勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ハドソン川の奇跡 / Sully

2016年09月25日 | 洋画(アメリカ系)
後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。

いやぁ、あの奇跡の後、サレンバーガー機長がここまで厳しい追求を受けていたとは、寡聞にして知りませんでした。不勉強でした。仕事とは言え、NTSBの追求がここまでとはね。まぁ、NTSBはプロフェッショナルの集団(の筈)ですので、一時の感情による追求では無いと思いますが、それにしても、サレンバーガー機長の経歴、経験を踏まえないような調査は何とも不愉快ですね(苦笑)。しかも、一時は空港への着陸可能というシミュレーションの出ていて、サレンバーガー機長は絶体絶命。自身の取った措置への絶対的な自信と経験が有ったので、結果としてそれをひっくり返すようなシミュレーションをさせることが出来たんでしょう。そのシミュレーション結果と、CVRのモニタリング、エンジンの状況の確認などが出た後の公聴会の雰囲気は、手のひらを返してサレンバーガー機長を称える雰囲気。やっぱり、机上の空論(シミュレーション)と実際(CVRとか)は違うんですね。

原題が『Sully』と言うように、USエアウェイズ1549便不時着水事故と言うより、サレンバーガー機長そのものを描いた作品になっています。そりゃそうですよね、USエアウェイズ1549便が飛んでいたのは、わずか208秒なんですから。でも、事故そのものではなく、サレンバーガー機長に焦点を当てたクリント・イーストウッド監督も慧眼ですね。それが有ったので、この映画が作品として成立したんですね。

副操縦士のジェフリー・スカイルズをアーロン・エッカートが演じています。アーロン・エッカートもいい俳優ですが、この作品は、サレンバーガー機長を演じたトム・ハンクスに限りますね。ぶっちゃけ、彼だけでも良かったかも。いや、アーロン・エッカートに失礼だな。申し訳ない。

最近、ANAの現役機長さんの話を聞く機会が有ったんですが、その機長さん曰く『プロパイロットとアマチュアパイロットの違いとは何か? プロパイロットでも、アマチュアパイロットで上手な人よりも操縦が下手かもしれない。でも、プロパイロットは、絶対に失敗しない。それがプロとアマチュアの違いです。』と言う事を言っていました。納得です。そう言う意味では、サレンバーガー機長は、まさにプロ中のプロだと思いました。

いい作品でした。流石クリント・イーストウッド監督。

タイトル ハドソン川の奇跡 / 原題 Sully

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
原作 チェズレイ・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー『機長、究極の決断』
出演 トム・ハンクス(チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー)、アーロン・エッカート(ジェフリー・スカイルズ)、ローラ・リニー(ローリー・サレンバーガー/チェズレイの妻)
コメント   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ある天文学者の恋文 / La corrispondenza

2016年09月22日 | 洋画(その他)
天文学者エドワードと教え子エイミーの秘められた恋。エドワードの突然の悲報がエイミーに伝えられるが、その後もなぜか、エドワードからの手紙やメール、贈り物がエイミーの元に届き続ける・・・。

ただ単に「死んだ人から、手紙やメールや贈り物が届き続ける」というとホラーみたいですが、全然そうではありません。星の場合、何億光年も先の星からの光がいま届いていますが、『今』見ている光は実際には『何億年』も前に星を出た光で、いま実際には、その星は存在していないかもしれないんですよね。フィーラムのやっている事はそういう事なんだなと、途中で気が付きました。フィーラムは天文学者ですし、エイミーも天文学を学んでいますからね、その二人にピッタリのストーリーなのかな?

面白いのが、エイミーが天文学を学ぶ傍ら、スタント・パーソンやモデルを職業としていること。モデルはさておき、スタント・パーソンをやっているのは、エイミーの若い頃の出来事が関係しているんですが、そういうものなのかな。でも、ボンドガールを演じたことがあるオルガがスタント・パーソンってね、何かの暗喩でしょうか?

それと、フィーラムですが、なんでエイミーの行動が時間単位まで読めるのか?うっかりするとストーカーですが、フィーラムとエイミーは真に愛し合っているんで良いんでしょうね。

単に、死ししてもなお、愛している(愛していた)恋人にメッセージを送り続けるだけなら、起伏のない単調な話になってしまいますが、エイミーの“軽率な”行動で、そうでは無くなってしまうところが、物語に起伏を付けて良いですね。

いやぁ中々深くて、濃くて、良い作品だと感じました。

タイトル ある天文学者の恋文 / 原題 La corrispondenza

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/イタリア
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
出演 ジェレミー・アイアンズ(エドワード・フィーラム)、オルガ・キュリレンコ(エイミー・ライアン)、ショーナ・マクドナルド(ヴィクトリア/エドワードの娘)、パオロ・カラブレージ(プレスカトーレ・オッタヴィオ)、アンナ・サバ(アンジェラ)、イリーナ・カラ(エイミーの母親)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エル・クラン / El Clan

2016年09月18日 | 洋画(その他)
アルゼンチンで、1980年代に実際に起きた誘拐事件え描く。家族で誘拐ビジネス・・・。怖いです。

数年間に渡りビジネスとして誘拐を行っていたにしては、結構その手口は雑です。恐ろしいほどに雑です。最初の内、「なんでこんなに雑なのに捕まらないんだ?」と思っていたんですが、父親の経歴がモノを言っていたようですね。時の捜査機関とそれなりのいい関係であったようです。まぁ、南米にはありそうな話ですね。

他にも怖いと思ったのが、長男。基本的には善良な人間なんでしょうけど、誘拐ビジネスを手伝っている上に、何食わぬ顔でラグビーチームに参加しているってねぇ。なんか精神構造が・・・。それが故に、彼の人生の結末は悲しい結末になるんですけどね。

次男は・・・。まぁ、あんなもんなんでしょうね。むしろ喜々として誘拐ビジネスに参加していたような気が・・・。

母親を始めとした女性陣はと言うと、母親は、夫のしていることを知っていたんじゃないですかねぇ。どうも・・・。でも、長女、次女、長男の妻は知らなかったのかな。

いやぁ、怖い話です。

タイトル エル・クラン / 原題 El Clan

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アルゼンチン
監督 パブロ・トラペロ
出演 ギレルモ・フランチェラ(アルキメデス・プッチオ/父)、リリー・ポポビッチ(エピファニア・プッチオ/母)、ピーター・ランサーニ(アレハンドロ・プッチオ/長男)、ガストン・コッチャラーレ(マギラ・プッチオ/次男)、フランコ・マシニ(ギジェルモ・プッチオ/三男)、ジゼル・モッタ(シルビア・プッチオ/長女)、アントニア・ベンゴエチェア(アドリアナ・プッチオ/次女)、ステファニア・コエッセル(モニカ/アレハンドロの妻)
コメント (1)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

超高速!参勤交代 リターンズ

2016年09月11日 | 邦画
超高速!参勤交代』で超高速で江戸に赴くまで描かれましたが、参勤交代って帰りも有るんですよねぇ(笑)。と言う事で、今回は、帰りの話??

って言うか、もはや既に、参勤交代とは無関係でね?前作『超高速!参勤交代』では、しっかりと参勤交代を(超高速で)する様子が描かれていましたが、今回は、話の始まりは参勤交代で江戸から国元に帰る所が始まりですが、物語の中身はそれとは関係ありません。むしろ、時々描かれるアクションが中心になっています。クライマックスもアクションだし。

いやぁ、それにしても、松平信祝は悪いやつですねぇ。その悪い松平信祝を演じる陣内孝則、上手すぎです。メイクも、なんか典型的なワルメイクだし。松平を名乗っているので、徳川の系譜と言う設定なんでしょうけど、ワルすぎです。

それと、大岡忠相の古田新太、かっこよすぎ(笑)。いつ、コミカルのなるのかと思いましたが、そんな事はありませんでした。徹頭徹尾、かっこいい大岡忠相でした。

あとは、農民の茂吉。良いやつですねぇ。善良すぎです。泣けちゃいます。内藤の殿様、茂吉の様な民を守ってください。

タイトル 超高速!参勤交代 リターンズ
日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 本木克英
出演 佐々木蔵之介(内藤政醇)、深田恭子(お咲)、寺脇康文(荒木源八郎/武具奉行)、上地雄輔(秋山平吾/祐筆)、知念侑李(鈴木吉之丞/側用人)、柄本時生(増田弘忠/馬廻)、六角精児(今村清右衛門/膳番)、西村雅彦(相馬兼嗣/湯長谷藩家老)、伊原剛志(雲隠段蔵)、石橋蓮司(松平輝貞/老中首座)、陣内孝則(松平信祝)、渡辺裕之(諸坂三太夫)、中尾明慶(森極蔵)、宍戸開(柳生幻道)、古田新太(大岡忠相)、近藤公園(瀬川安右衛門/湯長谷藩江戸家老)、橋本じゅん(福田弥之助/国家老)、舞羽美海(琴姫/政醇の妹)、神戸浩(茂吉)、市川猿之助(徳川吉宗)
コメント   トラックバック (17)
この記事をはてなブックマークに追加

セルフレス 覚醒した記憶 / Self/less

2016年09月02日 | 洋画(アメリカ系)
余命幾ばくもない大富豪の建築家が、莫大な金額と引き換えに“新しい肉体”を手に入れて、頭脳を転送する。その“新しい肉体”は、遺伝子操作で培養されたというものだったが・・・。

不治の病を巡る話です。病を治す技術が出てくるまで冷凍保存と言うのはよく聞く話ですし、実際にそう言う活動を行っている団体や企業はありますが、これはそれよりもより進んだ(?)技術が元になっています。人間の神経信号は電気信号であると判っていますので、それのコピーは出来るのかな?でも、コピーするとして、コピー先が必要ですよねぇ。それの手に入れ方が、今回この作品になっているわけですが・・・。

近い、あるいは、遠い将来、どうなんでしょうね?この作品での、新しい肉体の手に入れ方はダメですが、その問題が解決すれば、こう言う精神転送と言うのはあり得るんですかね?精神をクラウドにアップロードして生き続けようとした『トランセンデンス』がありましたので、こう言う精神を転送して生き続けるという話は、意外に最近のハリウッド映画のテーマとしては、多いのかもしれませんね。

結末は、ハリウッド映画王道の、ハッピーエンディング。悪くはないですが、無難な終わり方ですね。

タイトル セルフレス 覚醒した記憶 / 原題 Self/less

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ターセム・シン
出演 ライアン・レイノルズ(若いダミアン)、マシュー・グード(オルブライト)、ナタリー・マルティネス(マデリーン)、デレク・ルーク(アントン)、ベン・キングズレー(ダミアン)、ビクター・ガーバー(マーティン/ダミアンの友人)、ミシェル・ドッカリー(クレア/ダミアンの娘)
コメント (1)   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

グランド・イリュージョン 見破られたトリック / Now You See Me 2

2016年09月01日 | 洋画(アメリカ系)
前作『グランド・イリュージョン』では、見事なマジックものと言う印象が強かったですが、二作目となる今回は“遺恨試合”という印象の方が強いですね。う~ん、どうなんでしょうかね?「ちょっと違ったな」と言う気がしないでもありません。

出てくるマジックも、前作では「ええっ!そうなの?」とまさに驚きの見事なマジックでしたが、今回は、ちょっとドキドキ感とか驚きが少ないです。なんか、結末に持っていくためだけのものと言う覚めた感じがしました。

とか、厳しいことをいうので、ダメかというとそうでもない。もう少し、ひねって、ご都合主義的なマジック周りを何とかすれば、中々いい作品になると思います。

タイトル グランド・イリュージョン 見破られたトリック / 原題 Now You See Me 2

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ジョン・M・チュウ
出演 ジェシー・アイゼンバーグ(J・ダニエル・アトラス)、マーク・ラファロ(ディラン・ローズ/FBI捜査官)、ウッディ・ハレルソン(メリット・マッキニー)、デイブ・フランコ(ジャック・ワイルダー)、ダニエル・ラドクリフ(ウォルター・メイブリー)、リジー・キャプラン(ルーラ)、ジェイ・チョウ(リー)、サナ・レイサン(ナタリー・オースティン/FBI部長代理)、マイケル・ケイン(アーサー・トレスラー)、モーガン・フリーマン(サディアス・ブラッドリー)
コメント   トラックバック (19)
この記事をはてなブックマークに追加

神様の思し召し / Se Dio vuole

2016年09月01日 | 洋画(その他)
腕は良いが傲慢な医師の息子が、突然、神父になりたいと言い出したことから始まるコメディ。

うーん、こんな医者、腕は良くても嫌だなぁ。最近は、こう言う傲慢で俺様な医者は減ってきたとは言われますが、まだまだ残っていますよねぇ。イタリアでも、そうなんですねぇ(?)。

息子を巡る神父との戦い(?)も見ものですが、実は、トンマーゾの妻の壊れっぷりも中々です。行くところまで行くと、こんな感じに壊れてしまうのかと(笑)

息子を巡る騒動は、結局「え?そう言うオチ?」と言う風になるのですが、最後が、ハリウッド物とは違う終わり方。こう言う終わり方も有るのかぁと感心してしまいました。何事も、ハッピーエンディングばかりでは無いと。

タイトル 神様の思し召し / 原題 Se Dio vuole

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/イタリア
監督 エドアルド・ファルコーネ
出演 マルコ・ジャリーニ(トンマーゾ)、アレッサンドロ・ガスマン(ピエトロ/神父)、ラウラ・モランテ(カルラ/トンマーゾの妻)、イラリア・スパダ(ビアンカ)、エドアルド・ペーシェ(ジアンニ)、エンリコ・オティケル(アンドレア/トンマーゾの息子)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

栄光のランナー 1936ベルリン / Race

2016年08月14日 | 洋画(その他)
いままさにリオデジャネイロオリンピックたけなわですが、1936年、ナチス政権下で行われたベルリンオリンピックにおいて、史上初の4冠を達成したジェシー・オーエンスの半生を描いた作品。

134分と、二時間を超える長い作品ですが、時間を感じさせないほど中身に引きこまれました。単に“努力しました”と言う話だけじゃ無い気がするんですよね。確かに、ジェシー自身は努力しました。ただ、それだと、物語が薄っぺらくなってしまう気がするんですよね。

ベルリンオリンピックでのジェシーの活躍は、ジェシー自身の出場するかボイコットするかの悩み、ジェシーのコーチのラリーのオリンピックへの思い、ベルリンオリンピックの走り幅跳び決勝で戦ったルッツ・ロングとのやり取りやルッツの思いなど、それ意外の様々な人の、様々な立場での、様々な思いの結集なんだと思います。

特にルッツ・ロングには感動しました。まともなドイツ人も居たんだなと。あの時代、あのような考え方をドイツ国内でするのは、相手がアメリカ人であったとはいえ、中々勇気の要ることだったと思います。結構衝撃的でしたよ。

あと改めて感じたのが、月並みで薄っぺらいですが、ジェシー・オーエンスは、アメリカ国内でも人種差別と戦っていたんですよね。戦前の出来事なので、まだ差別の残る時代と言ってしまえばそうなのかもしれません。でも、そう言う時代に、構成に残る業績を残したジェシーは、強い人なんだったと思います。まぁその強さは、ルースとの結婚を巡っても発揮されたようですが(苦笑)

単に感動じゃないですね。色々と考えさせられ、心に残る作品でした。

タイトル 栄光のランナー 1936ベルリン / 原題 Race

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/カナダ・ドイツ
監督 スティーブン・ホプキンス
出演 ステファン・ジェームス(ジェシー・オーエンス)、ジェイソン・サダイキス(ラリー・スナイダー/ジェシーのコーチ)、シャニース・バンタン(ルース・ソロモン/ジェシーの恋人)、ジェレミー・アイアンズ(アベリー・ブランデージ/アメリカオリンピック委員会会長)、ウィリアム・ハート(エレミア・マホニー)、カリス・ファン・ハウテン(レニ・リーフェンシュタール/ベルリンオリンピック記録映画『オリンピア』の監督)、バーナビー・メシュラット(ヨーゼフ・ゲッペルス)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ / Les heritiers

2016年08月12日 | 洋画(フランス系)
実話に基づく作品。

高校の落ちこぼれ達が、ナチスによるユダヤ人絶滅政策に関するテーマで全国歴史コンクールに参加する事で変わっていくと言うのは、いかにも学生物語にありそうな話ですが、実話という所が凄い。

もっと『凄い』と思ったのが、第2次世界大戦を巡るナチスの非道の歴史を語り継ぐために、“全国歴史コンクール”と言うものがフランスで催されていると言う事。フランスは戦勝国と見られる所もありますが、実際には一部は枢軸側に居たので、歴史を語り継ぐという事は重要なことなんだと思います。自身の負の歴史に目を向けるということは大変ですが、誠実に実行しているんですね。

この作品は、高校生たちが全国歴史コンクールを通じて成長していくという物語と言うところに感動したんですが、もう一つ、やはりその全国歴史コンクールと言うオブラートに包んで表現したナチスによるユダヤ人絶滅政策の非道さに心を動かされました。こんなことは二度とあってはいけないです。

翻って我が国日本。自分の負の歴史にきちんと向き合っているだろうか。誠実に過去を見なおしているだろうか。そう言う問いかけをされたような気がします。

タイトル 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ / 原題 Les heritiers

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2014年/フランス
監督 ジェームズ・バンダービルト
出演 アリアンヌ・アスカリッド(アンヌ・ゲゲン)、アハメッド・ドゥラメ(マリック)、ノエミ・メルラン(メラニー)、ジュヌビエーブ・ムニシュ(イヴェット)、ステファン・バック(マックス)、モハメド・セディッキ(オリバー/ブラヒム)、レオン・ズィゲル(本人、強制収容所の生存者)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースの真相 / Truth

2016年08月11日 | 洋画(その他)
2004年にアメリカで実際に起きたジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑にまつわる“スクープ”報道による騒動を描いた作品。

結局は、ブッシュ大統領の軍歴詐称の『証拠』とされたものが、偽造されたものであったと言うことになるのですが、これってもはや典型的な陰謀論になってないですかね?一応、公的には軍歴は詐称していないということになるのだと思うんですが、実は本当は軍歴を詐称していて、その調査を潰すために逆に偽造した証拠を掴ませて、それ以上の追求をされないようにした・・・とか。ブッシュ大統領が空軍州兵になるために口を利いたという人物もいるわけですしね。真相は闇の中ですね。

ダン・ラザーをロバート・レッドフォードが演じているのですが、似てない?って言うか、「ロバート・レッドフォード歳取ったな」と思ってしまいました。

この騒動の中心に居た人物に寄る自伝を原作としているので、内容的には、微妙に自己弁護的雰囲気を感じずにはいられません。独立調査委員会の描写にしても、実際にもそうであったのかもしれませんが、結論ありきのシャンシャン委員会であったと言わんばかりの描写ですしね。

この作品で判ったことは、報道に携わる人達は、時の権力に萎縮してはいけないということじゃ無いかな。作品中、CBSの親会社バイアコムが、時の政権ベッタリなので“スクープ”を葬ろうとしているという趣旨の描写がありましたが、報道の自由の国のアメリカとしては、そういう事は無かったと信じたいですけどね・・・。翻って今の日本。報道機関よ、もっと頑張れ。もっと質問しろ!もっともっと勉強しろ!

タイトル ニュースの真相 / 原題 Truth

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/オーストラリア・アメリカ
監督 ジェームズ・バンダービルト
原作 メアリー・メイプス『大統領の疑惑』
出演 ケイト・ブランシェット(メアリー・メイプス)、ロバート・レッドフォード(ダン・ラザー)、エリザベス・モス(ルーシー・スコット/60Minutesチーム)、トファー・グレイス(マイク・スミス/60Minutesチーム)、デニス・クエイド(ロジャー・チャールズ中佐/60Minutesチーム)、ステイシー・キーチ(ビル・バーケット中佐)、ブルース・グリーンウッド(アンドリュー・ヘイワード/CBS CEO)
コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加