勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ダンケルク / DUNKIRK

2017年09月10日 | 洋画(アメリカ系)
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。

ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像にしてきた、クリストファー・ノーラン監督が描いた現実世界の話。

現実世界を描いた作品でも、クリストファー・ノーラン監督の映像は、やっぱりすごかったです。元々CGが嫌いで、可能な限りセットを組んで、実際の映像として描き出すと言うポリシーを持った監督ですが、そのポリシーはこの作品でも健在。空中戦も実際の飛行機で撮影されており、CGとは違う本物の迫力を感じました。

作品は、陸(波止場の脱出兵)、海(救出船)、空(戦闘機)の視点で描かれているんですが、ぞれぞれの時間軸が、陸は一週間、海は一日、空は一時間と、全然違うスケールになっています。ですが、スクリーン映像で見てみると、時間軸の違いは全く意識することなく、上手く絡み合って見事な映像作品に仕上がっているんですねぇ。今回は、画面が回転したりはしませんが、時間が絡み合っていました(笑)。

実際の結末は歴史が語っている訳ですが、映像ではハラハラドキドキ。新しいクリストファー・ノーランを見た気がします。

タイトル ダンケルク / 原題 Dunkirk

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/アメリカ
監督 クリストファー・ノーラン
出演 フィオン・ホワイトヘッド(トミー/二等兵)、ジャック・ロウデン(コリンズ)、ハリー・スタイルズ(アレックス)、アナイリン・バーナード(ギブソン/無口な兵士)、ジェームズ・ダーシー(ウィナント陸軍大佐)、ケネス・ブラナー(ボルトン海軍中佐)、マーク・ライランス(ミスター・ドーソン/徴用船船長)、トム・グリン=カーニー(ピーター/ドーソンの息子)、バリー・コーガン(ジョージ/ピーターの友人)、キリアン・マーフィ(ドーソンに救助される英国兵)、ジャック・ロウデン(コリンズ/英軍戦闘機パイロット)、トム・ハーディ(ファリア/英軍戦闘機パイロット)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三度目の殺人 | トップ | あしたは最高のはじまり / De... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ダンケルク』 2017年8月23日 丸ノ内ピカデリー  (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ダンケルク』 を試写会で鑑賞しました。 上映前にクリストファー・ノーラン監督と山崎貴監督が登壇して山崎監督に ノーラン監督が教えてました。おかげで山崎監督の今後が楽し......
劇場鑑賞「ダンケルク」 (日々“是”精進! ver.F)
絶対、生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709090000/ 【輸入盤】ダンケルク [ ダンケルク ]
みんな生き抜く為に必死。『ダンケルク』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦でドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた大多数の連合軍兵士を救出する様子を描いた作品です。
ダンケルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(00) 噂通りの体感系アトラクション映画と言っていいかも。
ダンケルク (あーうぃ だにぇっと)
ダンケルク@ワーナーブラザース映画神谷町試写室
ダンケルクIMAX★★★・5 (パピとママ映画のblog)
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨッ......
「ダンケルク」:新たに「映画を発明」している凄さ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ダンケルク』が、ただただ凄かったです! 予告編を見て想像できる仕上がりの何
映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシ......
映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させら......
ダンケルク (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 イギリス&アメリカ&フランス  戦争  監督:クリストファー・ノーラン  出演
ダンケルク (♪HAVE A NICE DAY♪)
緊張感がず~~っと最後まで続いた。 台詞も少なく誰が主人公とかなかったように思う 一人一人の物語がないというか・・・ 大体は描かれてたりするけど・・・ 深い人間ドラマがな......
「ダンケルク」 (或る日の出来事)
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか?
ダンケルク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“We shall never surrender.” 鬼才クリストファー・ノーランの最新作は、10本目の監督作品にして自身初となる、実話ベースの異色の戦争ドラマだ。 第二次世界大戦初期、ドイツ軍の怒......
「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多......
『ダンケルク』 (こねたみっくす)
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない......
17-269「ダンケルク」(イギリス・アメリカ・フランス) (CINECHANが観た映画について)
いかなる犠牲を払おうとも  1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。  若き英国兵トミーが街中......
映画「ダンケルク」 (FREE TIME)
映画「ダンケルク」を鑑賞しました。
ダンケルク (花ごよみ)
監督はクリストファー・ノーラン。 英空軍のパイロット演じるトム・ハーディ、 若い兵士を演じるフィオン・ホワイトヘッド。 英海軍司令官にはケネスブラナー。 史上最大の救......
ダンケルク ~ 名もなき英雄たち (まぜごはん)
午前休みで映画はいい気分。 8時台スタートの映画とかもあって、半日がたっぷり有効に使えますね。 レディスデーの水曜日に「ダンケルク」観てきました。公式HP 1940年、連合......
■ダンケルク (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第436回「彼らしい作品だと賞賛すべきなのだろうか?」 基本的に戦争映画は見ないことにしている。それは「戦争」というものがとても救いの無い行為だからだ。戦う人々に理由......
『ダンケルク』 陸海空のすべての戦いを体験する (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ダークナイト』『インターステラー』などのクリストファー・ノーランの最新作。  イギリスでは誰もが知っているという「ダンケルクの戦い」という実話の映画化。「ダンケル......
[映画] ダンケルク (12時間Blog)
「ダンケルク」を川崎109シネマズにて観てきました第二次大戦の初期、ドイツ軍に大敗したイギリス軍兵士40万人がフランスの浜辺(イギリスの対岸)に取り残された結果、民間の船も......
ダンケルク (もののはじめblog)
「重陽の節句」の9月9日公開日に、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』<THX方式>を観てきた。  この前日に、「関ケ原」を観たので、二日連続しての映画鑑賞......
映画「ダンケルク」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/9/10、109シネマズ木場。5番スクリーン。 中央通路直後のF列を選びたかったが空いておらず、通路前のD列を選択。 前過ぎることはないが高さ的にはやはりF列の......