勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

栄光のランナー 1936ベルリン / Race

2016年08月14日 | 洋画(その他)
いままさにリオデジャネイロオリンピックたけなわですが、1936年、ナチス政権下で行われたベルリンオリンピックにおいて、史上初の4冠を達成したジェシー・オーエンスの半生を描いた作品。

134分と、二時間を超える長い作品ですが、時間を感じさせないほど中身に引きこまれました。単に“努力しました”と言う話だけじゃ無い気がするんですよね。確かに、ジェシー自身は努力しました。ただ、それだと、物語が薄っぺらくなってしまう気がするんですよね。

ベルリンオリンピックでのジェシーの活躍は、ジェシー自身の出場するかボイコットするかの悩み、ジェシーのコーチのラリーのオリンピックへの思い、ベルリンオリンピックの走り幅跳び決勝で戦ったルッツ・ロングとのやり取りやルッツの思いなど、それ意外の様々な人の、様々な立場での、様々な思いの結集なんだと思います。

特にルッツ・ロングには感動しました。まともなドイツ人も居たんだなと。あの時代、あのような考え方をドイツ国内でするのは、相手がアメリカ人であったとはいえ、中々勇気の要ることだったと思います。結構衝撃的でしたよ。

あと改めて感じたのが、月並みで薄っぺらいですが、ジェシー・オーエンスは、アメリカ国内でも人種差別と戦っていたんですよね。戦前の出来事なので、まだ差別の残る時代と言ってしまえばそうなのかもしれません。でも、そう言う時代に、構成に残る業績を残したジェシーは、強い人なんだったと思います。まぁその強さは、ルースとの結婚を巡っても発揮されたようですが(苦笑)

単に感動じゃないですね。色々と考えさせられ、心に残る作品でした。

タイトル 栄光のランナー 1936ベルリン / 原題 Race

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/カナダ・ドイツ
監督 スティーブン・ホプキンス
出演 ステファン・ジェームス(ジェシー・オーエンス)、ジェイソン・サダイキス(ラリー・スナイダー/ジェシーのコーチ)、シャニース・バンタン(ルース・ソロモン/ジェシーの恋人)、ジェレミー・アイアンズ(アベリー・ブランデージ/アメリカオリンピック委員会会長)、ウィリアム・ハート(エレミア・マホニー)、カリス・ファン・ハウテン(レニ・リーフェンシュタール/ベルリンオリンピック記録映画『オリンピア』の監督)、バーナビー・メシュラット(ヨーゼフ・ゲッペルス)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ / Les heritiers

2016年08月12日 | 洋画(フランス系)
実話に基づく作品。

高校の落ちこぼれ達が、ナチスによるユダヤ人絶滅政策に関するテーマで全国歴史コンクールに参加する事で変わっていくと言うのは、いかにも学生物語にありそうな話ですが、実話という所が凄い。

もっと『凄い』と思ったのが、第2次世界大戦を巡るナチスの非道の歴史を語り継ぐために、“全国歴史コンクール”と言うものがフランスで催されていると言う事。フランスは戦勝国と見られる所もありますが、実際には一部は枢軸側に居たので、歴史を語り継ぐという事は重要なことなんだと思います。自身の負の歴史に目を向けるということは大変ですが、誠実に実行しているんですね。

この作品は、高校生たちが全国歴史コンクールを通じて成長していくという物語と言うところに感動したんですが、もう一つ、やはりその全国歴史コンクールと言うオブラートに包んで表現したナチスによるユダヤ人絶滅政策の非道さに心を動かされました。こんなことは二度とあってはいけないです。

翻って我が国日本。自分の負の歴史にきちんと向き合っているだろうか。誠実に過去を見なおしているだろうか。そう言う問いかけをされたような気がします。

タイトル 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ / 原題 Les heritiers

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2014年/フランス
監督 ジェームズ・バンダービルト
出演 アリアンヌ・アスカリッド(アンヌ・ゲゲン)、アハメッド・ドゥラメ(マリック)、ノエミ・メルラン(メラニー)、ジュヌビエーブ・ムニシュ(イヴェット)、ステファン・バック(マックス)、モハメド・セディッキ(オリバー/ブラヒム)、レオン・ズィゲル(本人、強制収容所の生存者)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースの真相 / Truth

2016年08月11日 | 洋画(その他)
2004年にアメリカで実際に起きたジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑にまつわる“スクープ”報道による騒動を描いた作品。

結局は、ブッシュ大統領の軍歴詐称の『証拠』とされたものが、偽造されたものであったと言うことになるのですが、これってもはや典型的な陰謀論になってないですかね?一応、公的には軍歴は詐称していないということになるのだと思うんですが、実は本当は軍歴を詐称していて、その調査を潰すために逆に偽造した証拠を掴ませて、それ以上の追求をされないようにした・・・とか。ブッシュ大統領が空軍州兵になるために口を利いたという人物もいるわけですしね。真相は闇の中ですね。

ダン・ラザーをロバート・レッドフォードが演じているのですが、似てない?って言うか、「ロバート・レッドフォード歳取ったな」と思ってしまいました。

この騒動の中心に居た人物に寄る自伝を原作としているので、内容的には、微妙に自己弁護的雰囲気を感じずにはいられません。独立調査委員会の描写にしても、実際にもそうであったのかもしれませんが、結論ありきのシャンシャン委員会であったと言わんばかりの描写ですしね。

この作品で判ったことは、報道に携わる人達は、時の権力に萎縮してはいけないということじゃ無いかな。作品中、CBSの親会社バイアコムが、時の政権ベッタリなので“スクープ”を葬ろうとしているという趣旨の描写がありましたが、報道の自由の国のアメリカとしては、そういう事は無かったと信じたいですけどね・・・。翻って今の日本。報道機関よ、もっと頑張れ。もっと質問しろ!もっともっと勉強しろ!

タイトル ニュースの真相 / 原題 Truth

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/オーストラリア・アメリカ
監督 ジェームズ・バンダービルト
原作 メアリー・メイプス『大統領の疑惑』
出演 ケイト・ブランシェット(メアリー・メイプス)、ロバート・レッドフォード(ダン・ラザー)、エリザベス・モス(ルーシー・スコット/60Minutesチーム)、トファー・グレイス(マイク・スミス/60Minutesチーム)、デニス・クエイド(ロジャー・チャールズ中佐/60Minutesチーム)、ステイシー・キーチ(ビル・バーケット中佐)、ブルース・グリーンウッド(アンドリュー・ヘイワード/CBS CEO)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ

2016年08月01日 | 邦画
「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。

こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレーションになっていると思います。実際、制作に際しては、様々なところの見学や関係者とのインタビューなどがあったらしく、官邸危機管理室などは、「あまり忠実に作るとマズイ」と言う制限もありながらも、かなり似た作りになっている様です。

それと、首都防災という観点では、東京都の存在も無視できないわけですが、東京都庁の災害対策本部室も描かれていて、これも結構似た感じ。東京都庁の災害対策本部室は、昔は見学できたんですが、いまはどうなんですかね?警備上の理由で、出来なくなっていても不思議ではない昨今のご時世・・・。

この作品の防衛大臣が女性で、本物の女性の防衛大臣だった小池百合子さんが新東京都知事に当選したのは、なんか妙な巡り合わせのような、そうでも無いような・・・。

以下微妙にネタバレ。

ゴジラの活動を停止させるために、ゴジラに凍結液を経口注入するんですが、その時にコンクリート圧送車を使うというのは、これは福島第一原発事故の際に、水を注入するのにコンクリート圧送車を使ったことになぞらえていますよね。なんか、その任務も、当時の水注入部隊に似た感じがしますし。それと、このあたりの件については少し疑問も。第一小隊が注入中に全滅しているのですが、凍結液って、ギリギリの量なんじゃ無かったっけ?注入第一小隊が全滅したことで、凍結液が足りなくなったりしなかったんでしょうか?

あと、内閣府立川災害対策本部予備施設を映画で描いたのは、少なくとも私は初めて見ました。そう言うリアルな所がいいですね。

物語終盤、矢口がヤシオリ作戦部隊を前に演説するんですが、これって、最初のインデペンデンス・デイのホイットモア大統領の演説、あるいは、アルマゲドンでハリー・スタンパー達が新型スペースシャトルで宇宙に向かう時に掛けられた言葉を彷彿とさせましたね。「自衛隊は最後の砦」と言う言葉。そう言う言葉を映画で言う時代になったんですね。時代を感じました。

それと、日本への核攻撃カウントダウンを中断させるために、フランスを使ったという点。これは凄い!イギリスがアメリカと歩調を合わせないことはないですから、五大国でそう言う駆け引きに応じそうなのは、リアルにフランスだけ。その設定痺れます。

残念だったのが、カヨコ。う~ん、石原さとみは好きなんですが、大統領特使には若すぎたんじゃ無いですかねぇ?ケネディ大使位であれば納得感が有るんですが・・・。頭が良くて、血筋も良いという設定ではありますが、無理筋ではなかったかなぁ・・・。

あと、鎌倉に上陸したゴジラの東京侵入を阻止するために、張った多摩川の防衛線。戦車が配備されていましたが、あれが本当であれば、他の防御ラインへの戦車配備は諦めていたということ?若干微妙に感じないことも無かったです。

いやぁ、それでも、良かったです。面白かったです。

タイトル シン・ゴジラ

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
総監督・脚本 庵野秀明
監督・特技監督 樋口真嗣
准監督・特技総括 尾上克郎
出演 長谷川博己(矢口蘭堂/内閣官房副長官)、竹野内豊(赤坂秀樹/内閣総理大臣補佐官)、石原さとみ(カヨコ・アン・パタースン/米国大統領特使)、、高良健吾(志村祐介/内閣官房副長官秘書官)、市川実日子(尾頭ヒロミ/環境省自然環境局野生生物課課長補佐、巨大不明生物災害対策本部(巨災対)員)、津田寛治(厚生労働省官僚、巨災対員)、高橋一生(文部科学省官僚、巨災対員)、野間口徹(経済産業省官僚、巨災対員)、塚本晋也(生物学者、巨災対員)、神尾佑(外務省官僚)、松尾諭(泉修一/保守第一党政調副会長)、國村隼(財前正夫/統合幕僚長)、ピエール瀧(西郷/戦闘団長)、大杉漣(大河内清次/内閣総理大臣)、柄本明(東竜太/内閣官房長官)、余貴美子(花森麗子/防衛大臣)、中村育二(金井/内閣府特命担当大臣)、平泉成(里見祐介/農林水産大臣)、矢島健一(国土交通大臣)、浜田晃(総務大臣)、手塚とおる(文部科学大臣)、渡辺哲(郡山/内閣危機管理監)、古田新太(警察庁長官官房長)、モロ師岡(警察庁刑事局局長)、光石研(小塚/東京都知事)、藤木孝(東京都副知事)、嶋田久作(片山/外務省官僚)、原一男(生物学者)、犬童一心(古代生物学者)、緒方明(海洋生物学者)、斎藤工(池田/戦車中隊長)、鶴見辰吾(矢島/統合幕僚副長)、片桐はいり(官邸職員)、松尾スズキ(ジャーナリスト)、小出恵介(消防隊隊長)、野村萬斎(ゴジラ@モーションキャプチャーにて)
コメント (1)   トラックバック (37)
この記事をはてなブックマークに追加

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 / Trumbo

2016年07月31日 | 洋画(アメリカ系)
第2次世界大戦終結後にアメリカで起きた赤狩りの対象となり、映画界から追放されてしまったダルトン・トランボの伝記映画。

いやぁ、あの『ローマの休日』にこう言う隠された逸話があるとは知りませんでした。脚本には、「あこの作品は、あの人っぽいよね」と言う癖が有るような気がするんですが、専門家ばかりのアカデミー会員は、見抜けなかったんですかね?あるいは、この時のアカデミー賞受賞は、陰ながらにトランボを応援していたアカデミー会員の影の努力の賜物なんでしょうか?

『ローマの休日』以外にも、大ヒット映画の脚本に関わっていたトランボは、一種の天才ですね。見た事はありませんが、『スパルタカス』とか『栄光への脱出』とか、いやぁ、すごい作品ばかり。

見ていて思ったのが、自由に考えていることを主張していくことの大切さと、それを守ることの難しさ。いまSNSでは、誤った正義感・自己の価値観の押し付けによる過剰なバッシングが多いですが、この当時の赤狩りもそれに類するというか・・・、時間軸的には逆ですね。いまの過剰なバッシング傾向は、当時の誤った赤狩りに通じるものがあると強く感じました。

ちょっと意外に感じたのが、ヘレン・ミレンが、正にbastardとでも言われるべき人間を演じていたところ。いやぁ、本当に悪くて嫌な奴でしたね(笑)。あんな役を演じられるのも、ヘレン・ミレンが一流の女優であるからなんでしょうが。

それにしても、途中までは「トランボの作品は最高だけど、トランボ本人は人間としては最低だ」と思っていたんですが、奥さんの“激怒”により改心した所も中々凄いと思います。そう言うところがないと、こう言うヒット作品ばかり書き続けられないんでしょうね。

タイトル トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 / 原題 Trumbo

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ジェイ・ローチ
出演 ブライアン・クランストン(ダルトン・トランボ)、ダイアン・レイン(クレオ・トランボ/ダルトンの妻)、ヘレン・ミレン(ヘッダ・ホッパー/コラムニスト)、マイケル・スタールバーグ(エドワード・G・ロビンソン)、ルイス・C・K(アーレン・ハード)、エル・ファニング(ニコラ・トランボ/ダルトンの娘)、ジョン・グッドマン(フランク・キング)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(バージル・ブルックス)、デビッド・ジェームズ・エリオット(ジョン・ウェイン)、アラン・テュディック(イアン・マクラレン・ハンター/『ローマの休日』の名目上の脚本家)、ジョン・ゲッツ(サム・ウッド)、ダン・バッケダール(ロイ・ブリュワー)、ロジャー・バート(バディ・ロス)、メーガン・ウルフ(ミッツィ・トランボ/ダルトンの娘)、ミッチェル・ザコクス(クリス・トランボ/ダルトンの息子)、ディーン・オゴーマン(カーク・ダグラス)、クリスチャン・ベルケル(オットー・ブレミンジャー/映画監督、『栄光への脱出』(1960年)でトランボを起用)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インデペンデンス・デイ リサージェンス(3D) / Independence Day: Resurgence

2016年07月10日 | 洋画(アメリカ系)
20年前の侵略は、今回の侵略のための序章だった・・・と言う設定。劇中では20年の時間が経過していますが、実際にも、20年の時間が経過しています。

前作で出ていた主要キャスト、トーマス・ホイットモア、デイビッド・レビンソン、オークン博士(死んでなかった!)、ジャスミン(20年前、スティーブンの恋人だった)等などは出てきますし、20年前当時大統領だったホイットモアを補佐したウィリアム・グレイ将軍を演じたロバート・ロッジアの姿も見えています。

ですが、ウィル・スミスが演じた前作の英雄スティーブン・ヒラーは出てきません。この20年の間に死んでしまった設定です。その代わりと言ってはなんですが、前作の時はまだ子供であったディランが“英雄の子”として活躍しています。“英雄の子”の称号は重いと思うんだけどね・・・。

一番の違いは、この作品に限りませんが、ハリウッド映画に中国の姿が色濃く反映されているところ。月面基地の司令官は中国人ですし、美人というだけで、ぶっちゃけ活躍度はイマイチのパイロットが出ています。中国の力が見えるのは、マット・デイモン主演の『オデッセイ』でもそうでした・・・。『オデッセイ』で中国が出てくるのは、原作でもそう言う設定であったという事もありますが、小説にせよ、映画にせよ、アメリカでさえも中国の存在感を無視できないという時代なんですね。

いやぁ、前作へのオマージューは良いんですが、単体の作品としては・・・。意外に前作が良かっただけに期待はずれ。前回倒した異星人の技術を使って、地球の技術も進化しているという設定も良いんですが、なんか、SFなのか、今の事なのかブレてしまって、興ざめしてしまいました。そう言う意味では、設定自体がイマイチ・・・。

それと、前作のホイットモア大統領の演説は感涙モノだったんですが、今回は、それに匹敵するようなセリフもなし。所々、なにやら檄を飛ばしたり、鼓舞したしするシーンは有るんですが、あのホイットモア大統領の演説には敵いませんね。

期待が大きかっただけに、残念でした。

タイトル インデペンデンス・デイ リサージェンス / 原題 Independence Day: Resurgence

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 リアム・ヘムズワース(ジェイク・モリソン)、ジェフ・ゴールドブラム(デイビッド・レヴィンソン)、ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア/元大統領)、マイカ・モンロー(パトリシア・ホイットモア/トーマスの娘、ジェイクの恋人)、ジェシー・アッシャー(ディラン・ヒラー)、トラビス・トープ(チャーリー・ミラー)、ウィリアム・フィクトナー(アダムズ将軍)、シャルロット・ゲンズブール(キャサリン・マルソー)、ジャド・ハーシュ(ジュリアス・レヴィンソン)、ブレント・スピナー(ブラキッシュ・オークン博士)、セーラ・ウォード(ランフォード大統領)、アンジェラベイビー(レイン・ラオ)、ビビカ・A・フォックス(ジェスミン・ヒラー/ディランの母)、チン・ハン(ジャン司令官)
コメント   トラックバック (24)
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーショウ! / Dare to Be Wild

2016年07月03日 | 洋画(その他)
実在の景観デザイナー、メアリー・レイノルズをモデルにした作品。100年以上の歴史を誇る、チェルシー・フラワーショーへの挑戦を描く。

イギリスのEU離脱の選択により、イギリスが連合王国では無くなってしまうことまで取り沙汰されていますが、アイルランドは、いち早く(?)連合王国から離脱したにもかかわらず、未だにイギリスの影響を受けているんだなぁと真っ先に思いました。色々あって独立を果たしたはずなのにね。一部では陸で国境を接しているし、曲がりなりにも同じ国だったこともあるんで、一足飛びには行かなということなんですかね。

それと、ケルトと言うのは、イギリスに置いても、神秘性や自然、郷愁を感じさせる言葉なんですね。それが故に、メアリーの思いがチェルシー・フラワーショーの審査員にも届いたし、結果としてメアリーが金メダルを取れたんだと思います。

マイナス的な印象を持ったのは、最後のあたり。金メダルを受賞した人物にも関わらず、レセプションへの出席を招待状がない事が理由に断られたのは、階級制度の姿をしたイギリスの差別を見るような気がしました。アメリカだったら、「(紙の)招待状がないけど金メダルを取ったことが招待状だね」とか言ってレセプションに入れてくれそうな感じですけどね。

アイルランドの社会とイギリスの社会、アイルランドとイギリスの関わりを垣間見た気がします。

タイトル フラワーショウ! / 原題 Dare to Be Wild

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アイルランド
監督 ビビアン・デ・コルシィ
出演 エマ・グリーンウェル(メアリー・レイノルズ)、トム・ヒューズ(クリスティ・コラード)、クリスティン・マルツァーノ(シャーロット・“シャー”・ハーベイ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダーク・プレイス / Dark Places

2016年06月25日 | 洋画(イギリス系)
『ゴーン・ガール』の原作者の新たな小説の映画化。

なるほど~。そう来ますか。

この手の作品は、最後に所謂“衝撃の結末”が待ち受けている訳ですが、これも、意外と言えば意外な結末で、しかも、色んな出来事が絡んでいたということなんですね。とは言っても、メインの事件の“犯人”がアレなのは、ミステリーと言うかサスペンスとしては、禁じ手ではないかと?もう一つの出来事と絡んできたので、そんなに酷い感じとは思いませんでしたが、そっちの出来事がなければ、かなり酷い結末だったかも。だってさぁ、犯人が・・・(以下自粛)

この作品で、シャーリーズ・セロンのいいところ、出ていましたかね?正直言って、表現力が必要とされるような感情の発露のシーンが有るわけでもなく、比較的淡々と進んでいったと言うと言い過ぎでしょうか。そう言う意味で、主演がシャーリーズ・セロンであった理由がよくわかりません。

それと、所謂“殺人クラブ”が、この一家惨殺事件解決を計ろうとしていたわけですが、殺人クラブが出てくるのは最初だけで、あとは、シャーリーズ・セロンが自分で色々と調べごとを進めていった感じですよね。そう言う意味で、殺人クラブの設定が甘かったのではないかと思います。

などと、結構キツイことを書いていますが、サスペンスとしては、まぁまぁ面白い作品だと思います。悪くはないです。

タイトル ダーク・プレイス / 原題 Dark Places

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/イギリス・フランス・アメリカ
監督 ジル・パケ=ブレネール
出演 シャーリーズ・セロン(リビー・デイ)、スターリング・ジェリンズ(若き日のリビー)、ニコラス・ホルト(ライル・ワース)、クロエ・グレース・モレッツ(若き日のディオンドラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(パティ・デイ/リビーの母)、コリー・ストール(ベン・デイ/リビーの兄)、タイ・シェリダン(若き日のベン)、アンドレア・ロス(ディアンドラ)、シャノン・コック(若き日のトレイ・テーパノ)、J.ラローズ(トレイ・テーパノ)、ドレア・デ・マッテオ(クリッシー・ケイツ)、アディ・ミラー(若き日のクリッシー・ケイツ)
コメント   トラックバック (13)
この記事をはてなブックマークに追加

復活、かな?

2016年06月19日 | Weblog
PCに不具合が生じていましたが、
何とか復活したっぽいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

64 ロクヨン 後編

2016年06月19日 | 邦画
64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。

前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。

って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容だったか忘れてしまったので、改変部分か否かが定かではないんですが、物語終盤の三上の“暴走”で、ここまでいい感じで描かれてきたこの作品の世界観が一変してしまった気がします。映像作品という事もあるので、それなりの盛り上がりが必要なのは理解できますが、ああ言うシーンは必要であったのかな?ちょっと疑問です。

それと、娘がいなくなって以来、不安定な精神状態だった三上の妻ですが、いつの間にか落ち着いていませんか?何がきっかけだったのか?そもそも、それほど重症では無かったのかもしれませんが、ちょっと違和感を覚えました。

原作をもう一度読み返してみます。

タイトル 64 ロクヨン 後編

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 瀬々敬久
原作 横山秀夫『64』
出演 佐藤浩市(三上義信/警務部秘書課広報室広報官、元ロクヨン追尾班)、夏川結衣(三上美那子/義信の妻)、綾野剛(諏訪/警務部秘書課広報室係長)、金井勇太(蔵前/警務部秘書課広報室主任)、榮倉奈々(美雲/警務部秘書課広報室)、三浦友和(松岡勝俊/刑事部捜査一課長、元ロクヨン追尾班長)、緒形直人(目崎正人/平成14年の事件の被害者)、吉岡秀隆(幸田一樹/警備員、元ロクヨン自宅班)、窪田正孝(日吉浩一郎/無職、元ロクヨン自宅班)、烏丸せつこ(日吉雅恵/浩一郎の母)、鶴田真由(村串みずき(旧姓:鈴本)/主婦、元ロクヨン自宅班)、滝藤賢一(赤間/警務部長(キャリア))、菅原大吉(石井/警務部秘書課長、三上の上司)、仲村トオル(二渡真治/警務部警務課調査官)、奥田瑛二(荒木田/刑事部長(ノンキャリ))、小澤征悦(御倉/刑事部捜査一課次席)、永瀬正敏(雨宮芳男/ロクヨン被害者の父)、瑛太(秋川/東洋新聞キャップ)、坂口健太郎(手嶋/東洋新聞サブキャップ)
コメント   トラックバック (23)
この記事をはてなブックマークに追加