平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

始まった中国の内乱?

2009-06-29 21:29:56 | Weblog
 中国では二つの不気味な事件がありました。まず、27日に上海で建築中の13階マンションが地震でもないのに倒れました→こちら。13という数字が不吉ですが、上海という場所も不吉なのです。

 『ヨハネの黙示録』に登場する、竜から権威を授かった「海から上がる獣」と象徴される存在。聖書の奥義を知識だけで解き明かそうとする者は、「海から上がる」を絶対に理解することは出来ません。なぜならば、ここには何も仕掛けが施されておらず、文字通りの「上海」が答えとなるからです。そう、本当のイスラエルである日本を散々苦しめてきた獣の正体の一つが、上海閥と言われる江沢民(こうたくみん)のグループだったのです。これに、売国の野中・古賀・小沢・二階等が荷担し、日本の生き血を吸ってきたのです。面白いことに、古賀以外は全員、野中は失脚、小沢と旧側近の二階は西松献金問題で政治生命の危機です。果たして偶然でしょうか?

 このように、上海閥と繋がっていた連中が日本で危機を迎えていた最中、何と中国で上海閥の頭領である江沢民の乗った列車が衝突事故を起こしました。江沢民の安否は確認されていませんが、対立する胡錦涛はヨーロッパを歴訪中であり、これがアリバイ作りに見えるほど、江沢民暗殺の可能性も高いのです。

 北朝鮮の後継者に三男・正雲を推しているのが江沢民と軍部で、北京の胡錦涛は長男の正男を推しています。日本にとっての流れとしては江沢民死亡が良いのですが、これが第二の張作霖事件になると困ります。関東軍による張作霖の列車爆発から満州事変への流れ。北朝鮮の正雲派と江沢民派+軍部が結託し、窮鼠猫を噛むで暴走する危険もあります。胡錦涛の乗った軍艦に砲撃して殺そうとした軍部の存在。奴らが核弾頭を向けているのが日本なのですから、江沢民死亡でも北京の安泰とはなりません。むしろ内戦のフラグが立ったのかも知れません。ここしばらくは中国から目が離せませんね。

参考 【中国】江沢民前国家主席夫妻も乗車か?湖南省で列車事故 3人が死亡、60人以上負傷[06/29]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1246264487/

     エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲の上の浅田真央

2009-06-27 14:15:41 | Weblog
 真央ちゃんの新曲が発表されましたね。今年はカネボウがスポンサーになるのかなと勘ぐりたくなる、ラフマニノフのピアノ曲『鐘』(フリー)。ショートは、昨年のフリーの焼き直しで『仮面舞踏会』。早くも、ニコルさんのいない弊害が出ましたね。焼き直しとは、タラソワ先生も焼きが回ったものです。

 フリーの『鐘』は嬰ハ短調で一昨年の『幻想即興曲』と同じ。しかし曲調は、幻想よりは、自殺未遂で不幸な死を遂げたシューマンのクライスレリアーナに通じる鬱なもの。僕はクライスレリアーナで激痩せした経験があるので、今回の鬱路線は賛成できません。取り立てての名曲ではないし、理解に苦しむ選曲です。こんな曲でジャンプが跳べるのでしょうか。シーズン途中で『幻想即興曲』に戻すつもりですかね。いずれにしても、『仮面舞踏会』はトリプルアクセルの成功率が高かったことから、ショートでのジャンプ成功率を重視した構成です。

 今回のタイトルですが、僕は夢で列車に乗りましたが、雲がわく姿を見下ろす高みに到着しました。下界の雲がきのこ雲のようにわいているのです。さて、雲の中から竜の首の形をした建物が姿を現し、列車から降りて建物の中に入って行きます。そこで真央ちゃんやアメリカの男性タレントに逢い、僕は薬を求めて薬局を探すという変な夢でした。

 この雲上の真央ちゃんの夢は解き明かしが難しいです。というのも、竜の頭に入る時に最初に出くわしたのが葬送(葬儀)だったからです。誰かの死の暗示でしょうか。それとも、『仮面舞踏会』の死を乗り越えて竜王になる暗示でしょうか。ちなみに、夢を見たのは曲が発表される前でした。マイケル・ジャクソンが突然死を迎えたり、そう言えば彼の代表作品である『スリラー』も嬰ハ短調でしたね。縁起が悪いぞ。

 タラソワ先生は、スケート界におけるロシアと日本の国力の違いを計算に入れていません。ロシアをバックにしたコーチでは睨みが成功しても、日本の連盟がバックでは睨みは効きません。純然たるロシア路線は、ソチでの成功を約束するものです。バンクーバーでは日本選手の3番手として気楽に滑って欲しいですね。表彰台?乗れたらラッキーくらいで丁度良いのです。

     エフライム工房 平御幸
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スピーカー工作~そのニダ

2009-06-22 13:40:18 | Weblog
 読者からパソコン用スピーカー工作の依頼があったので、弟子のを改良して製作しました。名前がないと不便なので、今回のをEBK-83Ⅱ(マークツー)と命名しました。ニダとは呼ばないように注意汁 <n`∀´n> 。音道板取りはこちら。450mm×910mm×12㎜厚のベニヤ板三枚で作れるので、板取りをプリントしてハンズなどに持って行けばカット(シナ合板+カットで8千円くらい)してくれます。板取り図では側板の幅が足りていないので、あと1~2ミリ広くカットするのが最善です。

 今回は、前回のと音道が少し違います。ユニットを取り付けるバッフルを二重にし、ユニット後ろの空気室容量を減らして0.8リットルにし、スロート(ホーンの始まりの部分)を狭くして(2㎝→1.2㎝)、ホーンの効率を上げました。体験上、ユニット振動板面積に比較して、空気室が大きいとホーンの効きが悪くなり、スロートが広いとホーン臭い音になります。今回のは特にホーン臭さが無くなった印象です。また、底板の部分を二重にして強度を上げました。



 左が製作ミスの方

 実は、今回は最初の製作でミスがあり、片チャンネルの底板が1ミリほど斜め右上がりになりました。正面から見ると気になるし、わずかに安定も悪いし、音もピーク性の癖が出るので作り直しました。仕方ないので自家用にするつもりです。釘を一本も使っていない唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)もどきとしては、塗装をするのも気が引けたので白木のままです。それが音の柔らかさに繋がっています。ハードな音を好む人は塗装をした方がよいですね。

 ところで、スピーカーは何とかなるのですが、いつも悩むのが駆動するアンプです。市販のパソコン用はチャチで音も悪いし、弟子のはBSチューナーの改造なので大変でした。それで、悩んでいた時にピコーン<`∀´>と閃いたのが、昔に流行ったミニアンプです。ミニアンプと言っても、今のミニコンポなどと違って、お金も手間もかかっています。写真↓のはソニーのTA-1500という謎のアンプで、検索しても何も出てこない幻のアンプです。



 実は、このアンプは子会社のAIWA(アイワ)が製造したものと考えられ、ジャンクで手に入れたアイワのミニアンプを調べてみたら、やはり構造やパーツが似ていました。アイワはこういう小さな物を作るのが得意だったのですが、パソコンアンプというジャンルをみすみす見逃して倒産しました。経営者に先見の明がなかったのです。あるいは、親会社のソニーの意向かも知れませんが。

 さて、このミニアンプですが、1時間ほどすると生意気に暖かくなります。暖かくなるアンプはABクラスと言って、バイアス電流を多く流して音質を改善しているので贅沢なのです。コンデンサーを全てと言っても7個だけですが、オーディオ用のFine Gold(ニチコン製)などに換えての音質評価ですが、トランジスターの特徴であるソフトでややハスキーな、効き疲れのしないものです。弟子のFETアンプは高域が伸びてトゥイーターの必要を感じさせないのですが、このアンプは比較的トゥイーターが欲しくなります。それでも、クラシックからポップスまで万能型の音質です。

 パソコン用という限定された使い方には良いアンプですが、スピーカーの実力を100%発揮させるには物足らないのも確かです。市販品でもFETアンプは姿を消していますから、生産中止で在庫が残っているパイオニア(福音電気)のA-D3がお薦めです→販売サイト。特価で3万円そこそこなのは絶対にお買い得ですね。もっとも、中古なら半額以下で手に入りますが、オーディオの神様と言われた長岡鉄男氏の推奨品でもあるので、自作派の僕でも欲しいくらいです。

 なお、アンプの寿命は5年~15年ですが、中には30年前の物で完動品というラッキーな物もあります。これは、熱に弱い電解コンデンサーの劣化で寿命が決まるので、使用条件による個体差が出やすいからです。オークションなどで中古アンプを売っている業者がありますが、中にはコンデンサーの劣化で発振し、異常音や発熱などの症状が出ている物をみかけます。本当にオーバーホールして売るのは大変ですから、手抜き業者には注意が必要です。

     エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

666の読売

2009-06-19 00:48:29 | Weblog
 6月18日付けのセリーグの勝敗表↓を見て愕然としました。僕の大嫌いな巨人は666のオンパレードだったからです。6+6+6=18となる18日に合わせなくてもと思ったのですが、神様が666の日のために、巨人を通して来るべき獣の姿を教えているのでしょう。



 巨人の親会社は読売新聞社ですが、何度も書いてきたように、読売のナベツネはCIAの手下です。自分がどんなに悪さしようとメディアには叩かれないのですから、今までも好き放題にプロ野球や政界を私物化してきました。そういう品のないトップが居座る読売グループの象徴が巨人軍ですが、巨人とはダビデに倒されたゴリアテが語源ですから、ダビデのような一見華奢な者に倒される運命にあります。スワローズに華奢な選手が多いのは、霊的なオーナーである僕に似ているからです。

 さて、巨人に象徴される獣666とは何か?これがなかなか実体を現わさないので、別のヒントも必要ですね。例えば、福井から山形にかけて、日本海側で続けて起きたカエルの大量死です。これが、竜巻現象も観られなかったのに、何故か空から降ってきての死なのですから驚きです。何だか、『出エジプト記』のカエルの災いを思い出しますね。

 カエルというのは聖書学的に汚れた霊のたとえであり、実際に朝鮮カルト創価学会の浜崎あゆみはカエルのようなゲロゲロ声です。すると、カエルが降る日本海側は、汚れた霊が空からやって来る前触れかもしれません。もしかして、北朝鮮が核を日本海側に落とすとか、原発にミサイル攻撃を行うことも考えられます。あるいは、山形大地震とか、いずれにしても不吉ですから、緊急時の備えは必要です。

 日本列島を世界地図にたとえた時、チェルノブイリの位置は日本海側となるのです。チェルノブイリとは『ヨハネの黙示録』の苦(ニガ)ヨモギ。『ヨハネの黙示録』はイスラエルのために書かれた奥義の書ですから、異邦人の国であるロシア(ソ連)の事故は雛形に過ぎないことになります。本当のイスラエルの国である日本でこそ、チェルノブイリは意味を成すのですから。

     エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェトナム料理

2009-06-17 20:03:34 | Weblog
 読者からスピーカー製作のリクエストがあったので、渋谷の東急ハンズに板を切ってもらいに行きました。弟子のスピーカーのデザインが良かったので、僕はすっかりスピーカー屋さんです ホルホルホル。

 ところが、混んでいたのでカット待ち時間が結構あり、それで昼食を食べることにしました。ハンズの周りは結構猥雑なのですが、ちょうど裏手にヴェトナム料理の店がありました。お店の名前はホァングン(Hoang Ngan)です。

 

 昼食コースは680円と均一なので、即座に安いと思い決めました。店内は薄暗く、悪く言うとボロ隠し的な感じです。

 ヴェトナム料理というと、僕はコージー清川工場のトリちゃんを思い出します。年齢は二十歳そこそこ(01年当時)ですが、おそらく高校中退でコージーに派遣で入り、コージーのヴェトナムの女の子としてはお姉さん格です。このトリちゃんが、自分の背丈の半分はあろうかというバターナイフ(包丁)を振りかざしている様は、コージーの社員よりも誰よりも様になっています。

 もしも、ケーキ職人の間で職人選択のドラフト会議があったとしたら、僕はトリちゃんを迷わずに一位指名します。それほど、職人としての才能が全身から漲(みなぎ)っていたのです。トリちゃんを職人として育てるのにⅠ千万円払っても、5千万円のリターンは期待できるのです。もちろん、ケーキ職人に限定した話ではなく、パン職人でもパティシエでも同じです。世の金を持っている人間は、こういう才能に投資するということを知らない馬鹿ばかりですね。

 そのトリちゃんですが、お昼にはお弁当を持参します。他のヴェトナムの女の子は面倒なのか食券を貰って食堂の定食です。そうすると、トリちゃんのお弁当からよい香りが漂ってくるのですね。魚を焼いたものから匂ってくるようです。あの香り、それが今回のヴェトナム料理店にはありませんでした。ハーブを使った料理のどれも、香りが調和していなくてバラバラな感じを受けました。もっとも、焼き魚はありませんでしたが。

 僕が注文したのはフォー(米の麺)のウドンとチャーハンのセット。食後には蓮のお茶(200円)を頂きましたが、その頃にヴェトナム人の女子大生が仲間(日本人4人)を連れてきてワイワイガヤガヤ。その時になって初めて、唐辛子やニンニクの調味料をフォーに掛けて食べるのだと知りました。僕は横目で右隣のグループを観ていたのです。反対側の隣では、女の子の二人連れが僕と同じメニューを食べはじめていましたが、やはり調味料のことは知らずに出されたまま食べていました。もちろん、唐辛子オイルのことは教えて上げましたが、各テーブルに備えられていないのは疑問です。





 ということで、男性のスタッフは日本語が出来ないこともあってサービスはイマイチでしたが、値段は安いし、そこそこ美味しいのでお薦めです。でも、誰かトリちゃんにお金出してくれないかなぁ、と思うことしきりの味でしたね。

     エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風と雲と私

2009-06-14 01:57:45 | Weblog
 フジテレビが少しは健全だった頃、『夏子の酒』というドラマがありました。原作はコミックですが、幻の酒米(さかまい)を復活させようとする元OLの情熱と、彼女を取り巻く人々を描いたものです。難点は主役の和久井映見の性格が強すぎるということでしたが、全体的には良い出来でした。

 さて、このドラマの主題歌が『風と雲と私』なのですが、歌っていたのは熊谷幸子(さちこ)というシンガーソングライターで、この曲が唯一のヒットという、『異邦人』の久保田早紀路線を完全に踏襲した、ワンヒットライターです(業界用語で正しくは何と言うか分かりません)。この、生涯でヒット曲が一曲のみというミュージシャンの作品は、僕は意外に好きなんですね。

 熊谷幸子という名前は覚えるのが難しくて、今までに何度もうろ覚えの曲名で検索しては忘れの繰り返しでした。それで、オークションで検索してみたら、今回はたまたまあったので、落札して取り寄せてみました。以前にはオークションにも出ていなかったのです。

 アルバムのタイトルはPoison Kiss(試聴)ですが、ジャケットを見ると違和感がありまくりです。村主さん系の美人になり損ねたルックスで、それに似合わないファッションセンスが悲しくなります。頭がお花畑なのに、顔立ちがお花畑に似合っていないという感じです。

 『風と雲と私』という曲はリズム感が良くて、古典的な曲調を現代的にアレンジした感があります。歌詞も曲とマッチしていて、透明感のある声質にフィットしています。でも、他の収録曲はお世辞にも良いとは言えません。そこで調べてみたら、彼女は作曲と編曲はしているけど作詞はしていないんですね。シンガー・ソングライターの条件に少し外れます。それよりも、かの松任谷由美の旦那である松任谷正隆氏が、他の曲は編曲しているんですね。どうやら、彼女は松任谷正隆音楽アカデミーの出身のようです。結果的に、松任谷正隆抜きが唯一ヒットした曲となったのですから皮肉です。

 松任谷由美こと荒井由美は、僕が最も嫌いなミュージシャンの1人で、あの地獄の底から魂を招いているかのような魔女の声にはゾッとします。実際、大学の同級生の女の子が、失恋して死にそうになっていた時に彼女の曲に心酔していたのです。辛い大学生活の僕にとっての幸は、荒井由美が芸大日本画の最終試験で落っこちて、同級生にならずに済んだという事です。それにしても、学科の試験会場で同じ部屋だったのに、キョロキョロと品定めしていた目に留まりませんでした。後で聞いて「へーっ」と思った程度です。同じ予備校の五浪の先輩は、キョロキョロと真剣にカンニングをしていましたが(見せたのは僕です…時効)。

 旦那の松任谷正隆の猫撫で声も気持ち悪いですが、男の猫撫で声は下心の産物であり、女性は警戒が必要です。サタンの眷属で、女性を誑(たぶら)かす者の声が猫撫で声なのです。優しい声と、猫撫で声は、似て非なるものなのです。ですから、松任谷正隆を必要とした時点で、熊谷幸子は終わっていたのだと思います。

 ちなみに、僕の集めたJポップス・ベストアルバムは、白い花(本田路津子)、色づく街(南沙織)、異邦人(久保田早紀)、秋桜(山口百恵)、22才の別れ(風)、いとしのエリー(サザンオールスターズ)、風と雲と私(熊谷幸子)、難破船(中森明菜)、という感じで、主にアンプやスピーカーの音質チェックに使っています。『異邦人』なんか、下手なアンプではヒステリックで音程が揺れる欠点が見え、久保田早紀は下手だなぁで終わってしまいます。これが、良くできたアンプでは、一杯飲んで酔っ払ったような、ハスキーな色っぽい久保田早紀になるのです。この時の魅力は他のものでは換えられませんね。もっとも、聴く方が一杯やるというのも手かもしれませんが…。

     エフライム工房 平御幸
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

貧しき者の幸い

2009-06-13 01:23:06 | Weblog
 そろそろ暑さで夏を感じる頃ですが、この時期になると決まって思い出されるエピソードがあります。それは、僕にとっても大切な出来事でした。

 大和市のある倉庫会社では、スーパーへ卸す食料品を管理し、必要に応じて出荷するのが仕事です。スーパーの各支店毎に出荷リストが作られ、このリストと商品に貼るシールを持ってアルバイト(パート)がピッキングをします。時間帯は午後からなので、大部分は奥さん連中のパートですね。僕は姉の乳ガンで同居することになり、近くの倉庫でアルバイトする羽目になったのです。

 このようなパートの集団は、良くも悪くも女の園ですから、自然に派閥というかグループが形成されます。そして、美人で仕事が出来る女ボスが崇められることになります。僕は、この女ボスから、左肘に胸を押し付けられるなど、例によっての女難の始まりでした。旦那の浮気で錯乱しかけた美人が、旦那の代理を見つけて復讐しようというパターンです。まあ、普通の男なら狼狽(うろた)える所でしょうが、僕は大学時代に2週間は別の美人とデートできた猛者?ですから、女ボスのアタックも暖簾に腕押しです。

 それで、このグループから疎外されている仕事の出来ない人達がいます。確かに、ミスはするし、仕事も遅いしで、取り柄がなさそうなのですが、神様はこの人達を通して、「貧しき者は幸いである」という言葉の意味を教えて下さったのです。

 それは、ピッキングの作業中に起こりました。ある作業員の女性が、支店名と商品を書いたシールを無くしてしまったのです。このシールを再発行して貰うには何かと面倒なのです。もちろん課長に怒られます。それで皆で探したのですが、ほどなく僕の右手の先にあるのが見えます。伸ばした手の先にあったのですから、僕は探したという感覚はありません。ところが、この女性は「ああっ、やっぱりMさんだ」とオーバーに表現して何度も頭を下げます。僕はそういう目で見られていたのですね。

 翌日になると、件(くだん)の女性がペットボトルを持ってきてお礼を言います。ペットボトルの中身は、何と言うことのない普通のジュースです。でも、当時の時給720円で、実質半日のパートの主婦としては、お礼したくても出来ないのは目に見えています。僕はそれよりも、自分が特殊な人間なのだという証しをされたので、神が僕をこの場に使わした理由を理解できました。僕は、この貧しい夫人を祝福するために使わされたんだなと…。

 美人の女ボスはその後素直になり、美人に相応しい性格になり辞めて行きました。もともと、とても純粋だったのです。取り残されたのはブスで性格の悪い取り巻き連中です。クーラーのない倉庫内で、汗だくになって重い飲料水を運ぶ仕事は一つの地獄ですが、この地獄からも抜け出す人と抜け出すことの出来ない人がいるのです。まあ、僕が行く所は環境が改善されますから、ほどなくクーラーの入った味噌専用倉庫が出来ましたけど。

 今回は、「貧しき者は幸いである」という有名な言葉を、僕なりの体験談を交えて解説してみました。僕の特殊な能力を見破った貧しき者。僕の方が天使に会ったのかも知れませんね。

     エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

注目されるヤコブの預言(666)

2009-06-08 03:06:26 | Weblog
 麻生総理が、北朝鮮の弾道ミサイルを警戒するコメントを出しました。北の出方によっては、朝鮮半島に戦火が戻ることも有り得る状況になってきました。もともと休戦状態なのですから。

 安田記念を驚異の強さで勝ったウオツカは、牝馬初のGⅠタイトル6勝目です。またしても6が出てきました。2着のディープスカイは6番枠で、しかも四位騎手が36才。3着のファリダットまでの馬番合計が13。余りに不吉ですね。北朝鮮ではクーデターが失敗して、一時は死亡説も流れた三男の正雲が後継者に浮上。最も温厚で知的な長男の正男は、後継者レースから脱落して亡命説が出る始末。しかし、この時期にですから、正男をバックアップしていた中国も面子を潰された感じです。北を止める国は火中の栗を拾う覚悟が必要となりました。親北の日本の政治家ですら逃げ腰ですから、アメリカは北のミサイル発射を想定しているということでしょう。

 『創世記』において、ヤコブの祝福と呼ばれるものは、何処が祝福なんだと首をかしげる内容が多いので知られています。僕が知った奥義の解釈を交えて書いてみましょう。原文は随分と違います。

 「長男のルベンは優れた者ではない。太陽に近付きすぎて干涸らびた金星のようだ。次男のレビと三男のシメオンに、他の兄弟は加わるな。彼らの剣は暴虐の剣。レビは金融を支配し、シメオンは武器を支配して、共謀して世界を滅ぼそうとするからである。四男のユダには鉄の杖が与えられ、立法を守る。しかし、目はワインで赤く、歯はミルクで白い。五男のイッサカルは逞しいロバ。六男のゼブルンは海辺に住み…」と続きます。ここまでは、正妻レアの子供たちです。

 このブログに度々登場するヨセフとベニヤミンは、レアの妹でヤコブが愛したラケルの子供たちです。ヨセフは北イスラエル王国のエフライムを出し、ベニヤミンは初代イスラエル王サウルを出して、分裂後は南ユダに属します。

 さて、ラケルの仕え女ビルハの子にダンがいます。「ダンはマムシ、おのれの民を裁く」とあるように、北イスラエルに属したダンから仏教が出て、そこからマムシに喩えられる邪教が生まれ、おのれの民を苦しめることになります。このマムシが、仏教系カルトの祖である日蓮宗と、派生した立正公正会や創価学会なのです。天理教で、近所迷惑も考えずにドンチャンと宣伝すると指摘されるのが団扇太鼓です。ダンから出た邪教のシンボルだから団扇太鼓なのですね。ちなみに、天理教ではユダ族系の扇を使います。ですから、団扇太鼓に嫌悪を感じていた人は、ヤコブの祝福をちゃんと読めば納得できるのです。

 古代イスラエル末期、ユダ族の特権を認めたソロモン王に対して、アンチテーゼとしてエフライムによる北イスラエル王国が建てられました。これは、エフライムの子孫である平将門の思想(天皇批判)に酷似していますが、エフライムがダンとベテルに建てた金の仔牛は、出エジプトの時にモーセの怒りを買った金の牛そのものだったのです。仏教には、最初から反権力の根があったのです。天理教の教祖はこれを謀反の根と呼んでいます。

 このように、「天皇は神聖にして侵すべからず」という言葉は重いのです。僕が書くことをねじ曲げられて天皇批判に利用されるのは嫌なので強調しておきますが、天皇や日本の歴史を正しく理解することは、天皇制を批判することではありません。日蓮が国家権力に対するアンチテーゼとして立ち上げた民衆救済ですが、創価学会の平和を錦の御旗とした主張と似ています。

 ヤコブの祝福で「かき裂く狼」と形容されるベニヤミンと、「マムシ」と形容された邪教思想が結びついたのが関東軍であり大東亜戦争なのです。戦後の東京裁判で死刑宣告が当たり前の石原莞爾と同胞は、裏切りの主張で無罪になり、東京裁判が悪魔の裁判である事を立証しました。今のこの時代、第二の石原莞爾や板垣征四郎が出てくるのかも知れません。要注意です。明治22年(1889年)1月18日生まれの石原莞爾は、西暦の数字を足すと見事に36に収束します。1+2+3+…+36=666。誰が第二の石原莞爾なのでしょうかね?

     エフライム工房 平御幸
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

日蓮宗と大東亜戦争

2009-06-06 19:31:21 | Weblog
 今日は6が並ぶ数字なので、日本の666について書いてみます。そう言えば、巨人のゴンザレスも開幕6連勝で、各チームの連勝も今年は6連勝で途切れることが多いですね。やはり今年は、日本にとって獣の666が姿を現す年なのです。

 読者の中で、家族が日蓮宗の信徒であり、それ故に悩みを抱えていると相談がありました。それで、日蓮宗がなぜ好ましくないのか、また過去にどの様な問題を起こしたかを書き、皆さんへの道標としたいと思います。

 日蓮宗が世に与えた影響で最大のものは、大東亜戦争の正当化理論です。これは、日蓮宗的な世紀末思想に影響を受けた石原莞爾(いしわら かんじ)が世界最終戦論(後に世界最終論)を唱え、関東軍参謀として昭和6(1931)年に満洲事変を起こしたものです。昭和6年にもやはり6が登場しますが、満洲事変を契機に五族協和を掲げる満洲国が建設され、中国から租借していた関東州租借地(遼東半島)を日本の傀儡である満洲からの租借に書き換え、反発した中国(中華民国)と支那事変に発展します。関東州を押さえていた軍部が悪名高い関東軍なのです。

 五族協和とは、1912年に建国された中華民国のスローガンであり、漢族、蒙古族、ウイグル族、満洲族、チベット族、の五族が協力して国家を運営するというもので、満洲族主体の清朝政治へのアンチテーゼです。これが、現在の中国のチベット支配の雛形となっています。石原莞爾は、これをアレンジして、日本、モンゴル、支那、朝鮮、満洲、の東亜連盟を主張し、関東軍による東亜支配を目指します。その根底にあったのが、日蓮宗の影響を受けた世界最終戦論だったのです。

 日蓮宗から孫団体の創価学会が生まれたように、当時の東亜連盟や関東軍の負の遺産は計り知れません。関東軍と共に麻薬のアヘンで財産を築いた里見 甫(さとみ はじめ)を筆頭に、現在の朝鮮半島利権に繋がる連中は皆、ここから出ているのです。関東軍の亡霊が、大陸への足掛かりを見せ金として、日本を朝鮮半島へ招いているのです。このままでは日本は滅びます。

 実は、この朝鮮半島から大陸への進出願望は、南ユダ系の天皇の時に活発になるのです。自ら北朝と宣言した昭和天皇は南ユダ系のベニヤミン族ですから、その根は突厥(とっけつ=トルコ)にあります。この南ユダ系イスラエルは、中国北部から朝鮮半島経由で日本に来た経緯から、北イスラエル系の海軍に対抗する陸軍を主体に構成され、関東軍もこの陸軍から派生します。そして、この戦争宣伝を一手に引き受けたのが日本電報通信社(電通)だったのです。諸悪の根元の電通が出てきましたね。

 電通は分割されて広告代理店になりますが、元々の通信事業部は同盟通信を経て現在の共同通信社や時事通信社へと生まれ変わります。この三者が全て反日なのは、東亜連盟や関東軍を根にしているからです。ただし、電通の株主は共同通信社や時事通信社が主体ですが、ロスチャイルド系からロックフェラー系まで幅広いようです。大雑把ですが、関東軍の亡霊に支配されている人達をピックアップしてみましょう。

 南ユダ・ロスチャイルド系銀行の三井・住友、日本郵政公社総裁西川善文、オリックス宮内義彦、与謝野財務省、加藤紘一議員、立命館大学、電通、創価学会、共同通信、時事通信、三大新聞、民主党や社民党、国民新党…などなど。

 これでは麻生総理が身動きできません。簡保の問題で鳩山総務省が孤軍奮闘していますが、マスゴミは電通・時事・共同の三悪通信の下にありますから、西川批判がどこまで続けられるか。本丸は中居の覚醒剤だったSMAP草の家宅捜査も途中で潰されました。加藤紘一議員は石原莞爾の山形選出議員で、親韓として有名。山形で、映画「送り人」のロケ地が地割れしたのも天意ですね。
 
 これで、北イスラエル系がロックフェラーという図式なら分かり易いのですが、残念ながらロックフェラーと北イスラエルは直接の関係はありません。ロックフェラーは南北イスラエルに介入する悪魔なのです。すると、北イスラエル系の拠り所は何か、あるいは南ユダ系に救世主は現れるのか、ということになりますが、長いので別の機会に書きます。

     エフライム工房 平御幸
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

もつカレー

2009-06-02 21:54:30 | Weblog
 島田のファンから「もつカレー」なるものをもらいました。割と有名らしいですが、僕はサバカレーなら食べたことがあるのですが、もつカレーの缶詰は固形量60gと小さいので、カレーとして食べるには少ない。どのようにして食べようかと毎日にらめっこしています。↓

 

 もつカレーは清水港の居酒屋で定番とラベルに書いてありましたから、意外にビールのつまみによいのかもしれませんね。

 実は、僕は前に疲労と書きましたが、相変わらず疲れが抜けません。胸が痩せてきて、触ると肋(アバラ)がよく分かります。馬なら放牧に出される所ですが、僕にはこの最悪の環境(騒音、隣も横も異常者)から抜け出す手がありません。電車と幹線道路の騒音で電話もテレビも聞こえないので、深夜の二時間しか音楽を聴くチャンスがありません。それすらも、トイレの音で台無しになるのです。このストレスで痩せるのは当然です。

 以前に、地獄に堕ちた者は騒音で苦しめられると書きましたが、僕は地獄に堕ちた弟が借りている集合住宅にいます。この弟が、何から何まで朝鮮人のメンタルで、僕に勝つことが出来れば悪魔に魂を売るという情けなさです。弟子のブログを荒らしていたのもコイツですね。亡くなった母親が弟を救けてくれと懇願するのですが、弟と一緒に御飯を食べるだけで吐いてしまうくらい霊が汚れていますからダメでしょうね。僕の健康法は、汚れた霊の人と食事をしないことなのです。昔は知らなかったので、嘔吐で夜間病院のお世話でした。弟が泊まりに来るたびに、吐いていたのですから。

 弟は、僕への恨みで、LPレコードを山積みにして変形させ、カビを発生させる始末。僕が作ったバックロードホーンはベランダに放置して風雨に曝すこと18年。そこそこ高級なアンプも使わずに錆びるに任せる一方。弟は、オーディオを通して、神に最も忌み嫌われる厭魅(エンミ)という呪いを僕にかけていたのです。これでは地獄に堕ちるのも当たり前です。厭魅(エンミ)を行った者は、人殺しの次に、ある意味では人殺し以上に罪が重いのですから。

 弟が買ってきたキムチを食べたら、06ファイナルの毒物事件。今年は頂いたホタテを食べさせたら韓国選手の銀河点に真央ちゃんの点が666。弟と韓国は、汚れた霊の者同士で完全にシンクロしています。あるいは、弟が死んだら韓国も崩壊するのかもしれません。06ファイナル以来、僕はキムチを食べないことにしました。トリノの荒川さん金メダルのビデオテープを厭魅(エンミ)で消し去った弟は、天への借財が山のように積み重なっているのです。この世の借金よりも、天への借金の方が怖いのです。神様へ十分の一を払ったことのない人は、弟と同じく、天への借金で地獄に留まる運命にあるのかもしれません。

 もつカレー一個でも、カインの見せかけだけの貢ぎ物より、神はよしとされるのです。貧しき者は幸いである。教会はレンガを持ち寄って皆で建てるもの。レンガを持ってこない金持ち(金に執着する者という意味、吝嗇も含む)は、サタンの会堂に集うようになります。教会は闇鍋のようなものなんですね。道端の韮(にら)の葉を摘んで入れても、なぜか上等の肉が食べられる。大福を入れたのは誰ニカ <TдT > !

     エフライム工房 平御幸
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加