勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

インデペンデンス・デイ リサージェンス(3D) / Independence Day: Resurgence

2016年07月10日 | 洋画(アメリカ系)
20年前の侵略は、今回の侵略のための序章だった・・・と言う設定。劇中では20年の時間が経過していますが、実際にも、20年の時間が経過しています。

前作で出ていた主要キャスト、トーマス・ホイットモア、デイビッド・レビンソン、オークン博士(死んでなかった!)、ジャスミン(20年前、スティーブンの恋人だった)等などは出てきますし、20年前当時大統領だったホイットモアを補佐したウィリアム・グレイ将軍を演じたロバート・ロッジアの姿も見えています。

ですが、ウィル・スミスが演じた前作の英雄スティーブン・ヒラーは出てきません。この20年の間に死んでしまった設定です。その代わりと言ってはなんですが、前作の時はまだ子供であったディランが“英雄の子”として活躍しています。“英雄の子”の称号は重いと思うんだけどね・・・。

一番の違いは、この作品に限りませんが、ハリウッド映画に中国の姿が色濃く反映されているところ。月面基地の司令官は中国人ですし、美人というだけで、ぶっちゃけ活躍度はイマイチのパイロットが出ています。中国の力が見えるのは、マット・デイモン主演の『オデッセイ』でもそうでした・・・。『オデッセイ』で中国が出てくるのは、原作でもそう言う設定であったという事もありますが、小説にせよ、映画にせよ、アメリカでさえも中国の存在感を無視できないという時代なんですね。

いやぁ、前作へのオマージューは良いんですが、単体の作品としては・・・。意外に前作が良かっただけに期待はずれ。前回倒した異星人の技術を使って、地球の技術も進化しているという設定も良いんですが、なんか、SFなのか、今の事なのかブレてしまって、興ざめしてしまいました。そう言う意味では、設定自体がイマイチ・・・。

それと、前作のホイットモア大統領の演説は感涙モノだったんですが、今回は、それに匹敵するようなセリフもなし。所々、なにやら檄を飛ばしたり、鼓舞したしするシーンは有るんですが、あのホイットモア大統領の演説には敵いませんね。

期待が大きかっただけに、残念でした。

タイトル インデペンデンス・デイ リサージェンス / 原題 Independence Day: Resurgence

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ローランド・エメリッヒ
出演 リアム・ヘムズワース(ジェイク・モリソン)、ジェフ・ゴールドブラム(デイビッド・レヴィンソン)、ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア/元大統領)、マイカ・モンロー(パトリシア・ホイットモア/トーマスの娘、ジェイクの恋人)、ジェシー・アッシャー(ディラン・ヒラー)、トラビス・トープ(チャーリー・ミラー)、ウィリアム・フィクトナー(アダムズ将軍)、シャルロット・ゲンズブール(キャサリン・マルソー)、ジャド・ハーシュ(ジュリアス・レヴィンソン)、ブレント・スピナー(ブラキッシュ・オークン博士)、セーラ・ウォード(ランフォード大統領)、アンジェラベイビー(レイン・ラオ)、ビビカ・A・フォックス(ジェスミン・ヒラー/ディランの母)、チン・ハン(ジャン司令官)
コメント   トラックバック (21)
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーショウ! / Dare to Be Wild

2016年07月03日 | 洋画(その他)
実在の景観デザイナー、メアリー・レイノルズをモデルにした作品。100年以上の歴史を誇る、チェルシー・フラワーショーへの挑戦を描く。

イギリスのEU離脱の選択により、イギリスが連合王国では無くなってしまうことまで取り沙汰されていますが、アイルランドは、いち早く(?)連合王国から離脱したにもかかわらず、未だにイギリスの影響を受けているんだなぁと真っ先に思いました。色々あって独立を果たしたはずなのにね。一部では陸で国境を接しているし、曲がりなりにも同じ国だったこともあるんで、一足飛びには行かなということなんですかね。

それと、ケルトと言うのは、イギリスに置いても、神秘性や自然、郷愁を感じさせる言葉なんですね。それが故に、メアリーの思いがチェルシー・フラワーショーの審査員にも届いたし、結果としてメアリーが金メダルを取れたんだと思います。

マイナス的な印象を持ったのは、最後のあたり。金メダルを受賞した人物にも関わらず、レセプションへの出席を招待状がない事が理由に断られたのは、階級制度の姿をしたイギリスの差別を見るような気がしました。アメリカだったら、「(紙の)招待状がないけど金メダルを取ったことが招待状だね」とか言ってレセプションに入れてくれそうな感じですけどね。

アイルランドの社会とイギリスの社会、アイルランドとイギリスの関わりを垣間見た気がします。

タイトル フラワーショウ! / 原題 Dare to Be Wild

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アイルランド
監督 ビビアン・デ・コルシィ
出演 エマ・グリーンウェル(メアリー・レイノルズ)、トム・ヒューズ(クリスティ・コラード)、クリスティン・マルツァーノ(シャーロット・“シャー”・ハーベイ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダーク・プレイス / Dark Places

2016年06月25日 | 洋画(イギリス系)
『ゴーン・ガール』の原作者の新たな小説の映画化。

なるほど~。そう来ますか。

この手の作品は、最後に所謂“衝撃の結末”が待ち受けている訳ですが、これも、意外と言えば意外な結末で、しかも、色んな出来事が絡んでいたということなんですね。とは言っても、メインの事件の“犯人”がアレなのは、ミステリーと言うかサスペンスとしては、禁じ手ではないかと?もう一つの出来事と絡んできたので、そんなに酷い感じとは思いませんでしたが、そっちの出来事がなければ、かなり酷い結末だったかも。だってさぁ、犯人が・・・(以下自粛)

この作品で、シャーリーズ・セロンのいいところ、出ていましたかね?正直言って、表現力が必要とされるような感情の発露のシーンが有るわけでもなく、比較的淡々と進んでいったと言うと言い過ぎでしょうか。そう言う意味で、主演がシャーリーズ・セロンであった理由がよくわかりません。

それと、所謂“殺人クラブ”が、この一家惨殺事件解決を計ろうとしていたわけですが、殺人クラブが出てくるのは最初だけで、あとは、シャーリーズ・セロンが自分で色々と調べごとを進めていった感じですよね。そう言う意味で、殺人クラブの設定が甘かったのではないかと思います。

などと、結構キツイことを書いていますが、サスペンスとしては、まぁまぁ面白い作品だと思います。悪くはないです。

タイトル ダーク・プレイス / 原題 Dark Places

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/イギリス・フランス・アメリカ
監督 ジル・パケ=ブレネール
出演 シャーリーズ・セロン(リビー・デイ)、スターリング・ジェリンズ(若き日のリビー)、ニコラス・ホルト(ライル・ワース)、クロエ・グレース・モレッツ(若き日のディオンドラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(パティ・デイ/リビーの母)、コリー・ストール(ベン・デイ/リビーの兄)、タイ・シェリダン(若き日のベン)、アンドレア・ロス(ディアンドラ)、シャノン・コック(若き日のトレイ・テーパノ)、J.ラローズ(トレイ・テーパノ)、ドレア・デ・マッテオ(クリッシー・ケイツ)、アディ・ミラー(若き日のクリッシー・ケイツ)
コメント   トラックバック (13)
この記事をはてなブックマークに追加

復活、かな?

2016年06月19日 | Weblog
PCに不具合が生じていましたが、
何とか復活したっぽいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

64 ロクヨン 後編

2016年06月19日 | 邦画
64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。

前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。

って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容だったか忘れてしまったので、改変部分か否かが定かではないんですが、物語終盤の三上の“暴走”で、ここまでいい感じで描かれてきたこの作品の世界観が一変してしまった気がします。映像作品という事もあるので、それなりの盛り上がりが必要なのは理解できますが、ああ言うシーンは必要であったのかな?ちょっと疑問です。

それと、娘がいなくなって以来、不安定な精神状態だった三上の妻ですが、いつの間にか落ち着いていませんか?何がきっかけだったのか?そもそも、それほど重症では無かったのかもしれませんが、ちょっと違和感を覚えました。

原作をもう一度読み返してみます。

タイトル 64 ロクヨン 後編

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 瀬々敬久
原作 横山秀夫『64』
出演 佐藤浩市(三上義信/警務部秘書課広報室広報官、元ロクヨン追尾班)、夏川結衣(三上美那子/義信の妻)、綾野剛(諏訪/警務部秘書課広報室係長)、金井勇太(蔵前/警務部秘書課広報室主任)、榮倉奈々(美雲/警務部秘書課広報室)、三浦友和(松岡勝俊/刑事部捜査一課長、元ロクヨン追尾班長)、緒形直人(目崎正人/平成14年の事件の被害者)、吉岡秀隆(幸田一樹/警備員、元ロクヨン自宅班)、窪田正孝(日吉浩一郎/無職、元ロクヨン自宅班)、烏丸せつこ(日吉雅恵/浩一郎の母)、鶴田真由(村串みずき(旧姓:鈴本)/主婦、元ロクヨン自宅班)、滝藤賢一(赤間/警務部長(キャリア))、菅原大吉(石井/警務部秘書課長、三上の上司)、仲村トオル(二渡真治/警務部警務課調査官)、奥田瑛二(荒木田/刑事部長(ノンキャリ))、小澤征悦(御倉/刑事部捜査一課次席)、永瀬正敏(雨宮芳男/ロクヨン被害者の父)、瑛太(秋川/東洋新聞キャップ)、坂口健太郎(手嶋/東洋新聞サブキャップ)
コメント   トラックバック (23)
この記事をはてなブックマークに追加

シークレット・アイズ / Secret in Their Eyes

2016年06月18日 | 洋画(アメリカ系)
元々は、アルゼンチン映画。それのハリウッドリメイクです。

ジュリア・ロバーツが、ほとんど素っぴんで出ています。その意気込みを感じますね。って言うか、そうじゃないと、あの役は演じられないですね。それほどの演技だと思いました。ニコール・キッドマンは、バッチリメイクなので、その対比が眩しいです。でも、思ったよりも、出番が少ないんですよねぇ。ものすごく重要な役割なんで、そこがちょっと不満です。推理小説だったら、禁じ手に近い。

そしてそのニコール・キッドマン。美人であることに異論はないと思います(笑)。でも、こう言うと怒られると思いますが、あの改造してるよね?アップが気になりました。

それで、この作品で一番活躍したのは、キウェテル・イジョフォー。いろんな意味で、女二人に翻弄されたような気がします。

いやぁ、でも、そう言う事ですか。一旦結末っぽい話の後に、実は本当は・・・。これは書けないです。コピーの「予想しない真相」と言うのは、嘘ではないです。

タイトル シークレット・アイズ / 原題 Secret in Their Eyes

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ビリー・レイ
出演 キウェテル・イジョフォー(レス・カステン)、ジュリア・ロバーツ(ジェシカ・コブ)、ニコール・キッドマン(クレア・スローン)、アルフレッド・モリーナ(マーティン・モラレス/13年前の検事)、マイケル・ケリー(レグ・シーファート)、ディーン・ノリス(バンピー・ウィルズ)、ジョー・コール(マージン/ベックウィズ)

[2016.6.18スマホから投稿。2016.6.19PCにて修正]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da

2016年06月18日 | 洋画(その他)
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。

いや、でも、これが今のドイツの本音なんだろうね。それにしても、ヒトラーの格好で歩いていても、思ったよりも反発がないばかりか(一人、反発していた人は居たけど)、例のナチスポーズを取ったりしていて、ビックリしました。あの敬礼は、ドイツでは違法なはずなのに・・・。

翻って、我が日本の事に思いを馳せました。今の日本も、この映画で描かれたドイツの様に、過去を過剰に美化し、賛美する風潮を感じます。過去に学び、未来に生きる。そう言うことを、この映画から感じました。

いやぁ、それにしても、ドイツの本音。そうだろうなぁと思うところと、知りたくなかったと言う二つの思いがあります。

タイトル 帰ってきたヒトラー / 原題 Er ist wieder da

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/ドイツ
監督 デビッド・ベンド
出演 オリバー・マスッチ(アドルフ・ヒトラー)、ファビアン・ブッシュ(ファビアン・ザバツキ/TV局契約局員)、クリストフ・マリア・ヘルプスト(クリストフ・ゼンゼンブリンク/TV局副局長)、カーチャ・リーマン(カーチャ・ベリーニ/TV局局長)、フランツィシカ・ウルフ(フランツィスカ・クレマイヤー/TV局事務員)、ラルス・ルドルフ(キオスクのオーナー)、トマス・ティーマ(ケルントナー/TV局社長)

[2016.6.18スマホから投稿。2016.6.19PCにて修正]
コメント   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

マネーモンスター / Money Monster

2016年06月12日 | 洋画(アメリカ系)
ジョディ・フォスター、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツのケミストリーがいい感じに出たんじゃ無いでしょうか?

このマネー・モンスターと言う番組の設定が、いかにもアメリカンですが、番組を鵜呑みにして失敗してしまう視聴者がいるのも、いかにもアメリカン。でも、居るんでしょうね、こう言う人

それにしても、ジャックされた生放送をそのまま続けると言うと言うのは、いかにも現代的ですね。実際、そう言う事も有るかも。

監督も、俳優陣も素晴らしいのですが、足りないと思ったのが、起きたと言われる情報操作のからくりの件。これが、この事件の起きた発端な訳ですから、何故・どうやって、と言う所をもっと掘って欲しかった気がします。これだと、ジョディ・フォスターの監督としての才能と、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツの演技を再確認しただけになってしまうかも!

タイトル マネーモンスター / 原題 Money Monster

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ジョディ・フォスター
出演 ジョージ・クルーニー(リー・ゲイツ/マネーモンスター MC)、ジュリア・ロバーツ(パティ・フェン/マネーモンスター ディレクター)、ジャック・オコンネル(カイル・バドウェル/犯人)、ドミニク・ウェスト(ウォルト・キャンビー/証券会社CEO)、カイトリオーナ・バルフェ(ダイアン・レスター/金融会社広報)、ジャンカルロ・エスポジート(パウエル署長)、クリストファー・デナム(ロン/マネーモンスター プロデューサー)、レニー・ベニート(レニー/マネーモンスター カメラマン)、デニス・ボウトシカリス(エイヴリー・グッドロー/金融会社CFO)、エミリー・ミード(モリー)

[2016.6.12スマホから投稿。2016.6.19PCにて修正]
コメント   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加

【緊急】暫くトラックバック処理不能

2016年06月12日 | Weblog
PC不具合のため、
頂いたトラックバックの処理が
暫く出来なくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二ツ星の料理人 / Burnt

2016年06月11日 | 洋画(アメリカ系)
最近、料理やレストランに纏わる作品を見ることが多いのですが、それらの多くはドキュメンタリー。でもこれは違います。劇映画です。

いやぁ、こんなシェフは嫌ですよね。人としての弱さを出しているシーンはありますが、ウーン、どうなのかな?チョット物語性を持たせ過ぎと言う気もします。

残念だったのが、オマール・シーの扱い。実は、ブラッドリー・クーパー演じるアダムと確執のある人物と言う設定で、和解したかに見えていたのですが、その実それを忘れていなかったと言う事ですね。彼が物語から退場するなら、もっと丁寧に描いて欲しかった。彼の扱いが軽かったのが残念な気がしますね。

それと、ミシュラン三ツ星と言えば、確かにそれは名誉な事ですが、何かそれを目指して形振り構わぬと言うのは、テーマとしてはいまいちな感じもしますねぇ。ミシュラン三ツ星の舞台裏を垣間見た気もして、ちょっと興醒めとも。

タイトル 二ツ星の料理人 / 原題 Burnt

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ジョン・ウェルズ
出演 ブラッドリー・クーパー(アダム・ジョーンズ)、シエナ・ミラー(エレーヌ/スーシェフ)、オマール・シー(ミシェル/アダムのフランス時代の同僚)、ダニエル・ブリュール(トニー/アダムの古くからの友人、給仕長)、リッカルド・スカマルチョ(マックス)、サム・キーリー(デビッド)、マシュー・リス(リース/アダムのライバル料理人)、エマ・トンプソン(ロッシルド医師)

[2016.6.11スマホから投稿。2016.6.19PCにて修正]
コメント (1)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加