宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

ライフプランの必要性を実感しました!

2017年01月12日 16時06分54秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 当普及センターでは20代から45才位の若手女性農業者を対象として、女性農業者ステップアップ講座(4回)を11月から開催しています。
 第2回は12月9日に「家族のためのライフプランづくり」と題し、女性を対象にわかりやすいお話で定評のあるファイナンシャル・プランナーの田中美和子氏をお招きました。
 難しい数字の話が中心かと身構えていましたが、場の雰囲気作りとして、チームや個人でクイズを解きながら話が展開し、具体例も多く取り入れていただいたため、賑やかで笑いのある講座となり、自然とライフプランの必要性を実感することが出来ました。
 参加者からは、「家の中でお金の話は言いづらいが、やはり子供のこと、老後のことを考えるとライフプランは必要だと感じました。夫婦で話し合って将来の設計を考えるきっかけになりました。ぜひ、しっかりライフプランを作りたいです。」と言う感想をいただきました。

宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班

電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522


この記事をはてなブックマークに追加

「牛乳料理」と干支(えと)(酉(とり))の置物でますます元気です!

2017年01月12日 16時04分00秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 登米地域で農村生活に関する研究を重ねる「登米地区生活研究グループ」と、農業経営をリードしている女性農業者組織「アグリレディーズネットとめ」が合同研修会を開催しました。
  午前中は、「登米地区生活研究グループ」が主催で(株)明治の中屋栄養士から今話題の「ロコモ対策」のお話と乳製品を使用した中華料理3種類を学びました。乳製品を積極的に料理に取り入れることで、「ロコモ対策」も可能と聞き、熱心に調理に取り組みました。
  午後は、「アグリレディーズネットとめ」の主催で「会員による手(て)業(わざ)講習会」として、近藤氏を講師に「布で作る干支(えと)(酉(とり))の置物」を手縫いしました。参加者はみんな真剣な表情で手元に集中し、情報交換をしながら置物を3時間で完成させ、体も心も充実した1日となりました。

宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522


この記事をはてなブックマークに追加

若手女性農業者が先輩農業者から学び、色々な発見をしました!

2017年01月12日 15時58分19秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 当普及センターでは20代から40代の若手女性農業者を対象として、女性農業者ステップアップ講座(4回)を11月から開催しています。
 第1回は、「得意分野で活躍する女性農業者のお話を聞こう」をテーマに大崎市内で活躍する2人の女性農業者の取組を学びました。
 米粉のシフォンケーキづくりに取り組む「ファーム高順」の高橋氏からは、加工場建設や商品開発までの経緯を聞き、自家産米の良さを活かした加工への思いや忙しい中でも加工に取り組む時間の使い方について学ぶことが出来ました。
 デリシャスファーム(株)のファームカフェでは、吉村氏より会社の概要と経営内容について説明を受けた後、参加者と意見交換を行いました。
 商品開発は、味が良いのは当たり前、見た目、パッケージが良くないと購入されない、専門家をうまく利用するといった割り切りが必要。6次産業化は一次生産という基盤の上に成り立っているという現実的な話も聞くことができました。
 参加者からは取り組んでいる部門は違うが、活き活きと働いている女性を見て頑張ろうと思った、色々な勉強が出来て良かった、という感想をいただきました。

宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522


この記事をはてなブックマークに追加

名取のセリが出荷最盛期を迎えています

2017年01月11日 12時00分38秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  名取のセリが,出荷最盛期を迎えています。亘理普及センター管内のJA名取岩沼には,上余田芹出荷組合と下余田芹出荷組合の二つの出荷組合があり,約16haでセリを栽培しています。今出荷されているセリは,セリ田で春から夏にかけて増殖した苗を秋に植え付け,育ててきたものです。組合では,品質の良いセリを消費者に届けるために,種ゼリ養成時期や収穫前に巡回調査を行い,出荷時にはすべての箱を開けて検査員による厳しい検査を行っています。

  セリの主な出荷時期は9月から4月で,1~2月が全体の約4割となり最も出荷量が多い「旬」となっています。お雑煮や七草がゆなど,お正月にはかかせないセリですが,最近では鍋物需要も多くなっており,爽やかな香りと味,シャキッとした歯ごたえを生かした「セリ鍋」をはじめ「セリご飯」や「かき揚げ」など,どんな料理にも調和する食材です。生産者が丹精込めて育てたセリを楽しみながら,伝統の味に加えて新しい味を見つけてみてはいかがでしょうか。

   

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度「地域の美味しい新商品開発コンテスト」を開催しました!

2017年01月05日 17時14分18秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 普及センターでは,女性農業者の農産物加工等の起業活動を支援するため,昨年に引き続き,㈱ライフサポートわたりとの共催により12月9日,JAみやぎ亘理会議室を会場に「地域の美味しい新商品コンテスト」を開催しました。
 コンテストの対象者は,亘理山元地域に在住の女性農業者もしくは女性個人事業者で,おおくまふれあいセンターに出荷している方,及び今後出荷に意欲的である方で,応募条件は,既存の商品とは異なり,新しい地域食材,加工方法,デザインであることとしました。
 昨年同様,消費者に「いいね!」と言ってもらえる商品を作ることを心がけ,商品コンセプトやターゲットを明確にすることとしました。今年の応募は7人13商品で,農産物を活用したジャム,ゼリー,漬物,調味料等が出品されました。
 審査はフードコーディネーターや消費者生活相談員等の有識者で行われ,試食しながらパッケージやラベルのデザインなど,消費者の視点を基準に評価しました。
 審査の結果,最優秀賞には,亘理町テイルサイド社横尾裕子さんの「フレーバーオイル(ゆず)」が,優秀賞には山元町やまうち農園山内裕美さんの「いちじくソース」と亘理町スローフードYOKO清野容子さんの「小玉ねぎのピクルス」が選ばれました。受賞された商品はいずれもコンセプトやターゲットが明確で,味も美味しい!という評価でした。
 今回,応募された商品は,今後,おおくまふれあいセンター等で販売する予定です。普及センターでは,これからも女性農業者の意欲的な取組みを支援します。


この記事をはてなブックマークに追加

奥松島地域営農再開実証プロジェクト収穫報告会が開催されました。

2017年01月05日 17時04分13秒 | ②津波被災地域の営農確立支援

 平成28年12月27日に東松島市野蒜市民センターにおいて,地元代表者や各関係機関の約50名が出席し,奥松島地域営農再開実証プロジェクト(事務局:東松島市農林水産課)の収穫報告会が行われました。当プロジェクトは平成26年度に立ち上がり,東日本大震災により壊滅的な被害を受けた奥松島地域において,地域農業への意欲と将来への希望を持つために,農地の復旧事業と並行して地下水位のモニタリングや試験ほ場を設置し,塩害等の課題を抽出し対策を検討してきました。
 当地域では,震災前から営農している「農事組合法人宮戸干拓宮戸生産組合」,震災後平成27年に設立した「農事組合法人奥松島グリーンファーム」と「奥松島果樹生産組合いちじくの里」の3組織が中心的な担い手となり,平成28年度から本格的な営農再開を迎えています。
 報告会では,洲崎東名地区を担う奥松島グリーンファームの山本さんから「6年ぶりの収穫を無事に迎えることができ,収量も豊作だったことから喜びもひとしおである。」,また,宮戸地区でイチジクやモモ等を栽培する果樹組合の櫻井さんからは,「果樹生産の場であるととともに菜の花やモモの花が咲く頃には,花見に沢山の人が訪れ,宮戸が賑わうことを期待したい。」とのあいさつでした。
 なお,当日は地元JA女性部の協力により,復旧農地で栽培されたごはんやイチジクの甘露煮等の試食会も行われ,本格的に営農再開できた喜びをかみしめていました。

 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-1435  FAX:0225-95-2999


この記事をはてなブックマークに追加

お歳暮ギフトが販売されています ~わたりかあちゃんの味2016~

2017年01月05日 17時02分36秒 | ⑨農村地域の振興に向けた取組支援

 亘理町農産加工推進協議会では,毎年12月からお歳暮ギフトとして,会員が自ら製造している農産加工品をセットにして販売しています。
 会では,昨年よりギフトの詰合せ内容及びパンフレットの見直しを検討してきました。宮城県の事業を活用し,デザイナーの遠藤和紀氏から助言いただきながら,ギフト商品のこだわりや作り手の想い,お客様へのメッセージを添えることとしました。
 また,従来,主体であるジャムなど瓶詰め商品は,生産者によって瓶の形状やデザインが異なっていました。今年はギフトとして瓶の形状とデザインを統一し,内容量も200gから140gと消費しやすい量に変更して,商品の種類を多くしました。
 ギフトは3種類となっており,瓶詰め3種セット(1,500円)のほか,詰合せセット2種(種類が異なる瓶詰め4種,りんごジュース,ピクルス,調合油,各3,400円)があります。瓶詰めには,ジャム(いちご,りんご,キウイ,にんじん)の他,いちじく甘露煮,ブルーベリーコンポート,ゆずマーマレードがあります。 商品ラベルに生産者の顔写真と商品特徴を記載するとともに,感謝の気持ちを伝えたパンフレットを同封しています。
 販売は,JAみやぎ亘理の直売所「おおくまふれあいセンター」で1月まで期間限定で販売しています。大切な方へ亘理の美味しさがぎゅっと詰まったギフトを贈ってみませんか?

 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


この記事をはてなブックマークに追加

企業との連携で,新たないちごのお菓子ができました!

2017年01月05日 13時49分49秒 | ④競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 亘理農業改良普及センターでは,企業と連携した商品開発を支援しています。この度,株式会社コロンバンから「地元商品の開発をとおして復興を支援したい」との相談を受け,亘理町の株式会社和苺(なごみいちご)のいちごピューレと山元町の山元いちご農園株式会社のいちごパウダーを紹介しました。その結果,いちごのお菓子「仙台のいちご焼きショコラ」が販売される運びとなりました。

 和苺と山元いちご農園は,両社とも自社で加工施設を所有しており,収穫したいちごを生のままピューレやパウダーに加工するため,いちごの風味が強いことが特徴です。また,ピューレは冷凍保存に,パウダーは乾燥剤を入れて乾燥保存することで年間を通して供給できることや,流通時の包装形態を相手先の要望に応じて調製できる体制があり,それらが採用される理由となりました。

 「いちごの風味が強く,粒々感もあって美味しい!」商品となったことから,開発・販売に関係した方々は,発売を前にして知事表敬を行いました。

 「仙台のいちご焼きショコラ」は平成28年12月23日より,JR仙台駅等で販売されています。地域限定の商品となっていますので,地元発商品としてご賞味ください。

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

 


この記事をはてなブックマークに追加

女性農業者がチラシやポップの作成方法について学びました

2017年01月05日 09時45分48秒 | ⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保

<チラシやポップを作成する参加者>

  平成28年12月20日(火)に,栗原合同庁舎で,管内女性農業者がチラシやポップ,商品パッケージのデザインについて学ぶ講習会を開催しました。講師には,栗原市一迫にある「風の沢ミュージアム」学芸員の土屋麻美氏をお招きし,講話をいただきました。

  講習会には栗原市内の女性農業者8名が参加し,チラシやポップ作成のポイントなどについて学んだあと,講師にアドバイスをいただきながら,実際に作成してみました。作成する際,事前に「どんな人に伝えたいか」や「どんなものだと思ってもらいたいか」などを書き出し,整理することや,完成したら周りの人に見てもらい,意見をもらうことが大切とのお話でした。

  参加者からは,「チラシを作り始める前に準備があるということを知り,勉強になった」,「他の参加者とアイディアを共有できてよかった」という声が聞かれました。

 今後も普及センターでは女性農業者の資質向上に向けた講習会を行う予定です。アグリビジネスに興味のある方や,女性農業者同士の交流を広げたい方の参加をお待ちしています。

<連絡先>

宮城県栗原農業改良普及センター 班名 地域農業班    

TEL:0228-22-9040       FAX:0228-22-5795・6144


この記事をはてなブックマークに追加

栗駒地区の認定農業者が地域農業を支える経営事例について学びました

2017年01月05日 08時34分32秒 | ⑦地域農業を支える意欲の高い担い手確保

    平成28年12月14日(水)に栗原市栗駒総合支所で,栗原市認定農業者協議会栗駒支部主催の勉強会が開催されました。
    栗駒地区の認定農業者が,地域に根ざした個別経営や組織経営の事例等を学び,今後の経営改善や認定農業者間の話し合いに繋げていくことをねらいとして,水田稲作における担い手問題などをテーマに普及センターから情報提供を行いました。
    兼業農家の急激な減少に伴う稲作生産システム弱体化の現状,家族経営を基本に置いた一戸一法人での農業経営の持続性確保や経営管理の強化等の必要性を参加者に問題提起するとともに,他県での個別または組織経営体での法人化事例を紹介しました。
    参加者からは「大規模経営体に任せるだけでなく,農地の維持管理を主目的に小農の集まりで持続していく方向もある」「認定農業者として一層意識を高め経営改善に努める必要がある」など,活発な意見が出され,将来の地域農業の姿を真剣に考える機会となりました。
    栗原市内の認定農業者等の経営改善や地域農業の課題解決に向けて,今後も関係機関とともに支援し,フォローアップしていく予定です。

<勉強会の様子>

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班 
TEL:0228-22-9404 FAX:0228-22-5795・6144


この記事をはてなブックマークに追加