平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

BS1録画のお願い

2010-03-31 23:04:21 | Weblog
 NHKの『Begin Japanology』が、春の改編でBS1(4月2日 金 午後4:00~4:30)に変更されました。新シリーズらしいのですが、僕の所ではBSが入らないので、どなたか録画をお願いします。

 『Begin Japanology』は、僕が2年間に渡り録画し続けたもので、DVDに焼いたものが溜まったら、不定期でアメリカの日本語学習用に送っていました。アメリカでは、経済破綻から教育費の予算が削られ、各州の学校で行われている日本語教育も危機に陥っています。

 本来なら、日本語キーボードのノートパソコン(ACアダプタ電源がアメリカと共通)や、日本語のWordなども日本語教育の現場に送りたいところですが、アンチが邪魔をするので僕が表に出る事は出来ません。それで、上記の内容を主体に、規模の小さい有志という形で支援活動をやってきました。ですから、完全にボランティアであり、礼金も対価も支払うことは出来ません。

 録画の条件は、バイリンガルをそのまま収録することで、英語と日本語がステレオの左右から聞こえる状態にします。DVD一枚に4回分を収録するので、収録時間はNHK番組宣伝の最後の一分を削って29分間とし、容量は1.05G以下にします。Mpeg2録画のビットレートで言うと、5Mbps以下が適当となります。音声は192Kbpsで大丈夫です。

 4回分が収録できたらプリンタブルの表が白いDVDに焼き、何も書かずにプリントできる状態で送ってください。三ヶ月に一度くらいの割合で送ってもらえれば、ラベルをデザインしてプリントします↓。



 テレビ録画できるパソコンでも、BSチューナーからの出力をキャプチャーカードのライン入力につなぎ、パソコンテレビ側でライン入力やコンポジット入力(あるいはS入力でも)にすれば録画できます。

 ということで、可能な方はメールをください。録り忘れや失敗や放送時間変更を考慮すると、経験的にやはり一人では不安なので、出来れば複数の方の応募を期待します。

 なお、緊急ですので間に合わない場合に備えて、録画できる方はVHS(標準モード)での録画をお願いします。

      エフライム工房 平御幸
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国選手の唾吐き事件

2010-03-30 03:02:18 | Weblog
 前回に書いたメダリストの公式会見ですが、韓国選手が真央ちゃんに唾(つば)を吐(は)きかけたという書き込みがあり、また↓のAAも作られていました。



 流石にこんなひどいことはするはずがないと、僕も韓国選手を弁護する姿勢で映像を確認しました。やはり、真央ちゃんへ唾を吐きかけたというのは誤解で、唾はレピストへの威嚇(いかく)で吐き出されたものでした。どうでも良さそうなことですが、事実誤認は避けたいのであえて書くことにしました。

 僕も生まれた土地柄、少年院に入るような柄の悪い連中のことは知っています。柄の悪い人間というのは、心の持ち方が悪くて、悪霊に憑依(ひょうい)されている状態なのです。ですから、海の男に多い粗野とは違います。粗野は純朴であり、心根に悪気はありません。

 しかし、悪霊に憑依された者は、何かにつけて悪い本性が現れるのです。肉体は神の器(社~やしろ)ですから、ふさわしくない悪霊が入り込もうとしても、肉体が拒絶するのです。だから、憑依という形で密着するしかないのです。大部分は背中に憑依(要するにオンブ)しますから、憑依された者は顎(あご)を突き出して、背中が丸くなります。韓国選手の姿勢のように。

 韓国選手は今までにも、表彰台でのベロ出し、馬鹿にしたフフン笑い、背後からの恐ろしい形相などで、何度も真央ちゃんと同じフレームに収まってきました。これは、韓国選手に憑依している悪霊が正体を現した瞬間なのです。ですから、韓国選手自身にはほとんど意識がありません。

 今回の唾吐きは、会見に遅れてやって来た真央ちゃんの席に、嫌がらせの私物を置いていた韓国選手に対し、レピスト選手が注意したことから始まるようです。その後も真央ちゃんの会見中に携帯電話を弄(もてあそ)んでいた韓国選手を、気の強いレピストが睨み付けました。こうなると、根がヤクザの韓国選手は面白くありません。そこで、韓国選手と眼(がん)の飛ばし合いに発展したのです。韓国選手は喧嘩(けんか)腰だったので、唾を吐いたのも記憶にないでしょう。

 『天使達のゲマトリア』で書いたのですが、バンクーバーの上位選手をゲマトリアの九つの升目に数字順に配置すると、レピストと鈴木さんは韓国選手の隣となるのです。この配置が絶妙で、レピストと鈴木さんが韓国選手にプレッシャーをかける図式となります。この圧力が、公開の場で表沙汰となり、刃傷松の廊下(にんじょうまつのろうか)の一歩手前に発展してしまったのです。

 韓国選手はおそらく、レピストのようなタイプの女性にコンプレックスを持っているのだと思います。力や金ではなく、極めて透明な価値観を人生に求めるように見えるレピストは、なにもかも韓国選手の対極にあるのです。フィンランドのスケート連盟がカナダ寄りだったとしても、レピストには関係のない話だったでしょう。韓国選手が携帯を弄んでいたのは、注意されてプライドを傷付けられ、メンツを取り繕うと焦っていたからで、唾吐きに至るまでの因果関係がはっきりしています。

 表彰式の時に、「HI SLICHS」と掛かれたバナーが一瞬映りましたが、掲示板では「ナメクジ」とか「よぉ、ズルイおばさんたち」という注釈が付けられています。これは、出てこなかった天野スペシャリストを除く、レフェリーのゲイル女史とコーラーのヘンリクソン女史に対する抗議だと思います。もちろん、韓国選手上げによる被害選手のファンなのだとしたら、韓国選手も標的でしょうけど。一文字で、その両方を指し示すことの出来る言葉を選んだのは、偶然かもしれませんが凄いですね。コストナーファンかなと思いました。



      エフライム工房 平御幸
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ワールド総括

2010-03-29 02:53:38 | Weblog
 ようやくフリーの映像を見ました。真央ちゃんは二つのトリプルアクセルは硬かったけど、その後は今期最高レベルでしたね。掛け値なしに220点が妥当だと思います。

 真央ちゃんで気が付いたのは、ショートプログラムの開始前に、たくさんの声援にウルウルしていた事ですね。敵や仮想敵で孤立していたシーズン当初に比べれば、天と地ほどの精神的な違いがあります。この声援に応えるのが天才の仕事です。天才真央が、ようやく「才能に奉仕する」という天才ならではの役割に目覚めたかのようです。もう恐れるものは何もないはずです。

 SP首位の未来ちゃんですが、コーチと一緒に韓国選手をベンチマークして、韓国選手がやれるものは全て身に付けるという、驚異的な成長を遂げました。それが高得点の理由なのです。コレオグラファーのローリー上げだと主張する馬鹿は、自分の盲目を呪うべきです。未来ちゃんには、真央ちゃんへのメッセンジャーという役割もあり、未来ちゃんを応援できなかった人は、間接的に真央ちゃんの足を引っ張ったのです。

 安藤美姫さんは、良くも悪くも達観して欲が無く、点数を下げられても腐らないで自己探求に徹しました。本当なら表彰台がふさわしいのでしょうが、選手としてはまだまだチャンスがあると思います。もっと欲を出してと言いたいところです。鈴木さんはやはり、ピークが過ぎて可哀想でした。

 外国選手の中では、コストナーの復活が印象的でした。ロシェット同様、バンクーバーでの真央ちゃんの姿勢に刺激を受けたのかもしれません。今回は随分と下げられましたが、はっきりと物を言うタイプなので、腹黒いジャッジがいじめたのでしょう。安藤さん共々、台乗りでも良かったくらいです。

 レピストは、僕がずっと書いてきた選手なので、今回の銅メダルは神様の祝福となります。表彰台に上がる前から涙を流していましたから、よほど嬉しかったのだと思います。レピストは天才タイプではなく、コツコツと積み重ねてきた結果が今の演技です。メダリストへの公開質問の場でも、真央ちゃんの受け答えを姿勢を正して聴いていました。携帯をもてあそんでいた韓国選手とは月とスッポンです。この場にいられる事の幸福と責任を理解する知性があり、この真摯な態度があったからこそ、遅咲き(とは言っても21才)でも彼女なりに花を咲かせることが出来たのです。

 若手の中では、ロシアのマカロヴァが印象的でした。溌剌(はつらつ)として、果敢に挑戦するスタイルは好きですね。終始やる気が無くてグダグダの韓国選手より上でしょう。未来ちゃんはフリーの直後は落ち込んでいたようですが、賢い選手なので切り替えも早かったようですね。経験を積めば強くなると思います。コーチの3-2指示を無視したであろうショートの3-3ですが、これからも果敢にチャレンジして欲しいと思います。

 最後に、今シーズンは、韓国がISUやIOCを金で支配した暗黒の年でしたが、その闇の中に、世界と日本を救う光を導き入れた真央ちゃん達に心から感謝したいと思います。ジャッジに首をかしげるファンだけでなく、不可解な点数に苦しむ選手の間にも、勇気と希望をもたらした功績は計りしれません。それに比べれば、男子は未だに戦っておらず、金メダルの高橋君でさえ日本スケ連の傘の下です。日本中の男の奮起に期待します。

      エフライム工房 平御幸
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

真央の勝利~終わりの始まり

2010-03-28 02:49:58 | Weblog
 真央ちゃん優勝しましたね。これだけジャッジが下げても文句なしの勝利です。おめでとうございます、と同時に心から敬意を表したいと思います。そして、安藤さんも鈴木さんも未来ちゃんも、本当にお疲れ様でした。

 ショートプログラムの後で、小さなメダル授与のセレモニーがありました。プレゼンターは天敵のクリック婦人ではなかったかと思います。やはり、ISUのシナリオは韓国選手のトップ通過にあったのです。それを阻んで別のシナリオに書き直したのが神様ですね。

 セレモニーでは、ショートプログラム金メダルの未来ちゃんと、銀メダルの真央ちゃんが並んで立ちました。これで、表彰台とは違いますが、真央ちゃんの隣を占めたいという未来ちゃんの念願が叶ったわけです。また、このときに、未来ちゃんの持っている紫色の熱田神宮のお守りが、霊力となって真央ちゃんの力となったのです。未来ちゃんは、この役目のために選ばれたのであり、始めでも終わりでもない滑走順で分かるように、ここでお役御免だったのです。自力で表彰台に立つには、まだまだ真央ちゃんから学ばなくてはなりませんね。



 このように、小さなメダルのセレモニーを見届けて、僕は真央ちゃんの優勝を確信しました。しかし、競馬の毎日杯でルーラーシップが出遅れて負け、昨年のダービー馬のロジユニヴァースも日経賞で復帰戦を飾れず、武豊騎手は毎日杯の落馬で骨折。この流れは、フリーでの壮絶な戦いの雛形であり、出遅れた韓国選手の負けと共に、武騎手の骨折のような犠牲も予想されました。この儀式の生け贄は、安藤さんと未来ちゃんでしたね。

 ドバイで行われている競馬のワールドカップ・デイですが、先ほどのシーマクラシック(2400m 芝)で、ブエナビスタは不利があって下がりながら、小差の二着に突っ込んできました。今日の真央ちゃんの下げられてのフリー二位と同じです。

 日本人選手も未来ちゃんも、邪悪で巨大な組織や企業という怪物を相手に戦った結果、世界はISUの点数操作に気が付き、プルシェンコだけでなく、元選手や解説陣からも本音が聞かれるようになってきました。真央ちゃんたちの血みどろの戦いが、言論統制や提灯記事で真っ黒だったマスメディアも動かし始めたのです。彼らにとっての本当の戦いはこれからです。そういう意味では、まだ終わりの始まりに過ぎないのです。

 ジャッジの偏向の理由の一つに、チンクアンタISU会長による定員の削減方針があります。大会コストを抑えるという名目で出場選手も減らそうとしているようですが、ジャッジの数を減らすという切り札がある以上、ジャッジの中からISUの方針に逆らう者が出るはずもありません。ISU改革は、こういう運営面も含めた視点から行われなくてはならないのです。スポンサー資金を持って来られる日本の関係者が、ISU理事として力を持つ必要があるのです。それが、在日企業である電通独占の運営を潰す手始めとなります。

 真央ちゃんたちは、現行制度の悪と欠陥を世界に知らしめる働きをしました。普通の戦いではなく、組織を敵に回しての中で勝ち取った勝利ですから、今回の金メダルは本当に価値があります。そして、飛んで火に入る夏の虫という諺(ことわざ)のように、目先の誉れのために韓国選手とパトリック・チャンは銀を自らかけたのです。悪魔の恐れる銀は、彼らにとって致命的な呪いとなることでしょう。

 26日の出来事ですが、曇り空を眺めていたら、左に流れる手前の厚い雲の向こうに、筋状に流れている雲があります。しかしよく見ると、向こうの雲は反対方向の右側に流れているのです。『天空の城ラピュタ』に出てくる龍の巣を思い出しました。龍の巣が出てきた以上、龍退治も佳境を迎えるというわけです。そして、六月には宇宙から探査機はやぶさが帰還します。ハヤブサを神の姿としたのものが、古代エジプトのホルス神です。僕は、ホルスはエフライムの兄マナセの神格化だと思っています。エフライム陣営に心強い味方が戻ってくる。絶対神イエスの左目がホルスの目。六月に向けて、あちこちで大きな動きがあるかもしれません。

      エフライム工房 平御幸
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

想定された女子SP

2010-03-27 03:00:05 | Weblog
 トリノの世界選手権は女子のショートプログラムが行われましたが、韓国選手がフリーの最終グループ落ちという不調やらで、会場は異様な空気になっている模様です。

 韓国選手の不調は想定されたもので、本人も弱気の発言だったし、本番用のコスチュームを着た練習でもミスばかり映っていました。これは、買収と五輪憲章違反という悪目立ちしたバンクーバーの反省から、陣営が今回は目立たないように作戦を練った結果だと思います。それでも、高い点の出るはずの安藤さんがこけたので、本人の想定よりは点が低かったのではないでしょうか。

 フジテレビのスポルトですが、滑走順によっては男子のように生放送を行えたのです。真央ちゃんがニュースの最中、そのグループが終わったのが0時40分頃。韓国選手の最終グループの直前に整氷が入り、一番手の未来ちゃんの点がでた頃にスポルト終了。不調とうそ吹いていた韓国選手は、真央ちゃん共々、最初からスポルトの時間外に置かれていたのです。もちろん、整氷はスポルトの時間に合わせていたのでしょう。

 バンクーバーでやりすぎたISUは、大スポンサーの日本を失いたくないために、男子の高橋優勝は絶対に必要でした。4回転持ちの高橋君もバンクーバーより良い演技で応えましたから、ここまではISUの想定内でしょう。しかし、韓国選手の疑惑が肥大化し、トリノのファンは目を皿のようにして待ち構えています。実際、真央ちゃんに対する声援は、判官贔屓(はんがんびいき)の要素が加味されたものだったと思います。

 このような雰囲気の中で、火中の栗を拾う馬鹿なジャッジは誰でしょう?そこで選ばれたのが、日本人なのに反日のジャッジである天野氏です。天野氏のスペシャリスト起用は、リスクを押しつける形で決められたのです。韓国選手を上げても天野氏と日本が批判される。会場のバナーはアコムとマルハンだけが在日企業で、ジュニア世界選手権を唯一サポートしたシチズン、それにオリンパスが日本企業です。韓国サイドとしては、随分とやる気のないサポートです。

 真央ちゃんの得点が伸びなかった頃から、会場はブーイングが飛び交う異常な空気が支配したそうですから、キャリアの浅い天野氏では大会をコントロールできなかったでしょう。それで、韓国選手以降が低く抑えられるという結果になったようです。

 ところで、ちょうど真央ちゃんの時間帯に、韓国海軍(笑)のコルベット(哨戒艦)が沈没というニュースが飛び込んできました。14番艦のPCC-772号らしいですが、北朝鮮の攻撃とも、機雷に触れたとも、今のところは情報が交錯しています。しかし、沖縄にF-22ラプターが緊急配備されたばかりという時期、米側の工作も考えられます。

 というのも、船は女性名詞で、女子のプログラムに合わせた感があります。韓国の軍艦が沈没して、韓国選手も沈没。SPのグループ分けは、救世主の第9グループは美女揃い。対して、十本の角の獣を連想させる第10グループに韓国選手が入り、最初が未来で最後がレオノワという、獅子をシンボルとするユダ族のイエスの言葉から、「始まりであり終わりである」となっています。14番艦PCC-772号の名前は「天安(チョナン)」で、スペシャリストが天野とは出来過ぎです。まるで天の意志であるかのように。

 怪しい情報によると、CIAを含む工作員やスパイも僕のブログをチェックしているそうですから、僕が以前に書いた『天使のゲマトリア』を応用して、滑走順を決めたのかもしれませんね。僕がなかなか更新しないのにアクセスが減らないから、誰が覗いているのかと思っていましたが…。まさか、韓国海軍のコルベット沈没が、未来ちゃんのSP曲『パイレーツ・オブ・カリビアン(カリブの海賊)』にシンクロされていたとしたら、筋書きを書いている局員はなかなかユーモアがあることになります。

 ということで、あちこちで焦(きな)臭くなってきましたから、偽キリストにはくれぐれも注意ですよ。不安をあおる報道と発言には、極めて冷静な分析が必要となります。真央ちゃんのフリーの警鐘が響くとき、もしも何かが起こったら、僕もスピーカーを作っている場合じゃなくなるかもしれません。あっ、スピーカーとは拡声器という意味もあり、警告というメッセージでもあるのですよ。沈没したコルベットはASW型。僕が作ったスピーカーもASW(アコースティック・スーパー・ウーファー)でしたね。

      エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妄想は裁けない

2010-03-25 14:56:46 | Weblog
 児ポ法改正案(児童ポルノ規制強化法案)について、偽ユニセフのアグネス・チャンだけでなく、とうとう統一協会も乗り出してきたので、これについての見解を書きたいと思います。

 児ポ法改正案というのは、児童を描いたアニメや画像などの性描写に規制を加えようとするものです。簡単に言うと、ロリコン性描写の二次元表現の規制で、イラストの単純所持も出来ないという厳しいものです。秋葉原を歩いてみると分かりますが、この手のオタクはコアな層を形成しています。

 児ポ法というのはそもそも、最近もあったばかり(外人英語教師の女子生徒暴行)の児童虐待に対処する法律です。映像や写真も含めて、児童を性的な対象にしてはならないという世界的なコンセンサスがあり、これに反対する人は皆無だと思います。しかし、二次元のイラストまで規制するのは問題があります。なぜならば、二次元の世界は妄想の世界だからです。妄想を規制しようと言うのなら、鳩山民主党の数々の妄想も規制しなくてはなりません。

 性描写や性表現のモラルを問題にするのなら、映画やビデオを含めて、昭和三十年代に戻すべきだし、風俗営業取り締まりは徹底し、海外サーバーから垂れ流される無修正動画も規制すべきです。しかし、人畜無害の妄想に対して規制を設けようというのは、このような規制に対して利権が存在することを暗示しているかのようです。金にしか興味のない、豪邸に住むアグネス・チャンが動くというのは、児ポ法改正が利権として金になるからでしょう。

 このような動きに便乗して、金に目聡い統一協会が参加してきたわけです。しかし、エロゲ(エロゲーム)と呼ばれるジャンルは、パチンコと同じく在日朝鮮人のマネーロンダリングに使われているという噂もあります。それならば、規制しても麻薬と同じくアングラの世界に逃げるだけでしょうね。

 ロリコンのコミックやアニメの性描写、それにエロゲに対して僕は興味がありません。また、これらのオタクが実際の性犯罪に走ることも余り懸念していません。性犯罪に走る者は、二次元描写の世界に触発されて現実の行動に移すのではないからです。犯罪衝動を有する者が二次元で慰められる。そいうい側面が実際の犯罪を阻止しているとすれば、行き過ぎる規制は犯罪衝動の助長となる危険があります。

 妄想を取り締まる世界は危険です。妄想を持たなくてもよい世界を構築するべきです。それに必要なのは規制ではなく、家庭の幸福や、人の前向きな気持ちを受け止める社会なのです。児童ポルノを含めた精神障害は、一部遺伝を除き、真の幸福のない家庭の中に原因があります。お互いのエゴを押し付け合う、お互いが自己愛の投影という歪んだ家庭では、純粋だった幼い時に子供の時間は止まるのです。時間が止まった瞬間から、体の成長と心が離反する障害者となるのです。

 肉体は器に過ぎない。大事なのは肉体に収まる精神の方です。神は、人間の営みを全て御覧になり、その心根を噛みしめています。どんな性描写も、神の心を動かすことは出来ません。猥褻というのは、猥褻を受容する心を持つ人にだけ機能するのです。冷めた目には茶番なだけです。二次元規制を声高に主張する人は、きっとスケベ心で一杯なのでしょうね。

      エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻でなくなるとき

2010-03-23 05:31:55 | Weblog
 以前から幻の石として紹介している、ソニーのパワーデバイスV-FETが幻ではなくなっていました。何と、秋葉原に新品が陳列されていたのです。



 秋葉原の若松通商は昨年から、中古のV-FETである2SJ18/2SK60のコンプリメタンリー(+側と-側のセット)を細々と売っていました。バイアス電流のランクが違うので、昔のソニーの製品アンプでそのまま使うことは難しいとされています。僕は、入手した壊れたアンプで用いましたが、回路のパーツを全面的に交換したので使えたようです。

 今回の石は、2SJ28/2SK82という型番で分かるように、世界初のパルス電源(パソコンの電源方式)アンプ(TA-N88という高級パワーアンプ)のパワー段で用いられたもので、僕なんかは憧れの製品でした。どうしてこれが復刻(多分)されたのでしょうか?

 実は、元ヤマハ関係者によるヴェンチャー企業(和製英語)デジタルドメイン社が、名機ヤマハB1の復刻という形でSIT(シット=V-FET)のアンプを製品化しています。でも調べてみると、このSITはデバイスのトーキンが作っていたものをSRCC社が買い取ったもので、ヤマハのオリジナルの2SK77とは違うのに、SRCC社のSSA251を2SK77Bとしたようです。SRCC社も昨年に倒産し、デジタルドメイン社の社長がヤマハのB1をヤフオクで買い占めていたという噂もあり、なかなか興味深い話です。

 話を元に戻すと、このようにソニーの復刻版はデジタルドメイン社とは無関係のようですね。すると、考えられるのは欧米のデバイスメーカーによる復刻です。アメリカの西海岸では、V-FETの新製品が時折開発されているようなのです。ソニーの特許は切れているはずですから、施設と数億円の資金があれば、復刻は難しいものではないのかもしれません。

 V-FETは作るのも難しいそうですが、使うのも難しい素子です。普通のFETやトランジスタと違い、+側のデバイスにマイナスのゲート電圧(入力電圧)をかけるのも変ですが、ゲート電圧がゼロの時に最大電流が(ドレイン-ソース間に)流れるので、前段の断線ほかのトラブルで過大電流で壊れてしまいます。深いバイアス電流が必要だし、100%安全な回路でなくては使えない、お毒味役の居る殿様のような性格のデバイスです。

 しかし、V-FETは独特のポワーンとした音が魅力で、フルートの独奏などでは他のデバイスの追随を許しません。フルートは純音(正弦波)に近いと言われるので、そういう意味では歪みが小さいのかもしれません。でも、ヤマハのB-1は叩き付けるような豪快な音で有名でしたから、僕が修理したソニーのアンプの個性なんでしようね。ソニーのは電源弱いし…。

 日曜のスプリングステークスで、ローズキングダムとサンライズプリンスが負け(どちらも騎手のミス)、相撲でも弓取り式で失敗があり、禁じられた「手で弓を拾う」というおまけまで付きました。やはり、売国民主党政権下の国情が反映されていますね。日本がもっとも輝いていた時代のデバイスが復刻されたことでもあるし、イザナギ・イザナミの国造りもやり直しが必要かもしれません。これからは、文芸復興のルネサンスに倣い、日本の再認識の時代になりそうですね。それが日本の復活のしるしとなるでしょう。

    エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リスク回避

2010-03-19 23:54:34 | Weblog
 スーパーウーファーは片チャンネルだけ組み立ててみました。ステレオ分を一度に作らないのはリスク回避のためです。

 今回の目的は低音の再生にありますが、それだけならユニットを箱の中にしまうASW(アコースティック・スーパーウーファー)方式が楽です。ASW方式というのは日立が開発したもので、ユニットの回りをもう一つの箱で囲い、ユニットからの直接音は耳に入らないようにし、ダクトから放射される低音だけを再生する仕組みです。歪みの少ない超低音も再生できますが、キャビネットは冷蔵庫並みに大きくなります。

 対して、ASWのユニットを取り付けている中仕切りにダクトを設け、ユニットは外に出して、ユニットからの音も再生する方式をダブルバスレフ方式と言います。中仕切りのダクトがない、ダクト一個の方式が普通のバスレフ方式で、バスレフの二階建てがダブルバスレフです。やはり、バスレフでは再生できない超低音の再生に向いています→こちら

 ダブルバスレフ、ダクト2は底板に設置

 今回は、中仕切りと天板とフロントバッフルの取り外し・交換方式とし、ASWとダブルバスレフの両方に変身できる欲張った設計としました。ダクトから出てくる低音は計算式通りにならないことがあるので、あとで調節できるようにとの配慮もあります。中仕切りのダクトを取り外してユニットを取り付けるとASWになります。ダブルバスレフのままだと、中音以上に対して低音と超低音はレベル低下を起こします。何らかの補正が必要となります。

 ダブルバスレフの場合、中仕切りにダクト1が見える

 ASW方式の場合、ユニットが中に隠れる(上に見えるのは取り外したダクト1)

 このように、ユニットの交換やダクトの交換を前提にした、究極のリスク回避の設計ですから、外付けのユニットの場合は30センチ口径にも対応します。ASWの場合、フロントバッフルのユニットを取り外した穴を塞ぐのが一般的ですが、ここにもう一つのダクトを設けても大丈夫です。試しに、中仕切りのダクトを取り付けてみましたが、交響曲ならダクトから漏れてくる中高音と低音が同レベルとなり、迫力のある演奏が再生されます。ギターも良いですが、ボーカルはこもった感じがしてダメですね。

 フロントバッフルの穴にダクトを取り付けた場合(奥にユニットが見える)

 スピーカーの調整用に、MXTVで放映されたカラヤン指揮のドボルザーク『新世界から』を再生しているのですが、テレビ放送のせいか超低音領域がカットされているようです。第二楽章の途中、フルートで始まる旋律の最後にコントラバスのピチカートがあるのですが、この最後の音が再生されませんね。昔のLPで、ジュリーニ指揮の盤には腹に響く低音が入っていました。もっとも、カラヤンの盤は、LP時代から50ヘルツまでしか入っていないと評する人もいましたけど。

 さて、日曜日には皐月賞トライアルのスプリングステークスと、土曜阪神の若葉ステークスがあります。来週の毎日杯で出走メンバーが確定されますが、スプリングSは注目の二歳王者ローズキングダムと、真価が問われるサンライズプリンスが出走します。どちらかが、あるいは双方が全勝ではなくなるのですが、天候が雨模様みたいですから心配です。ワールドを占う一戦となるでしょうか。

    エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五十姓

2010-03-16 18:59:38 | Weblog
 小学生の時に、クラスで成績の悪い生徒は農家が多かったこともあり、僕は農業に対して偏見を持っていました。でも、よく考えてみたら、何でも作る父親と母親は共に青森の農家だったんですよね。父親は長男なのに継がないで、上京して警官をやっていましたが、根が優秀なので無理矢理昇進試験を受けさせられ、とうとう本庁勤務させられたそうです。

 小学校があった仙北町は、秋田の仙北郡からの開墾者が移った地域らしいです。その元々の秋田が優秀でなかったのかどうかは分かりませんが、成績が悪い上に素行も悪いし、うちの庭に入ってきて、池の金魚を殺したりしていましたね。でも、中学の卒業時には、成績も含めてだいぶましになっていました。僕の啓蒙もありましたが。

 今は百姓と表記すると差別用語扱いされますが、百姓とはもともと、百の姓(仕事)を持つ何でも屋さんという意味です。白戸三平の『カムイ伝』には、江戸時代のお百姓さんの多忙さが描かれています。米だけでなく、米を入れる米俵まで自作していたのは驚きです。『カムイ伝』を読むと、マスカキとか手練手管の語源が分かります。どちらも米に関しての仕事の中から生まれた言葉で、計量升とセンバコキ(千歯扱)以前の手作業のコキから来ています。貧しい農家の娘が郭(くるわ)に売られた名残でしょうか。

 両親が農家の出であったためか、僕は自分で作るというスタンスを幼いときから確立していました。僕に言わせれば、ディスプレー専用の模型には価値がありません。模型は何らかの動力で動かして、修理したり改造したりして、最後にスクラップになる運命です。改造するためには、刃物やハンダゴテを扱う必要があり、また素材に対する要求度が高くなります。

 模型であっても、車のサスペンションを作るときに、一番大変なのはアームを支持する部分なんですよね。小学生でも、自分で模型自動車のサスペンション改造をしてみれば、経験的に理解できるようになります。僕は月刊『自動車工学』が小学校高学年時の愛読書でした。

 消費税が導入されたときに、真っ先に打撃を受けたのは、アンプやスピーカーのキットを販売するメーカーでした。完成品は物品税がかかりましたが、パーツを集めて自分で組み立てるキットには税金はかからなかったのです。スピーカーシステムだと税金がかかり、ユニットと板を別々に買うと無税だったのです。このシステムが消費税導入で崩壊し、自作する人が激減することになります。これが、日本の技術力低下の一因にもなっていると思います。

 さて、古くてエッジが破損したスピーカーユニットの修復ですが、エッジは鹿皮や和紙、最近ではウレタンや合成ゴムなどが使われます。メーカーでは凹凸の型でプレス成形しますが、自作では無理なので頭を使います。まず、材料はレコードのクリーナーで使う、レイカクロスのビスコ(Visco)33を用います。これを広げてスプレー糊の77番を塗布し、薄美濃(うすみの)という和紙を貼り付けます。次に、Visco33をもう一枚広げ、同じように糊をスプレーし、貼り合わせた和紙+クロスの和紙側を貼り付けます。これで、クロス・和紙・クロスの三重ラミネートができあがりです。



 次に、厚紙と画鋲と鉛筆で簡易コンパスを作り、合板の上に置いたラミネートに糊代などの同心円を描き、内径と外径は、カッターの刃を厚紙に刺して回転させると切り抜くことが出来ます。糊代の部分は、堅い木やスプーンなどで折り目を入れます。最後に、先端の丸い粘土細工用の篦(へら)でエッジの丸みを付けます。時間があれば、粘土や石膏で型を作った方がきれいに出来上がります。

 こうして作ったエッジを、最初は内径の方から糊やボンドで接着し、エッジの丸みを付けながら外周を接着して行きます。繊維の方向性で丸くならないところがあってもケンチャナヨ。少しくらいの不出来では音が悪くなることはありません。作りたては和紙がパチパチと共振しますが、そのうちにこなれてきます。エッジに丸みを付けないで平らにすると、振動板の影響を吸収できません。パンパンという音を出して使い物になりません。



 マニアが好む鹿皮ですが、重いので僕は使いません。重くなって反応が鈍くなった変化を好む物好きはいますが、エッジは軽い方がよいのです。8センチ程度の口径のユニットなら、エッジの代わりに脱脂綿を引き裂いてケバ立たせ、そのケバで振動板の外周を支えるようにすれば、信じられないほど素直な高音質となります。ただし、ユニット後ろの空気が漏れるので、低音は出なくなりますし、小音量でも振幅が大きくなるので耐入力も小さくなります。

 最後に、タバコの脂で汚れている振動板ですが、ガラスクリーナーやアルコールなどでも除き切れません。そこで、日本画の胡粉(蛤や牡蠣の貝殻を粉にしたもの)や黄土(大半は中国産で黄砂と同じ)でボロ隠しをします。振動板の重量増は0.5g程度ではないでしょうか。それにしても、修理したユニットをつくづく眺めると、僕はいまだ百姓ではなくて、半分の五十姓なんだなぁと思いました。工場と工具と素材が欲しいニダと言い訳ですね。

 
振動板よりも巨大なマグネットを持つフォステクスUP203Sの修理完了

      エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンダメンタル

2010-03-12 20:32:25 | Weblog
 9日の誕生日に珍しく雪が降り、しかも朝から「ものみの塔(エホバの証人)」がピンポンするしで、今年一年の不吉さが頭をよぎりました。四年前の誕生日はジュニア選手権当日で、韓国の不正に気が付いた日でもありました。掲示板に書き込まれた、真央ちゃんに対する筋弛緩剤投与、それに続く工作員による否定の罵倒、すべてはあの時から始まっていたのですね。

 バンクーバーのショックのせいか、神経の疲れが取れ難くなっています。こういうときは、交響曲でもかけて低音をガンガン鳴らすと良いのですが、生憎(あいにく)とバックロードホーンは重低音・超低音再生に不向きなのです。それで、超低音を再生できるスーパーウーファーを企画しました。左右のスーパーウーファーの間を板でつなぐと、90×180センチのベッドになります。ただいま設計中ですが、手に入れた中古ユニットのエッジが風化しているので修復からですね。

 オーディオでは、低音のことをファンダメンタルと呼ぶことがあります。ファンダメンタルとは基音のことですが、ピアノの最低音が31Hz(ヘルツ)、パイプオルガンの最低音は16Hzです。16Hzはすでに風圧で、耳に聞こえる音ではありません。ヤマハなどのメーカーは、ピアノの最低音の31Hzを目指して設計しているのです。

 低音を再生するには条件があり、キャビネットを大きくしたくない場合は、ウーファーと呼ばれるユニットの振動板を重くします。海外製に多いこの方式は、欠点として能率が低くなり、音も生気が無くなります。また100W以上のハイパワーアンプが必要不可欠になります。逆に振動板を軽くすると、今度は冷蔵庫並みの巨大なキャビネットが必要となります。ユニットの口径は、12センチ以上であれば余り関係ありませんが、強力な駆動力=マグネットや強靱なコーンが必要です。

 このように、低音をきちんと再生するには、資金と設置スペースとノウハウが必要となります。ファンダメンタルには金がかかるのです。最近のメーカー品は小型になっているので、大半が40Hz~50Hz前後でごまかしています。僕の作るバックロードホーンも同様ですが、小型だと50Hz~60Hzが限界ですね。40Hzまで伸ばしたかったら、高さが90センチのフロア型にするしかありません。それでもスーパーウーファーが必要となるのです。

 クラシックのコンサートに行くと、オーケストラの重低音は軽くフワッとした響きだと気が付きます。スピーカーから流れてくる重低音とはイメージが違います。これが、ウーファーが重いことによる弊害なのです。このような軽い低音は、小型のキャビネットからは絶対に出すことはできません。ファンダメンタル60Hzのコントラバスが大きいのは必然なのです。

 ということで、ベッド兼用のスーパーウーファーが出来たら、左右のスピーカーの間に枕して、思う存分に低音を楽しみたいと思います。北枕になるのはケンチャナヨ。今日の教訓は、ファンダメンタルというか、基礎には金がかかるという事でしたね。芸術も学問も研究もスポーツも、基礎が一番大事という事では一致しています。基礎のない韓国は嘘と捏造と買収に走る。基礎技術を盗みに来るので、世界の皆さん注意汁。

      エフライム工房 平御幸
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

アイスパワー

2010-03-09 00:22:33 | Weblog
 世間にはアイスパワーというものがあり、フィギュアスケートかと思ったら、スペルがICEpowerという歴(れっき)としたブランドです。しかしその正体は、デンマークのバング&オルフセン(Bang & Olufsen )社の子会社ICEpower社のデジタルアンプです。通常のアナログアンプのように熱くならないのでアイスなんですね。なるほど。

 デジタルアンプは極めて効率が良く、アナログアンプに付き物のヒートシンクや巨大トランスやコンデンサーを必要としません。音の特徴は、見通しがよくスッキリして、雑音もなくパワーもあります。良いこと尽くめのようですが、繊細さやニュアンスといった、微妙な表現力ではどうでしょうかね。僕はデジタルアンプの高級品は聴いたことがないので、評価は保留ですね。

 ICEpowerというのは、ICEpower社の販売するデジタルアンプのユニットなのですが、心臓部のデバイスは日本のサンヨーが供給しています。回路設計とアセンブルがICEpower社なのです。親会社のバング&オルフセンは昔から高級オーディオで知られ、アナログプレーヤーの頃は、日本でもデザインに惚れ込んで使っている人がいました。

 海外製品はブランドが命で、中身を見るとガッカリします。日本だと三万円のローコスト製品が、海外からの輸入品だと15万円の高級オーディオに化けてしまうのです。この内外格差がもっとも甚だしかったのは、パイオニア製のPioneer DV-600という、13000円のローコストDVDプレーヤーです。これが、スイスの高級ブランドであるゴルドムントの手にかかれば、140万円のGOLDMUND Eidos 20に化けるのです。実に、100倍以上の値段の製品です。これを、オーディオの雑誌はべた褒めして推薦していたらしいですね→掲示板

 日本人の海外コンプレックスを逆手に取ったゴルドムントの商魂は逞しいですが、有り難がって買う方は馬鹿みたいですね。こういう馬鹿なオーディオマニアがいたからこそ、コツコツと良い製品を作っていたパイオニアが倒産寸前に追い込まれたのです。最初からパイオニアの高級品を買ってあげていれば、パイオニアがオーディオを縮小することもなかったのです。

 バング&オルフセンはアイスパワーを高級品に限定したいようですが、むしろローコスト製品向きの内容ではないかと思います。又しても、世界中で騙されるオーディオマニアが増えるのでしょうか。死にかけのサンヨーにしてみれば、デバイス供給は渡りに船ですけど。

 オーディオの神様と呼ばれた故長岡鉄男氏は、効率の悪いAクラスアンプを天才にたとえました。コストと電力を無駄(エネルギーの大半は熱)使いし、自らの出す熱のために、命(製品寿命)を縮めてエレガントな音を出すアンプ。アイスパワーはクールな秀才かもしれませんが、効率の悪い天才にかなわない部分があるのです。

 ロシアは伝統的に、非効率の天才が育つ土壌を有しています。世にも希な5拍子のワルツ(『悲愴』第二楽章)の優雅さ。非効率のストーブにあたっていると、チャイコフスキーの交響曲を大音量で聴きたくなりますね。これからは意外に非効率の時代かもしれません。

      エフライム工房 平御幸
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

サムスンの犯罪

2010-03-08 03:32:43 | Weblog
 バンクーバーがサムスン五輪と呼ばれ、様々な悪評を残して終わりましたが、そのトリはフィギュアスケートのエキシビションでした。スケート板からあちこちに飛び火したのでご存じの方も多いと思いますが、日本選手を排除した第二部冒頭のテーマは、カナダの養女となった韓国選手が成長する姿というとんでもない物でした。日本では、テレ東でもNHKでもカットされていたようです。

 このように、最初から韓国選手が金メダルという前提で作られたエキシのストーリーは、ISUとIOC全体が韓国に買収された事の証明になります。北米では、テレビや新聞での韓国選手上げの刷り込みが成功しましたが、日本では韓国選手アンチが増えたので、この10分間の映像はカットされたのでしょう。実際、掲示板では開いた口がふさがらないという反応です。ちなみに、日本でも放送された、子供による「出っ歯のめがね」は日本の侮辱でしょう。

 韓国はここまで恥ずべき事をしているのですが、バンクーバー後という評価の定まる時期に、韓国選手の五輪憲章違反が報道され、スポンサーのサムスンも犯罪者として告発される動きがあります。でもそれは、買収どうのこうのではなく、サムスンというマンモス企業が滅亡しかねない醜聞なのです。

 掲示板の極東には、【wktk】韓国経済ワクテカスレ 280won【サイバーテロ鮮疹国】というような、韓国経済の崩壊をワクワクテカテカ(wktkは略)しながら見守るスレがあります。今度の参院選に出馬する三橋貴明氏(ハンドル名は三つ子の赤字神)や、サポートする渡邊哲哉氏(ハンドル名は代表戸締まり役)で有名でしたが、ここには韓国のお医者さんであるsincerelee氏も書き込んでいました。sincerelee氏は以前から、サムスンの半導体工場で癌が多発していると問題視していました。今回はそれが告発となったのです→【韓国IT】サムスン電子糾弾運動が激化、半導体製造工場の作業員の間にがんが異常発生か[3/5]

 現代社会は世界的コンセンサスとして、企業のモラルを重視し、環境への配慮や従業員の安全に対して厳しい要求を加えてきました。環境アセスメントが企業を縛り、昔のような公害や労務災害は、中国が悪評を独占するかのように報道されています。しかし、ケンチャナヨ(いい加減、適当)精神の韓国が中国の独走を許すはずもありません。実際、掲示板の極東東亜+では、韓国は知れば知るほど公害と労務災害の国だとされています。

 なぜかこれだけは起源主張されない公害と労務災害ですが、韓国では国技でさえある実態から、サムスン工場での発癌が噂から社会問題へ発展するのは時間の問題だったのです。でも、韓国はサムスンで持っていると揶揄される国です。サムスンが傾くと韓国が傾くのです。そのために、最近も犯罪者の会長が特赦で復帰したほどです。ですから、今回もサムスン五輪が終わるまでは押さえつけていたのでしょう。

 バンクーバーの五輪施設で使うテレビはサムスンが提供した物です。しかし、シャープとの特許紛争に敗れ、全製品が撤去の対象となりました。これが、先月に締結されたシャープとの電撃和解の理由なのです。和解内容は公表されていませんが、全面的にシャープの言い分が通り、サムスンは毎年1000億円の支払いが生じたと噂されています。今でも粉飾決算で、国からの補助金でやりくりしているサムスンには致命的です。

 このシャープの勝利に験(ゲン)を担いだのでしょうか、サムスンを告発したメンバーは、Supporters for the Health And Rights of People in the Semiconductor Industry(半導体産業における労働者の健康と権利を守る会)を組織しました。略してSHARPsです <ヽ`Д´> アイゴー。

 サムスンは、この従業員の訴えを無視しているようですが、世界の良識はこの告発を全面的に支持します。安全を無視した工場から出荷されたメモリーは、これを読んでいる読者のパソコンにも入っている可能性が高いのです。一度開けて、中身を確かめることをお勧めします。安物のデルやヒューレットパッカード(コンパック)、ソニーとアップルは怪しいですね。特にアップルは、サムスンやLGという韓国企業とベタベタで、安物パーツに頼って利益を上げた会社ですから、デスクトップも安心できません。

 最後に、サムスンに対する原告団が勝つ条件ですが、シャープの原告団に加わった弁護団を味方に付けることです。サムスンの弱みを握っている弁護士連中ですから、巨大な賠償金ほかをゲットしてくれるはずです。もう一つ、英語での告発サイトを作り、世界に発信することですね。世界が見方になってくれますから。

参考 五輪エキシビションはキムのものだった
http://ameblo.jp/lop-ear/entry-10475146829.html

      エフライム工房 平御幸
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ルールについて

2010-03-06 04:29:48 | Weblog
 最近、精神的な疲れがひどくなっています。その理由は、主に読者のルール無視にあります。

 午前二時過ぎに心配事を書き綴った長文メール(+添付文)があったり、一度で済む事務的な手続きに四回以上もかかったり、自分で調べれば分かることに質問があったり、僕は精神科の医者でもなく、暇な事務員でもなく、小学校の先生でもありません。掲示板で「ググレカス」と罵る気持ちが理解できる今日この頃ですね。

 僕の頭の中は、聖書と教会と古代史、新作の『灰色の鳩』の構想、スピーカーの設計と製作、アンプの修理と製作、デッサンを学ぶ読者のためのガイドの制作、ブログの更新とコメント管理、などで一杯一杯です。その上で、一番苦手なメール管理などの事務的な仕事を行っているのです。長文のメールは読む気にさえなりません。

 ということで、ガイドラインを作成します。

1.メールでの質問は古代史CDの読者に限らせていただきます。それも、代金は古代史のもので、あくまでもおまけです。当然、長文はご遠慮ください。

2.他の読者にも普遍的な質問(共有できるという意味)は特に、ブログのコメントでお願いします。何度も同じ質問されるのは効率が悪いし、第一に、自分だけの満足しか考えない人を尊敬できないからです。自分の質問が、他の読者との間にどのような効果や反応を起こすのか?そういう空気を読むコメントは歓迎です。

3.相談事も基本的に上記1と同じです。エクソシストなどに関しては、メールでは簡単な方法しか教えられません。それ以上を望むときは、往復交通費+宿泊費+αが必要となります。

4.弟子や一部の読者に対するような特別扱いについては、読者の実活動を見てこちらが判断しています。例えば、弟子のブログに対するコメントとか、企画ものへの参加呼びかけへの反応などで決めています。当然、支援金の額だけではなく定期制も判断材料になっています。長文のメールをよこしても特別扱いはしません。

5.上記に関して、弟子などの特別扱いは、新たな教会の隅の石として磨き育てている結果です。古代史や聖書の知識よりも、実活動での人間性に重きを置いています。知識は年数を重ねると自然に身に付きます。

 これは経験値ですが、読者の心配の大きさと支援金は反比例します。コメントやメールで「シンパイダーシンパイダー」とお題目を唱えているかのような読者は、支援金への参加が極めて少ないのです。対して、古代史や聖書を勉強し、僕の苦労が少しでも理解できた読者は、貧しい中からも支援金を捻出してくれます。聖書では、収入の十分の一が神のものとされています。それから見ると、シンパイダーは何も分かっていない愚か者です。

 心配ばかりする者は、信仰がないので心配ばかりし、実りがないので神に対する奉仕(奉納)がないのです。シンパイダーは役に立たないので、二年前に『真央ファンへの十懐疑』で選別したのですが、最近の読者は読んでいないのでしょう。無駄に心配することは、足を引っ張るだけで何の貢献にもなりません。

 最後に、僕の古代史やブログの基本姿勢は、「読者に考えさせる」事にあります。考えることを放棄して脳の皺が足りないスベスベの読者は、「頭は生きているうちに使うもの」という原理原則を忘れないで、考えることの楽しさに目覚めてほしいですね。頭は使うほど良くなる。最近絶好調の弟子のブログが証明しています。これも僕の古代史の隠された効能ですけどね。メール一つで弟子の文才を見抜いた僕は、やはり自画自賛の天才です。

      エフライム工房 平御幸
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マキャヴェリアンの台頭

2010-03-05 02:12:37 | Weblog
 原稿を書く方のパソコン(Windows 2000)の調子が悪くなって、修復しようとしたらクラッシュ。ファイルをサルベージするために、デュアルブートのXPを立ち上げようとしたらこちらもダメ。仕方ないので、XPを再インストールしてみたら、2000のファイルは壊れていませんでした。一月ほどバックアップをさぼっていたので <; `∀´> ホッとしたニダよ。

 三月が来たので、競馬界はクラシックの前哨戦となるトライアルの季節です。日曜日の弥生賞は皐月賞のトライアルレース(3着まで優先出走権)ですが、本命はネオユニヴァース産駒のヴィクトワールピサです。この馬主は冠号としてピサを付けるのですが、未だに大レースのG1は勝ったことがありません。今年は大チャンスですが、母の父のマキャヴェリアンが気になります。

 折しも、今年の世界選手権(23日から)がイタリアのトリノです。マキャヴェリアン(Machiavellian)とは、権謀術数に長(た)けた策士や、権謀術数そのものを指します。語源がニッコロ・マキャヴェリなのは周知の通りで、彼はイタリアのルネサンス期の政治家です。ミケランジェロの彫刻で有名なロレンツォ・ディ・メディチ(メディチ家の当主)に対して『君主論』を献呈したことで知られています。

 『君主論』で語られるのは、アレキサンダーなどを例に取る統治と支配の政治理論ですが、小国家に分裂していた、当時のイタリア半島を統一する第一人者の資格を論じているともされてます。ラテン語のプリンケプスが第一人者で、プリンシパルやプリンスと言った方が分かりやすいですね。マキャヴェリはバラマキを批判しているので、鳩山総理は第一人者として失格です。

 マキャヴェリは、君主には運命(フォルトゥーナ)を引き寄せる技量(ヴィルトゥ)が必要とし、目的と手段の明確な分離を説いています。五輪の金メダルは目的ですが、手段が見境なくなると、韓国のような不正が横行することになります。金メダルを取った韓国選手は、その手段が正しくなかったために、君主としての尊敬は受けられないのです。

 マキャヴェリストとは、目的のために手段を選ばない人と誤解されていますが、本来は、統治のための原理原則を貫く政治家に向ける言葉かもしれません。その原理原則が過酷なものだけに、統治者は優しいだけではダメなんですね。

 ローズキングダムやルーラーシップと言い、今年のクラシック競馬(3才馬の頂点を競う)は、キーワードが統治にありそうですね。そうなると、やはりデビュー二連勝のサンライズプリンスが気になります。皇太子様を連想するビオラ賞を勝っていますしね。有力馬が、ローズキングダム(英国)、ルーラーシップ(米国)、ヴィクトワールピサ(羅馬カソリック)、サンライズプリンス(日本・皇太子)、というのは出来過ぎです。

      エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

作られた偶然?~韓国機墜落

2010-03-03 00:10:51 | Weblog
 韓国からのF-5アタックによりダウンした2chのサーバーは、今日の夕方に目出度く復帰しました。しかし、最初に復帰したサーバーは、韓国選手買収の書き込みでF-5アタックの標的になったスケート板です。次がハングル板で、明らかに意図があります。

 そんな事を考えているうちに、韓国でF5戦闘機が二機墜落したというスレッドが立ちました→こちら他。ここまでで十分に出来過ぎなのですが、詳細が分かってくると抱腹絶倒のシンクロ率です↓。

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:08:43.99 ID:nUbUUQ2v0
 2ch=二機
  f5=F-5戦闘機
ファビョ=ファンビョン山
まだ探せば暗号というかジョークがありそうだな


 ところが、驚いた事に、ハングルの2機は2chに見えるのです。

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 20:28:31.99 ID:we4/ApI60
F5連打→自国のF5戦闘機墜落ww
標的は2ちゃんねる→2機墜落www
墜落場所→平昌(韓国冬季五輪開催候補地)
墜落場所→ファンビョン山www

墜落したF-5戦闘機の愛称がtiger
F5アタックで落としたのが2chのtiger鯖

ハングルだと飛行機は2台と数え、2CHと書く。


 掲示板から画像を拾いました。



 流石に背筋が寒くなります。しかし、怖ろしいのは次の二つです。

【国際】2ちゃんねる攻撃で米企業がFBIと法的措置検討 損害2億2千万円
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267529321/

>2ちゃんねる以外のサーバー利用者にも被害が出ており、中には
>米政府機関に関係するサーバーも含まれていた。

日韓サイバー戦争、韓国人が調子に乗ってGoogleにも攻撃→「インターポール」出動のうわさ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1267523867/

 こうなると、韓国は填められたのではないかという疑いが出てきます。そもそも、韓国選手の買収疑惑から始まったサイバー攻撃です。日テレの『バンキシャ!』では、韓国のジャッジのイ・ジフィが真央ちゃんのトリプルアクセルにマイナス点を付けるところが映されています。この場合も、イ・ジフィだけがグレーの服で、一人だけ後ろ姿でも判別されるようになっていたのです。イ・ジフィも填められたのです。

 イギリスでは保険のロイドのリークがあり、国民銀行が韓国選手の新記録優勝に9000万円の保険をかけていたというものです。ところが、ホルホルと受け取るはずの国民銀行は、なぜか報道を否定しているのです。何か焦臭いですね。

 アメリカは、飛んでいる戦闘機に衛星からプラズマ投射して、機能不全による墜落を誘発できるのです。この場合は脱出装置も働きません。戦闘機が落ちたところは、統一協会が買い占めて五輪誘致する平昌です。その五輪誘致の顔となる韓国選手の買収騒ぎがサイバー攻撃の発端で、なぜか丸一日も放置した挙げ句のFBIの出動。

 以上から推理すると、日テレが手に入れたイ・ジフィの映像も、日テレの裏にいるCIAの関与と見る事ができます。CIAは麻薬市場を統一協会に荒らされていますから、統一協会潰しに関与する理由があります。もしかしたら本当に、五輪憲章違反で韓国選手失格まで持って行くかもしれませんね。

      エフライム工房 平御幸
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加