平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

浅田真央論~その1、商業主義の解毒剤

2006-02-28 23:11:18 | Weblog
浅田真央論~その1、商業主義の解毒剤

 トリノ・オリンピック女子フィギュアスケート代表の不透明な選考は、マスコミでは余り取り上げらなかったようです。その理由をサイト巡りで調べてみました。多くのサイトでは、五輪のスポンサーを取り仕切る電通がテレビや新聞・出版などのマスメディアを支配しているからと憶測しています。
 
 電通は、朝鮮京城中学卒の成田豊氏がトップにあり、創価学会の池田大作氏は父方が成田作(ソンジョンチャク)で母方は池(チ)姓の在日韓国人で、元々は高利貸しです。同じ成田で関係の親密ぶりを表しています。それでテレビ各局では五輪期間中のコメンテーターに学会のタレントを起用します。日テレの上戸彩(在日)、TBSのSMAP中居はその典型で、NHKのフィギュア解説者の五十嵐文男もそのようです。韓流ブームも電通と学会の仕組んだ実態のないものと見るサイトが多いようです。この捏造された韓流ブームに、朝鮮系企業のロッテと在日認定に都合の良い安藤美姫選手が乗せられた訳です(安藤選手は日本人です)。それで、スポンサーがらみから、最初から安藤選手の代表選出は間違いなく、同じCMに出ている村主選手や荒川選手も外すことは出来なかったと見られています。もっとも、村主選手の属しているabexも、浜崎あゆみが学会の顔ですから、ラインに当て嵌まっています。


 以上が、代表選考に疑問を持つサイトの論点を集約したものです。僕個人としては、この問題を検証すべき場所にいません。それでも、日本選手権の得点が国際試合に対して異常に高い(村主選手の場合で20点)ことや、中野選手の得点が伸び悩んだことは変に思っていました。でも、それ以上に気になっていたのは、二位になった浅田真央ちゃんの冷めた表情です。

 グランプリ・ファイナルの真央ちゃんは120%の集中力を発揮し、最後には鼻の穴を思いっきり広げて呼吸をしていました。けれど、日本選手権ではその集中力は感じられず、ただ、トリプルアクセルを二度跳ぶことだけが目標のように見えました。ここには、明らかにモチヴェーションの違いがあります。さらに、村主選手に逆転された直後、表情は「やっぱり」という感じでしたね。

 トリノでの安藤選手はコスチュームを変えてきましたが、ここでもスポンサーにおもねるようでした。具体的には、ショートプログラムで着用した濃い茶色はチョコレートをイメージしたものでしょう。これは大失敗でしたね。最初に『ハエ男の恐怖(リメイク版)』を思い出しました。ハエ女のSPに対して、フリーのものはグリーンに赤の配色で、色彩心理学的には「性的な関心」を表しています。ちなみに、ハエ女の茶色は「貧しさ」を表しています。お金が欲しい人は、茶色を選ぶ傾向にあり、それでコンプレックス女が選ぶブランド物は茶色が多い訳です。

 新約聖書においてイエスは、「心の中にあって外に表れないものはない」と語っています。村主選手のフリーでのコスチュームは紫色でしたが、紫色は「病気や怪我」を意味します。オリンピック期間中の村主選手は怪我があって万全でなかったので、色によって癒そうとしていたのが表に出たのです。もっとも、家族の誰かが病気でも紫を選ぶことがありますが。

 話を真央ちゃんに戻すと、真央ちゃんの好きなピンクは紫の代用になります。病院のシーツや看護婦さんの服は紫が良いのですが、紫ではちょっとということでピンクが多い訳です。そのピンクを真央ちゃんが好きだと言うことは、家族の誰かが病気である可能性を示唆します。無意識のうちに家族の誰かを癒そうとしている訳です。そう言えば、お姉さんの舞さんも紫のコスチュームを着ていましたね。

 あるいは、コーチの山田先生が体調を崩されたので、無意識にピンクや紫で癒そうとしたのかもしれませんが。いずれにしても、真央ちゃんによって癒された人は世界中に何万人もいるかもしれません。そのような人達は、商業主義に毒された人の中にも大勢居るのです。真央ちゃんが意識するしないに関わらず、真央ちゃんの存在価値は、純粋な故に高貴な深い精神性を内包する所にあるのです。

 GPファイナルの表彰台での真央ちゃんは、地方官吏のチンクアンタ会長を祝福する王女のようでした。実際の社会的立場と反対に、霊格(神界でのランク)では決定的に真央ちゃんが上だったからです。でも、真央ちゃんのお陰でロリコンが100万人も増えたと嘆く族(やから)もいるでしょうね。


 絵の中に無意識下の心が表れる事を教えて下さった浅利篤先生は、実は中学三年時の美術の先生でした。改めて先生の著書のメモを見直してみたら、ピンクには心痛を表すとも書かれています。真央ちゃんは、天真爛漫の見かけと違って、自分以外の人を思いやって心を痛めるタイプかもしれません。これは次回に書くテーマですね。(3.7追加)

  浅田真央論~その1、商業主義の解毒剤

  浅田真央論~その2、天真爛漫を演ずる大物

  浅田真央論~その3、才能の本質

  浅田真央論~その4、箱船に乗った姉妹

  浅田真央論~その5、疑惑の発端

  浅田真央論~その6、暴かれた陰謀(悪魔に包囲された天使)

  浅田真央論~その7、世界を照らす鏡

     エフライム工房 平御幸(Miyuki.Taira)


参考
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-320.html
http://www8.atwiki.jp/youtheshock/pages/19.html
http://www.mp3-hollywood.com/showbiz/2005/nomaneko.shtml
http://general-electric.seesaa.net/article/10878329.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加