保健福祉の現場から

感じるままに

13都県で感染性胃腸炎警報レベル

2016年12月20日 | Weblog
朝日新聞「感染性胃腸炎の患者数が4年前の大流行時の水準に」(http://www.asahi.com/articles/ASJDN3Q49JDNUBQU006.html?iref=com_apitop)。<以下引用>
<国立感染症研究所は20日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が直近の1週間(12月5~11日)で、1医療機関あたり19・45人だったと発表した。前週の17・37人からの伸びは小さいが、今季も含めた過去10シーズンで最も流行した2012年のピーク時(19・62人)に迫る水準。専門家は、こまめな手洗いや嘔吐(おうと)物などの適切な処理を呼びかけている。感染研によると、全国約3千カ所の小児科など定点医療機関から報告された患者数は、11日までの1週間では6万1547人で、前週を6671人上回った。1医療機関あたりだと、19・45人と昨季のピーク時の2倍ほどで、猛威がなお続いている。最近では06年に22・81人だった週がある。直近1週間の1医療機関あたりの患者数を都道府県別にみると、山形が45・37人と最多で、宮城41・44人、埼玉30・89人、東京27・24人、三重26・18人、宮崎26・03人、福井25・23人、神奈川24・75人、兵庫23・51人、千葉22・88人、富山20・93人、静岡20・92人、愛知20・52人。13都県で、警報レベルとされる20人を上回った。今シーズンでこれまでに検出されたノロウイルスの大半は、近年流行していなかったタイプ。免疫がない子どもがかかりやすいとみられ、各地の幼稚園や保育所、小学校などで集団感染が相次ぎ、学級閉鎖や休校も出ている。>
 
朝日新聞「保育所や小学校で87人が感染性胃腸炎 山梨県」(http://www.asahi.com/articles/ASJDN3K4GJDNUBQU004.html?iref=com_apitop)のようなことは各地で発生しているであろう。ノロウイルス(http://noro-virus.jp/)対策は、感染症対策(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/norovirus/)として、改訂「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」(http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/tp0628-1/)や「改訂版)保育所における感染症対策ガイドライン」(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf)でもウエイトが高い。「改訂版)保育所における感染症対策ガイドライン」(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf)p30では、「嘔吐・下痢等の症状が治まり、普段の食事ができるまで登園を避けるよう保護者に依頼します。」とあるが、核家族化の中で、大きな負担を感じる保護者は少なくないであろう。それぞれの地域における病児保育(http://www.byoujihoiku.net/)の実態を把握しておきたい。勤務女性にとって、病児保育は重要であろう。社会保障審議会児童部会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126709)の資料「地域子ども・子育て支援事業 の実施状況について」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000097295_1.pdf)p13「病児保育事業」をみれば大きな取り組み格差がある。昨年4月、キャリアブレイン「准看護師、保育士として算定可能に- 厚労省、小児保健など研修受講も要望」(http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45478.html)が出ていた。また、食中毒対策(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html)として、通知「ノロウイルスによる食中毒の予防及び調査について」(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000143826.pdf)は理解したい。そういえば、食品中の食中毒菌汚染実態調査(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/01.html)では、以前、「かき(生食用)」の細菌調査がされていた(http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/060317-1b.pdf)が、国立感染症研究所感染症情報センターの以前の報告「市販生食用カキのノロウイルス汚染状況」(http://idsc.nih.go.jp/iasr/24/286/dj2867.html)で「12~3月採取の生食用カキの23/173(13%)からノロウイルスが検出された。この時期は生食用カキによる食中毒事例が多発しており、食中毒事例の発生とカキのノロウイルス汚染との関連性が強く示唆された。」が出ていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総合事業と情報公開 | トップ | Hファイルと病床機能報告の行方 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。