勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エル ELLE / Elle

2017年09月02日 | 洋画(フランス系)
社会的にも成功した女性が、ある日、自宅で男に襲われるが、なぜか警察に届けようとしない。女性が警察に届けようとしないのには、理由があった・・・。

中々複雑な人間関係ですね。それと、ミシェルの性格も、中々屈折している様です。って言うか、ミシェルの性格が屈折している事が明らかになっていくのは、自宅で襲われた事が切っ掛けなんでしょうね。何かのタガが外れたと言うか。だって、そこまで、会社を興して成功している訳ですから、それまでは、そんな異常な性格である事は、明確では無かったと言う事ですよね。

そんな屈折した性格のミシェルを、イザベル・ユペールが非常にうまく演じています。冷静であって、どこか変。“変”と言うのも、コミカルな意味ではなくて、サイコパス的な感じです。いや、会社を成功させているのだから、サイコパスなのかな、ミシェルは。

屈折しているのは、実はミシェルだけでは無いのかも。この作品に登場している人物、みんなそれぞれ、屈折している人間ですね。

ラストが、中々凄いです。怖いですね。

タイトル エル ELLE / 原題 Elle

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/フランス・ベルギー・ドイツ
監督 ポール・バーホーベン
原作 フィリップ・ディジャン『Oh...』
出演 イザベル・ユペール(ミシェル・ルブラン)、ローラン・ラフィット(パトリック)、ビルジニー・エフィラ(レベッカ/パトリックの妻)、クリスチャン・ベルケル(ロベール)、アンヌ・コンシニ(アンナ/ミシェルのビジネスパートナー、ロベールの妻)、シャルル・ベルラン(リシャール/ミシェルの元夫)、ジョナ・ブロケ(ヴァンサン/ミシェルの息子)、ジュディット・マーレ(アイリーン・ルブラン/ミシェルの母)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ウォール / The Wall | トップ | 三度目の殺人 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おフランス (もののはじめのiina)
2017-09-15 08:04:56
襲撃後、警察に通報せず、着ている物を含めゴミ箱に捨てるし、風呂に浸かり、お腹も空けば料理を注文もします。

警察に通報しないのは、幼いころのトラウマと説明されますが、ほかは誰もがやりそうな日常ですから「おフランス」な日常かなと思わせます。

みなさん、おかしな人ばかりなのですね。

「関ケ原」と「ダンケルク」のを控えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(フランス系)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エル ELLE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(00) このヒロイン、少女時代のトラウマから何かしらの精神疾患に
エル ELLE (あーうぃ だにぇっと)
エル ELLE@有楽町朝日ホール
エル ELLE (映画と本の『たんぽぽ館』)
バイオレンスと陶酔 * * * * * * * * * * ゲーム会社のCEOミシェル(イザベル・ユペール)は、 ある日、自宅に侵入してきた覆面男に暴行を受けてしまいます......
『エル ELLE』 (こねたみっくす)
犯人探しが目的ではない。性欲を満たすことも目的ではない。ただ歪んだ彼女を受け入れることが目的なのだ。 さすがポール・ヴァーホーヴェン監督作品だと称賛する前に、さすがイ......
[映画『エル ELLE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品! これが観たいから、いちいち、そこでしかや......
エル(ELLE) (映画的・絵画的・音楽的)
 『エル ELLE』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)主演のイザベル・ユペールがこの作品で様々な賞を受けているとのことなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞......
「エル ELLE」:ハネケほどの毒はなくて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『エル ELLE』は、久々のポール・バーホーヴェン監督作。でも現在79歳の人
エル (もののはじめblog)
(原題:ELLE, フランス語で「彼女」を意味する) サスペンスとして評判が高いというので、公開初日8月25日に観てきた。 近くの映画館では公開してないため、ららぽーと横浜まで車......
ショートレビュー「エル ELLE・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼女の本当の姿とは。 予告編から期待したものを、良い意味で裏切られる。
 覆面男に襲われたた主人公が、犯人を探し出そうとするうちに、周りの男たちが怪しく思えて疑心暗鬼......