平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

始まった真央サイドの復讐劇

2008-06-28 18:26:53 | Weblog
 DOIの真央映像が韓国にショックを与えているようです。それでも、表面的な事しか受け入れられない韓国人には、新エキシで放った真央サイドの強烈なメッセージは理解できないでしょうね。

 真央ちゃんの今年のエキシは、タラソワ先生とニコルさんの二本立ての豪華さ。披露されたのはタラソワ版のPor una Cabeza(ポル・ウナ・カベーサ=首の差で)。原題の意味は不明ですが、字面から分かるように、ワールドでの僅差勝ちを主題にしたものです。手段を選ばずに勝ちに執着した相手に対して、首差でも勝ちは勝ちという、皮肉交じりのメッセージが込められているのです。この首の差は、永遠(韓国時間の十年)の差なのです。それにしても、この曲を薦めた人は趣味人ですね。

 赤と黒のコスチュームは、前回の記事のコメント欄で、フリーに用いるのではと書いた配色です。なぜに赤と黒なのかというと、赤と黒は母親に対する葛藤を表しているからです。仮面舞踏会という狂気の場に、白と黒のファザコン以外にマッチする狂気の色は赤と黒だけなのです。この配色がエキシで用いられたという事は、タラソワ先生が二つのプログラムを包括してデザインしている事を意味します。エキシはフリーの延長線上にあるのです。

 仮面舞踏会の狂気はエキシに持ち越された。このような観点から、フリーのコスチュームはワルツに似合う、優雅でゴージャスな色彩になると予想されます。ショートとの兼ね合いで、ショートがブルー系ならフリーはバラ色。あるいは濃いめのブルーが基本かな?いずれにしても、昨日の映像を見た限りでは、ポル・ウナ・カベーサというタンゴにマッチするメイクではありませんでした。僕だったら、目の周りだけを隠すマスクを用いますけど。

 ところで、韓国選手のSPがツィゴイネルワイゼンとか…。本当かどうか分かりませんが、やめた方が賢明ですね。掲示板でも「暗くて重い」とか、低俗なギャグに用いられているイメージで語る人が多いようですが、この名曲に対して余りに無知すぎます。

 1990年のチャイコフスキー・コンクールで優勝した諏訪内晶子さんが、ハイフェッツが愛用したストラディヴァリウス(ドルフィン)で奏でた名盤があります。どこの図書館にも置いてあるスタンダードですが、ロマ(ジプシーの事)特有の自由リズムに、ハンガリーの舞曲チャルダッシュが加わった、テンポとリズムの多彩な変化の上に超絶技巧が乗る難曲です。馬鹿デカイ音だけで弾く韓国のチョン・キョン・ファしか知らないなら無理ないですが、諏訪内晶子さんの盤で演技する事は真央ちゃんレベルでないと無理です。演奏者のレベルを下げるとそれこそギャグになりますからねぇ…。まっ、選曲も含めてお手並み拝見という事です。

     エフライム工房 平御幸
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

真央のレクイエム

2008-06-24 22:09:25 | Weblog
 真央ちゃんの新曲が、タラソワ先生のコーチ就任のニュースと共にもたらされました。ショートプログラムは、ショートで才能を発揮するニコルさんが振り付けるドビュッシーの『月の光』。これは、今シーズンの初戦となるグランプリ・フランス大会を見据え、フランスの作曲家を起用した感じですね。『月の光』は好きな曲ですが、ドビュッシー自体はプロ好みの作曲家なので、難曲と言っても過言ではありません。バッハ好きの楽理科の友人がドビュッシーを特別視していたくらいですから、1音1音に妥協が許されない曲なのです。流れで表現するのではなく、研ぎ澄まされたテクニックが必要とされるので、演ずる側も最高度の技術が求められます。ニコルさんが提案したのなら、それは真央ちゃんの技術を評価した証となります。

 フリーの『仮面舞踏会』はハチャトゥリアン版のものですが、タラソワ先生の悲劇好きには困ったものです。この悲劇好きが、世界中から亡霊を呼び集めるからです。先の世界選手権でも、ショートプログラムの時は会場が亡霊だらけでした。これは、平家の亡霊に取り憑かれて琵琶を奏でた耳なし芳一(みみなしほういち)と同じく、芸術によって鎮魂が行われるためです。真央ちゃんは芸術家として完成されているので、嫌でも鎮魂という舞台に立つ訳です。亡霊は慰められる以外は何も要求しませんから、変に怖がる必要はありません。むしろ、天に霊が帰る手伝いをした事で霊格が上がるのです。

 さて、真央ちゃんと僕の古代史がシンクロしている事は、ここの読者には自明です。今回も例外ではありませんでした。というのも、ハチャトゥリアンの出身地はカフカスです。カフカスとはコーカサスの麓にある地名で、実は聖徳太子や法隆寺と密接な関係にあります。詳しくは『私だけの古代史第三部・法隆寺編』を読んで頂きたいのですが、忍者で有名な甲賀はコーカサス、高市皇子が居た鹿深(かふか)はカフカスの音訳なのです。高市皇子は、息子の長屋親王と共に聖徳太子のモデルの1人であり、聖徳太子と密接な関係にあった蘇我氏も、巷奇と呼ばれたようにコーカサス出身なのです。

 法隆寺は、カフカスから南に下った、アルメニアのフリプシメ教会にルーツを持つ原始キリスト教寺院でした。アルメニアと言えばラファエル・アルトゥニアン。そう、真央ちゃんの前コーチの出身地であり、舞さんの誕生日にノアの箱船が漂着した場所です。奈良は2年後に平城遷都1300年を迎えます。バンクーバー五輪の年ですね。ちなみに、頭に角を生やして顰蹙(ひんしゅく)を買ったキャラクターのセント君ですが、デザインしたのは芸大寮で同じブロックにいた彫刻科の俗物です。

 法隆寺は、唐から最新式の建築技術が入ってくる前に建てられた、ある意味で異様な建築物なのですが、それは元々仏教寺院ではなく原始キリスト教寺院として建てられた必然です。聖徳太子が建てた熊凝(くまごり)道場の熊凝は、実はロシア系の人名イーゴリに漢字を当てたものです。正しくはイウゴリ、あるいはユウゴリですね。これが聖徳太子の本名です。

 このように、真央ちゃんはハチャトゥリアンの曲を選ぶ事で、イスラエル12部族が古代日本に渡ってきた道を辿っている訳です。もちろん、法隆寺に祭られた、カフカス出身の高市皇子の子・長屋親王(夢殿・救世観音像のモデル)や、真央ちゃんにそっくりな妻の吉備内親王(中宮寺・半跏弥勒像のモデル)などの霊に呼ばれたからですが。真央ちゃんの鎮魂の旅は、長く広範囲にわたり続けられるでしょう。そのうち、スペインにも招かれるかもしれませんね。

     エフライム工房 平御幸
コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

真央の新曲

2008-06-24 18:46:29 | Weblog
 真央ちゃんのコーチにタラソワ先生が決まりました。同時に、フリーの曲がハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』、SPはドビューシーの『月の光』と判明しました。

 『月の光』は有名ですから説明不要と思いますが、『仮面舞踏会』については、こちらで試聴できます。とりあえず速報です。

       エフライム工房 平御幸
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

崩壊した悪魔の筋書き

2008-06-20 07:19:51 | Weblog
 スケート連盟のフィギュア委員長に強化部長の伊東氏が選ばれ、平松さんは理事職も辞して、世界選手権の1億円赤字の責任を取る形となりました。しかし、これは表向きの交代理由であり、本当は真央潰しの片棒を担いだ事への批判、すなわち韓国選手爆上げに荷担し、日本選手の不利益を誘導した事に対する責任が問われたのではないでしょうか。

 平松理事は、旧体制では冷や飯を食わされていたとされ、トリノ・オリンピック後の城田強化部長の失脚により、ライバルを蹴落す形で委員長に選出されました。それで、電通と城田という図式を描く人からは、今回の「平松・五十嵐・三好」という電通繋がりが理解できず、むしろ城田体制を支えた伊東強化部長を危険視する向きもあったのです。逆説的に言えば、誰もが問題の本質を把握できないで、批判合戦を繰り返していた訳です。今回は、この複雑怪奇な構図を分かりやすく整理してみたいと思います。

 日本スケート連盟は、長年にわたりロッテなどの在日企業と持ちつ持たれつの関係を築いてきました。プリンスホテルで有名な堤氏の西武グループが撤退すると、広告を担当する在日企業の電通がロッテの意向を代理する形で発言力を増します。例えば、トリノ・オリンピック代表選考会で、電通の五十嵐氏がシンボルアスリートの安藤美姫さんをごり押しします。これにより、ファイナル表彰台で内定のはずの中野さんは不当に下げられ、シンボルアスリートの村主さんが爆上げされるという、あの日本選手権の結果を生んだのです。このとき、城田さんは安藤さんを降ろす側に立ったとされています。

 城田さんは、息子がロッテに入社したとか、トヨタからセルシオをもらったとかで、スポンサーがらみで身動きできなかったのですから、本当に安藤降ろしに立ったのなら、電通から見たら裏切り者です。これがオリンピック後にクーデターで追放された理由となります。確かに、城田さん達は金銭的にルーズでしたが、当時は裏金を工作資金(ロビー活動)とする事は半ば常識とされていたはずなので、降ってわいた感は否めません。では、城田追放で得したのは誰か?それは、平松理事と、解説者から連盟の事務局に入った電通の五十嵐氏です。

 元スケーターの五十嵐氏は、事務方として06年のNHK杯に在日の金彩華を出場させ、何と放送枠で「ハングルを学び本国に錦を飾る」という美談を演出します。いくら朝鮮カルトの創価学会員であろうと、日本では箸(はし)にも棒にも掛からない選手を持ち上げすぎです。僕は即刻、録画から削除しました。そしてこの後、あの韓国選手が爆上げされた07ワールド東京大会の事務局長を務め、在日企業のバナー広告費を30万円にしたのです。1億円の赤字が問題にならなかったら、電通の同期で麻薬で逮捕された三好氏との関係も公になる事はなかったのです。

 平松フィギュア委員長体制で起こった事件は、06ファイナルでの筋弛緩剤事件、07ワールド東京大会での1億円の赤字と韓国選手の爆上げ。それに、昨期の真央潰しと韓国選手上げの不可解なジャッジです。何と、このすべてに平松さんは絡む事が出来るのです。一見関係のなさそうな06ファイナル毒物事件ですが、平松さんは神戸薬科大学の教授ですから、症状を見ただけで筋弛緩剤だと分かったはずです。ところが、抗議はおろか精密検査さえしていません。薬物が分解されて検出できなくなった帰国後に、安藤さんが長野で検査を受けただけです。何で長野だったのだろう。旧勢力の西武関係の病院ではないか?それより、日本の関係者でなくては日本選手に毒盛りは出来ません。このスパイ活動をしたのと、筋弛緩剤を入手したのは誰か?

 このような疑惑に対して、僕には真実を知る手立てはありません。それで、ご主人が病院を経営する城田さんには泥を被ってもらい、疑惑の一人として名前を挙げ、むしろ城田さんの政治力で名誉挽回の活動を期待したのです。また、五十嵐氏がバナー広告費を不正に扱っている事実を公開したとき、掲示板にブログのURLを貼って書き込む事が出来なくなりました。スケート板だけ、僕のアクセスに対してフィルターがかけられていたのです。さすがに少々恐ろしくなりましたね。

 このような状況下で、鉄砲玉のような正義感で行動するファンはかえって危険です。それで、僕自身も引っ込む形を見せる事で、当面の危険性を回避する事にしました。それが、3月に行われた真央ファンの選別です。下手をすると、情報をもたらしてくれたファンにも危害が及ぶかもしれません。また同時に、連盟関係者とおぼしき人が掲示板で「自分たちで解決する」というメッセージを発してくれたので、僕も連盟の自浄に任せて良いと判断できたのです。

 平松委員長は、ISUの技術委員としてユナと高橋君に有利に動く駒でした。その背後にあるスポーツ局のクリック氏とジャッジの妻は、電通の五十嵐氏をユナ側との調整(ジャッジへの報酬など)窓口として必要とします。掲示板での真央潰しは、「資料室・親父の目」を運営する五十嵐氏のグループが練って実行します。こうして、実務ではスケート連盟の幹部が、掲示板やマスコミを利用した情報操作はスパイ組織の電通組が担当するという、悪魔のプランが粛々と遂行されてきたのです。

 五十嵐氏の最終目的地は、伊東強化部長を追い出しての強化部長の椅子でした。この地位を手に入れさえすれば、電通に逆らう真央と美姫を脅す事が出来るからです。またそのために採られた策が、掲示板での伊東叩きのスレッドです。表向きは連盟批判ですが、内容は伊東氏と小川副部長に対する個人攻撃でした。しかも、城田さんなど、旧体制派を装った念の入れ様です。しかし彼らの唯一の誤算は、本当のフィギュアファンの存在を軽く見た事です。ファン一人一人の声は小さいけど、不正ジャッジに対するISUなどへ抗議、ユナ側が垂れ流した真央叩き映像に対するユナのリップ叩きの逆襲など、それらは確実に彼らの焦りを誘い続けたのです。結局は、ファイナルでやり過ぎた事で世界中を敵にし自滅します。これでは勝ち目がありません。

 ISU総会の内容が伝わってこないのですが、掲示板でスポーツ局を批判した人は12日が最終更新です。もしかしたら連盟内部の人かもしれませんね。僕も神様からのご褒美で、実際は見知らぬ人からのプレゼントなのですが、モリコロのザ・アイスのチケットを頂きました。時が時ですから最初は驚きましたが、警戒する理由も消失したので喜んで出向きたいと思います。皆さん、今までの応援と御尽力、本当にありがとうございました。ようやく一区切りが付けそうです。これからは、相変わらず目を光らせつつも、スケート連盟に対して応援する姿勢が大事だと思います。スケートを愛する人の心が一つになる、本当の和が実現される事を願います。

     エフライム工房 平御幸
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

真央の太ももに注目

2008-06-16 04:19:14 | Weblog
 韓国は、経済崩壊の危機という局面で火に油を注ぐストの連発。特に、釜山港を拠点とする物流のストは痛いですね。これで完全に詰みです。あとは9月の短期外債(数兆円規模のドルや円建ての借金)のロールオーバー(借り換え)が出来なくてデフォルト(国家破産)を待つだけとなりました。

 その韓国のキム・ヨナは自国開催のファイナルを控えているのに、全くやる気のない表情です。逃げたいのが本心でしょう。しかも、世界選手権に照準を合わせるために始動を遅くしたのに、何と第一戦のアメリカ大会にエントリーという皮肉。これは、エントリーで優先権のある真央ちゃんがフランスと日本を選択し、次の優先者コストナーがカナダとロシアを選んだ結果です。奇しくも、アメリカは全米選手権者のミライとJrワールドチャンプのフラット、それに06女王のマイズナーを揃えてきました。しかも、日本からはワールド4位の中野さんと、07女王の安藤美姫さんがエントリーしているのです。超豪華というか、仁義無用のサバイバルというか、誰がファイナルへリーチをかけられるか予断を許しません。

 真央ちゃんのフランス・日本の選択ですが、これはルッツ矯正とサルコウの完全取得、それにプログラムの熟成度を考えた良い選択です。まだ未定のルール改正ですが、この日程なら対応できると陣営は読んでいます。対して、安藤さんのアメリカ派遣ですが、これは平松理事が、電通との繋がりが深いAvex所属の村主さんを相手関係の楽なところに押し込んだ結果です。村主さんがさっさと引退していたら、中野さんと安藤さんがバッティングするような、こんな日本人不利は起きなかったのです。

 平松理事は、07世界選手権東京大会の事務局長である電通の五十嵐氏と共謀し、五十嵐氏と同期の元電通社員三好多加也氏が経営するコンサルタント会社に運営を委ねます。三次氏は大麻の常習犯で電通を首になり、父親のコンサルタント会社を引き継いだ無能な馬鹿息子です。これに副委員長の田村氏が絡み、その結果としての1億円の赤字ですから、平松理事は責任を問われても仕方ありません。これが、真央潰しとセットになった、キムと高橋上げの電通・在日・創価学会連合の構図だったのです。そういう風に理解されれば、06ファイナルの筋弛緩剤事件も、神戸薬科大学の教授である平松理事が関与、あるいは握りつぶした可能性も出てきます。外科医の夫を持つ城田さん共々、筋弛緩剤を入手できる立場にある人は嫌でも注目されます。

 さて、ISUの総会が終わるまではルール改正のこともあり展望は語りにくいのですが、真央ちゃんに関しては分かっていることがあります。それは、唯一の弱点であった内転筋の発達です。ルッツ矯正やサルコウ取得で最も必要な筋肉が、安藤さんが見事に発達している内股の内転筋なのです。真央ちゃんは内転筋が弱いので、ルッツで左足が流れ、結果的にエッジがインに傾いてしまうのです。サルコウも開いた脚を絞める瞬間の力が弱いので、タイミングのずれとしてすっぽ抜けるのです。

 中野さんは、サルコウやループの時は、フリップなどに比べて巻き足(ラップ)が軽微になります。これが中野さんのラップ矯正のヒントなのですが、中野さんも内転筋は発達しています。要するに、内転筋を頼った絞め過ぎがラップの原因なのです。ということは、反対側の筋肉を強化することでラップは矯正できるはずです。

 真央ちゃんは、フリップの瞬間に内股の筋肉不足が見えることがあります。今シーズンは、ルッツ矯正とサルコウの訓練で、弱かった内転筋が発達し、超バランスの良い体型に変化すると思います。しかも、筋力トレの副産物として、反動を利用しなくてもスケーティングがこなせるようになります。昨シーズンまでは、筋力が付いていないこともあって、次の動作に移るときの反動を利用した大袈裟な動きが気になったものです。今シーズンはそれが無くなるでしょうから、より優雅に魅せられると思います。

 プログラムはタラソワ先生のフリー、ニコルさんのショートプログラムと楽しみです。孤独だった2年間と違い、多くの人に支えられて楽器の数も増えるでしょうから真央らしさが期待できます。という訳で、今シーズンは真央の太ももに注目ですよ。

     エフライム工房 平御幸
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

秋葉原事件の衝撃~貴種流離譚

2008-06-11 21:49:40 | Weblog
 日曜日に起こった秋葉原での無差別殺傷事件。亡くなった中に、東京芸大の学生(音楽)武藤舞さんがいたんですね。あの交差点は、パソコンを組み立てるマニアなら必ず通る場所で、実は僕も23時間前に通過していました。携帯電話のアルバイト姿は目立つので、僕も何度か目にしているはずです。美術と音楽では学部が違うけど、こういう形で後輩が亡くなるのはショックです。他の被害者の皆さんも含め、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 今回の事件を引き起こした加藤智大(ともひろ)容疑者も、武藤舞さんと同じ藤原氏ですから、遡れば古代イスラエルの祭司レビ族となります。昨年から何度も取り上げているトレンドの血統ですが、こういう注目のされ方をするのも、時が満ちているからかもしれませんね。

 加藤容疑者は成績が良く、青森で一番の県立高校に入ってからも目立たない生徒だったとされていますが、多分に母親の教育熱心のたまものでしょう。ここが、遊んでばかりいた僕と決定的に異なるところです。母親の支配下で優等生を演じていた彼ですが、本質的に逃避願望が強かったと思われます。それは、大学進学で短大を選び、何度も職場を変えたことで明らかです。こうして、不遇な秀才の母親に対する潜在的な恨みが蓄積されていたのです。何かにつけて他人のせいにする性格は、子供の頃に感じた母親の愛情不足に対する非難の現れなのです。しかし、こういう家庭の問題に起因する性格とは別に、社会そのものも彼にとっては不満の対象でしかなかったのです。マスコミはこういう社会面から捉えようとしますが、それも半分しか的を射ていませんね。

 派遣労働者の実情は経験しなくては分からないと思います。最低は日雇いで、日給7000円の交通費無し。しかも、出社前後に束縛される時間が異常に長い。自動車関係の日雇いはなく、基本的に数ヶ月単位で送り込まれる。送り込まれるというのは、派遣会社から「○○さんイスズへ行かない?」などと持ちかけられるからで、腕力を要求される分、お給料は良くなります。でも、大抵の人は「遠慮します」と返事して逃げますね。一番高級なのはIT関係で、最低2~3倍程度は保証されます。中には誰にでもできる技術の仕事もありますから、当たればラッキーです。

 今回の事件は、派遣が打ち切られるかもしれないという加害者の不安や、常に負け組にあった不満を晴らすために、殺人という形で社会に果たした復讐ですが、そもそも「負け組」などあるのでしょうか?僕はこの「勝ち組・負け組」という単純な色分けは全く理解できません。社会的な成功者という、現世利益的な宗教に毒された家庭に育った者に共通の意識でしょうか?

 日本人は全員、古代イスラエル12部族の子孫です。世界で最も高貴な血筋なのですから、日本中に王家の子孫が住んでいることになるのです。旅行してみれば分かりますが、東北の片田舎などで物凄い美人に遭遇することがあります。こういう時、僕は貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)という言葉を思い出します。貴種という自覚があれば、自分が神から使わされた役目が見えてきます。本当の貴種なら、同じ派遣で最低の仕事をしても、その仕事場に光を灯すことができるのです。

 自分が光なら闇に負けることはありません。光を失った者は光に復讐する。でも、派遣会社ばかりが甘い汁を吸う現在のシステムは問題です。派遣会社のボッタクリを規制する法律が必要だと思います。そうすれば、自ずと正社員の雇用も増えると思います。知恵のある者は、神の目に適った良いシステムを構築するものです。政治家や官僚に知恵があるかは分かりませんけど…。そこが一番の社会問題ですね。

     エフライム工房 平御幸
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ダム崩壊の序章~中国唐家山

2008-06-05 17:48:08 | Weblog
 5月12日の四川大地震から3週間が過ぎ、いよいよ二次被害が深刻になってきました。それは、崩落した土砂によって埋まった川が塞(せき)止められ、巨大なダムとなって2億トンもの水を湛(たた)えているからです。北川県の唐家山堰塞湖と呼ばれる天然ダムの水量は、日本の巨大ダムとして知られる黒部ダムを上回り、決壊した場合に下流域に及ぼす被害は甚大なものと予想されています。堰塞(えんさい)湖ではわかりにくいので、塞止め湖で説明します。

 図は中国のサイトに掲載された北川県の航空写真ですが、白い部分が崩落した地層です。色が白いのは、プレートの圧力で岩盤が風化(粉状)したためと考えられています。このような土質は、植樹の少なさも相まって、片栗粉をピラミッド状に形成したもののように、一瞬で大崩落に至る危険性があったのです。ここはチベット系少数民族の羌(チャン)族の自治区の一つですが、唐家山の崩落で土砂が流入した川が、不気味な色をしたダムとなって町を飲み込もうと待ちかまえています。当局では、重機をヘリ輸送して緊急に水路を造りましたが、重機が豆粒のようにしか見えないスケールなので、その効果には疑問の声も出ています。

 さて、今回の地震で形成された堰止め湖は、巨大なもので33個、小さいものを入れれば数百と数えられています。これから雨期に入り、ヒマラヤの雪解け水の水量と合わせれば、誰が見ても自然決壊は時間の問題です。実際、唐家山ではダム水位の限界点を突破し、越流が始まっているようです。下流域の幾つかの町は完全に飲み込まれてしまうでしょう。

 しかし、このような二次災害に対する報道は少なくなってきています。その理由は、四川に夥しくある核施設の事故隠蔽です。地下核施設が爆発して、コンクリートの塊(かたまり)が雨のように降ってきたという情報もあります。放射性物質の行方不明という報道はありましたが、日本の救難援助隊が足止めされ、医療チームが震源地に近い奥地に進めなかった背景に、核弾頭を含む核関係の事故があったのだとしたら、当局により報道管制が敷かれるのは当然です。聖火という火(御父の象徴)を汚した中国は、今度は水(イエスの象徴)を核で汚して呪われ、最後には聖霊の風により崩壊するのです。その恐ろしい風は、何時どの様な形で吹くのかは誰にも分かりませんけど…。

     エフライム工房 平御幸
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加