宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

いちご産地のさらなる復興へ ~いちご栽培講習会を開催しました~

2014年10月31日 16時41分34秒 | ②津波被災地域の営農確立支援


 平成26年10月6日と7日の2日間,亘理町,山元町のいちご生産者を対象にいちご栽培講習会を開催しました。

 震災後に建設されたいちご団地では,平成27年産から新たに山元町で栽培を開始した16名を加え,生産者は151名となりました。9月上旬からは定植が始まり,その後,生育も順調にすすんだことから,無事に収穫時期を迎えています。

 今回の講習会では,農薬メーカーであるアリスタライフサイエンス(株)から,ハダニ類防除の一つとして天敵を利用した防除と受粉用のマルハナバチの効果的な利用方法について,説明を受けました。近年,ハダニ類の農薬に対する抵抗性が問題となっていることから,化学農薬の防除に加え,ハダニ類を捕食する天敵などを上手に活用する防除が必要とされています。また,受粉については,これまでの主流であるミツバチに加えて,マルハナバチを利用する生産者が増えていることから,マルハナバチの上手な利用方法についても説明をいただきました。さらに,当普及センターからは,これまでの生育状況をふまえた今後の肥培管理や温度管理について説明を行いました。研修会には多くの生産者が参加し,熱心に講習を聞き,メモをとるなどの姿が見られました。

 
 普及センターでは今後も,いちご産地のさらなる復興へ向け,生産者への支援を継続的に行っていきます。

 
 亘理農業改良普及センター 先進技術班
 <TEL:0223-34-1141> <FAX:0223-34-1143>
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまねぎ畝成形機・移植機実演会... | トップ | 「こだわりの農産加工品を作ろう... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む