平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

脅されてたラファエルコーチ

2008-02-28 13:15:40 | Weblog
 ラファエルコーチについて、真央ちゃん担当の和田(IMG)さんからコメントがあったようです。それによると、ラファエル側と解約についての話はしていないことになっています。どうも、情報操作が成されているようで、掲示板でも僕の出番を待ち望む書き込みがあります(誰だ、書いたのは?)。という煽りに乗せられた訳ではありませんが、真央ちゃん側の不安を取り除くために、一つの推理を組み立ててみたいと思います。ポイントは、ラファエルコーチが4大陸に来られなくなったという連絡が入ったのと、韓国選手の4大陸欠場が報じられたのが同じ日だというところにあります。

 ラファエルコーチは韓国に来る予定で10日間のプランを組み、大会4日前に日本で真央ちゃんと合流する予定でした。ところが、大会一週間前に突然、責任が持てないとの理由で来日を拒否してきたのです。変ですね。そして、それと前後する形で韓国選手の欠場が発表された訳です。どちらの決断が早かったのか?それはラファエルコーチの方だと思います。日本にいる真央ちゃんサイドへの連絡が6日ですから、韓国サイドによる同日の夜発表は、ラファエルコーチ来日断念を受けての判断と推測できるのです。

 では、韓国側にとってラファエルコーチ不在の意味は何か?それは、コーチ不在による真央ちゃんの精神的不安の誘導です。すでにテクニカル・コントローラーのスーザン・ハフナーは買収済みでしたから、この材料で真央潰しが出来ると判断したのです。最初から欠場を予定していた韓国サイドは、ラファエルコーチへ来日断念圧力と、欠場報道のリミットを6日に設定していたのです。もしもラファエルコーチが従わなかったならば、韓国サイドは別の手段で真央潰しを画策していたはずです。しかしその目論見は外れ、真央ちゃんはフリーを完璧に近い形で圧勝し、買収されていたコントローラーの面目を潰しました。その怨念が、スーザン・ハフナーによる表彰式でのワンハンド握手となったのです。彼女は、待っている間も両手を後ろ手に組み、いかにも腹に不満を抱えている様子でした。

 電通、韓国、ISU副会長のドレと腹心のスーザン・ハフナーによる真央潰しは失敗し、韓国で真央フィーバーが起こる始末です。これに慌てた悪魔の関係者は、総連・学会・民団・電通などで養っている時給800円のバイトを総動員し、まずは2chで真央叩きを始め、次に日本スケート連盟の旧体制側と結託して、ラファエルコーチと真央サイドの離反情報をリークし、同時に活動を制限していた旧理事の一部活動を認める決定を下します。全て、世界選手権で韓国選手を勝たせるためのプランなのです。

 このように、スケート連盟は真央サイドと韓国サイドで二分されていますから、単にスケ連と括(くく)って批判することは間違いとなります。批判する時は、旧体制側や城田グループという暗黒面を強調する必要があります。電通・ロッテ・在日グループでも分かりやすいかもしれません。対して、新体制側は改革派などの新呼称が必要です。なじみやすい呼び方があればイメージがアップします。

 さて、ラファエルコーチですが、韓国サイドがかける圧力は家族を巻き込んだものとなる可能性が高いのです。度重なる山火事など、もともと手段を選ばない連中ですから、交通事故も心配ですし、何よりも銃規制が緩いので、韓国人による銃犯罪の恐怖は皆さんの知っている通りです。山田先生が追突事故で脅されたように、真央ちゃんから関係者を離反させようと企む時は、必ず脅しという手段を使うことが分かりました。同時にマスコミ規制し、真央ちゃんサイドからの情報は必死に隠し、ネガティヴな事だけが垂れ流されます。

 奴らは焦っている。滅びの近いことを知り、悪魔の眷属は必死になっているのです。真央ちゃんサイドは冷静さを保ち、ネガティヴな情報に左右されず、むしろ相手の手に乗って勝利するくらいの気構えが必要です。今回のことも、日本にいられるとプラスに考えれば良いだけなのです。

 最後に、掲示板に投稿された翻訳を掲載しておきます。元ソースはこちら

345 :氷上の名無しさん:2008/02/28(木) 02:53:24 ID:sQG/LB1h0
"This story is completely untrue," Wada said by telephone Wednesday evening.
"There has been no discussion with Rafael about ending the relationship with Mao."

「そのお話は全く違います」水曜夜の電話での和田
「真央との関係を解消することをラファエルと話し合ったことはありません」

"We never had any type of long-term agreement with Rafael in the first place,"
Wada noted. "But we have not decided to stop working with him."
Wada was especially disturbed by the claims that Mao had been having trouble
adjusting to living and training abroad.
"This is totally wrong," Wada said. "To the contrary, Mao likes training in California.
She can relax and have privacy that she does not in Japan."

「まず、どのような形であれラファエルとの間に長期の契約はありませんでした」和田は言う
「だからといって、彼との契約を解消する決断をしたわけでもありません」
海外に住んで練習をすることをが辛くなって来たという報道に、とりわけ和田は困惑し
「それは全く違います。それどころか真央はカリフォルニアで練習することを好んでいます。
日本ではプライヴァシーを保つことが難しいですが、カリフォルニアではリラックスできます」

347 :氷上の名無しさん:2008/02/28(木) 02:53:50 ID:sQG/LB1h0
Arutunian, who also coaches several other skaters,
had originally planned to come to Japan to work with Mao and then
accompany her to the Four Continents.
"All of the arrangements had been made for his visas and travel," said Wada. "He said he could stay for 10 days. He was going to come to Nagoya for four days
and then go to South Korea."
Wada says Arutunian then changed his plans.
"One week before the event, he told me he had not seen Mao train for quite a
while and was wondering about her condition," she said. "He said he could
not be responsible for her, so she worked by herself and the Japan Skating
Federation stepped in and supported her."

他にもスケーターを教えているアルトゥニアンは、日本に来て真央の練習を見てから、
一緒に4大陸選手権へ行こうと計画していました。
「全ての合意はアルトゥニアンの査証と移動に沿って行われました」和田は言う
「彼は『10日間なら大丈夫。名古屋に4日間滞在した後韓国へ』と言いました」
しかしアルトゥニアンはその後計画を変更したのだと和田は言う
「大会の1週間前、アルトゥニアンは『しばらく真央の練習を見てないし、
彼女のコンディションが心配だ』と伝えて来た。
『これでは真央に関して責任を持てない』と。
だから真央は一人で練習し、JSFが協力することになった」のだと

     エフライム工房 平御幸
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

世界選手権の美姫潰し

2008-02-27 14:36:40 | Weblog
 真央ちゃん陣営がラファエルコーチと決別するという噂は、早朝のニュースのように本当の出来事となりました。ラファエルコーチによってスピンなどが改善され、以前の真央ちゃんとは違う表現力も獲得しました。しかしそれは、ジャンプの停滞という副産物と合わせ鏡にあり、それによってラファエルコーチに対する評価も揺れ動くことになります。

 真央ちゃんが丁度大人に変身する時期に、ラファエルコーチが果たした役割とは何なのでしょう?それは、蝶の幼虫が芋虫からサナギへ変身する過程に似て、最後の羽化の前に冬の寒さに耐え忍ぶ真央ちゃんを、あらゆる敵から守る防御壁の役割です。昨シーズンと今シーズンの真央ちゃんは、羽化のエネルギーを溜め込んでいるサナギ真央だったのです。韓国選手のようなバッタのごとき不完全変体とは異なり、真央ちゃんは華麗に変身する美しい蝶なのです。真央ちゃんは冬にあったのですから、寒冷地出身のコーチに巡り会うのも当然です。ラファエルコーチは、御自身が気付かない大仕事を成し遂げているのですから、本当にご苦労様と言いたいですね。

 さて、僕が書いた事が尽く現実のものとなるので、2chでも「(僕の)言うことが当たる」と書き込む人がいます。すると間髪入れず、「頭がおかしい人だ」という"ネガティヴ書きこ"が起こります(笑)。僕の言葉が何故実現するのか?いつか自己検証でもする必要があるかもしれません。でも、本当に実現する性質の物なら、僕は言葉を選ばなくてはなりませんね。

 ところで、世界選手権の公式サイトを御覧になったでしょうか?そこには、安藤美姫さんを叩き潰すという、電通と韓国サイドの意思が漲(みなぎ)っています。どこを見ればそれが分かるのかというと、トップページの一番上のトップバナーです。昨年優勝者として飾られる美姫さんが着ているのは何と、電通に無理矢理に韓国風デザインをお仕着せさせられた、あの忌まわしいトリノ・オリンピックのフリーのコスチュームなのです。しかも、赤いリボンが蛇のように絡(から)み付いて美姫さんを縛るという、とんでもないアニメーションとなっているのです。

 赤いリボンは、赤い唐辛子の韓国の象徴です。チマチョゴリ風コスチュームの美姫さんが、韓国を象徴する赤い龍に縛られるアニメ。こんな物が堂々と罷(まか)り通るには、ISU内部が余程腐っていなくては実現しません。しかし、ISUは腐りきっているのです。世界選手権公式スポンサーに、在日企業のマルハン(パチンコ)とアコム(サラ金)が名を連ねています。これは、スポンサーを取り仕切る電通が、韓国選手を勝たせるために押し込んだものです。

 電通と韓国サイドの狙いは、真央ちゃんから美姫さんを引き離すことにあります。昨年の世界選手権ワンツーで、日本列島は歓喜し、電通と在日は灰汁(あく)を飲んだからです。真央と美姫の相乗効果が生んだ強い日本。反日の電通はこれを恐れ、美姫さんを引き離しにかかっています。それで、電通サイドの高橋君と同じモロゾフコーチというのが問題になるのですが、今回はこれくらいにしておきましょう。また動きがあったらお知らせします。なお、ISUに対しは、バナーを抗議するのは有功かも知れません。掲示板などで衆知をするには、以下の文面が分かりやすいでしょう(コメント欄に英訳が提供されましたので海外サイトにもご利用下さい)。

  安藤美姫が赤い蛇(韓国の象徴)に縛られるデザインのISUバナー

  ISU banner shows Miki Ando is crawled(crept) by Korean symbol "Red Snake" 又は

  ISU banner shows Miki Ando is crawled(crept) by Korean symbol "Red Leviathan"

  世界選手権の公式サイト
  http://www.goteborg.com/default.aspx?id=23606&redirect=true

     エフライム工房 平御幸
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

脅されている山田ファミリー

2008-02-25 14:29:14 | Weblog
 今日は韓国大統領の就任式の日ですが、そんな滅び行く国のことはほっといて、真央ちゃんの沈黙について書きたいと思います。

 真央ちゃんのジャンプが修正されつつあり、韓国選手の唯一の武器であるセカンドトゥーループのアドバンテージも危うい状態です。このまま真央進化を続ければ、韓国選手は何一つ優れている物がない、ただの加点女王になってしまいます。その恐れから、最近の真央叩きは激しさを増しているのですが、真央ちゃんはジャンプの修正経過を語ろうとはしていません。あくまで、関係者のみ知る極秘のトレーニングとして、トリプル・トゥループとルッツの修正が行われているのです。なぜ、韓国選手のように公開しないのでしょうか?その理由は、真央ちゃんがアメリカに拠点を移した裏事情にあります。

 真央ちゃんがアメリカでトレーニングをするようになった背景に、06ジュニア選手権敗退の後に、山田先生からの申し出があったと聞きます。またその頃、同時に韓国選手に対する異常な持ち上げ発言があったのです。それで真央ちゃんはショックを引きずり、06年は成績が芳しくない状況が続きます。僕が指摘した、チャルダッシュの最初のコスチュームの黒と赤は、(育ての)母親への葛藤を表していたのです。しかし、最近は中京大学スケート場で、極秘に山田ファミリーと接しているような情報があります。これが、真央ちゃんがジャンプの欠点を修正し、しかも堂々と演技できている理由なのだと思います。やはり、真央ちゃんには山田ファミリーが似合うのです。

 しかし、ではなぜ山田先生は真央ちゃんをアメリカに送ったのでしょうか?その理由は、06ジュニア選手権の時の衝突事故に求められます。山田先生の乗った車が追突されているのです。これは、電通と韓国サイドによる真央潰しの一環として、山田先生に危害を加えるというメッセージなのです。この事件と、電通の機関誌である『女性自身』による浅田家叩きにより、真央ちゃんは二つの選択を強いられることになります。その一つが山田ファミリーから離れることであり、もう一つは電通が持ち込むCMに出演することです。

 CM出演は、コカ・コーラの大豆イソフラボン飲料とオムロンで実現されます。オリンパスの洗練されたCMと比べて、この二つに真央らしさが全く見られないのは、電通による真央潰しの意図のためなのです。それにも拘わらず、真央ちゃんの持っている資質により、電通の思惑を超えたCMとなっているのは皮肉ですが。

 このように、真央ちゃんを取り巻く環境は複雑で、真央ちゃんだけの、あるいは浅田家だけの問題ではなくなっているのです。それを理解しているスケート連盟は、小川れい子専任コーチと加藤トレーナーをガードマンのように寄り添わせ、世界の至宝である真央ちゃんを必死で守っているのです。

 4大陸のフリー後、キスクラで小川れい子専任コーチは「久々にきれいに決まったわね…軸が真っ直ぐ…」とトリプルアクセルの成功を喜んでいます。キスクラからカナダのロシェットとコーチが拍手したルッツの場面も、真央ちゃんが世界の至宝であることを物語っています。ライバル選手にも拍手される純粋無垢のスケーター浅田真央。やはり、山田先生の教えは、脈々と真央ちゃんの中で生き続けているのです。真央ちゃんの心からの笑顔は、様々な障害を取り除かなくては得られないのも道理ですね。でも、真央ちゃんのファンには自明のことですよね。

 なお、ソニーのVAIO CPU速度3GHzという高速マシンを拾ってきた(一足早い神様からの誕生日プレゼント)ので、パソコンの修理とアプリケーションの構築でメインマシンが使えなくなるかもしれません。その時はコメントも出来ませんので、気にしないで皆さんで盛り上がって下さい。これからは、動画の編集で時間が大幅短縮できそうです。それにしても僕が使っているマシン3台は全部、まだ使えるのに捨てられていた可哀想なマシンだけですよ…。

     エフライム工房 平御幸
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

英訳の抗議文が提供されました

2008-02-22 21:23:51 | Weblog
 『韓国テレビ出演の裏~外交に利用された真央』におきまして、韓国選手爆上げの疑惑に対する追求を海外サイトに広げようという提案をしましたところ、悠希さんよりコメント欄に英訳が提供されました。これを参考に、あるいはそのままの形でも、自分が出来る範囲で書き込みあるいは広報をお願いします。掲示板などで参加を呼び掛けるのも良い方法だと思います。以下、コメント欄より採録。


取り急ぎ、①~③までです。英語圏以外の方でも辞書なしで読めるようにベッタベタのJapanese Englishで簡単な英単語を使っています。ネイティブチックではないけれど、たぶん読みやすいと思います。適当にアレンジして使ってください。冒頭に次の文章を付けると良いと思います。

For current situation in figure skating , we think as follows.(フィギュアスケートの現状に関し、以下のように考えています)

①韓国選手の不正疑惑の中心は、ISU副会長カナダ人のドレ…
Key person of Korean corruption scandal in figure skating are Canadian ISU vice president; Mr.David Dore , South Korean and Dentsu Inc. which is Japanese major advertising company controlled by Koreans in Japan ,named "ZAINICHI"
In addition, ZAINICHI controlls also Japan Skating Federation at the convenience of Korean Skater"Yuna Kim"since Korean company, for example"LOTTE" is main sponsor of JSF.

②ISUやIOCのスポンサー活動を取り仕切る電通・・・・
Dentsu Inc. which manages sponsor activities of ISU and IOC treats Yuna Kim and Daisuke Tkahashi favorably in judge score to put the big damage to IMG players.
Yuna Kim and Daisuke Takahashi have common feature that thay do not update the contract with IMG, but deepen their relationships with Korean companies.

③カナダはペアとアイスダンスを優遇して貰う見返りに・・・
To get special treatment for Ice Dance and Pair Skating, Canada is involved in Korean corruption scandal for making Yuna Kim win in all games at the sacrifice of Single skating.


以上、和文の部分は『韓国テレビ出演の裏~外交に利用された真央』を参照して下さい。取り急ぎアップしました。変更、追加があれば書き加えます。海外サイトのURLなども募集しています。

提供された海外サイトURL

http://www.japanskates.com/
http://www.goldenskate.com/forum/
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

『ヨハネの黙示録』神を汚す名~民主党

2008-02-21 01:53:39 | Weblog
 アメリカ発の経済危機が迫っています。でもそれは、単純な恐慌という形ではありません。何故ならば、今回の経済危機は、聖書に記される預言の人為的な成就を目的としたものだからです。そう、アメリカは最初から、世界恐慌を招くためにサブプライムローンの破綻を計画的にしていたのです。

 サブプライムローンに端を発した経済危機は、購買を控えるという国民の自衛では対処できないことに特徴があります。これが、過去の経済危機と決定的に違う点なのですが、その理由はだぶついているドルにあります。日本円が、1ドル120円台からあっという間に105円前後を推移する円高に陥っています。これは、アメリカがサブプライムローン問題への対処として、金利を下げて市場にドルを多く流す、ドル流動性の確保で切り抜けようとしたことに原因があります。ドルが余ってしまい、円に対する価値が下がったのです。このようにドルがだぶつき、それが原油や穀物や金という先物市場に集中した結果、原油の高騰、小麦の高騰、金の高騰に直結し、果ては鉄鉱石まで65%の値上げが予定される始末です。しかし、この現象を聖書ではこう語っています。

「小麦1升は1デナリ、大麦3升も1デナリ、オリブ油と葡萄酒とをそこなうな」~『ヨハネの黙示録』第6章6

 これは世界規模の統制経済を意味し、第13章の有名な言葉「獣の刻印のない者はみな、物を買うことも売ることも出来ないようにした」に繋がるのです。しかし大事なのは、この極限の統制経済をもたらす獣の特徴にあります。同じ13章冒頭に、この獣は海から上がってくる物であり、「それには角が10本、頭が7つあり、角には10の冠があって、頭には神の名を汚す名が付いていた」とあります。これだけでは何だか分かりませんが、次に地から上がってくる別の獣の描写があり、こちらは「子羊のような角が2本」とあります。そう、獣の角の数は、2本の角で象徴される古代イスラエルの南ユダ王国2部族と、10本の角で象徴される北イスラエル王国10部族の比喩だったのです。

 この構造が分かれば、二つの獣に権威を与える龍が、イスラエルの12部族の外に置かれる祭司レビ族であることが分かります。そして、この祭司の子孫が、白系ユダヤ人と言われる、世界の金融を支配する者達なのです。従って、7つの頭はG7(Group of Seven、先進7ヶ国=日本・アメリカ・イギリス・イタリア・カナダ・ドイツ・フランス)を指し、これが10の冠に象徴されるG10に格上げされた時、獣の経済支配はピークを迎えるのです。

 こう説明すると、現代の世界経済を象徴していると誰でも理解できますが、象徴によって怪奇なイメージが与えられているので、正体が分からなくなってしまっていたのです。これが、「誰の目にも触れていながら、誰も理解できない」という、隠すという意味のカッバーラの極意なのです。しかし、最も大事なのは「神の名を汚す名前」という部分です。こちらも極めて単純で、小学生でも分かるものなのですが、前後の象徴によって訳が分からなくなっているのです。

 では、この神の名を汚す者の正体とは何か?それは、神が主ではなくて、自分が主だと主張する団体です。ここで気が付いた人はカッバーリストの資質があります。でも気が付かない人のために解説。主とは神そのものです。それを汚すというのは、神は主ではないと主張することなのです。ですから、「民が主であると宣言する民主という言葉」が神を汚す名前なのです。アメリカの民主党も、日本の民主党も、神を汚す名前の政党だったことになるのです。だからこそ、日本の民主党のマークが、日を浸食する日、あるいは白と黒(赤)が逆転した目、という日本を滅ぼすデザインとなっているのです。

 こういう図式になっているので、自民党は自由・民主の民主部分が悪魔の組織となり、それで内部対立を運命付けられているのです。額と右の手に獣の刻印を受けた者以外は、物を買うことが出来なくなる世界。それが末日なのですが、獣の像を拝むという描写は、ドル紙幣を有り難がる拝金主義を指すのです。今の世界経済がドルによって動かされている事実は、世界中の誰も否定できないはずです。

 アメリカが企む世界恐慌は、倹約や節約では乗り切ることが困難な、あらゆる物の値上がりから始まります。しかし、神はこの後に大きな御技を成し、人類の選別を不思議な方法で行うのです。ですから、正しく清い人には忍耐が要求されますが、希望の光が導いてくれるでしょう。困難な未来に向けて、アメリカの未来も日本人が担うのです。それが未来ちゃんがアメリカに生まれた理由であり、またそれが彼女の十字架なのです。真央と未来は、共に光として人類に使わされたのです。

     エフライム工房 平御幸
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国テレビ出演の裏~外交に利用された真央

2008-02-19 14:29:18 | Weblog
 真央ちゃんが韓国のテレビに出演したということが話題になっています。浜崎あゆみの歌まで披露するサービス振りだったとか。この番組は、日本で言えば『徹子の部屋』のようなもので、国民への認知度は非情に高いものだそうです。でも、どうして急にテレビ出演が実現したのか?それも、同じように韓国では人気のある美姫さんとは別行動で…。

 実は、この謎解きのポイントは放送日にあります。予定されているのは、26~28日のいずれかです。どうしてすぐに放送しないでもったいを付けるのでしょう?それは、28日には韓国新大統領の就任式があり、売国の福田首相が出席を予定しているからです。経済崩壊が進む韓国では、日本からの支援が無くては立て直せない状況に追い込まれているのです。それで、日本国民の中で急増する嫌韓感情を和らげ、合わせて韓国内の反日感情も押さえながら、友好をアピールして経済支援を引き出そうという魂胆なのです。それに敵視する真央ちゃんを利用しようというのですから、本当に卑劣な連中です。真央ちゃんが疲れ果てて帰ってきたのも理解できますね。

 出場が疑問視された村主さんが所属するAvexは、韓国に資本投下して株価が爆下げした創価学会系の芸能プロダクションです。真央ちゃんが好きな浜崎あゆみの所属事務所でもありますが、これが真央ちゃん最大の弱点なのです。村主さんが出て来ると胡散(うさん)臭くなるのは、このような事情があるからです。スケ連が引退勧告しないのは、在日企業と村主さんが結びついているからなのです。でも、佐藤コーチ抜きでは上げようがないのですが。

 このように、韓国でのテレビ出演を喜ぶような状況ではありません。むしろ、利用された事による隙が心配なのです。ということで、コメント欄でもお願いしたのですが、以下のように海外フォーラムを利用しての、「韓国選手の黒い疑惑」告発をお願いします。余波で高橋選手にも非難は集まりますが、これは彼の自業自得なので仕方ありません。今は、膿(うみ)を出し切ることの方が大事なのです。そうしないと、バンクーバーまでに日本選手は完璧に潰されている事でしょう。

①韓国選手の不正疑惑の中心は、ISU副会長カナダ人のドレ、韓国、電通である。電通の説明にZAINICHIを入れて、日本スケ連を支配するZAINICHIをワールドワイドな言葉にしましょう。もちろん、韓国系という説明が重要です。

②ISUやIOCのスポンサー活動を取り仕切る電通が、IMG所属選手を潰すために韓国選手と高橋選手を優遇させている。韓国選手と高橋選手はIMGとの契約を更新せず、韓国企業と関係を深めた共通点がある。

③カナダはペアとアイスダンスを優遇して貰う見返りに、シングルスを犠牲にして韓国選手と高橋選手上げに荷担している。

④日本スケ連の中でも、真央と美姫はIMGなので、IMG主催以外では酷使と冷遇がされている。日本スケ連を支配するZAINICHIスポンサーの代表が、真央ちゃんがCM契約するネスレを敵視するロッテである。

 以上、外国語を駆使できる方々は、このような内容と文言(もんごん)を適当に鏤(ちりば)めて書き込んで下さい。また、ここのコメント欄に、翻訳したものを掲載して貰えれば、コピーして書き込む方も出て来ると思います。もちろん、日本の掲示板を利用して、翻訳文が広がるようにするのも良い手です。

     エフライム工房 平御幸
コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

4大陸総括~その2.黒の構図

2008-02-18 03:28:12 | Weblog
 4大陸のエキシも終わり、真央ちゃん達は無事に日本へ帰ってきます。心配された妨害もなく、むしろ熱狂的なファンを獲得しての凱旋ですが、僕が予告したように、ノアの箱船に乗る事が許される者の選別というテーマは生きていました。

 エキシの滑走順は、本来ならトリの真央ちゃんが最後から3番目という低い扱いでした。そして、予想通り高橋君がトリを飾るという、真央下げの一貫した流れで終わったのです。電通の真央潰しの意図と、IMGに対する宣戦布告が明確となった、実に興味深いデモンストレーションでした。この悪魔の挑戦(=朝鮮)を、神はどの様な手を持って封じ込めるのか?やがて封切られる『マオザイチカの逆襲』を見逃すことは出来ません。

 カナダ代表のジェフリー・バトルが『アララトの聖母』を選んだのは、コーチのラファエル・アルトゥニアンがアルメニア系だからかもしれません。映画『アララトの聖母』は、1915年に起こった、トルコ軍によるアルメニア虐殺を描いた物語です。この極めて政治色の濃いスクリーンミュージックを選択した背景は分かりません。でも、真央ちゃんと仲の良い澤田亜紀さんのSPもアルメニアン・ラプソディですから、やたらにアルメニアが登場する事が分かります。奇しくも、アルメニアのアララト山は、舞さんの誕生日の7月17日にノアの箱船が漂着した地ですから、エキシが行われた2月17日に始まったノアの洪水と密接な関係にあるのです。怖ろしい偶然ですね。

 ジェフは今回2位でしたが、熱狂的な韓国ファンを怖ろしいと形容しています。熱狂が徒(あだ)になった格好ですが、採点面で果たしてカナダ上げはあったのでしょうか?ここがポイントです。韓国選手の爆上げの主犯はカナダ人副会長のドレです。しかし、金銭面でのみ韓国と取引しているのではないのです。カナダは伝統的にアイス・ダンスやペアに力点を置く、どちらかというとロシアタイプの国なのです。従って韓国と日本には、アイスダンスとペアを上げるように要求し、見返りにキムと高橋の2選手上げを約束しているのです。

 このような打算の構図に、もう一つの打算の構図である電通を重ね合わせれば、性格がより明白になります。すなわち、アメリカ大陸の男子では珍しいとされるジェフのIMG所属と、電通期待の高橋がIMGから離れたという真逆の立場を指します。もちろん、電通の正体は在日韓国人のスパイ企業(工作機関)ですから、ジェフは電通や韓国の目の上のたんこぶです。また、ロシェット選手もジェフと仲の良いカナダ代表ですから、副会長のドレと利害が反対方向にあるのです。これが、カナダ人ドレの最大の弱点なのです。

 ドレがロシェットとジェフの2選手を持ち上げようとすれば、必然的に電通と韓国の利害を損なう構図になっているのです。そのために、ドレはシングルスの選手を見殺しにする格好になり、その結果として、ライバルのチンクアンタ会長が(疑惑のファイナルから一転して)真央ちゃんのメダル授与にマオマオを隠さずに現れた訳です。このように、ロシェット選手に好意的な日本人は、ジェフと同じ臭いを直感的に感じていたのです。そう、真央ちゃんと同じく、ラファエルという神の名前エルに連なる、悪魔と戦う天使集団の一人だという事を。

 ラファエルコーチが不在だったことは、2月17日がノアの洪水の開始日だったことを考えれば当然となります。アルメニアにノアの箱船が漂着した7月17日に生まれた舞さんの方が、ラファエルコーチとシンクロしているからです。アルメニア系の偉大なる指揮者カラヤンのカラは、チュルク語で「黒」を意味するようです。もしかしてこれが、朝鮮半島の古代日本国家である加羅(カラ=伽耶)の語源かもしれません。真央ちゃんには、韓国の土地を踏まなければならない理由がちゃんとあったのです。聖書に記された古代イスラエルの王族の子孫として。

 電通、韓国、ドレ、の三者(3つの穢れた霊)による腹黒い構図に対して、水徳の真央ちゃんの色も黒。韓国の古代名の加羅も黒。同じ黒でも真逆の対比を成しているのです。二年前から書いてきた真央潰しの謀略は、このような分かりやすい構造になっていたのです。ダークサイドの女王であるキムに関係する人脈を墨で潰して行けば、真央ちゃんの人脈がどれほど明るい色で染められるか一目瞭然となるはずです。神はこうして、光と闇を分け隔てるのです。さて次回は、世界選手権もまだで少し早いですが、来シーズンに向けてのアドバイス(預言)を書きたいと思います。これくらい先に行かないと、六千年も生きている悪魔の手を封じるのは困難なのです。

 参考 ジェフリー・バトル オフィシャルサイト
  http://www.jeffreybuttle.com/news.html

     エフライム工房 平御幸
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

4大陸総括~沈黙させた真央

2008-02-17 08:47:04 | Weblog
 世界で一番響きが汚い韓国語も、真央ちゃんがしゃべると別物のようにカワイク聞こえます。2chの「しお韓」スレというのは、ニダー語で韓国を生暖かく観察する場です。ニダー語とは、ハングルを翻訳機にかけて出て来る変な日本語や、逆パターンの韓国語を指します。例えば、浅田真央は「餓死だ巻きます」、安藤美姫さんは「安心ミッキー」となります。傑作は高橋大輔選手が鶏ソンスになることでしょう。これに日本人では使わない表現、例えば「癇癪起こるの」とか「~して欲しくて」を多用し、最後に「ニダ」を付ければ立派なニダー語となります。日本人って、本当に言葉遊びが好きな民族だと感心します。

 日本人から見ると、韓国の人は熱狂的というか、唐辛子成分カプサイシンの摂り過ぎで血の気が多い印象があります。ですから、高橋選手への熱狂的な声援は理解できるのです。ところが、真央ちゃんのフリーではシーンと静まり返りました。演技が終わってしばらくして、思い出したように拍手が起こった感じです。安藤さんの時は、韓国の無名選手がメダル圏内だったので、よもやの失敗を望む声援で沸き返ったようです。これが韓国の普通の姿ですから、真央ちゃんの時が異様だったのです。

 しかし、異様だったのは韓国のファンだけではありません。真央ちゃんの前に演技を終えたカナダのロシェット選手とコーチは、何とキスクラから一歩も動かずに真央ちゃんの演技を注視していたのです。これには驚きでした。バックヤードに下がるとインタビューで真央ちゃんの演技が見られなくなるので、敢えてキスクラに留まったのです。

 ロシェット選手は年齢の割に向上心に富み、今回はとうとう3-3を転倒しないレベルに上げてきました。貧弱だった下半身が大きくなり、ようやく鍛え上げた上半身とのバランスも取れてきました。余程下半身を鍛えたのだと思います。筋力トレーニングを一切やらないで劣化著しい村主さんと正反対です。ウエイトリフティング選手並みのトレーニングをすれば、35才でも3-3は跳べるのです。

 ロシェット選手を刺激したのは真央ちゃんの存在です。安藤さんも真央ちゃんの演技のファンと公言しています。ライバル選手がキスクラから見つめる真央ちゃんの登場に、韓国のフィギュアファンは固唾を呑んで演技の開始を待ちます。この時はもう、ファンの脳裏から、キムのライバルとかの雑念は消えていたのです。幻想即興曲と共に静かに真央ちゃんの演技が開始され、最初のトリプルアクセルが完璧に決まると、あとはもう真央ワールドに引き込まれてしまい、声援や拍手を忘れて食い入るように見つめるしかなくなっていたのです。「真の芸術の前にひれ伏さない者は存在しません」という、僕の言葉(『緊急情報~火星の水と人とオブジェ』コメント2008-02-09 18:28:59)が成就した瞬間が訪れたのです。

 聖書では、無闇やたらに心配することを戒めています。本当の信仰心がある人は、心配してオロオロすることはないのです。ここのブログのコメントでも、無駄に心配してエネルギーを消耗している人を見かけますが、聖書を読みなさいと申し上げておきます。やたらに心配する人に限って、本当に心配が必要な時には役に立たないのです。『イザヤ書65章25節』に次のようにあります。

「狼と子羊は共に草をはみ、獅子は牛のようにわらを食べ、蛇はちりをその食べ物とし、わたしの聖なる山のどこにおいても、そこなわれることなく、滅ぼされることもない」

 韓国のような悪魔の国でも、神が守って下さる場所はあるのです。守ってもらえる資格があればですが…。資格がない人は、自分から進んで統一協会という朝鮮カルトの一員として合同結婚式に向かうのです。なお、2chにここの記事をベタ貼りする人がいますが、余り好ましい方法ではないので、省略するなりURLを貼るなりの工夫をお願いします。割れ鐘を鳴らしての演説より、人はひそひそ話の方が気になるものです。

     エフライム工房 平御幸
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

バラ色の真央に祝福を

2008-02-16 18:36:13 | Weblog
 真央ちゃん4大陸優勝おめでとう。

 ということで、ブログ緊急更新しました。僕が薔薇は魔除けになると書いたので、それをデザインしたような新コスチュームに注目です。もしかして、関係者の耳に届いたかな?前後の菱形のアクセントも、魔除けの目のように見えるし。

 コメントはこちらにお願いします。

   エフライム工房 平御幸
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

キムと高橋、爆上げ二人の共通点~IMGへの反旗

2008-02-16 11:18:01 | Weblog
 4大陸選手権の出場に一番前向きだったのは高橋選手ですが、その影響で真央・美姫という女子トップ選手の派遣が一方的に決められました。この件から、高橋選手が韓国で持ち上げられる事は予想されましたが、どうも裏には組織的な動きが見え隠れします。

 会場に掲げられた高橋選手のバナー(旗)は、ネットで話題になっていたものです。でも、こんなものが本当に話題になるでしょうか?黒鳥とは似ても似つかない、悪魔のような黒い羽根(動物の尻尾に見えるけど)が描かれたイラスト。また、場違いな熱狂的声援。一部では、泣き女が雇われたと指摘されています。そう言われてみれば、韓流捏造として、空港にファンが押し寄せる光景が報道されますが、あれは日当付きのアルバイトだと判明しています。今回はチケットの払い戻しがあったようですから、アルバイトを雇っての盛り上げは考えられることです。

 さて、今シーズン爆上げされている二人、つまり高橋選手と韓国のキムは、共にIMGとの契約を更新しなかった共通点があります。僕にはこれが偶然とは思えないのです。IMGはアメリカのマネジメント会社ですが、そのアメリカはISUでの発言力が著しく低下し、キミー・マイズナー選手は体型の変化期も重なり、極度に成績が落ち続けています。今回もワグナー選手が下げられました。

 アメリカの退潮は、フィギュア人気の下降による放映権料の停滞に原因があります。ISUは金が欲しいので、空前のフィギュア人気に支えられる日本の放送局と高額で契約を結び、電通が独占的に支配する日本企業がスポンサーの中心となっています。しかし、反日の在日企業である電通は、日本への利益還元は一切考えず、在日企業と韓国企業に有利な根回しに終始しているのです。それは、偶然にも韓国選手が台頭する時期に重なったのです。こうして、ジャパンマネーで韓国選手を上げる体制は整いました。

 しかし、このような潮流に逆らうように、真央ちゃんはIMGと契約を結び、電通とは距離を置いて、スポンサーを厳選して活動するようになります。又、安藤さんも同じくIMGに所属して、選手活動に理解のあるトヨタと社員契約をして電通から離れます。このように、電通が企む韓流路線に逆らい、真央・美姫は日本の誇りとして歩んでいるのですが、面白いことに、真央ちゃんの大好きなレゴも、韓国に見切りを付けて逃げ出しているのです。レゴ、グッジョブですね。

 真央・美姫という二大スターに逃げられた電通は、在日企業が中心スポンサーのスケ連を利用し、組織の内部から切り崩しに出ます。その切り札は、前回に書いたようにオリンピックシーズンのシンボルアスリート契約です。また、韓国側と手を組み、キムをIMGから離反させ、得意の買収攻勢でISU副会長のカナダ人ドレに取り入り、エッジ判定と加点の嵐を組み合わせた、2選手のみ爆上げの今シーズンルールに改正させます。これにより、IMGの真央・美姫という二大スターはエッジで苦しみ、点数が伸びない仕打ちに悩むことになります。

 このように、韓国のジャッジ買収騒動で明らかになった真央潰しですが、その根は電通の日本支配にあったのです。電通と在日企業に牛耳られている日本スケ連は、アイスショーへの招集などで選手の意向を無視して顰蹙を買いますが、実際には電通の息が掛かったイベント企画会社と、IMGという世界的なマネジメント会社の対立が表面化したものだったのです。スケ連は、両者からの板挟み状態の中、結局はドル箱である真央・美姫陣営を重視します。それで、IOCの専任コーチでもある小川コーチを真央専属として密着させ、合わせて加藤トレーナーを付き添わせます。

 しかし、安藤さんのコーチであるモロゾフは、高橋選手も抱えていたので、ここから付け込まれることになります。4大陸の派遣に高橋選手が同意し、積極的な参加態度で他の選手に圧力をかける格好になったのです。こうなると、真央ちゃんも断る訳には行きません。電通は、予定通り韓国選手を欠場させ、高橋爆上げと真央潰しの点数抑制を実行させます。この時のコーラーとスペシャリストの組み合わせ及びジャッジ構成が、カナダ人副会長ドレの仕事なのです。真央下げ、韓国選手上げにしばしば使われる、言うなれば悪魔の組み合わせですね。

 今シーズンは残り少ないですが、果たしてIMGの逆襲はあるのか?このまま、在日の悪魔の計画がバンクーバーまで続くのか?もうじき、SFの『スターウォーズ』よりも面白い、北欧を舞台にした『マオザイチカの逆襲』が封切られますよ。

     エフライム工房 平御幸
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

シンボルアスリート制度~真央・美姫への圧力

2008-02-15 20:32:59 | Weblog
 4大陸選手権の日本勢で、一人だけ浮いて爆上げされたのは高橋選手です。高橋選手は良い選手の一人ですが、残念ながらチャンピオンとしての器にはありません。そういう意味では、実に韓国選手と境遇が似ているのです。このような実力でチャンピオンに届かない選手は、二俣道で岐路に立たされ、大半の選手は道を誤るのです。そう、悪魔の道を歩み、手っ取り早くこの世の栄光を手に入れることを望みます。以前、高橋選手が一番危ないとコメントしたことがあったのは、この危険性が見えていたからです。

 今シーズンのフィギュアスケートは、韓国選手の爆上げに隠れていますが、実際には高橋選手も上げられています。しかし、織田君が欠場しているので比較対象が居らず、幸運にも目立たなかったのです。では、何故に高橋選手が上げられるのでしょうか?それは、シンボルアスリートとして決定しているからです。

 トリノ・オリンピック前に悪名を轟かせたIOCのシンボルアスリート制度とは、電通が斡旋する企業と格安で契約した選手に、活動費としてCM契約料を払うシステムです。これだけなら無名の選手には有り難いかもしれませんが、真央ちゃんのように引く手数多(あまた)の選手にはマイナスでしかありません。しかも、契約期間中は何かと束縛され、トリノの安藤さんのように、スポンサーであるロッテの商戦(クリスマスに『戦場のメリークリスマス』、バレンタインにチョコレート色のコスチューム)に合わせた活動を強いられます。安藤さんが学生でありながらトヨタ社員という二足の草鞋(わらじ)を選んだのは、電通に支配された自分と決別するためなのです。その結果、今現在の安藤さんは、電通の工作員に毎日2chで叩かれているのです。

 電通とロッテは、ともに在日がトップの企業という性格を持ち、特に電通は朝鮮カルトの創価学会と密接な繋がりを持っています。背後には、在日朝鮮人による暴力団や偽右翼がいると噂されているのです。この暴力的な体質により、日本スケート連盟は在日企業に支配され、パチンコのマルハンや西陣などがスポンサーとして目に付くことになります。フィギュアスケートは、在日企業にとって美味しい利権構造を持っているのです。

 また、ISUのスポンサー活動も電通が支配していますから、韓国選手が出る試合は韓国企業と在日企業一色になり、韓国選手が欠場すれば、今回の韓国大会にも関わらず日本企業一色となります。日本には金だけ出させて、美味しいところだけを在日と韓国企業が奪う構造になっているのです。このような、電通による支配の中で生まれたのが、先のシンボルアスリート制度なのです。国土交通省を支配する創価学会(公明党)と同じく、利権で動く悪魔の制度だということが分かると思います。

 さて高橋選手ですが、在日と関係の深い関西大学です。しかも、真央・美姫とは違い、マネジメント会社をIMGにしていません。これは、電通のシンボルアスリート制度に乗り、オリンピック出場を確かなものとする意思の表れなのです。シンボルアスリートの点数が上げられるのは前回の荒川・村主で証明済みですから。それを実力だと勘違いして引退しない、村主さんの厚顔振りには呆れますが。まあ、この悪魔の制度がある限り、オリンピックシーズンの得点は胡散臭いものになる運命にあるのです。

 そろそろ結論を書きましょう。今シーズンの日本スケ連は、高橋選手の上げと引き替えに、韓国選手の異常な上げに荷担しているのです。取引を行っている主体が誰かは分かりません。でも、4大陸で真央ちゃんの右横に座った小川専任コーチと、伊東強化部長は違うと思います。この二人には、悪人としての狡猾さが見えないのです。すると、グランプリ中国大会で、韓国選手をコーラーとして爆上げさせた平松理事が怪しくなるのですが、彼女の声(声の性質)には正しさから来る強さを感じません。極めてグレーという感じです。この疑いを晴らすには、平松理事は涙ぐましい努力を要求されるのです。

 韓国は、ISU副会長のカナダ人ドレに取り入り、ドレの書くシナリオ通りに派遣先を決め、巧妙にジャッジを配置して貰っているのです。韓国選手が最初に勝った06フランス大会と、今回のジャッジが同じという報告は無視できないのです。

 韓国に荷担するのは、カナダ、フランス、中国、日本、旧ソ連のアジア諸国、の役員と審判団です。資金源は、電通が掻き集めたロッテなどの汚い在日マネーに、真央効果を期待して参加する善良な日本企業です。もちろん、潰れかかっている韓国のサムスンやヒュンダイも参加していますが微々たるものでしょう。ケチな韓国人が自ら金出すとは思えないし。これに、日本スケ連の旧役員や、施設運営会社やアイス・クリスタルなどの利権関係者が結託し、何かと圧力をかけて現体制を崩そうと必死になっているのだと思います。

 このように、韓国選手の買収の裏には、電通を中心とした在日企業による、利権と腐敗の構造があるのです。ISUは腐っていると言われますが、その中心にあるのは日本の電通と在日企業ですから、ロッテが撤退するまでは平和は訪れません。韓国内では反日活動をするロッテ、在日がトップの電通やマルハンなどのパチンコ、それを支える民団や朝鮮総連と朝日新聞(テレビ朝日)、それに朝鮮カルトの創価学会や統一協会。プラス、自民党の加藤や山崎拓に民主や社民の売国政治家を含めた、日韓議員連盟に所属する政治家達。真央ちゃんの直接あるいは間接的な敵は山ほど存在するのです。まさに、神と悪魔の戦いの代理戦争がフィギュアスケートで起こっているのです。

 なお、電通の機関誌である『女性自身』や『週刊現代』に真央情報が掲載されたら、何らかの圧力があった証拠と見て良いと思います。

     エフライム工房 平御幸
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

4大陸選手権~ミライ潰しの始まり

2008-02-14 23:29:43 | Weblog
 4大陸選手権のSPは異常に低い点数でした。一部、韓国の無名の選手を除いては。この現象は、昨日の男子の点数からは理解できません。何があるのでしょう?

 実は、ポイントはアメリカのワグナー選手にあります。グランプリシリーズでも活躍する彼女は、アメリカ期待の若手でもあり、今回は表彰台も狙えたはずです。しかし、結果は驚くべき12位。明らかに下げられています。何故でしょう?それは、彼女が真央ちゃんに憧れている、真央チルドレンの一人だからです。真央潰しの一環として、チルドレンも狙われ始めたのです。

 韓国サイドは、日本のスケ連などのスパイを通して2chを監視しています。そして、工作によってキム上げの印象操作を企んでいますが、それがうまくいかないと見るや、一転して真央潰し、日本人潰しを強行してきているのです。その中で、真央チルドレンの台頭は予想外の早さでした。来年にも真央ちゃんのライバルがアメリカ勢に取って代わる勢いです。これでは韓国選手の価値(元々捏造だが)は廃(すた)れる一方です。そこで、早々と真央チルドレン潰しが始まり、最初の標的としてワグナー選手が狙われたということなのです。もちろん、本当の標的はミライちゃんですが…。ワグナー選手には本当に気の毒ですが、それもこれもアメリカのスケ連の退潮に原因があるのです。

 今回、真央ちゃんのコーチであるラファエル・アルトゥニアンが帯同していません。キスクラに座ったのはスケ連の役員です。不思議ですね。ラファエルコーチを解任するとの報道は出ていません。考えられるのは、韓国がビザを発給しなかったことです。当然、真央潰しの一環としてですが。韓国サイドは、カナダ人副会長との密約で徹底して買収工作を続けるつもりです。それで今回は、ロシェット選手の表彰台が約束されているのだと思います。

 真央ちゃんと安藤さんに200点は絶対に出さない。今回の密約は、韓国選手の方が上だという印象操作の一環であり、世界選手権では韓国選手が都合良く200点オーバーで優勝する手筈(はず)になっていますね。でも、そう悪魔のシナリオ通りに進むか?神にもシナリオがあるのですから…。なお、暗黒プラズマ砲は、リアルタイムでなくては威力が半減するのです。今回は、キムは会場にいなかったはずですから、ネットワークを通じての誤差が出たのだと思います。それでもルッツは危なかったですけどね。

 2/15追加 無差別な暗黒プラズマ砲が安藤さんの頭痛の原因かも知れません。真央ちゃんのコスチューム変更は、意外にも御守り効果狙いかも…。

     エフライム工房 平御幸
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

4大陸選手権~結局は日本頼み

2008-02-14 14:40:35 | Weblog
 4大陸選手権が始まりました。今日は真央ちゃん達のSPです。昨日の高橋選手の点数から、今大会はインフレ大会と予想されます。しかし、僕が気になったのは会場のスポンサーロゴです。

 グランプリシリーズで目を引いたのは、サムスン等の韓国企業(在日含む)のロゴマークです。それから考えれば、韓国開催の大会ですから、現代(ヒュンダイ)やSAMSUN(サムスン=三星)のロゴマークがあるのが自然です。しかし、無いのです。韓国企業は一社もなく、在日のアコムがかろうじて顔を出している程度です。そして、会場を支配しているのはOLYMPUS(オリンパス)、CYTIZEN(シチズン)、KONICA MINOLTA(コニカ・ミノルタ)などの日本企業です。他にはフランスのマリコール、ギノーなどのエステ・美容関係の常連3社にアメリカのマスターズのみ。いかにも不自然さは拭(ぬぐ)えません。

 昨年の世界選手権で目に付いた、在日のパチンコ関係ロゴ、マルハンも西陣もありません。これらの材料から、韓国選手の欠場はスポンサーが決定する時点で折り込み済みだったことが分かります。また、パチンコマネーは、韓国選手に対するスポンサーなのも明らかになりました。これで、安藤在日説も完全に否定された訳です。

 韓国では、たった四十年前に再建された南大門が国宝とされていました(笑)が、日本の建国記念日に当たる2月11日に燃え落ちました(燃え出したのは前日深夜)。これにより、日帝時代に指定された国宝がであることから、日帝の呪いという噂が流れたのです。ところが、この火事現場はソウルで唯一の観光スポットであることから、日本人観光客は無理矢理バスから降ろされての写真撮影となります。この写真の中に、燃え落ちた南大門の後ろにOLYMPUSの大きな看板が写っているのです。オリンパスは真央ちゃんのスポンサーですから、何ともタイミングの良い(悪い)火事だった訳です。

 韓国は、金大中の時に、天皇・皇后両陛下を蔑(ないがし)ろにした過去があります。02ワールドカップ開催式の時に、両陛下の前に席に着き、通せんぼをして後ろを通らせたのです→こちら。こんな失礼な国は韓国だけでしょう。正しくは、露払いをして先導し、そこで後方に回って両陛下を先に席に案内し、それから自分たちも席に着かなくてはならないのです。こんな事も出来ない三流国家である韓国は、それからも日本に対して反日活動を続け、とうとう2度目の経済破綻が秒読みの段階です。韓国は、自らの失態で呪われてしまっているのです。

 韓国での開催なのに、主役の選手もスポンサーも日本頼みとは笑止ですが、日本人は心が広いので、真央ちゃん達には良い演技で盛り上げてくれることを願っています。安藤さんの4回転、村主さんの現役最後の晴れ舞台、そして真央ちゃんのファンへの大サービスに期待しましょう。解説席から排除された韓国選手の暗黒プラズマ砲が空砲に終わるのかも含めて、見所は結構満載かも知れませんね。

     エフライム工房 平御幸
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

音に疲れる~3.スピーカーは楽器

2008-02-10 11:20:44 | Weblog
 僕がいた頃の上石神井の芸大寮は、音楽を自作スピーカーで聴く学生が多かったですね。工芸科の学生はカリキュラムを利用してスピーカーを作れるのですが、音楽の生徒も自作ファンが多かったのです。実際、楽器を手にするオーディオマニアは、自分でスピーカーも作る猛者が多いのです。これは、スピーカーが楽器と同じ性質を有しているからです。

 日本のオーディオがブームにあった頃、ハイファイという幻想は、スピーカーの周波数特性をフラットにする一本道を歩みました。日立やソニーや松下の平面振動板が登場し、4ウェイや5ウェイなどのマルチユニット化が進み、マルチユニットを制御する、コイルやコンデンサーを使ったネットワークが複雑になります。これらの試行錯誤は、平坦な周波数特性の犠牲として、重い振動板による電気信号を無駄にする低能率化、連動する生気のない音、などを招き、そのためにハイパワーアンプを必要とする悪循環に陥ったのです。今は、どこの家庭でも40ワット以上のアンプばかりです。

 しかし、音楽を聴く実際面で必要な出力は、僅(わず)かに0.2ワット程度に過ぎません。3ワットもあれば、隣から苦情が来る音量が出せるのです。パソコン用スピーカーなどに付属するアンプは、小さなオペアンプ一個の0.2ワット程度なのです。今のアンプは、家庭で使うには無駄なハイパワーなのです。

 さて、大型平面テレビが普及してきましたが、これらに組み込まれている、7㎝口径のスピーカーユニットの値段を御存知でしょうか?実は、秋葉原で型落ちの放出品を売っているところがあります。その値段はステレオで350円。エッジが少し凹んだものなら、一個50円です。オーディオ用として売られている同口径が一個で二千円程度ですから、如何に安いか分かります。しかし、このようなユニットでも、ちゃんと設計した木のキャビネットに入れてやれば、驚くほど良い音を出すのです。これがスピーカー工作の醍醐味です。

 同じように、パソコンの付属品として付いてくる安物のスピーカーですが、プラスチックの小さな箱から取り外し、キチンと設計した木製の箱に入れただけで、それは素晴らしい音を奏でるのです。例えば、僕が作ったバックロードホーンとかです(説明と画像はこちら)。これは、廃物の床建材を側板に用い、コストを徹底的に下げたもので、東急ハンズの木材加工を利用しても、板材とカット+ボンドの合計三千円で作れます。また、オーディオ専用のユニットを使い、キットとして販売しているキムラ無線などの業者も多いです。値段は少し張りますが、メーカー製の安物スピーカとは比べものにならないくらい良い音です。もちろん、オークションに趣味で出品しているマニアもいますから、こちらも狙い目です。僕も二度落札されたことがあるのですが、二度とも入金がなかったので、これは売ってはいけないものだと悟り、今はパソコン用に収まっています。

 このように、パソコン用のスピーカーは改造したり手軽にアップグレードできるのですが、問題はアンプです。自作できる人なら、小型の真空管方式がよいと思うのですが、完成品でも3万円程度します。僕は、オークションなどで中古の中級アンプを手に入れるのが手軽と思います。市販のパソコン用スピーカーの欠点は、無駄に小さいことです。スピーカーはセッティングの専有面積で考えるものであり、幅と奥行きが決まれば、高さは50㎝あっても構わないのです。ユニットの位置が耳の高さになるのが理想なのですから。

 という訳で三回に渡りオーディオについて語りました。市販の高級品にも存在価値はあるのですが、自作の視点から見ると無駄の塊です。趣味性としては、その無駄こそ魅力なのですが。しかし、聖書に「家造りらの捨てた石が角の頭石になった」という一節を踏まえれば、捨てられていたスピーカーユニットや、投げ売りされているパーツを使って自作するのは神の目にかなうことが理解されると思います。ユニットを取り付けるバッフルだけ木製で、他の部分は段ボールのバックロードホーンでも結構鳴ってくれるのです。「考える前に跳べ」という、自作の神様と尊敬された故長岡鉄男氏の名言は、時を経て生き続ける真理だと思います。

     エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

音に疲れる~2.高域が命

2008-02-08 18:20:35 | Weblog
 オーディオは趣味の世界ですから、妄想的な哲学や間違った常識が跋扈します。その代表が、トランジスタはレンジが広いが冷たく、真空管は中域重視で暖かいという常識です。また、前回述べたハイファイも誤解の一つです。

 僕が大学時代にスピーカー工作に目覚めたきっかけは、芸大寮で同室となったトロンボーンのK君の作ったバックロードホーンです。これが、市販品をぶっ飛ばす生き生きとした音だったのです。特に、フルレンジ・ユニットなのに高域が異常に伸びていて、金管楽器が目の前で炸裂するのにビックリしました。この体験以来、僕は経験を重視するようになります。

 それである時、NHKの放送局用モニターユニットが捨ててあるので拾ってきました。エッジが破れていましたが、音はちゃんと出ます。高域用のトゥイーターは質が落ちるので、ヤマハのホーントゥイーターJA0506という、知る人ぞ知る名器を繋いでみました。ウーファー帯域が2KHz(キロヘルツ)止まり、トゥイーターは5KHz~20KHzという組み合わせで、中間の2~5KHzが抜けている構成です。しかも、JA0506は能率が極度に良く、ウーファーの4倍も音圧レベルが高いのです。アッテネーター(減衰器)で高域を落としても、絶対に周波数特性がフラットになる訳がありません。昼過ぎから下げ続けた株価が、2時頃から右肩上がりで爆上げしたような周波数特性です。しかし、これが物凄いパフォーマンスを示したのです。

 バッハのチェンバロはリアル、リュートは繊細で情感たっぷりに空間に広がり、果てはジャパニーズポップスも生き生きと再生し、ヴォーカルの声のリアルさは格別です。しかも幾ら聴いても全く疲れないのです。もっとも、アンプも自作のFETアンプでしたが。

 暫くの間、僕は混乱していました。オーディオの常識が何一つ通用しないからです。それで、超ハイ上がりのこの装置が疲れなかった理由ですが、①放送局モニターのウーファーの磁石が高級なアルニコで歪みが少なかった。②トゥイーターのJA0506もアルニコで歪みが少なかった。③自作アンプのNFB量が小さくて位相が乱れておらず、しかも市販の十倍も高い周波数のメガヘルツ領域まで伸びている。④キンキンと耳障りな中高域(3~5KHz)が偶然にも凹んだ、などが考えられます。

 その後、段ボールでバックロードホーンを作ったり、トゥイーターを安物に交換したりして検証した結果、オーディオは高域が命であると結論付けられたのです。アンプやトゥイーターの高域特性が良いと、中域はおろか低域の質まで改善されるのです。中域重視の真空管アンプでは、この高域の伸びは絶対に無理なのです。市販のトランジスタアンプは高域が100KHz~300KHzですから、可聴帯域の20KHzは優に確保しています。しかし、大量のNFBをかけて無理に伸ばした300KHzと、少ないNFBで楽に伸びたメガHzでは質が違うのです。また、メーカーが「有害な高域をカットした」等と宣伝したら、それは高域発振への言い訳です。

 でも、高域が命というのと、スピーカーを含めたシステムの周波数が高域まで伸びているというのでは意味が違います。僕が言いたいのは、フルレンジ一発の安物システムの高域限界が18KHzでも、アンプの高域特性が優れていれば良いのです。必ず超高級なトゥイーターを必要とはしないのです。アンプとスピーカーで3~5万円でも、聴いていて疲れない、音楽というより音を聴いて楽しいシステムは構築できるのです。こういうシステムなら、音楽は本当の癒しになり、神の声が聞こえるようになるのです。

 オーディオメーカーは、高級品を先に作り、ローコスト製品は差別のために苦労して音を劣化させているのです。ローコスト製品は、音を出さない時は触って冷たいのに、高級品は音が出ていなくても暖かいのはそのためです。その高級品も、何万倍もの増幅能力を無理に数十~数百倍にまで落として特性をきれいに見せているだけの、韓国女性のような整形された音なのですから閉口です。という訳で、次回の「3.スピーカーは楽器」で、手軽なパソコン用のシステムを紹介したいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加