勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

クロニクル / Chronicle

2013年09月27日 | 洋画(アメリカ系)
高校生の三人組が、ふとした事から特殊能力を身につけてしまい、自分に身についた特殊能力に戸惑い、翻弄されるさまを描く。

ビデオブログをアンドリューが撮影していると言う設定から、映像がハンディカメラで撮ったような雰囲気になっています。映画というより、実際に起きた出来事の記録(まさにクロニクル)と言う設定ですね。そういう観点では、『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『SUPER8/スーパーエイト』に似た感じになっています。

普段おとなしいやつを怒らせると怖いということの典型でしょうか。アンドリューが、最後に切れてしまいます。って言うか、その端々で、アンドリューがかなり危険な伏線は有るんですが、最後に行くところまで行ってしまいました。例えが適切では無いかもしれませんが、宝くじの高額当選者には、その後の人生を狂わせないように「その時の心得」みたいな冊子を渡されるそうです。これは、思いがけない出来事に対処できない人に対した配慮なわけですが、この作品の設定も“思いがけない出来事”な訳ですから、「その時の心得」の様なカウンセリングが必要だったのかもしれませんね。それがあれば、アンドリューも人生狂わなかったかも。

“オトクロニクル”キャンペーンを実施していて、1000円で見ることが出来ます。9月27日(金)からの2週間首都圏限定公開です。

タイトル クロニクル / 原題 Chronicle
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2012年/アメリカ
監督 ジョシュ・トランク
出演 デイン・デハーン(アンドリュー・デトマー)、アレックス・ラッセル(マット・ギャレティ)、マイケル・B・ジョーダン(スティーブ・モントゴメリー)、マイケル・ケリー(リチャード・デトマー/アンドリューの父)、アシュレイ・ヒンショウ(ケイシー・レター)

[2013/09/27]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリジウム / Elysium | トップ | スティーブ・ジョブズ1995 失わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「クロニクル」 (日々“是”精進! ver.F)
テレキネシス使い、現る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309270001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 新入荷...
クロニクル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Chronicle監督:ジョシュ・トランク出演:デイン・デハーン, アレックス・ラッセル, マイケル・B・ジョーダン, マイケル・ケリー
クロニクル (映画情報良いとこ撮り!)
クロニクル アンドリュー・マット・スティーヴは、パーティ会場の庭で巨大な穴を見つけた。 穴に入ると、彼らは、特殊能力を手に入れていたのだ。 この穴は? そして、退屈だった毎日が激変する。 超能力を使って、いろいろなことをしては楽しんだ。 あ...
クロニクル (to Heart)
原題 CHRONICLE 製作年度 2012年 上映時間 84分 映倫 PG12 脚本マックス・ランディス 監督ジョシュ・トランク 出演 デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず....
クロニクル (とりあえず、コメントです)
突然に超能力で物を自在に動かせるようになった高校生男子3人組の物語です。 サクッと観られる長さで期間限定なので、早く観なくてはとチャレンジして来ました。 特殊な能力を持ったために運命を狂わせて行く少年と、彼を救おうとする友人たちの姿に 切なさを感じるような...
「クロニクル」 (或る日の出来事)
「力」は使う人しだい。(なんにでも言えることだが。)
クロニクル/デイン・デハーン (カノンな日々)
超能力を手にした高校生たちが思いもよらぬ事態を引き起こす様子をファウンドフッテージ・スタイル(第三者が未編集素材を発見したというていのいわゆるモキュメンタリー)で描いた ...
クロニクル (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月11日(金) 19:10~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(特別料金) パンフレット:未確認 江田四朗とか高鳥慶輔。ただし邪淫無し。 『クロニクル』公式サイト 宇宙人の置物か何か知らないが、妙なものを触ったおかげでテレキネシス能力がついた高校生3人...
クロニクル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(10) 全米初登場1位のときから楽しみにしていた作品。
『クロニクル』を日劇3で観て、立派な青春映画だふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★前評判通り】 3人の高校生がサイコキネシスいわゆる念動力を手に入れ、 はしゃいだ末に身を滅ぼすまで。 クロニクルとは「記録」。 能力獲得前から後ま ...
クロニクル (だらだら無気力ブログ!)
やっべー、超オモシレー!
クロニクル~プラトンの洞窟=映画館!? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Chronicle。ジョシュ・トランク監督、デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ、アンナ・ウ ...
クロニクル (そーれりぽーと)
超能力に目覚めた青年たちの物語と言う事と、なんか予想外にヒットしたらしいという情報を聞いて楽しみにしていた『クロニクル』を観てきました。 ★★★★ そ、そういう映画だったのか?! まさに目からウロコな、観る前と観始め、観終わった後の印象が全く変わる映画で...
クロニクル (映画的・絵画的・音楽的)
 『クロニクル』を新宿のシネマカリテで見てきました。 (1)アメリカで大ヒットしたSF作品(2012年、84分)で、日本でも見た人の評判が高いようなので映画館に行ってきました。  高校生のアンドリューが主人公。  友達がいなくて一人で過ごす生活を、中古のビデオカメ...
クロニクル ★★★ (パピとママ映画のblog)
ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。キャストには、『欲望のバージニア』のデイン・デハーン、『...
クロニクル (gala)
クロニクル 原題:Chronicle 監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト クロニクル=記録映像ということらしい。 特殊能力を手にした高校...
クロニクル (銀幕大帝α)
CHRONICLE 2012年 アメリカ 84分 SF/アクション/青春 PG12 劇場公開(2013/09/27) 監督:ジョシュ・トランク 原案:ジョシュ・トランク 出演: デイン・デハーン:アンドリュー アレックス・ラッセル:マット マイケル・B・ジョーダン:スティーブ マイケ....
クロニクル (いやいやえん)
最初はあくまでも「遊び」の範疇で能力を使っていた彼らが、次第にその絶大な力に翻弄され、強くなったと思い込み(実際彼らは強くなったのだ)、能力を進化させていく。その過程は確かに「AKIRA」に似ている。結果
クロニクル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン 【解説】 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「...