極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

古色蒼然選挙

2017年10月11日 | 環境工学システム論

    

                                 
                         梁恵王篇 「仁とは何か」  /  孟子        

                                

       ※ 真の勇気:宣王が孟子にたずねた。「隣国と交わるのに、なにか取る
         べき道がありますか」。「あります。こちらが大国であっても、小国
         を見下さずに交わるのが、仁者の道です。たとえば湯王が葛伯(かっ
         ぱく)に対してとった態度、文王が昆夷(こんい)に対してとっこ態
         度がそれです。こちらが小国であっても、大国に交わって手出しをさ
         せないのが、智者の道です。たとえば大王が獯鬻(くんいく)に対し
         てとった態度、勾践(こうせん)が呉に対してとった態度がそれです。

         大国であっても小国を見下さずに交わる君主は”天を楽しむ”人です。
         小国であっても大国に交わって手出しをさせない君主は”天を畏れる”
         人です。”天を楽しむ”君主は天下を保ち、”天を畏れる″君主は国
         を保ちます。詩経に、『天の威光をかしこみ かくてよく国家を保つ』
         とあります」。「なるほど。しかしわたしには悪い癖があって、つい
         血気にはやってしまう」。「小勇はお慎みください。柄(つか)に手
         をかけ、目をいからせて『やれるものならやってみろ!』とどなるの
         は、しょせんは匹夫の勇、せいぜいひとりを相手にする勇気です。勇
         気を持つなら大勇をお持ちなさい。詩経には、『王はかっと怒り給い
         兵どもを整えて 菖(きょ)に行く軍をおしとどめ 周の幸いをあつ
         くして 天下の期待にこたえられる』と、ございます。これが文王の
         勇気です。その怒りによって、人民の生活の安定がもたらされたので
         す。 書経には、『天はこの世に民を降し給うた。君をたて、師をに
         て給うたは、上帝を助け、くまなく民を恵むため。罪ある者を懲らし、
         罪なき者を恵むこそ、わが責務。わが志を妨ぐる者は許さぬ』と、ご
         ざいます。天下に一人でも狼籍者がのさばることは、自分の恥と考え
         る、これが武王の勇気です。その武王の怒りは、人民の生活を安定さ
         せるものだったのです。あなたも怒るなら天下万民の生活を安定させ
         る怒りをお持ちになりなさい。それなら人民のほうでも、あなたが勇
         気を捨てることを心配するようになるでしょう」

         【解説】”怒り”は、欲求不満を燃料としたエネルギーである。それ
         は、対象を攻撃し、破壊する。したがって、怒りを発するには勇気が
         いる。その怒りが何にむけられ、何を破壊し、何をもたらすか、が問
         題なのだ。さて、Might is right(力は正義なり)は外交場裡の最高原理
         とされる。たしかに現実にはそれを証明する例が数限りなくある。し
         かしRight is might(正義は力なり)こそより高い原理ではないか。正
                  義とは天の道、その具体的表現は人民である。人民の心は、どんな武
                  力をも粉砕る。力だけに頼る外交は最後にはかならず失敗する、とい
                  うのだ。この道理に従えば、米朝の二人の指導者の言動は”子供の喧
         ”に見えてしまう。

 

    No.82

 【エネルギー革命ど真ん中 Ⅱ】

【風力発電篇:世界全体はひとつの深海風力発電所



● 3百万平方キロメートル海洋風力発電所で全世界の電力が賄える

10月9日、カーネギー科学研究所のグループの調査によれば、北大西洋の海洋風力発電は海上での平均
風速は理論上、陸上風力タービンの5倍以上のエネルギー変換が可能で、風力タービで再生可能エネルギ
ー創出さできるが、これまで
実際に電気量増加できるか不明であった。陸上風力発電所の最大発電効率限
界が存在する。大西洋海洋の
大気が、内陸の大気よりも、より多くのエネルギーを取り出せることを実証
した。この原因は主に、大量の熱が北大西洋――欲に冬の間大気に――放出され海洋環境の風力発電の方

が、地上の風力発電所より高い発電レートを維持することができる。



風力発電の風力タービンは、連続的に表面風の運動エネルギーを電気に変換、風力から運動エネルギーを
消費し、風力原則させ、風力発電の発電量を決定する。これまでのい研究では、大規模な風力発電での陸
上発電の割合は、1平方メートルあたり約1.5ワットであるが、海洋環境の潜在的な風力発電所の発電レ
ートをモデル化し、季節変動するのにもかかわらず、年間発電電力量が1平方メートル当たり6ワット超
の地域であることを特定する。また、シミュレーションでは、海洋の特定領域で、海洋上の大気循環パタ
ーンは、海洋表面で利用可能な限られた運動エネルギーとは対照的に、風力発電は、上層の対流圏の運動
エネルギーをも活用可能であることを示唆。内陸部で観測された風力発電量33倍の風力発電を維持して
いる。この成果から、商業規模の海洋風風力タービンで、約300万平方キロメートルの広範囲の海洋風
力発電は、現在の世界の年間エネルギー需要である18テラワットが供給できると推測している。因みに、
地球の総海洋面積は、約3億6106万平方キロメートル故、3百万平方キロメートルは、約0.83%
である。

【蓄電池篇:2030年蓄電池定置型市場は17~38倍】 

10月6日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、定置型蓄電池のコストが2030年までに最大
66%低下するとの見通しを発表している。下落する蓄電池の価格は、今後設置される定置型蓄電池の設
備容量を少なくとも17倍まで成長させ、多くの新しい事業機会や経済の活性化に繋がる可能性がある。
これは今月4日~5日に東京で開催された「Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)」の会合で同機関が発
表した調査報告書「蓄電池と再エネ:2030年までのコストと市場」による、主要国の電力システムに
おける再生可能エネルギーの比率が2倍になれば、蓄電池の設備容量のグローバル合計は最大3倍まで成
長すると試算。



同書では、蓄電池でも特に定置型の用途に焦点を当て、全世界で設置されている蓄電容量の大半(96%
)を揚水発電が占めているものの、規模の経済や技術革新によりiイオン蓄電池やフロー電池といった代
替蓄電技術の開発や普及が急速に進む。また、蓄電池は、運輸交通分野などのセグメントにおいても低炭
素化をけん引する。代表例として、電気自動車(EV)の蓄電池の性能向上が著しい。2010年から16
年末までの間に、運輸交通用途でのLiイオン電池のコストは最大で73%下落。現在、蓄電池の課題の一
である寿命についても、30年までに、Liイオン電池のカレンダー寿命は最大で約50%、充放電回数(
サイクル寿命)は最大で930%向上すると予測。Liイオン以外の蓄電池技術も低コストかするとする。
体的には、ナトリウム硫黄(NAS)電池で最大60%、フロー電池で67%、300年までにコストが下
落すると予測。大容量フロー電池では初期投資コストが高額となるが、フルサイクルでの寿命が1万回を
超えるものも多く、使用期間中のエネルギー・スループットに見合ったコストになるしている。





● 温暖化ガスを大気圧常温プラズマで有用物質に変換

10月7日、リバプール大学の研究グループは、二酸化炭素とメタンを液体燃料や化学物質に直接変換し、
貴重な化学原料を生産しながら温室効果ガスの排出を削減する実験成果を公表。化学誌「Angewandte Che-
mie」
に掲載された論文(上図)によると、二酸化炭素とメタンガスを常圧、常温下でプラズマ処理するこ
とで、高価値の液体燃料や化学物質(酢酸、メタノール、エタノール、ホルムアルデヒドなど)を直接合
成することに成功する。従来法――触媒を使い、高温、高圧下のエネルギー集約的な合成ガス生産法より
を簡単、廉価な化学合成プロセスとなる。これらの結果は、非熱プラズマ処理すると、メタンフレアで二
酸化炭素が特定触媒を介し直接変換(=プラズマ化学反応)で、目的化学物質を選択的生産することが可
能となる。 

プラズマ処理により構成元素分離活性化(第4状態:非固体・液体・気体状態)し、電気的に帯電したガ
ス混合物となったプラズマは、燃料/化学物質合成化される。
非熱プラズマでは、気体温度は低く(室温
)、電子は、存在する不活性分子(二酸化炭素、メタンなど)は、風力/太陽光発電などの再生可能エネ
ルギーの1~10エレクトロンボルト(eV)で高エネルギーのラジカル、励起原子、分子およびイオンを
含む様々な化学反応種を生成し、これらのエネルギー種は、比較的低温で生成され、様々な異なる反応を
開始する。このプラズマ・システムは、拡大縮小可能な柔軟性をもちあわせ、プラズマプロセスの高い反
応速度/定常状態の迅速達成は、他の熱プロセスと比較して、全エネルギーコストを著しく低下させ、短
時間に効率的に生産できることが特徴である。この魅力的なプロセスは、メタン放出を貴重な液体燃料/
化学物質に変換し容易に貯蔵および輸送することで、石油/天然ガス田から放出される地球温暖化ガスの
削減に役立つ。因みに、世界の天然ガス供給量の 約3.5%(約1500億立方メートルのガス)、また
石油/ガス田からの3億5千万トン以上もの排出されている二酸化炭素を削減できるこもしれない。

 DOI: 10.1002/ange.201707131

Fig. 3  Effect of the CH4/CO2 molar ratio on the selectivity for oxygenates without a catalyst (total flow rate 40 mL 
           min−1, discharge power 10 W).

● 今夜の寸評:古色蒼然選挙

彼女が部屋にきて、今回の選挙の意味がわからないというひとが多いと言う。党利党略の解散で憲法第7
条に違反の可能性があり、欧米ではすでに解散権を禁止(歯止め)を高じているのに、権力専横がまかり
通るのはアジアや後進諸国ぐらいだよ。自公政権は何か前向きなことを掲げている様子もないし、古色蒼
然選球だよだねと返事をしておいた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私がいつかはやらなくてはな... | トップ | 帰ってきたドクターX »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

環境工学システム論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。