平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

激動の2016年 (^^)/~~~ 栄の2017年 щ(゚д゚щ)カモーン

2016-12-30 20:42:11 | Weblog
大晦日には一日早いですが、2016年を振り返って、いろいろ大変で忙しくて、思い出に残る年だったと思います。

日立リヴァーレのリーグ戦初優勝と、佐藤あり紗さんのリオ五輪選出が春の課題。久光に阻まれてリーグ初優勝はならず、リオ五輪の方は無事に選出。ところが、問題は、日本が五輪予選で「この先生、きのこれるか 🍄」状態 (;´Д`)

試合後、小田急特急が事故に巻き込まれて朝3時過ぎに帰ったり、タイ戦で7連続得点の奇蹟を演じたり、生きた心地のしない最終予選でした。まあ、無事に五輪出場が決定し、佐藤あり紗さんのリオ五輪も実現。正直、あとは五輪の結果なんかどうでもよいという心境でした。出ただけで満足 (=o=;)

古代史的には、京都の二条城から、豊橋の鬼祭、伊雑宮の御田植祭、徳川の文字に含まれる十四からの謎解きと続き、とうとうマグダラのマリアの子孫が日本に大量に残っているという結論を得ました。古代史的には物凄い成果でした。

バレーボールのファイナル6で京都に行ってダイヤモンドの看板を見、それからサトノダイヤモンドがダービー2着から菊花賞制覇して有馬記念も制覇。アリマ→あり紗で、アリマを逆さにするとマリアという落ち。結局は、ひたちなかの女神の佐藤あり紗さんの手の上で踊らされていたようです。

関東の国体予選は宝石の街・甲府でしたが、夜には店が閉まっているので、手作りのガラス工芸しか手に入りません。国体予選は五輪から帰国した佐藤あり紗さんはパス。中部予選では、KUROBEを引退した色摩(しかま)さんが来ていましたが、実物はレオナルド・ダ・ヴィンチのデッサンのようでなかなかの美人。浜松まで来てよかった (^_^;)

それで、甲府で買ったアクセサリーを敢えて安い風に仕立て、リーグ戦でもらったブレミア各チームのシールで封印。最後は久光のシールで封印し、「全部のチームに勝ちなさいね」と言葉なきメッセージ。金沢の読者からひたちなかに届けてもらいました。それに奮起したのか、最後は久光にリベンジして全チームから勝利。これで、クリスマスプレゼントのハードルは一気に高くなり、しかも有馬記念はサトノダイヤモンドが勝ちそうな雰囲気。あとは察してください m(_ _)m

個人的にも、本厚木の女神が隠れたままで、本厚木のイトーヨーカドーも来る2月に閉鎖。イトーヨーカドーも小田急と同じくバレーボールチームのあった会社です。岡山大会で行った岡山のイトーヨーカドーも同じく閉鎖だとか。そろそろ厚木から引っ越す時期に来ているかも (;´Д`)

古代史は電子書籍化を進めており、原稿を書いている真っ最中。完成したら翻訳して海外に出る下準備。僕にとっても、世に出るラストチャンスが2017年のような気がしています。佐藤あり紗さん次第ですが、エジプト宰相ヨセフが13年間の牢獄生活から解放されて、祭司の娘アセナテと結婚した話を思い出します。

エジプトを7年の大飢饉から救ったヨセフは、今も残る「世」という文字に偉大さが現れています。僕が新しい世を作るには、やはりアセナテのような女性が必要なのだと思います。ちなみに、奇しくも2017年は、僕が古代史で書いている宇都宮の競馬場を訪れた2004年から13年目です。ヨセフと同じように、濡れ衣を着せられたのも同じ。しかも、17という数字は、ヨセフが兄達にエジプトに売られた年齢です。何から何まで、ヨセフ因縁の年が2017年。

佐藤あり紗さんは、祭司の子孫の権威でもって、僕を世に出すことが出来る→『創世記』41章45。僕の13年に及ぶ精神的牢獄生活が終わり、エジプト宰相ヨセフのように新しい世界を作る年になるのか。ヨセフを牢獄から出して、アセナテと娶せた、現代の偉大な王はいったい誰で、何処にいるのでしょう?隠れていないで出てきましょう (^o^;

こっちは俎板の鯉というか、神饌の鯛のように腹をくくっています。もう∩(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* どうにでもな~れ

『私だけの古代史・第一部 酒船石編』第12章 イエスの再臨 より

さて、酒船石は水が流れる構造でした。しかも三本の溝の中で、造られた時点から見て未来を指し示していたのは真中の溝だけでしたね。そこで今度は真中の溝に注目し、水が流れる方向に沿って数字を並べて暦を作ります。すると3711年となります。これにまたヨセフの亡くなった前1722年を足します。ヨセフから3711年後という計算ですね。石井さん、答えは何年ですか?」

「はい、3711年+(-1722年)は1989年ですが、この年はもう過去になります。先生、一体この年に何があったのですか?」

先生は、私の質問にすぐに答えないで、しばらく間を置いた。そしておもむろに口を開いた。

「西暦1989年。この年は、僕の古代史が始まった年であり、酒船石に興味を抱いた年でもあります。僕の古代史は、酒船石に預言されていたのです。しかし何より、この年から平地をシンボルとする平成が始まりました。実に、エフライムの奥義が明らかにされる基が、1989年に置かれたということになります。思えば、上ナイルのSを頭文字とする昭和天皇が、酒船石の7のゲマトリアを暗示する一月七日に亡くなったのも、天の計らいだったことになります。昭和が63年で終わったのも、酒船石の頭部の63㎝に呼応しているように思えます。この年に注目された藤ノ木古墳の径48を、1989年に足しても2037年になります。時代は、下ナイルに象徴されるエフライムの時を迎えるのです。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

酉年の注意 河童の精神で (^o^;)

2016-12-29 00:15:05 | Weblog
来年がもう間近。そのせいで、日本中で大火や火事が連続で起こっています。火事の原因はそれぞれですが、心構え一つで災難から逃れることが出来ます。

来年は酉年ですが、ポンパドウルでも酉年にちなんだ酉パンが売られています。昨日は申年が終わるので猿パンだったような (^o^;)


とりのぱん 1個216円
中はアンパンが3個寄り合わされて、チョコのトサカが乗ったもの (゚д゚)ウマー


申年は猿のように顔を赤くして怒ってしまう年。それが酉年で火に燃え上がる。ドミノ・ピザのクリスマス炎上が良い例です。注文した方は届かないので怒り心頭。ピザ焼く暇もなく炎上しました (;´Д`)

糸魚川大火は中華料理屋から。大宮の火事はステーキ屋。市川の火事はタイヤ置き場。愛知県では、刈谷市、東海市、東浦町で計3件の民家火災と続きました。明らかに「火」がキーワードです。

なぜ火事が続くのか。その理由は鷄のトサカにあります。トサカとは「頭の逆木=逆火」という意味で、頭の上に炎が立っている状態。鶏の真っ赤なトサカのように、怒りの炎が立ち昇る。とうとう神の怒りの日が来たのかもしれません (´Д`)

レクイエム(死者のためのミサ曲)の中に「怒りの日」という曲があります。ラテン語でディエス・イレ(Dies irae)。神の激しい怒りのぶどうが踏まれて怒りの葡萄酒となり、それが人類に注がれて、サタンに従った悪人は神の怒りの火に投げ込まれる。最後はサタンと眷属が永遠の炎に投げ込まれて封印される。

怒りの日が来たのなら、正しくない人間、神を知ろうとしない人間は焼かれるけど、まだまだ序章に過ぎません。近未来にその日がくれば、全世界が焼かれるのだから。正しい人でも巻き込まれる可能性がある。どんなに正しくても火から逃げなかったら自己責任ですから。そこは間違えないよう。自分が正しいと自惚れるのは危険です。

だから、酉年の心構えは、絶対に怒らないこと。馬鹿にされても、唾をかけられても怒らない。ヘラヘラ笑ってごまかすのではなく、怒りそのものを消す気持ちが大切です。頭のお皿の水が枯れた河童が皿に水を浴びせるように、怒る前に自分の頭の皿に消火水をかけましょう。そうすれば、怒りの火が自分に来ることはありません (-_-;)

とは書いたものの、すぐに(#^ω^)ピキピキとなるメンバーを前にして、これは自分にとっても大変な課題だと不安です orz

些細な事で怒らないように、くれぐれも注意と自重ですお m(_ _;)m

モーツァルト《レクイエム》「怒りの日」カラヤン指揮/ベルリンフィル
https://www.youtube.com/watch?v=Opwq0C0hjOg

ヴェルディ《レクイエム》「怒りの日」ライナー指揮/ウィーン・フィル
https://www.youtube.com/watch?v=Glim_Q2Ni2A

もっと良い演奏があればコメントで( ^ω^)よろしく
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

情報発信の大切さと改革意識

2016-12-27 07:15:27 | バレーボール
将棋のソフト不正使用疑惑に揺れていた日本将棋連盟。第三者委員会の調査で、三浦九段は不正がないことが明らかになりました。それでもなお、三浦九段を目の敵にする勢力が(誰々とは言いませんが)ニコ生で工作しています。告発した渡辺竜王と一味と、連盟上層部の責任は免れません。

106 :名無し名人 2016/12/27(火) 17:44:37.62 将棋ワンストップ ?@shogi1com 1分1分前
竹俣紅女流初段がブログで、三浦弘行九段の会見についてコメントされています。「想像の斜め上をいく事実もあり、衝撃でした」
さすがは紅ピー (;^ω^)
http://lineblog.me/takematabeni/

この事件は、将棋連盟という極めて閉鎖的な組織の脆弱さを露呈したものですが、大相撲の八百長問題や、柔道やラグビーのレイプ事件や、バレーボールの暴力事件と同じく、自らを改革しようとしない、旧態依然の組織に共通する問題だと僕は思っています。

伝統という言葉があります。僕は日本画を専攻したという意味では伝統重視ですが、デッサンなどの絵画手法では伝統に縛られることはありません。良いものは良い。古くて陳腐なものは排除し、古くても本質的に良いものは積極的に残す。ただ新しいだけを目的としたものには価値はないとすら思っています。しかし、法人などの組織は常に改革は必要です。法人は人と同じで、組織が硬直化すると生命力を失うからです。新陳代謝が常に必要なのが、会社や学校や官庁などの組織です。いかにも改革を嫌うものばかりですが (^_^;)

電通の自殺問題から、厚生労働省もようやく違法残業をそのままにすることはできなくなった。なぜその前に改革しなかったのか?ただの怠慢です。競馬の枠順の八百長もしかり。残念ながら、外から批判されないと改革できない怠惰が日本の文化の一つです。日本の悪しき伝統芸が怠惰とは恥ずかしくなります (;´Д`)

スポーツの世界は、昔からの悪しき伝統が横行し、プロ野球ですら変な理論がまかり通っています。五輪で採用される競技は、放送時間という極めて現実的な圧力から、ルールの見直しが進んでいます。でも、組織として改革されてはいません。僕はすっかり、試合時間の無駄に長い野球は楽しめなくなっています。昔のように2時間で終わるように改革しないと。その点、バレーボールのフルセットは長くて2時間半です。野球の平均3時間より短くて中身が濃い。

プロ野球も独立採算ではなく、親会社からの補填で賄われています。ソフトバンクのバカ高いスマホ料金が億を超える選手の高給となる。電通を通した読売グループのCMスポンサー料が巨人選手の高給となる。サッカーでは地方の下部組織にまで海外移籍選手の移籍金が徴用される。何か変ですネ。

バレーボールも、親会社の福利厚生名目で運営されているところが多く、スポンサーを集めて地域に密着しているのは、岡山シーガルズと、KUROBEアクアフェアリーズと、ブレス浜松の3チーム。スポンサー対策で、チームの情報を発信しなくてはならないという事情もありますが、この3チームの広報はしっかりしています。岡山駅で選手が呼び込みをするくらい。活動を応援したくなる素地があります (^_^)

しかし、福利厚生名目から支出している会社は、社員を動員して体育館が見かけ上一杯になれば事済む。入場料はプレミアの組織に入るからです。トヨタ車体の刈谷体育館などチケットの入手難という異常事態。動員もほどほどにしてくれないと (-_-;)

動員をかける。チームのグッズを売る。サポーターの有料会員を募る。これも企業努力ですが、やはり先の3チームのような必死さはありません。資金力のない柏エンゼルクロスは、メンバーは普通の介護職を定時(8時間)までして、夜に練習をしていると監督が言ってました。チャレンジマッチのインタビューですが、選手を思う監督の言葉だから重みがあります。

ブレス浜松も、元は栗山米菓のBefcoビービースターズ(べふこビービースターズ)が廃部して、藤原道生監督と相田好美コーチが浜松に本拠を移して誕生した経緯があります。この二人の情熱と絆はとても強そうです。

こうして見てくると、日立リヴァーレはチームとしての運営は古臭い部類に入ります。情報発信は最小だし、お世辞にもサービスが良いとは言えません。その代わり、選手はとても明るくて親しみやすく、ファンにも変なキモオタは少ない。キモオタファンは、東レや久光に多く、KUROBEアクアフェアリーズは尻フェチ男に動画ストーカーされている ( ̄д ̄)エー

日立リヴァーレは運営は古いけど、美人選手やスタッフを集めて商売上手。そう言えば、トヨタ自動車は胸の大きな選手を集めている印象。部長の好みなのか?上尾やNECは脚のしっかりした選手が多い。

さて、本題 (^o^)

情報発信は、組織の規模が大きくなれば大きくなるほど大切になります。一番わかり易いのが米国の大統領府。基本的に不安から銃を携帯して自分を守る国民性を持つ国だから、常に国民の不安を解消するようにメッセージが出されます。国民も、自分たちのリーダーを自分たちで選んだと自負しているのだから当然ですが。党内人事で総理が決められる日本とは大違い。

情報発信のツールはネットに完全に移行し、テレビや新聞などのマスメディアに依存したヒラリーが大統領選で負けたばかり。ネットさえあれば世界とつながる。スマホが低年齢層や情報弱者の高齢者にまで行き渡った今は、なおさらネットでの情報発信が必要となっています。

SNSやラインなどは、時には自分の時間を奪う鬱陶しいツールになり、ツイッターは馬鹿発見器と揶揄されるほど。でも、何事も長所短所があり、使う人次第で人を導くことも洗脳することも出来る。ナチスの情報管理と基本は同じですが、ネットは自分で調べることが出来るのが大きな違い。一方的な情報提供ではなく、受け取る側も発信できる双方向性を持つ強みがあります。

聴取者によるネットでの生の反応。それを最大限に活かしたのがニコ生です。特に将棋では大成功して新たな棋戦が幾つも誕生しました。おそらく、数年以内に、バレーボールチームの情報発信も双方向が基本になると思います。浜松やKUROBEのようなミニFMにも限界があり、スタジオから出て発信するのは限界があるからです。しかもファンは全国に散らばっている。その点、ニコ生はノートパソコン1台とデータ通信環境があれば場所を選ばない強さがある。

双方向の利点は巨大です。これからは双方向環境を整えないチームや組織は時代遅れというイメージを持たれる。こんな古臭い会社に預けて大丈夫だろうか。親御さんの心配なしで若い選手を獲得できるチームは強くなる。もう会社の福利厚生の枠でチームを考えるのは時代遅れなのです。弱小チームに学ぶ事も大切だと思います (*^_^*)

なお、日立ほかは高校生チームを招いて関係作り。根回しもいいですけど、総務にネットと動画と画像編集の専門を入れるのが双方向環境創りに最善と思います。

おまけ あらっ若い あり紗、久恵、おみちゃん、女将・絢野、オヌマ妹ほか (=^・^=)
2013年 ユニバ代表
http://ameblo.jp/jdkxy080/entry-11566584653.html?frm_src=thumb_module

皇后杯決勝で配っていたうまい棒のあり紗
スナックは食べないので欲しい人にあげます (^o^)v



こちらはロシアのアリサ(Alisa)
フィギュアのジュニアらすい



おまけのおまけ 湯呑みをもらった (^^♪

あゆコロちゃんどら焼きと
万葉堂さんが今月いっぱい出店しているのであゆコロちゃんどら焼きも1個170円で同梱可
日持ちはするお
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

メリー・クリスマス&皇后杯残念

2016-12-25 22:30:10 | バレーボール
日立は久光にフルボッコにされて負けました。監督も選手も原因がわからないと思います。でも、今日は100%負けると思っていたウリには原因がわかります (;´Д`)

日立が負けた原因は、24日のイブに少し寂しい思いをした選手がいたこと。

蒲田駅に着いて、トイレに立ち寄ったら、掃除のおばさんが手を洗うウリの足元をモップがけの暴挙。汚いモップを右足で踏んで穢れてしまいました。これで日立の負けは確定。この後で八幡さまにお参りしましたが効果無し。あとは、どのように負けるかだけでした orz

日立は久光の中大路セッターが苦手です。どれくらい苦手かというと、勝田駅前に小料理屋の絢野ができようものなら、監督からコーチまで女将の中大路絢野の顔を見に行くくらい苦手。当然、ウリも通いたい口 (^_^;)

でも、今回の負けは中大路セッターは無関係。キーワードは「互い」という言葉をにあります。

互いとは2人が手を組むことですが、「違」と書いてもタガイです。手を杉綾の形に交差させればギザギザの文様が出来上がります→杉綾文様(ヘリンボーン)。クリスマスに、1人はチャイコフスキーの弦楽セレナード第一楽章のように暗く、1人が同・第二楽章のように喜びに満ち溢れる。この2人が互いに時間を共にすることはできないのです。それがチームメイトだとしたらなおさら。

頭で理解しても感情でどうしようもないのがクリスマスの寂しさ。というウリも、スイーツは帰りに寄ったミスドのドーナツだけです (ToT)(T_T)



神様に叱られて気がつく自分もまだまだですが、もう少し気が回るようになりたいです。ということで、改めてみんなにメリー・クリスマス&サンタさんは苦労する (TдT)


負けた後なのでやはり悔しそう
触らぬ女神に祟りなし (;^ω^)

隠れて見えない久光のバスのナンバープレートは、有馬記念勝ちのサトノダイヤモンド11番と2着のキタサンブラック1番の11-1.1でした
カンマはプレートを止める鋲の位置
関東馬のゴールドアクターは関西馬二頭の次の3着
関西に負ける日でした (´Д`)


画像追加 相鉄線で9号車に乗ったら久光の星が9個 orz


ということで、「互い」という言葉を噛み締めましょう。監督とコーチは小料理・絢野でやけ酒をどぞ Σ(´∀`;)


なぜかマネージャーの小寺まどかさんのバナー
来シーズンから現役復帰するニカ?



久光応援団に有って日立応援団に欠けているものはサンタさん
クリスマスツリーは樅の木だが杉綾=絢につながる


コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

皇后杯 決勝進出 (;・∀・)

2016-12-24 20:41:19 | バレーボール
詳しくは帰ってからですが、ストレート勝ちでした。おめでとうございます m(_ _)m

出待ちの時に気がついたのですが、体育館の形(2つの円)とプレゼントの形が同じ (´゚д゚`)エー

神様のすることは奥が深すぎます (;^ω^)


大田区総合体育館は上から見るとダルマ型
メインアリーナは五芒星の星の形



横から見ると中央が通路で8の字か二つの円に見える
片方の円が小さいアンフィニ(∞)か小さい星が二つ付いたリングにも見える


22:30 帰りの相鉄の中 (*^^*)

まず、同行予定の読者が京急とJR蒲田駅を間違えて徒歩で京急蒲田へ。その間、タリーズでスイートポテトとコーヒーで一服。

遅れてきた読者が言うには、JR蒲田から歩いてくる途中に八幡さまが。朝に更新したブログで八幡鳩のことを書いたので、さっそく参拝してきたそうです。大田区総合体育館には何度も来ているのに間違えたのは、神様が参拝するように盲目にされたのでしょう (;・∀・)

試合は、遠井選手が3セット目に4連続で決めるなど、佐藤美弥セッターのトス回しが東レを翻弄。エースの渡邉選手に決められるのならまだしも、ほとんどノーマークの遠井選手にバックアタックまで決められては精神的ダメージは計り知れません。可愛い顔した佐藤美弥の本質がサドだったとは ( ゚д゚ )

最初の頃はアタッカーの得点が分散。エースの渡邉選手も決め手があり、ウイングのインに切れ込むアタックも効果的。その上での意表をついた遠井選手のバックアタック。これで東レはブロックの的を絞れず、一転したライトからの集中攻撃に対応できませんでした。

守備では佐藤あり紗さんが何度も好レシーブ。拾って繋いで館内も沸く面白い試合でした。井上選手のクイックはやはり速い。内瀬戸選手はブロックでマークされても撃ち抜くのは上手いを通り越して神業に近い。早く帰りたいジャクソン選手も伸び伸び。内定選手なのか、中南米ぽい黒人選手(顔はブラジル代表に似ている)が練習参加していて、やる気を出したのかも (^_^;)

23:35 帰った (;´∀`)

やはり熱が1度高い orz
インフルの症状が肺の方に降りてきている段階
明日はチケット確保しているので体調次第です (´Д`)

出待ちの佐藤あり紗さんはゴキゲンで、たくさんのプレゼントを抱えて重そうでした。昨年は「何ですか」と中身を訊かれたので、先回りして「体育館の形と偶然に同じ」と言いましたが、「設計したんですか?」と天然ぶりを発揮してもらいました (*^_^*)

選手全員がゴキゲンで、気温が下がり少し空気は冷たかったですが、クリスマスに相応しい透明で幸福な空気に満たされていました。東レの田代選手がずっと目の前にいて、帰りは明日だとか聞こえました。田代選手は、東レカラーではなく、自分のカラーを目指すべきです。このままフェードアウトするより移籍したほうが良いと思う迫田選手も含めた東レの選手全員ですけど、竹下選手のコピーを目指した砂かけさんの呪縛から抜け出さないと…。もっと個性を追求しましょう (・・;)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

預言された鳩 愛子内親王

2016-12-24 05:15:45 | 古代史と聖書
今日はクリスマスイブですが、チヨットピコーンと来たので忘れないうちに書いておきます。

八幡宮の八は鳩文字で書かれていることが多く、また鳩がデザインされたものもたくさん見られます。これは以前に書いたこと。問題はここから。


豊橋佐藤八幡社の鳩

古代の原始キリスト教で、八幡(やはた)はヤハウェで旧約の神、イエスは耶蘇教だから八十で表されます。2つ合わせて八十八の米。このイエスは八十という当たり前すぎる数が、実は謎解きの盲点でした。

よく考えたら、八と十の間が欠けている。本当は八九十の並びでなくてはならない。八九十は、ヤハウェ、救世主、十字架の数字なのです。だから、救世主の九を持つ鳥が鳩。八幡宮に鳩が隠されているのは当然なのです。八十をハトと読むから、八十=救世主の鳥もハト。ここで、7月に飛鳥昭雄氏が緊急で出した『失われた超大陸パンゲア文明「アスカ」の謎』の八咫烏(やたがらす)預言詩が意味を持ってくるのです。このシリーズとしては異例の短い間隔で出されたものです。法律的な引用の範囲で引用しますが、無断引用だと抗議が来たら面倒だから削除します。


失われた超大陸パンゲア文明「アスカ」の謎 
飛鳥昭雄 ムー・スーパーミステリー・ブックス 2016/07/28発売より


ともに合するまで日が昇らない
烏(からす)が放たれても世に闇があり
鳩が放たれても瞬きを知らず
再び鳩が大意をもって
天に出ずる喜びの時まで


鳩=イエス・キリストという事から、この預言はイエスの再臨に関わる預言詩だとわかります。上から三段目の鳩がイエスの出現と磔刑。四段目がイエスの再臨。すると、イエス以前から放たれていた烏が、イエスの出現を預言した旧約聖書時代の預言者集団となるのです。イスラエル南北分裂後を描いた『列王紀』17章 2~6に烏が登場します。絶対的悪女、北イスラエル王アハブの妻イゼベルの時代です。

前9世紀の南ユダ王国
ダビデ←ソロモン←子レハベアム←子アビヤム←子アサ←子ヨシャパテ

前9世紀の北イスラエル王国
ネバテの子ヤラベアム王←子ナダブ←イッサカルの家のアヒヤの子バアシャ、ナダブを殺して王を簒奪←子エラ←戦車隊のジムリが殺して王を簒奪←反ジムリ派が軍の長オムリをイスラエルの王とした←子アハブ、シドンびとの王エテバアルの娘イゼベルを妻に

『列王紀』17章 2~6
主の言葉がエリヤに臨んだ、「ここを去って東におもむき、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに身を隠しなさい。そしてその川の水を飲みなさい。わたしはからすに命じて、そこであなたを養わせよう」。エリヤは行って、主の言葉のとおりにした。すなわち行って、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに住んだ。すると、からすが朝ごとに彼の所にパンと肉を運び、また夕ごとにパンと肉を運んできた。そして彼はその川の水を飲んだ。


八咫烏預言詩の烏は、大預言者エリヤの時代から存在し、またイエスの出現を預言した預言者集団と考えることが出来ます。もちろん、預言というものは多重な意味を持ち、飛鳥氏の描くように、日本のラストエンペラーを鳩と解釈することも出来ます。しかし、僕の解釈は少し違います。

預言の鳩は、今の皇太子様ではなく愛子内親王の方です。イエスの再臨に、イエスの妻マグダラのマリアの女系子孫が復活する。それが愛子内親王の十字架。


「カゴメ唄」の謎 あすかあきお 『ムー』2016年10月号付録より
飛鳥氏は天皇を祭司レビ族としているが僕の解釈では南北イスラエルの王

イエス出現の前に洗礼者ヨハネが雛形として出現したように、籠の中の鳥=末日の鳩の雛形も登場する。カゴメの歌の「いついつ出やる」の時が来た。以前に書いた、9人制バレーボールのシンボルが九字の太陽→ナチスを模倣した9人制バレーボールのシンボル。六芒星のカゴメは6人制バレーボールそのもの。バレーボールの選手は鳩になる。


9人制バレーボールのシンボル


「カゴメ唄」の謎 あすかあきお 『ムー』2016年10月号付録より
エッシャーの描くカゴメは黒い鳥が九の字に見える


デンソーの森田セッターや、プレステージ・インターナショナルの松尾セッターが9人制バレーボールの出身。この牝鳩が現れたからには、いよいよ末日の鳩が放たれる時が来たのかもしれません。今年はバレーボール国内発足から50週年記念。大預言者エリヤの足元にも及びませんが、自分が選ばれて謎解きをしているのだから、この皇后杯を皆の記憶にとどめてもらえるようにレポートしたいと思います。

というわけで、クリスマスに皇后杯の準決勝と決勝が重なったのは偶然ではありませんね。東西の2チームずつが準決勝でぶつかる。決勝も東西対決なるか。ひたちなかの女神も含めて、日立リヴァーレの選手がダイヤモンドのように輝くように期待します (;^ω^)

     平御幸(Miyuki.Taira)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皇后杯 JT戦

2016-12-23 06:30:55 | バレーボール
ようやく見られた (;^ω^)

JTのブロックに苦しめられ、サーブミスも多くて大苦戦でしたが、日立 1-2 JTの4セット目に29点目を先に取られ、そこから追いついて井上選手と遠井選手のブロックが炸裂して粘り勝ち。30点目の井上選手のブロックは、相手のトスが上がった時点で来ると思いました。最後の渡邉選手も鬼気迫って凄かったし、佐藤あり紗さんのレシーブも凄かった。試合後の遠井選手の笑顔が印象的でしたが、全員で掴んだ勝利です (;・∀・)

この試合は1時間遅れの18時からで、隣の男子も早々と終了。夜になって気温の変化があり、隣のコートが寒々して館内に温度差が発生。空気の対流が起こり、それがサーブに影響を与えたのだと思います。気温差と対流に弱い無回転サーブほど影響を受けたはず。

土曜日の東レを見ていて気がついたのですが、東レファンのキモオタ女の奇声がありません。2年前くらいに気持ち悪いと書いたはずですが、そう言えば今年は巨大なカメラのキモオタ男も減ったように思います。

キモオタが減った理由。それは、彼らに憑依していた不幸な霊が、高く上げられるバレーボールのボールに乗って天に帰ったからだと思います。バレーボールを生観戦すると、一週間も取れない疲れが残ります。明日香の小高い丘に登った疲れとは違い、本当に何もしたくないほど疲れます。これは、霊障のエクソシストと同じで、選手にまとわりついて、ともすれば故障させようとする悪い霊を僕が引き受けているからかもしれません。

日立リヴァーレが主ですが、僕は選手を守ると以前に書いています。でも、天性のエクソシストである僕には、観客に憑依する悪い霊も同じなのです。彼らが視界や耳の邪魔したりする度に、僕はそれらと戦ったり癒やしたりする。

今年はアンプ修理も出来ないほど疲れ、12月の10日を過ぎて、ようやく夏の片付けができるようになりました。その矢先のインフルですが、まだ胸がモヤモヤしたまま。24日の準決勝には大田区の体育館に行きますが、東レ戦に勝った選手の笑顔が見たいです。女神にクリスマスプレゼントも忘れないで持って行かないと (^^)
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

証のない人

2016-12-22 21:20:19 | 古代史と聖書
 DAZNを契約していない人の理由で一番多いのが、「見る時間と隙がないから」というものでした。本当でしょうか?

 ダンテの『神曲』の地獄編に、貪欲者の地獄というものがあります。吝嗇家(ケチ)と浪費家という、見かけは対極にある者同士が、重い石を永遠に転がし続ける地獄。この場合の吝嗇(りんしょく=ケチ)は、金銭面だけを指すのではないのです。


ギュスターヴ・ドレ作 貪欲者の地獄

 神のために時間を作らない、神のための捧げ物を惜しむ、神のための金を惜しむ、神のための労働を惜しむ。全てが吝嗇の罪になるのです。

 日本はどんな田舎でも、年に一度の神社の祭礼があります。祭りの種類にもよりますが、大半は氏子の労働奉仕と近隣住民の寄付で成り立っています。過疎化と人口減で祭りの維持も大変な時代です。でも、子供から大人まで準備や練習に時間を割き、伝統を守ることに一役買っているのです。

 しかし、読者を含めての大半は、祭りに一切かかわらず、縁日で小金を使う程度。これで神様が喜ぶと思う方が間違っている。祭りに直接係ることが出来ないなら、せめて寄付金で貢献するとか、賽銭で紙幣を入れるとか罪滅ぼしが必要。小金は摂社や末社で (――;)

 そもそも、時間を司っているのは神です。神優先で暮らしていれば、時間は神が作ってくれる。また、そのような祝福のない人は、どこの教会でも上には行けないのです。この世で神への時間と労力を惜しんだ者は、死んだら石を押し続ける無限地獄が待っているだけ。

 例えば、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)では、すべての役職が会員の持ち回りです。だから、末端の教会を管理する人は、自分の仕事と、教会の仕事と、何百人の会員の管理(面接や相談など)という、大変な労力を割かなければならない。日曜の礼拝だけでなく、今の時期はクリスマス会やバザーもある。大変だから、基本的に独身者では上には行けないのです。モルモンの妻は基本的に専業主婦ですけど。

 モルモンは時間も労力も大変。その上で、税込みの収入の十分の一を義務としている。聞いただけで逃げ出す人が多いはず。でも、それで教会にとどまっている人は、証があるからやっていけるのです。時間も仕事も奉仕も家庭の平和も、神の祝福と分かるのが証。

 もっとも、モルモンには欠点もあるので、僕は無条件に薦めないのです。どうしようもない人には行ってみろと言いますが、それはモルモンの厳しさを体験して見ろという意味です。如何に日常の自分が甘やかされているか分かるはず (;^ω^)

 夫婦共稼ぎで時間がないとか金が無いとか言ってる人は、どこかで無駄な時間や効率の悪い使い方をしているのです。

 神優先で考え、そのために犠牲にするものが残っている人は吝嗇となる。今やっていることが本当に神につながるのか?忙しいとばかり言って、ほとんど何も参加や協力せず、ただ無為に過ごしていた人が体調を崩してSNSを退会しました。そりゃ、あれだけサボれば、神がイザという時に身代わりになって助けることはないですから。

 天理教では、体調が悪いのは神の警告と教えています。神に祝福されない自業自得という意味合いですが、これも証がないという意味ではモルモンの教えと一緒です。月に千円を惜しむ人に神は鞭打たれる。犬の餌代を削ってでも神に喜ばれる方が良いということです。

     平御幸(Miyuki.Taira)
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

第61回有馬記念

2016-12-21 22:42:19 | 競馬
公開枠順抽選会があった模様ですが、予想通りの八百長で、最初から有力馬の入る枠が決まっていました (;´Д`)

最初に引く順番を選ぶ予備抽選。その後にアルファベットが書かれたボールを騎手が選んで開けるシステムです。掲示板では、2戦続けて1枠1番のキタサンブラックがまた1番になると予想され、1番の入っているボールは北島オーナーのKかブラックのBと書き込まれていました。

サトノダイヤモンドやマリアライトほか、有力馬が全部残ったまま抽選もラスト。サトノダイヤモンドが11番で、キタサンブラックが1番。残る1枠2番と8枠16番をゴールドアクターとマリアライトで二択。昨年の優勝馬ゴールドアクターは2年続けて絶好枠で、蛯名騎手は引くこと無く外に決定。こんな茶番はヤメればいいのに (;一_一)

62 :名無しさん@実況で競馬板アウト
2016/12/21(水) 18:03:39.20 ID:iX6hxbxR0
公開八百長wwwww
Bだけ最初ボール入らない。
誰もB選べない。
北島死ねよ早く。老害。

217 :名無しさん@実況で競馬板アウト
2016/12/21(水) 18:19:40.18 ID:uy7aecjF0
アルファベット制採用している時点で八百長確定だわ

919 :名無しさん@実況で競馬板アウト
2016/12/21(水) 21:14:56.69 ID:kz3JYeAf0
もう八百長なのを隠しすらしなくなったな

935 :名無しさん@実況で競馬板アウト
2016/12/21(水) 21:20:47.65 ID:mPjRwdgk0
キタサンブラック 2016年の歩み

6枠7番→×
1枠1番→○
2枠3番→×
1枠1番→○
1枠1番→○
1枠1番→今ここ

1枠1番以外でも勝ってりゃ何も言われなかったのにな

マリアライトは包まれない外がいい。サトノダイヤモンドは真ん中がいい。キタサンブラックとゴールドアクターはインが欲しい。それぞれの陣営は文句ないのだから談合で決められていたのでしょう。ただ、明日から明後日は雨予報。しかも金曜日からの3日間開催でインコースの芝が荒れる可能性もある。

当日の馬場状態次第ですが、馬体はサトノダイヤモンドが抜けています→競馬ブックスポニチのフォトパドック。本当にサラブレッドの理想型のような、頭から尻尾に美しく流れるラインに、窮屈さのない逞しい筋肉とバランスの良さ。ダービーの頃とは別馬です (;・∀・)

日曜日は皇后杯の決勝ですが、日立リヴァーレが土曜の準決勝に勝って、佐藤のダイヤモンドが実現するか (^ω^)

牝馬では、2015オークス馬のミッキークイーンと2016宝塚記念を大外から勝ったマリアライトが注目。上位人気馬で決まって波乱はないのでは。3着だけは変な馬が来るかもしれませんが。いずれにしても見るレースです (・。・;

なお、悪魔は最後には裏切る。キタサンブラックが悪魔に裏切られるのが今回なのか、それとも来年なのかも聖書学的に注目です。

参考 キタサンブラックまた1番wwwwwwwwwwwwww
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1482310411/
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

DAZNについて緊急アンケート

2016-12-20 22:54:26 | Weblog
DAZNについてSNSで緊急アンケートを取っているのでサボらないで書き込むこと (;^ω^)

回答率が八割に満たない場合は更新しないお ( ゚д゚ )

途中経過で絶望的に契約率が悪そう (;´Д`)

違法でも何とかして見たいというタイ人の執念が足らないのかもwww
コメントが少なくなるはず orz

21日 22時 集計結果

契約率は30%未満 (-_-;)

佐藤あり紗さんの地元仙台は皆無で0%
これでは1ヶ月の無料期間が終われば続々解約なのでは (´Д`)

ニコ生みたいに無料と会員の両方で差をつけて見られるとかしないと
そのうち話題にもならなくなる恐れが (;一_一)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンソー・エアリービーズの三本の矢 MB3

2016-12-19 06:44:50 | バレーボール
インフルなので本格的な熱が出る前に更新しておきます (;´Д`)

皇后杯ファイナル二回戦で、日立リヴァーレがデンソー・エアリービーズに苦戦しました。辛くも勝ったものの、デンソーの新戦略抜きに、この名勝負は語れません。

デンソーの山口監督が取る戦術的特徴は、天才セッターの田原愛里を中心に、眞鍋ジャパンが失敗したMB1(通常2人のミドルブロッカーを1人に削る)の反転形式にあります。デンソーチーム内で何と呼んでいるかは知りませんが、ミドルブロッカーを3人に増やしてウイングを1人削る、MB3とも呼ぶべきものです。


日立との第1セット開始時点は普通のMB2

どこのチームでも、終盤のサーブ権の場面で、ワンポイントブロッカーを投入します。攻撃力に数えられないセッターが前衛の場合は、セッターも交換して後衛に配置し、前衛はMB2人、ウイング(W)1名の三枚攻撃陣を構成します。二枚替えと呼ばれる作戦です。このワンポイント作戦が失敗すると、投入されたミドルブロッカーを下げて、セッターも元に戻すのが普通です。


デンソーのチャレンジⅠの開幕戦は普通の二枚替え
背の高いオポジットの丸本選手をワンポイントブロッカーに起用
点差があったのでこのまま逃げ切り


ところが、デンソーが投入するワンポイントブロッカーは、作戦が失敗してもそのまま居座って、後衛に下がっても守備までこなします。ちっともワンポイントではないのです。これができる背景は、デンソーのミドルブロッカーの石井里沙選手がウイング出身ということ。ウイング出身だから守備まで可能なのですが、新外国人選手のクリスもウイング出身の急造ミドルブロッカーです。何と器用なことかと感心しますが、日本代表落ちした大竹選手だけは元からミドルブロッカーです。実は、このミドルブロッカーの専用機が、バレーボール戦術のボトルネック(限界)でもあるのです。眞鍋監督のMB1は、ミドルブロッカーを減らしてでも攻撃力を求めた結果です。失敗したのは、センター線の守備力が低下するから。


大竹選手が空振りした場面 第1セット

16日の日立リヴァーレとの試合。デンソーは、第1セットをスタンダードなMB2にしてきました。しかし、普通の戦術では、プレミア随一の攻撃パターンと決定力を誇る日立には劣ります。しかも、裏のMB2に起用された大竹選手が不調で、田原セッターとのコンビが合いません。画像は、大竹選手がセミブロードのCクイックを空振りした場面ですが、この時の大竹選手は、右足、左足ジャンプの2歩しかステップしていません。セッターは三拍子のリズムで上げるので、距離の短いCクイックなら、センタープレーヤーは軸足の一歩目を空踏みするなどの工夫が必要なのです。素質の問題ではなく、正しく教わってないだけですけど、ステップを基礎からやり直せば、今回のように遅れることもなくなるのです。


森田、石井の投入で二枚替えしてMB3になった場面


石井投入が成功してMB3で第1セット追い上げ


第2セットは早めにMB3

デンソーは立て続けにセットを落としましたが、石井選手を早めに投入した2セット中盤からは五分で試合を進めます。MB3の最大の利点は、相手ブロッカーが的を絞れず、センターと左右とブロックが一枚ずつ孤立して分散すること。画像↓は、日立が一枚ブロックにされ、ものの見事にセンターから決められたシーン。最初から石井選手を投入したMB3で3セット目を取り、4セット目も終盤に逆転してセットポイントを握ります。しかし、デンソーには運がなく、ローテーションが最弱のセッター田原とMB大竹の前衛。ウイングも石田選手で、バックトスに絶対の自信を持つ田原セッターが選択したのはMB大竹選手によるライトのブロード。


MB3の利点は、相手ブロッカーが的を絞れず一枚で分散すること
日立の守備陣が崩壊している



3セット目は頭からMB3で日立を撃破


前衛にウイングもできるミドルブロッカー二枚とウイング一枚の最強布陣


最後は日立の守り勝ち
隙きのない守備陣とアタックのコースを読んだ読み勝ち


守る日立は、鍋谷選手と石井選手のバックアタックはないと完全に読み、渡邉選手が一枚で大竹選手のブロードを完璧にブロック。日立の松田監督の的確な指示と、状況から読み勝ちした渡邉選手のファインプレーでした。大竹選手のアタックのコースを、リベロの佐藤あり紗とセッターの佐藤美弥両選手が潰していたのも見逃せません。これで、大竹選手は無理な体勢からクロスに打つしかなくなったからです。

バレーボールは一瞬の判断が求められるスポーツですが、チームの特徴を活かした戦術も進化しています。NECレッドロケッツのように、ミドルブロッカーの島村選手にバックアタックを打たせるのも目先を変えるには面白い方法。逆に、バックアタックのない岡山は進化が限られてしまう。トヨタ車体が開幕戦でMB1を採用しましたが、センター線の守備が崩壊して絵に描いた餅になってしまいました。日立から移籍の細川セッターは、致命的な悪い癖を持っているので、経験の少ない比金桃子セッターに頼るしかない。細川セッターは、大きな体を持て余して小さく使おうとして、バックトスの時にボールをこねくり回してしまう。これがトスが不正確になる理由です。無駄な動きを少なくしないと直りません。

細川セッターと対照的なのが、デンソーの田原セッターです。田原セッターはバックトスで無理に背中を反らしません。背中が硬いのではなく、僕の倍も長い指で、額の前のボールを後ろにトスアップできるからです。手首も無理にこねくり回す必要もないし、フィンガーテクニックだけでバックトスを上げられる。無能なコーチや監督なら矯正させるかもしれないほど、田原愛里という選手は肉体的にも突出しているのです。


浜松 2日目より前列中央の田原愛里 画像表示でアップ
この長い指が人類のならウリのは河童の水掻き以下 orz


田原愛里が絶対の自信を持つバックトスは、人一倍長い指から生み出された。日立の佐藤美弥セッターも指が長くて細いですが、泳げないくせに水掻きばかり大きくて指の短いウリには羨ましい限りです (・。・;

それにしても、デンソーの石井選手の夏からの急な進歩には驚きます。8月に動画でステップに課題があると指摘したのですが、ここまでタイミングを合わせてくるとは ( ゚д゚ )

バレーボール ステップの基礎
https://youtu.be/7ZPkBvSeCa0

皇后杯2016 二日目 日立対デンソー 1,2セット
https://youtu.be/3fdugPJn04U

皇后杯2016 二日目 日立対デンソー 3,4セット
https://youtu.be/UQvFAGAT5lA
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

壊れたロボット

2016-12-18 19:35:06 | バレーボール
新宿行の特急に乗ろうと思ったら急にくしゃみと鼻水が止まらず、今日の観戦は断念しました。原因は2日続きの壊れたロボット状態のオバサンです (;´Д`)

初日の仙台の試合前、Dコート2試合目のKUEOBE対鹿屋体育大の時から、右斜め後ろに陣取った二人のオバサンの声が途切れることがありません。内容はバレーボールの事ですが、どうも昔を懐古する言葉が多い。気に障ったのは中身ではなく、ギョロ目の方のオバサンの声の質です。ずっと喋っていたのもこちら。心地よい響きではなく、すぐに逃げたくなる声の質 (-_-;)

前にも書きましたが、ずっと喋り続ける人は霊性に問題があるのです。霊の病気で100%間違いなし。悪霊が憑依しているか、悪霊の精神波に支配されている人です。こういう人と遭遇すると、まず寝られないで苦しみます。今日も2時間うつらうつらした程度 (=o=)

徳島の田舎で、深夜に延々と兄を説教し続ける、頭のデカいメガネの白髪交じりの弟というケースも。この時は汲み取り便所の臭いが風に流されてきて、余計に汚れた霊を感じて寝付けず。

身近な例では、弟が父親の通夜の時に芸能界の話とか延々と続けて母親にたしなめられていました。弟は、前に聞いたことも何度も繰り返す壊れたロボット状態でした。これでも普通の会社に入れば普通の人に見られていたのです。

初日のギョロ目のオバサンは、本当は鬼瓦のようなと書きたいのですが、ヽ(`Д´)ノウルサイゾ!とたしなめた後に選手が一人隣に来て話していたので、遠慮してギョロ目にしました。おそらくは次の試合の仙台の選手です。顔を見ようと思えば見れたのですが、敢えてやめておきました。選手に対するマイナスイメージは持ちたくないからです。

このオバサンは、仙台の試合が始まると、自由席から隣の応援団優先席に移動して観戦。声も出さずに見つめているだけです。まあ普通の親の反応ですね。

ところが、デンソー戦のオバハンは、好プレーにも反応ゼロ。どちらの応援をするわけでもなく、試合には無関心で、家庭や旦那や犬の話を喋り続けています。隣は少し若くて顔が似ていないから、息子の嫁とかではないかと推察しますが、ずっと聞き役で、やはり試合には無関心。でも、ここの席は応援団優先席なのですよ。誰かの関係者。無関心はありえないのです (;一_一)

同行読者のマル秘情報によると、このオバハンは、ある選手と話していたそうです。やはり母親っぽい。それなのになぜ試合にも応援にも無関心なのか?

それは、この人は自分が子供の犠牲者だと思っているからです。子供がバレーボールする日々に付き合い、自分はやりたいこともやらないで我慢してきた犠牲者。そのように心の底で思っているから、肝心の試合でバレーボールに復讐しているのです。本音を隠した鬼の顔が、僕が前に座ったことで隠しきれずに鬼の顔を晒した。僕は天性のエクソシストだから、僕の前に仮面は通用しないのです。

僕は関係者と見抜いてたましたから、ビデオ撮影で、熱心なファンが作ったバナーや、私服で応援する日立の応援団幹部や、熱心に立ち見するファンを舐めるように撮影して、この狂ったオバハンが正気に戻れるように、バレーボールを憎まない人に戻るように、構成を考えて「皇后杯2016 二日目 日立対デンソー 3,4セット」をアップしたのです。

疲れていても編集してアップする労力。こういうことを理解できる人とは思いませんが、自分がなぜ神に怒られて注意されたかを謙虚に反省して気がつけば、この生きながらの地獄から抜けられるかもしれません。

試合に関心がないのに、良い席の応援団優先席に座って、無駄話で一般観戦者の邪魔をする。これが神の目にどれだけ悪いことなのか、僕がバレーボールの神様なら会場内立入禁止です。本当の神様は僕よりも優しいから、遠回しに注意を与えただけで済んでいるのです。

僕は、このような霊の汚れた人と会う度に、眠れないで衰弱し、身代わりに霊の浄化のために熱を出すことになる。これが神と僕との契約だから、ささやかな報酬は古代史のピコーンと美女との遭遇でまあいいか (^m^;)

ということで、今日は鼻水が止まらないしインフルの薬を飲んでおとなしくしています。町田でリング情報(貞子ではない)を収集し、一駅戻って相模大野から新宿へと、16時5分発の特急券を買った瞬間に鼻水とくしゃみの連続。おそらく、昨日のオバハンが今日も来ているのだと思います。昨日注意されたことに根を持って ^_^;

相模大野で小田原行きの快速急行に乗ったら、ドアを挟んで左の席にNECのスタッフが乗っていました。本厚木で一緒に降りたので激撮。そういえば、初日にNECの監督と又すれ違ったので、おそらく優勝はNECです。今日も勝ったみたいだし。日立は1-2と負けているようですが orz


報告係(_´Д`)ノ~~オツカレーということかも


昨日の皇后杯で配っていた日清製粉のパスタ(皇后の実家は日清だし)
女子高生がもらって喜んでいた
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

皇后杯 2日目

2016-12-17 19:55:10 | バレーボール
日立はデンソーの追い込みを封じて貫禄勝ち (;^ω^)


試合前の練習 それぞれ2人のセッターの構図が面白い (^o^;)
左から田原愛里、佐藤美弥、森田麻美子、下平夏奈


3セット目に後ろのオバハン二人組がバレーボールと関係ないことで大声の会話。気に障ったらデンソーに逆転されてセットを落としました。中身の濃い試合だったので後で全部アップしますが、3セット目だけウルサイのは御勘弁 m(_ _)m

デンソーの敗因は石井選手を先発から外したこと&大竹選手の不調。

昨日50センチまで伸びた田原ピノキオの鼻がポッキリ折れた試合でした。小娘には負けないという日立の女の意地が勝ったような (^_^;)

日立は前半は攻撃の安定。後半は守備の粘り強さで猛攻のデンソーを土俵際の旨さでうっちゃった感じ。デンソーに比べて腰が一段低い構えに見えました。デンソーはやはりチャレンジの弱い相手ばかりと対戦してきたので、今回は厳しさが足りなかったと思います。上尾が久光にフルセット負けですから、このチャレンジの2チームは強いです。

田原選手は試合後に泣いていたように見えましたが、折れた鼻もすぐに戻ると思います。


鼻の折れたピノキオもカワ(・∀・)イイ!!

佐藤あり紗さんは、アップのときにボールにシュート回転やスライダー回転を与えて遊んでいましたが、試合では流石に守備の要。好プレーが撮影できたのはラッキーでした。最後にサーブレシーブミスで一時逆転される原因を作りましたが、チーム全体で24-25から再逆転したのは見事でした。出待ちのときもご機嫌 ^^;


大阪体育大学の選手に囲まれて
ぼけているので同行読者の画像待ち
ちなみにサイズは8なのか9なのか (-_-;)


帰りは特急にすぐ乗れて、やはり昨日は祟りぽい (;´Д`)

帰ったら急いで動画を編集してアップするのでしばしのお待ちをよろしく(^o^)

皇后杯2016 二日目 日立対デンソー 1,2セット
https://www.youtube.com/watch?v=3fdugPJn04U

皇后杯2016 二日目 日立対デンソー 3,4セット
https://youtu.be/UQvFAGAT5lA

ちなみに、マル秘読者情報によると、東レを引退した高田ありさツイッターにトヨタ車体を引退した藤田夏未が登場。もう東レに移籍しちゃいなよ、ということでしょうか?傾城の妖気路線の継承者にはピッタリかも (*_*;


高田ありさツイッターより
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

皇后杯初日レポ

2016-12-16 18:53:31 | バレーボール
第2試合から観戦しました。

KUROBEが鹿屋体育大学にフルセット勝ちの番狂わせ。エースの平谷選手が決まらず、センターの宮城選手も途中交代と不味い流れ。しかし、試合は生き物。全く期待されてない、美少女こと大盛梢選手がブロック連発にスカシクイックが決まると、平谷選手も決まるようになって勝ちました。やはりKUROBEにも女神がいたということでしょうか (;・∀・)

注目のデンソーは田原ピノキオの鼻が折れる暇もなく第1セットを25-6と圧倒。最後のサーブは田原ピノキオで、4つのサービスエースを含む連続得点で締めくくり。連続得点が続くので何点続いたかわからにゃいほど (^_^;)

デンソーの応援席は空いていたので試合前に良い席に移動しましたが、どうも前の席の女性に記憶がある。それで思い出したのですが、黒鷲旗でよそ見して捻挫したときに、右の方にぽつねんと1人で座っていた女性です。今日は女友達と一緒で、両手でジャンクフードを抱えていました (-_-;)

デンソーは鍋谷選手と石田選手と大竹選手の動きが悪い。石井選手は良くなってるし、堀江選手のサーブは今回も威力満点。デンソーの強さがわかったので、疲れが出たこともあり第2セット途中で帰ることにしました。ロッカーからリュックを出し、明日のチケット情報を受付で訊いて、ケバブ売りの車を横目に見て、信号が変わりそうなので慌てて横断歩道を渡って交番の前に。そのときに、後ろからウリを抜き去った謎の美女が。ひたちなかの女神に似ています (;^ω^)

でも暗いのと一瞬だったので、頭が混乱 ( ゚д゚ )

改札を通ってからも

女神にしては細くね?
尻が小さくね?
少し背が低くね?
でも横ストライプは女神の趣味だお
靴も紐がピンク

とか自問自答しているうちに、ちょうど千葉行の電車が来て謎の美女が乗り込みました。ウリの視力ではよく分かりませんがスマホで撮影しました。ボケている orz


よく見たら、この写真は変
蛍光灯が管の外までプラズマ発光してオーロラになっている ( ´゚д゚`)エー




祟りなのか帰りの特急は隣がデブ女で咳してインフル撒き散らしてるー
:(;゙゚'ω゚'):

もしも女神本人でしたら声をかけずに申し訳ありません m(_ _)m
ということで 愛してるよ― (^o^)/

見たことのない私服。暗いし0.3秒だし。モニターの字の濁点と半濁点の見分けもつかない視力なので、明るいところで2m以内、1秒以上でないと判断付かないのです。できたら明るいところで( ^ω^)よろしく

20:28追加
帰ってきてからビデオ確認したら、デンソーの連続得点は連続13でした。田原選手のサーブが12連続で、デンソーの連続得点はセットまたぎで14。こんなの初めてです \(^o^)/

動画アップしました

デンソー14連続得点
https://youtu.be/ZMsgeZqk2FE
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

明日から皇后杯

2016-12-15 20:48:38 | バレーボール
熱が36度まで下がったので町田の東急ハンズに買い出しに行ってきました。何を入れるかは内緒 (;^ω^)



このままではつまらないので、何か工夫をと考えているので24日がターゲット。準決勝に残らないと郵送になります (^_^;)

明日からの皇后杯は、チャレンジ1のKUROBEアクアフェアリーズとデンソー・エアリービーズを久しぶりに見られるので楽しみ。デンソーは土曜日に日立リヴァーレと対決しますが、田原ピノキオの鼻が折れるか長くなるかに注目。今の日立は強いけど、デンソーとは初対戦なので取りこぼしもありえます。勝って貫禄を見せつけられるか (^^)

土曜日は、勝ち上がるであろう上尾と久光の対戦も楽しみです。チャレンジでは無敵の上尾の力が分かります。今週の番組は第一試合は11時から。日立の4試合目が17時予定です。明日は13時の2試合目には間に合わせたい所。いずれにしても、体調と相談なので、あまり寒くならないといいですが。21時予報が3度 ((((;゚Д゚))))サムー

なお、土曜日の新馬でディーマジェスティの全弟ディーグランデがデビューするようです。5月28日の超遅生まれなので、良くなるのは3月ころかもしれませんが期待大です (;・∀・)
http://db.netkeiba.com/horse/2014104973/
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加