勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

関ヶ原

2017年08月26日 | 邦画
司馬遼太郎の小説の映画化作品。

うーん。あまり司馬遼太郎の本は読んだ事は無いですが、なんか、司馬遼太郎っぽいなと思ったらだめでしょうか?

いや、個々の映像は素晴らしいんですよ。俳優陣も、岡田君に役所さん、そして平さんと、時代劇の経験が豊富な方々で、所作にも不自然さは無いし、映画と言う事なので、衣装や背景にも(たぶん)お金をかけて良いものを使っている。なので、個々のシーンは、大河ドラマを凌駕する様な、非常に質の良い時代劇映像なんですよ。

でもね。でもね、通してみると、何かモヤモヤとしっくりこない気がするんです。なぜなのか。ここからは、完全に個人的な主観ですが、盛りだくさんの内容の司馬遼太郎の原作のすべてを映像化しようとして、映像に詰めきれなかったんじゃないですかね?だから、なにかぬぐい切れない違和感を感じる。

それと、これは好みの問題ですが、初芽を軸としたラブの話なのか、あるいは、三成の義を通そうとする話なのか、なんか焦点がボケていた感じもします。まぁ、ここで不必要に、初芽とのラブの話に重点を置いてしまうと、誰も期待していないので、完全にダメダメになってしまったとおもいますけどね。

でも、かなり不勉強でした。初芽って、司馬遼太郎の創作だと思ったんですが、インターネット上の情報によれば、本当に居たんですね。正直、このあたりの歴史の知識は、昨年の大河ドラマ『真田丸』によるところが多いので、真田家の話は厚いかもしれませんが、それ以外のところは薄目かも(笑)。でも、『真田丸』見ていて良かったですよ。三成と大谷刑部の友情は、あれで学びましたからね(笑)

最後に。繰り返しになってしまいますが、個々の映像は素晴らしい。でも、通すと?と言う、ちょっと残念な感じでした。

タイトル 関ヶ原

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 原田眞人
原作 司馬遼太郎『関ヶ原』
出演 岡田准一(石田三成)、役所広司(徳川家康)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、伊藤歩(蛇白/阿茶)、中嶋しゅう(赤耳)、音尾琢真(福島正則)、松角洋平(加藤清正)、和田正人(黒田長政)、キムラ緑子(北政所)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、大場泰正(大谷刑部)、中越典子(花野)、壇蜜(尼僧妙善)、西岡徳馬(前田利家)、松山ケンイチ(直江兼続)、麿赤児(島津維新入道)、久保酎吉(本多正信)、春海四方(安国寺恵瓊)、堀部圭亮(八十島助左衛門)、三浦誠己(島津豊久)、たかお鷹(長寿院盛淳)、橋本じゅん(毛谷主水)、木場勝己(語り部)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギフト 僕がきみに残せるも... | トップ | ザ・ウォール / The Wall »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初芽 (まっつぁんこ)
2017-09-10 21:17:46
フィクションでしょう。
大名の妻女だって不確かなくらいですから確かな記録はないと思われます。(^^♪
歩いた関ケ原 (もののはじめのiina)
2017-09-16 11:34:23
ちょうど去年に、関ケ原を歩いたし 司馬遼太郎の大作はほぼ読んでいるので、興味深かったです。

大河ドラマを映画にまとめようとすると、端折らねばならず消化不足が出てしまうのでしようか・・・。


忍者とのからみも、関ケ原を少しはとらえ易くしょうと努めたのでしょうね。きっと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画 「 関ケ原 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
歴史上有名な「関ケ原の戦い」が映画化されました。多くの人が知っている物語だけに、どのように描くかがこの映画の見所なのかも知れません。結末が分かっているだけに、この映画......
関ヶ原 ★★★ (パピとママ映画のblog)
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突し......
「関ケ原」:なんだか総集編のようで (大江戸時夫の東京温度)
映画『関ケ原』は、(やけに低く評価された)傑作『日本のいちばん長い日』('15)
関ヶ原 (ネタバレ映画館)
メイクアップに圧倒された。
関ヶ原  監督/原田 眞人 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  役所 広司  有村 架純  平 岳大  東出 昌大 【ストーリー】 豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成は、天下取りの野望に燃える徳川家康と対立を......
関ヶ原 (映画的・絵画的・音楽的)
 『関ヶ原』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て良さそうと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1600年の戦いの前日の関ヶ原。  ススキの生い茂る野......
『関ヶ原』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「関ヶ原」□監督・脚本 原田眞人□原作 司馬遼太郎□キャスト 岡田准一、役所広司、有村架純、平 岳大、東出昌大■鑑賞日 8月27日(日)■劇......
「関ケ原」、あの関ヶ原の合戦を石田三成がわから描いた大作。 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) 歴史もの好き ☆☆☆★ 世に有名な関ケ原の合戦。でも、案外中味はよくわからない人が多いのでは。 司馬遼太郎の原作を映画化。石田三成を中......
劇場鑑賞「関ヶ原」 (日々“是”精進! ver.F)
大一、大万、大吉… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250001/ オリジナル・サウンドトラック 関ヶ原 [ 富貴晴美 ]
「関ヶ原」(2017 東宝=アスミック・エース) (事務職員へのこの1冊)
わたしたちは関ヶ原がどのような結末を迎えたかを知っている。日本のほぼ中央で、ふたつの勢力が激突。ある人物が寝返ったことで、この大勝負はわずか半日でけりがついてしまう......
関ヶ原 (花ごよみ)
司馬遼太郎の小説を映画化。 岡田准一、役所広司、 平岳大、有村架純らが共演。 監督は原田眞人。 石田三成を中心に 関ヶ原の合戦の真実を描く。 すごい数のエキストラ 西軍、東軍......
関ヶ原 (あーうぃ だにぇっと)
関ヶ原@イイノホール
『関ヶ原』『スキップ・トレース』をトーホーシネマズ新宿7と8で観て、どっちもモヤ...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
同日鑑賞2本をまとめてレビュー。 ◆『関ヶ原』トーホーシネマズ新宿7 ▲かーいー。 五つ星評価で【★★沢山人が出てきて整理されない】 何回か見ると面白くなってくるか......
関ヶ原 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 日本  時代劇  監督:原田眞人  出演:岡田准一      役所広司    
関ヶ原 (映画と本の『たんぽぽ館』)
渋めの歴史ドラマ * * * * * * * * * * 関が原の合戦に至るまでの石田三成の物語。 私、以前は石田三成には好印象がなくて、 どちらかと言えばキライな人物......
関ヶ原 (だらだら無気力ブログ!)
149分で纏めるには無理があったかな。
映画・関ヶ原 (読書と映画とガーデニング)
2017年 原作・司馬遼太郎「関ヶ原」 石田光成(岡田准一)が幼い頃、豊臣秀吉(滝藤賢一)に取り立てられるきっかけとなった茶の一件から、天下分け目の戦い=関ヶ原の合戦ま......
関ケ原 (もののはじめblog)
石田三成の「旗印」は、「一人が万民のために、万民が一人のために尽くせば、天下の人々は幸福になれる」の意。 石田三成を演じた岡田准一は、そろそろ俳優業で一本立ちしたらと......
『関ヶ原』('17初鑑賞98・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月29日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:45の回を鑑賞。
[映画『エル ELLE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品! これが観たいから、いちいち、そこでしかや......