宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JAみやぎ登米りんご生産部会 せん定講習会,防除暦検討会等を開催

2018年02月22日 15時54分39秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
去る平成30年2月9日,JAみやぎ登米りんご生産部会会員20名を対象に,せん定講習会,防除暦検討会を開催しました。今回は,毎年行っているこれら検討会の他に,ジョイント栽培を実施している園地での現地検討会と,栽培勉強会を開催しました。

せん定講習会では,宮城県農業・園芸総合研究所園芸栽培部果樹チームより大沼上席主任研究員,柴田研究員,髙田技師の3名の講師を招き,平成29年の気象と生産状況を振り返りながら,今年のせん定における留意点を指導いただきました。
その後,平成29年春にジョイント栽培を導入した園地を巡回し,生育状況を参加者全員で確認しました。引き続き3名の講師からジョイント時に使用したタックの細やかな調整が必要なことや,今後の新梢の取り扱い方法について指導を受けました。

午後からは,平成29年産りんごの成績と病害虫の発生状況を踏まえ,平成30年産の防除暦について検討したのち,平成27年度から29年度まで普及指導員が調査研究した「りんご,ふじにおける斜形果発生要因の解明」について,実績を紹介しました。調査結果から,これまでの通説に疑問を投げかける結果やジョイント栽培の有効性も示唆され,参加者からはもっと研究を進めて欲しいとの声も出ました。



<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 
宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電 話:0220-22-6127 
FAX:0220-22-7522

この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度亘理名取りんごせん定講習会が開催されました

2018年02月22日 08時25分17秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
平成30年1月19日,亘理農業改良普及センター管内のりんご生産者組織で構成されている亘理名取果樹振興協議会の主催で,平成29年度亘理名取りんごせん定講習会が開催されました。
管内のりんご生産者36名の参加があり,宮城県農業・園芸総合研究所園芸栽培部果樹チーム職員を講師に迎え,「マルバカイドウ台ふじ」と「M.26台ふじ」を対象にせん定実習が行われました。
最初に「マルバカイドウ台ふじ」成木樹を対象として,枝の重なり解消や日当たり改善などを念頭に,ポイントを講師に解説いただきながらせん定実技を行いました。
次に,一昨年から参加組織ごとに実技している「M.26台ふじ」各1樹のせん定を行い,その後に講師から講評をいただきました。
これから春までの間,各園地でせん定作業が行われますが,今回の講習会を参考に高品質なりんご果実生産に努めていくよう,参加者各自が認識を新たにしていました。

<連絡先>
宮城県亘理農業改良普及センター先進技術班
TEL:0223-34-1141,FAX:0223-34-1143

この記事をはてなブックマークに追加

札幌にて「みやぎフェア」が開催されました

2018年02月08日 14時41分45秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 宮城県産の秋冬野菜は近年札幌圏で需要が高まっており,宮城県園芸作物ブランド協議会では,産地の顔の見える取組として札幌市内店舗にて試食販売会を行い,葉物類の販売推進を図っているところです。今年は県内6つのJAが参加し,1月18~19日にかけて札幌駅の駅ビル,イオン,コープさっぽろ等でみやぎフェアが開催されました。
 管内からは,JAあさひなから曲がりねぎ,JA仙台から松島トマト,ちぢみゆきな,曲がりねぎ,春菊の販売がありました。仙台普及センターからも参加し,店頭で曲がりねぎのバター焼きの試食提供を行ったところ,消費者からは柔らかくて美味しいとの声が多く,食べ方への関心も高いようでした。
 また,札幌市場においても試食PRイベントが開催され,産地代表者挨拶の後,市場関係者を対象に曲がりねぎとちぢみゆきなのスープ,ちぢみほうれんそうのお浸し及びいちごの試食提供があり,好評を博していました。
 2日間を通じて宮城県産野菜のPRや札幌市場との意見交換を行い,消費促進につながるイベントとなりました。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8410
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加

りんご栽培研修会

2018年02月07日 09時16分09秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
加美郡りんご協議会は加美町と色麻町のリンゴ生産者15名からなる団体で,毎年,現地検討会や先進地視察研修会,冬の栽培研修会等の開催を通じて,高品質なりんごを生産するため技術の向上を図っています。
 1月26日には今年度3回目の集合研修となるりんご栽培研修会を開催しました。
 午前中は加美町の生産者ほ場においてせん定の検討を行いました。午後からは色麻町の伝習館に場所を移し普及センターから今年度の生育概要と気象,平成30年産防除暦の検討,本県に適した有望品種の紹介,土壌診断の結果と対策等について説明しました。また,宮城県農業共済組合六の国支所職員から平成31年に開始する収入保険制度の概要の説明,滋賀県のメーカーの方からは最近管内で問題となっている鳥獣害対策機材の紹介がありました。
 当日は朝から吹雪という荒れた天候となりましたが,参加した12名の生産者にとっては平成30年産りんごの生産に向けてよい情報収集の機会となりました。
普及センターでは,今後も加美郡産りんごの品質がより向上するよう支援していきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター 
地域農業班
 TEL:0229-91-0726   
 FAX:0229-23-0910

この記事をはてなブックマークに追加

栗原市のりんご園主たちがせん定研修会を開催しました!

2018年02月05日 13時25分13秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
<せん定研修会の様子>
 平成30年1月10日に栗原市金成末野で,栗原市果樹連絡協議会主催のりんごせん定研修会が開催されました。
 りんご園主が他園のせん定事例を見ることで,収量を確保し果実着色等の品質を高めるための樹形や枝の配置について考えることが研修会の目的です。
 当日はときどき雪が舞う寒い日でしたが,会場となった末野地区の千田祥三氏園には,市内の各地区から21人が参集しました。
 普及指導員が長柄のこぎりを持ってせん定実技指導を行い,見本樹の樹冠全体に日射を当てるために,また,結果枝を早めに更新するためにどの枝を切るかを問いかけながら進めましたが,講師も参加者も立ち止まり,共に解答を考えながら議論を交わす場面もありました。
 前年は夏の日照が少なく気温が低い気象経過でしたが,次年度の収量に影響する花芽は十分な数が付いており,これから本番に入るせん定作業の励みになりそうです。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進農業班   
TEL:0228-22-9437       FAX:0228-22-5795・6144

この記事をはてなブックマークに追加

鹿島台の(有)マルセンファームがJGAP認証(トマト,ホウレンソウ)を取得!

2018年01月24日 15時30分51秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは,農産物の安全や環境の保全,労働の安全を確保し,より良い農業生産を実現する取組のことです。ほ場や施設の整理整頓,栽培管理・在庫管理等の記録を日々行い,定期的に確認することで課題を見つけ改善していく取組で,品質向上だけではなく役割分担の明確化や業務改善などの様々な効果が期待されています。
 平成30年1月8日に,大崎市鹿島台地域の有限会社マルセンファームがトマトおよびホウレンソウでのJGAP認証を取得しました。同社ではJGAP導入のため,コンサルタントによる専門家派遣を活用し,現状把握等を行いました。普及センターでは,JGAP認証取得に必要な書類作成等について重点的に支援してきました。
 管内における第三者認証GAPの認証取得経営体数は2経営体となり,今後とも支援を行っていきますので,関心のある方はご連絡ください。


JGAP認証取得後の農薬保管庫


<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター   TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225

この記事をはてなブックマークに追加

富谷市ブルーベリー生産組合栽培現地検討会が開催されました

2018年01月17日 18時48分48秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 富谷市では約4.5haのブルーベリーが栽培されており,市の特産品となっています。
 農業者28人で組織する富谷市ブルーベリー生産組合では,高品質なブルーベリー生産を目的に毎年現地検討会や視察研修会などを開催しています。平成30年1月14日に,栽培現地検討会が開催され,最新のかん水技術や若木(1~2年目)のせん定方法について学びました。
 かん水技術については,普及センターが講師となり,今年度農業・園芸総合研究所と連携して取り組んだ自動かん水装置の現地試験の概要について説明しました。その結果から,多くの新梢発生を促すために,春先のかん水を徹底するよう指導しました。
 また,1~2年目のせん定については,域特産物マイスター(ブルーベリー)の佐藤氏がメイン講師となり,早く骨格を作るために余計な花芽や小枝を着生させないこと,新梢伸長を旺盛にさせることをポイントに実演が行われました。加えて,普及センターからは,夏季の管理や土壌管理による主軸枝候補枝の育成ポイントについて指導を行いました。
 生育期間中のかん水や冬季のせん定は,ブルーベリー栽培にはとても大事な作業であり,参加した生産者は真剣に受講していました。
   

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8410
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加

復旧農地の土壌物理性の改良に関する現地検討会を開催しました

2017年12月28日 17時25分43秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
震災後,管内では復旧農地を活用したねぎ栽培が行われていますが,一部では水はけが悪いために適期作業ができなかったり,湿害でねぎがうまく育たない等の問題が生じています。
そこで,11月28日に,湿害が発生しているねぎ畑の土壌断面調査を行うとともに,改良方法について検討するため現地検討会を開催しました。
土壌断面調査では,作土に使われている土は保肥力と水はけが比較的良く客土材として適当であったことや,作土の下にある石混じりの重粘質土が不透水層となり湿害を引き起こしていることなどが明らかになり,アドバイザーとして参加していただいた前日本土壌肥料学会副会長の安西徹郎氏からは,水はけを改善し作物の根域を広げるためのいくつかの提案をいただきました。
今後は,ねぎの生産性を向上させるため,提案していただいた改善策の実践に向けて,関係機関と協力して取り組んでいきます。


<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班・先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8068・8069 FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加

南三陸農協花卉生産協議会によるキク親株ほ場巡回が行われました

2017年12月28日 17時22分06秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
平成29年12月15日,南三陸農協花卉生産協議会主催のキク親株ほ場巡回が開催され,生産者7名が参加しました。
最初に南三陸町志津川字田尻畑に今年11月に完成した苗生産用ハウスを巡回し,次に大船沢2軒,戸倉1軒を巡回しました。各ほ場で親株伏せ込み状況や,病害虫発生状況を確認しました。親株の伏せこみは11月下旬までに終わっていることが望ましく,多くのほ場で終了していました。病害虫に関しては,一部で白さび病やスリップスが見られました。
苗半作というように,苗作りで次作の作柄が決まります。特に白さび病やハダニ類は親株から次作に持ち込まれることが多いため,病害虫に侵されていない株を親株とすることや,親株防除が重要であることを改めて認識していました。
生産者の間では,古いべたがけ資材をハウスの隙間風対策に使用するなどの工夫や,使用農薬の話も聞かれ,情報交換の場ともなりました。

<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8069 FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加

第5回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議を開催しました。

2017年12月26日 14時03分52秒 | ③先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 平成29年12月21日に宮城県気仙沼合同庁舎において,第5回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部会議が開催されました。宮城県米づくり推進気仙沼本部では,気仙沼・本吉地方の行政及び農業関係機関・団体が米づくりを推進するため,管内における水稲の生産振興に関わる業務や栽培技術指導を行っています。
 本年は,7月中旬から8月中旬にかけ低温・日照不足で経過し,水稲の作柄・品質への影響が懸念されましたが,関係機関の情報共有・発信や農家の皆さんの努力により,前年並みの米の品質を確保することができました。
 本会議ではまず今年の作柄について振り返り,次年度へ向けた対策を話し合いました。会議のなかでは,食味向上のための土づくり,来年本格デビューとなる「だて正夢」の栽培,雑草防除などについて話し合われました。
 農家の所得向上のための省力・低コスト稲作の推進が求められていますが,来年度,宮城県米づくり推進気仙沼地方本部では関係機関と連携し,疎植栽培等の省力・低コスト栽培管理技術の現地実演会の開催を予定しています。

<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8069 FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加