性を対象とした講習会は部会としても初めての試みでしたが,多くの女性生産者が参加しました。講習会の内容は,そもそもなぜ摘果をするのか,というところから,実際に「幸水」,「豊水」及び「あきづき」の摘果を参加者と意見交換しながら行いました。
 今回の講習会は女性生産者から大変よろこばれ,今後も女性向けの講習会を行って欲しいとの意見を多くいただきました。基礎的なことを聞く機会がなかなか無く,また参加者も女性だけのため質問しやすいので,このような講習会はありがたいとのことでした。冬には女性向けのせん定講習会も行って欲しいとの要望もあり,引き続き支援していきます。
 普及センターでは「北浦梨」安定生産に向けた栽培管理技術の普及を図り,地域振興を支援します。


果実の残し方を熱心に聞く生産者


<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  先進技術班 TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225

この記事をはてなブックマークに追加

大唐桑栽培愛好会の定期総会が行われました

2016年05月24日 09時46分07秒 | 農村地域の振興に向けた取組支援
 大唐桑栽培愛好会は,平成17年から活動を開始しており,大唐桑(おおからぐわ)の普及促進と栽培技術の向上を図り,大唐桑を活用した地域特産開発研究を目的とした組織です。
 大唐桑は,桑の中でも果実が大きいことが特徴で,平成15年から旧唐桑町で栽培されています。果実はジャムに,葉はお茶とパウダーに加工され,麺類やお菓子の材料として利用されています。
この大唐桑栽培愛好会の定期総会が,平成28年5月16日に,気仙沼市役所唐桑総合支所で行われました。愛好会からは19名の出席があり,昨年度の事業・収支報告,今年度の事業計画について話し合われ,会員からは「こうした方がいいのでは?」,「これもやりたい!」といった,活発な意見がたくさん出ました。また,普及センターからは,害虫対策をメインに情報提供を行いましたが,こちらでも会員から質問や情報提供があり,会員の熱意でいっぱいの総会となりました。
 普及センターでは,今後も大唐桑の安定生産・栽培技術向上について支援していきます。

<連絡先>
宮城県本吉農業改良普及センター 先進技術班
〒988-0341 気仙沼市本吉町津谷桜子20-2
TEL:0226-29-6044 FAX:0226-42-1672
Email:mynokai@pref.miyagi.jp


この記事をはてなブックマークに追加

みやぎ未来塾(地域農業紹介講座)を開催しました。

2016年05月23日 11時00分34秒 | ッ楼菁清箸鮖戮┐訝瓦ぜ蠅粒諒欅蘋支援

平成28年4月28日(金)に宮城県農業大学校(名取市)の1年生(仙南地域出身の酪農家子弟3名)対象に「みやぎ農業未来塾(地域農業紹介講座)」開催しました。この塾は、就農予定の学生が若手農家の優良事例を視察することにより,将来の営農構想を醸成させることを目的に開催しています。
最初に、蔵王町で酪農と加工を行っており、アグリビジネス経営基盤強化整備事業に採択された株式会社ゼルコバドリーム(村上牧場)で、特徴ある飼養方法や自家生産飼料、牛の体調管理で気をつけていること等について説明を受けました。次いで、ゼルコバドリームの最大の特徴である「ヨーグルト加工」について説明を受けました。このヨーグルト加工場Atreyu(アトレイユ)は一般のヨーグルト工場と違い「乳搾りから加工まで,牛の顔,人の顔が見える製品作り」をコンセプトに、自家生産した新鮮な生乳を原料として特徴あるヨーグルトを生産しています。学生は出来たてのヨーグルトを試食し「大変おいしい」「酪農も6次産業化ができるんだ」と憧れの眼差しで見ていました。
次いで、柴田町で繁殖を行っている「加茂牧場」で、牧場の歴史、牛の体調管理、草地の運動場やフリーバーン等について説明を受けました。加茂牧場は家族経営協定を締結し、繁殖部門を加茂氏が経営しています。
最後に当普及センター所長より洋々たる未来を背負う若人に激励の言葉を頂き、学生は将来の自分の夢を両牧場に重ね合わせているようでした。
普及センターは、次世代を担う担い手の確保・育成について、今後も支援を継続します。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 地域農業第2班
       TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138

この記事をはてなブックマークに追加

ひまわり現地検討会が開催されました

2016年05月19日 16時56分49秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援
4月26日,JA加美よつば花き部会の切り花ひまわり生産者を対象に現地検討会が開催されました。花き部会での切り花ひまわり栽培は今年で5年目を迎えます。色麻町では3名の生産者が連携して出荷規格等を定め,お互いに品種の選定等を協議しながら,高品質な切り花ひまわりの生産を目指し栽培に取り組んでいます。
 検討会には3名の生産者とJA,(株)仙花,(株)サカタのタネから各担当者が参加し,ほ場を巡回しながら現在の生育状況を確認しました。今後の栽培管理や市場で求められる品質等多くの質問が出され,生産者間で情報を共有することができました。今年の出荷開始を間近に控え,決意を新たにしたようです。
 普及センターでは今後も,花き産地の育成を継続して支援していきます。



<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班 
 TEL:0229−91−0726,0727   FAX:0229−23−0910

この記事をはてなブックマークに追加

ミニトマト生産のジャンプアップ〜仙台東部の新設法人でミニトマト“アンジェレ”の定植を行いました。〜

2016年05月19日 16時20分27秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援
 仙台市若林区荒浜地区にある農事組合法人せんだいあらはま(H27.1法人化)では,復旧した津波被災農地において土地利用型作物(水稲,大豆,大麦)プラス園芸作物(ミニトマト,枝豆,ネギ等)による経営を展開しています。その中でミニトマトは10アール栽培しており,出荷量は年々増加し,経営の柱の一つとなっています。
 当組合では,5月16日に,水稲育苗後のパイプハウスにミニトマト“アンジェレ”の定植が行われました。
 この“アンジェレ”はJA全農のオリジナル品種で,果形はプラム形で裂果が少なく糖度が高いという特徴があります。昨年の栽培では8月の高温で開花数が減少し,需要期である9〜10月の出荷量が減少したことから,夏場の高温対策が課題となっています。
 普及センターでは,今年度,農業・園芸総合研究所と連携し,夏場のハウス内の環境改善について調査研究の実証ほを設置し,着果率向上による収量増加について法人と共に取り組んでいます。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8374
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

この記事をはてなブックマークに追加

緑肥ほ場で楽天カラーの花満開!

2016年05月17日 17時07分19秒 | ゝ蚕儚弯靴房茲蠢箸犒弍賃里琉蘋・支援
 登米管内では,昨年から複数の旧町域でマメ科緑肥によるダイズシストセンチュウ対策に取り組んでいます。対策緑肥の一種であるクリムゾンクローバーは,その名の通りのクリムゾン(深い赤)の美しい花を咲かせるため,ストロベリーキャンドルの名でガーデニングや鉢花にも使われている植物です。
 
 米山町のほ場では,昨年の11月にこのクリムゾンクローバーを約1ha播種しており,5月10日ごろから花が見ごろを迎えています。クリムゾンの花が一面に咲いたところは見ごたえがあり,思わず通りすがった人も振り返るほどです。(自動車の方は脇見運転しないでくださいね!)

 せっかくの花ですが,種をつけると雑草化してしまうため,月末には地上部を刈り取って畑へのすき込みを行う予定です。10日〜2週間の分解期間をおいて大豆を播種し,大豆の生育やセンチュウ害の発生状況等を調査していきます。



<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522

この記事をはてなブックマークに追加

そらまめの現地検討会が開催されました

2016年05月17日 11時15分45秒 | 0汰瓦念多瓦任る農畜産物生産経営体支援
 平成28年4月28日,JAいしのまき稲井地区園芸生産組合の平成28年度産そらまめ現地検討会が開催され,生産者等14名が参加しました。
 生産ほ場は石巻市水沼・沼津地区で,雨が降る中の検討会でしたが参加者は積極的に意見交換をしていました。
 11月上旬頃に定植した秋まきのそらまめは,春先の気温が高く推移したため,生育がやや早い傾向でした。一部のほ場では赤色斑点病等の初期症状も見られたため,早期防除を指導しました。また,今回の調査ではアブラムシ類の発生は確認されませんでしたが,ウイルス媒介性の害虫であるため今後も引き続き注意が必要です。
 また近年,シカの被害が多いとの意見があり,網等を張って対策をしていますが,鳥獣害対策講習会の開催要望もありました。
 6月上旬から収穫が始まる予定であり,普及センターでは収量・品質の向上に向け,引き続き支援していきます。

そらまめ生育状況(4月28日現在)

この記事をはてなブックマークに追加

春まきタマネギを定植しました

2016年05月13日 19時25分15秒 | ッ楼菁清箸鮖戮┐訝瓦ぜ蠅粒諒欅蘋支援

 4月18日に川崎町で春まきタマネギの定植作業を行いました。

 従来,タマネギは10月中旬から11月上旬に定植し6月頃に収穫する,秋まき栽培が行われていますが,今回行った春まき栽培は,7月下旬から8月上旬にかけて収穫する作型になります。この時期は,国内では新タマネギが品薄となるため需要が高くなります。また,秋まきタマネギは在ほ期間が長いため組み合わせる作物が限定されますが,春まきタマネギは在ほ期間が短いといったメリットもあります。そのため普及センターでは,春まきタマネギの展示ほ場を設置し,地域的な拡大と定着を図っているところです。

 今後とも,農業・園芸総合研究所やJAみやぎ仙南等の関係機関と連携しながら,春まきタマネギ栽培の定着と機械体系の導入支援をしていきます。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
       TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

この記事をはてなブックマークに追加

酪農ガールズ通常総会・酪農講習会が開催されました

2016年05月13日 15時23分47秒 | ッ楼菁清箸鮖戮┐訝瓦ぜ蠅粒諒欅蘋支援

 「酪農ガールズ」は,「賢く魅力的な酪農女性」を目指し,大河原普及センター管内にある酪農家の女性後継者や酪農家に嫁いで就農した女性たちによって平成22年に結成されました。現在21名の会員が,酪農に関する知識・技術の習得や女子力アップのためのカルチャーコーナー等,様々な活動に取り組んでいます。
 平成28年4月27日,通常総会と併せて外部講師を招き酪農講習会が開催されました。今回の講習会は「哺乳子牛のマネジメント」と題して,発育ステージ毎の管理方法や子牛の免疫に関すること等を学びました。子牛の哺乳を担当しているメンバーが多いこともあり,様々な意見や質問が飛び交い,とても有意義な講習会となりました。

普及センターでは酪農ガールズメンバーと共に,会の運営がより活発となるよう支援していきます。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 先進技術第一班
TEL. 0224-53-3496 FAX. 0224-53-3138

この記事をはてなブックマークに追加

「なとり春まつり」で名取の花を販売しました

2016年05月12日 17時32分14秒 | ▲▲哀螢咼献優昂弍賃里琉蘋・支援
 平成28年4月9日(土),「なとり春まつり」が開催され,名取市花卉生産組合では組合員が生産したカーネーションやばら等で作ったブーケスタイルの花束とフラワーアレンジメント商品を販売しました。
 これまで亘理農業改良普及センターでは,東日本大震災からの早期の復興と収益性の高い花き経営を実現するために,平成24年度から「花き6次産業化講習会」を開催してきました。この講習会の受講者が,今回,商品作成に参加した組合員の大半であったことから,ラッピング方法,色合わせや葉物の使い方を工夫することで消費者から好まれる商品を作ることができました。また,あわせて名取のカーネーションは品種が豊富であることの理解を深めるため,品種紹介のパネル展示を行い解説しました。
 春まつりでは,可愛らしくラッピングされたミニブーケやアレンジ商品が大変好評で,準備した110個は完売し,販売を担当した組合員の女性の方々も手応えを感じており,今後の展開が期待されます。
 普及センターでは,今後も組合で生産された花を用いた商品作り等の技術向上を支援していきます。

 <連絡先>
 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143





この記事をはてなブックマークに追加