平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

コルク巻の鉛筆立て

2013-01-31 19:22:38 | Weblog
 オムロンのフットマッサージャーのお陰で、随分と体調が良くなったので、ようやく部屋の整理ができます。とは言っても、マッサージャーが効果を発揮するのは昔の古傷である頚椎捻挫。大学の時のコンニャク体操で頭頂での逆立ちがあるのですが、この時に左目が霞むほどの頚椎捻挫症状が出て、自分の首が子供の頃からずれていたことに気がついたのです。

 最近は左の頭痛が酷く、それも左の鼻のアレルギー症状を伴うもので、鼻うがいでは治りませんでした。起きているのも辛く、昼寝をすれば余計に辛くなるので、ほとんど毎日が頭痛と眠さで死ぬ思いでした。朝晩が逆転して、深夜にコソコソと作業をする毎日。こんな解決方法があるとは思いませんでした。

 フットマッサージャーは脚とふくらはぎ以外に使うのは禁止なのですが、僕はタオルを二枚重ねにした上に頭を置き、耳の後ろの頭骸骨の下端に刺激が来るようにしています。力加減は弱で、悪い方の左首には力が加わらないようにし、右側にずれた頚椎の上部を左に押す感じです。間違って左のほうを押すと、頚椎捻挫の気持ち悪さが出るので分かります。

 頭痛が緩和、鼻粘膜のアレルギー症状が緩和、よく眠れる、ということで朝から起きて、昼寝をしなくても良くなりました。でも、ずれた首がすぐに元に戻るので、この矯正には時間がかかりそうです。マッサージャーは正規の使い方以外で事故が増えているそうなので、安易に真似するのはやめたほうが賢明です。

 それで、副次的に気がついたのですが、どうも枕は湾曲した石のエジプト式が良いのではと思いました。日本人は長頭(顔が前後に長い)の西欧人よりも短頭なので、西洋式の柔らかい枕だと、顎が上を向いて頚椎を圧迫します。これが鼻粘膜のアレルギーや呼吸障害の元になります。江戸時代の箱枕は一理あります。

 さて、工作をする面白さが分かったのか、スピーカーを作る女性陣が増えています。でも、スピーカーはユニット他の制約があるので、いつでも作れるわけではありません。そこで、スピーカーを作るときに出る円形の端材と、梱包するときに出るテープの巻芯を利用した、コルク製の鉛筆立ての作り方を紹介します。



 材料は、220mm×300mm×2mm厚のコルクシートが1枚。これは鉛筆立ての内側と外側に貼り付けます。裏に接着剤が付いているものはやり直しが利かないので、ボンドで接着するほうが修正ができるから楽です。



 テープの巻芯は2段重ねに接着し、先に内側のコルクから貼ります。次に円形の板を底に貼り付け、机と接する部分は厚手のコルクを円形に切って貼り付けます。乾燥したら外側のコルクを貼って出来上がり。外側のコルクの端は、厚手のコルクに揃えても良いし、少し長めで厚手のコルク底が少し浮く位でも良いです。

 僕は、コルクが余ったので5mmほど浮かしましたが、これが正解というのはありません。なお、内側のコルクを貼る場合、僕は5分割して少しずつ貼りましたが、これも貼り方はそれぞれの工夫次第です。

 ということで、材料は鉛筆立て二個分ありますから、作りたい人は申し出てください。最近は、切り抜き穴が82mmφのスピーカーを作っていないので、底になる板が不足しています。なお、厚手のコルクを円形に切り抜く工具もありますが、厚紙と画鋲とカッターで代用出来ます。

    エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セブン

2013-01-27 21:38:08 | Weblog
 今日が27日だからという訳ではありませんが、テーマはセブンです。

 まず、フィギュアスケート全米選手権で、SPで3位に付けていた長洲未来が減点されまくりで7位に終わりました。実は、SNSの方で読者(特別な)がミカエルセブンを作ったばかりで、本人は相当ショックを受けているようです。二人ほど続いて作る気まんまんでしたが、急遽やめることになりました。

 去年はワールド前に女性読者に試みのミカエルを作らせたら、ミスした数だけ真央ちゃんがミスしました。今回も同じですが、このような預言はどうしようもないのです。預言に慣れてくると、縁起が悪いからやめておこうとか、そのような判断ができるようになります。来年が勝負ですから、良い予行演習でしたね。

 ただし、2位のゴールドは、13番滑走でコーエン以来の高得点。13のゴールドで、13部族の祭司レビの象徴の金と完全に嵌っていました。演技前に何度も過去の成績を見て安心を決め込んだのですが、やはりというか悪い予感は当たりました。この高得点を見たら、大概の選手は平常心を失います。出来は良いですが、それでも胡散臭い点でした。

 夜には、海老名の映画館で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』をまだ上映していたので、重い腰を上げて観て来ました。読者の評判も評価に困っているようだったので、自分の目で確かめたかったのですが、これはヤバイですね。もちろん悪い意味ですけど。

 このシリーズは、日テレがしゃしゃり出てきてから、明らかにストーリーが初期想定より変更されています。ここまでひどい破壊は原作者にとっても予定外だと思います。と言うのも、上映の前に、ジブリの巨神兵が東京を破壊する短編が流されます。明らかにエヴァとのコラボです。

 日テレ=CIAですから、ここにはCIAによる破壊工作が予言されているはずです。正直、気分が悪く反吐が出る2作品です。ハリウッドのユダヤによる隠しメッセージ満載の映画を見ているような、日本人の感性に訴えかけない駄作でした。続編を見たいと思わなかった人も多いのでは。7の付く日は要注意かもしれません。

 危険といえば、中国の汚染された猛毒大気が韓国で牛を殺しました。これが日本にも流れてくるのですが、どういうわけか日本の測定機関がサイトの更新をやめています。日本は安心とはいえないレベルなので、特に九州から中国四国の人は気をつけてください。今年は雪が多いので、大気中の有毒ガスが雨や雪に溶け込んで、空気そのものは浄化されているかもしれません。

参考 【話題】 死者が出ている亜硫酸ガスの有害成分が、偏西風に乗り中国から日本に降り注ぐ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359181418/

【中国】深刻な大気汚染による「北京咳」、「北京ダック」と「京劇」に並ぶ国際的新名物に-海外ガイドブックにも掲載[01/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1359205977/

【中国】再び大気汚染の濃霧に包まれる北京、PM2.5濃度が大きく上昇(画像あり)[01/23]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1358948154/

    エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラリー暗殺説

2013-01-26 12:39:58 | Weblog
 退任が決まっているヒラリー・クリントン米国務長官が、昨年末の事故で入院し、年明けに退院しましたが、復帰後も特に左目に障害が残っているようです。この事故の直後から暗殺説が流れていたのですが、一期限りで退任を示唆していたヒラリーが死んで得するのは誰でしょう?

 ヒラリーの後任に決まったのは、2004年の大統領選でブッシュに敗れたジョン・ケリーで、ケリーは白系ユダヤのアシュケナージを祖父に持つ、親中国の代表的存在です。ユダヤ人に多いコーヘンの異体であるコーンから、祖父がケリーに改名し、ケリー本人はカソリック信者です。

 しかし、ケリーはブッシュと同じく、スカル・アンド・ボーンズというイェール大学の秘密結社の会員です。ロックフェラーも会員でした。この組織はシンボルがドイツの伝統的なトーテンコップ(髑髏~ドクロ)で、特にナチス親衛隊SSの紋章に類似しています。

 イェール大学は、安倍総理の内閣参与として有名になった浜田教授が在籍し、ヒラリーはロースクールの出身です。しかし、スカル・アンド・ボーンズはメンバーが15人と限られ、大半の出身者はメンバーではありません。

 国防長官に起用予定のヘーゲルは、共和党でブッシュに対立した異端児で、これはペンタゴンの穏健派に有利な材料です。オバマは、アフリカで問題になっている中国の軟化を引き出すためにケリーを使うのでしょうか。しかし、イラクやアフガニスタンの駐留米軍司令官から中央情報局(CIA)長官になったデービッド・ペトレイアスがスキャンダルで退任し、新しいCIA長官はジョン・ブレナン。テロ対策専門ですからタイミングが良すぎます。

 ヒラリーは2008年の大統領選までは中国資金の噂が絶えず、日本にとって厄介な大統領候補でした。しかし、中国からの資金が問題視され、国務長官としてアジア外交を任せられると豹変します。中国の犬であった小沢がヒラリーに会わなかったことや、尖閣問題で中国への心象は著しく悪くなります。

 そんなヒラリーが決定的に変わったのが大震災です。直後の3月18日に国務長官を一期で退くことを発表し、4月には皇后陛下に招かれての会談。11月29日の講演会では、中国がハワイの領有権も主張できると脅したことを暴露。どうも、これが中国や親中国の連中の逆鱗に触れ、何らかの薬物で殺されかけた可能性が出てきます。

 ヒラリー自体は権力欲はあれど、特別に秘密組織の一員として動いたわけではなく、ここに来て、アメリカの暗部に気がついたのかもしれません。アルジェリアのテロから始まる、アフリカからの中国排除。あるいは、アルジェリア政権ごと潰して、資源の利権を欧米で確保する狙いが垣間見えます。

 ヒラリーという、実に分かりやすい発言をする政治家がいなくなるのは困るのですが、老け込んだヒラリーを見ると、引退もやむを得ないと感じます。日本にとって最悪の民主党政権と中国を、毒を以て毒を制した三年間は、ヒラリーの評価を180度変えるものでした。大統領になれなかったことが、結果的に正解でしたね。

 なお、フィギュアの全米はショートプログラムが終わって長洲未来が三位。首位のワグナーや二位のザワツキーとは僅差なので、フリーで逆転して二枠のワールド組に入って欲しいものです。フリーは日曜日の朝9時ころから。

    エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コマと自転車

2013-01-24 13:20:16 | Weblog
 掲示板でも陰謀論で有名なベンジャミン・フルフォード。本を読んだことはなかったのですが、ナチスを調べる上で必要かと思い読んでみました。震災後の飛鳥昭雄氏との対談が一冊と、その前の陰謀論のまとめのようなものです。

 09年の衆院選前に民主党から立候補する気満々だったように、同じく民主党支持の飛鳥昭雄氏と同じく少しずれた感性の人です。飛鳥氏は、この前の選挙で自民党が民主党とともに壊滅すると予想し、見事に外れました。維新に期待していたようです。まあ、最後の団塊世代ですから。

 フルフォードの弱みは、日本がイスラエルの宗主国であるという認識の欠如から来る、王族のヒエラルキーを理解できていないことにあります。ナチスに関しては目新しいものはありませんでしたが、ナチス残党が生き残ってアメリカの支配権を確立したのは当たっているかもしれません。

 飛鳥氏は、相変わらず秦氏と物部の対立形式で神道を見ています。この単純さが災いして、秦氏の本質も物部の本質も理解できていないのです。秦の意味さえ知らないのですから仕方ないですが、ハタはエジプト語で始めを意味し、獅子で象徴されたユダ族と、それに付帯した祭司という認識は絶対に必要です。

 物部は、「牛を拝むこと勿(なかれ)」を部族名にした祭司です。牛を拝んではならないと命令したモーセの方か、モーセに怒られた兄のアロンの方か、あるいはその両方なのかは意見が分かれるかもしれませんが、僕はモーセ系と考えています。秦と物部の対立という単純な構図でないのは明らかです。

 飛鳥氏は、南北イスラエルの対立が日本に持ち越されたという認識も欠如しています。天皇家は南北イスラエルの王族なのですが、本来は聖徳太子以来途絶えている、イエス直系のユダ族が天皇の中の天皇なので、南朝(北イスラエル王)も北朝(南ユダ王)も代理でしかないのです。イエスの再臨の時に、天皇もイエスの子孫のユダ族に戻るはずです。

 さて、フルフォードが自転車の倒れない理屈を超科学に求めているみたいなので、僕は寝ながら(うたた寝の中で)原理を考えてみました。自転車もコマ(独楽)も高校の時に習った記憶はありません。ただの推理です。

 まず、コマ(独楽)の倒れない原理から入ります。コマは回るときに遠心力が与えられます。遠心力は外に向かう直線的なエネルギーなので、コマの縁を眼に見えない無数の糸で引っ張っているのと同じ理屈です。軸から直角方向に、縁の周囲360度方向に引っ張られるので倒れないのです。

 次に自転車ですが、自転車も遠心力が原理だと思います。自転車は、車輪が回転することでタイヤに遠心力が生まれます。ところが、地面に接する所だけは、作用と反作用の関係で遠心力が地面で跳ね返されます。これに、自転車の質量と乗る人の体重が加わり、地面からタイヤに向かう反作用は倍増します。

 自転車のタイヤは、地面からの反作用によって、遠心力の反作用と質量の反作用が合わさった力が地面から垂直にかかることになります。これが車輪を支える力となるので倒れないのです。重い自転車や体重のある人の方が安定するはずです。ここまでは物理ではなくて理科ですかね。物理は苦手なので、物理的な考えは分かりません。

    エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

影の竜

2013-01-22 22:39:38 | Weblog
 ナチスがチベットの地底世界の住人から超化学兵器を導入した。このトンデモ理論の真偽はともかくとして、ヴリル(Vril)パワーのオカルトがナチスの核であったことは確かです。それに加担したのが京都の秘密結社である緑龍会ですが、なぜに緑なのかは言及されていません。しかし、次の画像を見れば一目瞭然です。

 この画像は、アジアからアフリカ諸国のうち、緑を国旗に用いている国々と、それ以外の国々を描き込める範囲で作成したものです。規模や影響力の小さい国は割愛してあります。二枚目は、国旗に緑を持つ国を色分けしたものです(含む中国)。


右クリックで画像だけを表示


右クリックで画像だけを表示

 中国が影響力を強くしている国は、シリア、リビア、アルジェリア、マリ、ナイジェリア、スーダン、南スーダン、などですが、南スーダン以外はイスラム教徒の多い国です。南スーダン、カメルーンやエチオピアなどの赤道に近い国より北は、概ねイスラム系の親中国です。北アフリカの中で、エジプトとチャド以外は国旗に緑を持っています。

 中国はイスラム系の新疆ウイグル自治区があり、彼らの独立運動から反イスラムのイメージが強いのですが、今まで見てきたようにイスラム諸国と中国には極めて強い親和性があります。その理由は、イスラム諸国の大半が貧しく、中国資本を受け入れることで、インフラや軍事面での中国依存を強めているからです。

 このように、緑色のイスラム国家は、赤いチャイナドラゴンの影として、グリーンドラゴンとして育っているのです。これらの国が一斉蜂起すれば、NATOもアメリカも手が回りません。中国はそれを狙っているのでしょう。

 中国にとって、西のカザフスタンと南のインド、それに東の韓国が覇権への邪魔になっています。これらを取り込むことが重要課題ですが、インドは既に自由と繁栄の弧に参加することが決まっています。麻生安倍の外交は、この中国包囲網に力点を置いています。

 ナチス時代のグリーンドラゴンは、西ヨーロッパという小さなエリアでの怪物でした。しかし、現代のグリーンドラゴンは、アフリカの大半と西アジアの多くを含めた巨大な怪物となっています。ヴリルパワーの根源がチベットにあるからこそ、中国はチベットを支配しているのだと思います。ただし、中国がヴリルパワーを手に入れたとは思えませんが。

    エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大鵬を悼む

2013-01-21 20:00:18 | Weblog
 ここの所、ロシアのことばかり書いていたのですが、日ソあるいは日露関係の象徴的な存在でもあった、元横綱の大鵬幸喜が19日に亡くなりました。樺太出身の大鵬は、父がウクライナ人で、母が日本人のハーフです。前回の更新が朝の9時で、原稿を書いていたので訃報の一報に気が付きませんでした。ご冥福をお祈りします。

 大鵬といえば、子供の時の英雄で、本当に欠点の少ない大横綱でした。ハーフのためか色白で女性ファンも多く、相手を負かすときにダメを押さない、極めて紳士的な横綱でもありました。そんな横綱のウクライナ名はイヴァーンで、それがロシア語ではイワンになります。そう、前回に紹介した『イワン・デニーソヴィチの一日』のイワンです→こちら

 このように、偶然と言うには余りにもタイムリーで、やはり亡くなった大鵬は、故郷の北方領土や日露関係が心残りだったのでしょう。僕がたまたまロシアのことを書いていたので、僕に『イワン・デニーソヴィチの一日』を思い出させたのかもしれません。横綱は偉大な存在ですから。なお、デニーソヴィチの語源はギリシャのデュオニソスだそうです。

 アルジェリアの日本人犠牲者が増えてしまいましたが、アルジェリア政府は中国と関係が深く、今回の事件を起こしたアルカイーダはAQIMという組織で、中国のウイグル弾圧に抗議する形だったようです。AQIMのターゲットは中国人でも、日本人もろともAQIMを殲滅させれば、反中国ということは誤魔化せます。これはアメリカも想定外では。

 シリア、エジプト、リビア、アルジェリア、マリと戦火が拡大し、その多くの裏に中国がいるとすれば、日本も極東の安保だけでは足りなくなります。やはり、ロシアとの平和条約を一刻も先に締結し、戦略と戦力のリソースを対中国と北朝鮮に集中すべきです。

参考 【アルジェリア】 人質23人、武装勢力32人死亡 同国内務省が明らかに[13/01/20]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1358634646

    エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オムロン フットマッサージャー

2013-01-20 08:41:08 | Weblog
 旧ソ連時代にノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツィン。彼の強制収容所時代をもとに描いた『イワン・デニーソヴィチの一日』は、近年ロシア文学の最高傑作です。ソルジェニーツィンは、北方領土を速やかに返還すべきというリベラル派ですが、物理や数学を専攻した影響か、文体は全体的に抑制的で、体制批判を主眼としてはいません。

 ソ連の強制収容所は過酷で知られ、マイナス40度にならなくては、極寒の中での強制労働は免除されません。三食はパンとカーシャと呼ばれるお粥だけ。楽しみといえば、食堂で一皿余分にありつくことと、内職で稼いだ金で煙草を買うこと。主人公のイワン・デニーソヴィチ・シェーホフは、そんな暮らしを八年間も続けて来ました。

 そんな彼が、ブロック積みの仕事の出来栄えに満足し、上手いこと世渡りしてパンやカーシャを多くもらった一日を神に感謝します。それを聞きとがめたクリスチャンが彼に説教をするのですが、こんな環境でも信仰を続けるだけあってなかなか良いことを言っています。是非とも手に入れて読んでみてください。ただし、翻訳は江川 卓が良いのですが、木村 浩の方が手に入りやすいかもしれません。

 僕は、シェーホフの一日に倣って、ふかふかの布団はホテル以外では知らない生活を続けて来ました。コージーやIBMにバイトに行ってた頃は、朝は塩味のシチューに食パンをちぎって入れて、何となくロシア風。これでヨセフの獄中生活をなぞっていたのです。でも、ここに来て体調の悪さときたら、立ち上がるのも億劫なほど。

 もともと、昨年の三月から体調が悪くなったのですが、便が固まらず、左足の甲は半分ほど炎症でカサカサ。夜は眠れないし、左の頭痛は相変わらずで、風邪は秋から治らない。それで、12月から栄養ドリンクと漢方薬を飲むことにして、お腹の方は何とか改善。でも風邪は治りません。

 最近は貧血みたいなので、とうとうオムロンの手首血圧計を買いました。最小値も最大値も10程度高いだけなので、そう心配する数値ではありませんでした。ところが、血圧計を買ったら、今まで眠れなかった深夜に眠ることが出来るようになりました。午後の時間帯に体温低下して眠くなることもなくなりました。変ニダ。これは、いよいよ模擬獄中生活とおさらばする時が来たか。そう思って、左脛が黒く変色しつつあったこともあり、オムロンのフット・マッサージャーを買うことにしました。

 それで、届いて一日目のフット・マッサージャー体験記。今まで冷たく寝ていた部屋は、スーパーウーファーのキャビに三菱30センチモニターユニットを入れることにしたので、アトリエの方にベッドを作って引越し。ベッドの上にマッサージャーを置き、合計2時間程度の使用。音は小さめですが、唸り音と低周波振動が少し気になる程度です。

 足揉みと足つぼ刺激モードと、ふくらはぎ揉みの2コースで試しましたが、ふくらはぎを刺激すると心臓が軽くズキ。そう言えば心臓も調子悪かったと思いだしました。足の方は特に痛いところはなかったのですが、一箇所だけ脚が痙攣するポイントがありました。糖尿に効くツボでしょうか。

 マッサージ後は脚が軽くなるし、体の悪いところがわかるので、とても重宝しそうです。2万円以下の実売価格ですが、専門のマッサージ料金は結構高いので、一週間も使えば元が取れる計算です。年寄り向きという先入観は無くして、若い時から予防用に使うのが良さそうに思いました。くたびれたと感じた時は既に相当悪いのですから、10代の後半から使えば若さが持続しそうです。

    エフライム工房 平御幸
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アルジェリアがきっかけか

2013-01-18 22:40:24 | Weblog
 アルジェリアのプラントがアルカイーダに襲撃され、日揮の社員が2名亡くなりました。やはり中国がらみのようです。アルジェリアの国旗も緑ですが。

 そもそものきっかけは、マリのイスラム武装勢力をフランスが空爆したことへの反発で、この軍事介入はイスラム過激派の錦の御旗となりました。しかし、アルカイーダは米CIAの実行部隊の一つで、アメリカが戦争を起こしたいときにタイミング良く活躍する仕組みになっています。ですから、ここは裏読みが必要です。

 アルジェリアは、中国人3万5千人が政府軍に守られてインフラ整備他に進出しています。インフラは表向きであって、実際は中国の支配権を確立するのが仕事です。ところが、中国とズブズブの関係にあったカダフィ大佐のリビアがアメリカに叩き潰され、北アフリカの中国権益はアルジェリアが最後の砦となってしまいました。

 アルジェリアは海外の制圧部隊を拒否し、軍事的に独立した状態を保つために、今回の強行に踏み切る必要があったのです。しかし、日本の他にも死者を出した国があり、アルジェリアは英仏や日米の介入を拒否できなくなりそうです。すると、先に進出していた中国は面白く無い。それがアメリカの狙いだとしても。

 今回はアメリカがおとなしいですが、それは下心があるから関係ないふりをしているのであって、アメリカは極東への対応で忙しいというポーズを取ることで、アルカイーダを焚き付けた黒幕である事を見破られないようにしているのです。問題は死者を出した日本ですね。このタイミングで自衛隊を派遣することになるのか。オバマと安倍総理の間では話が付いていると思います。安倍総理のアメリカ訪問が先延ばしというのも既定路線です。

 気になる話として、イギリス主導で国連の新しい枠組みを模索し、中国とロシアを常任理事国から排除して、新たに日本やインドを入れるというプランがあるそうです。この声明が中止になったそうです。

53 :名無しさん@13周年:2013/01/18(金) 14:15:58.32 ID:DE7/JNn30
>.27
イギリスがブリュッセルで行う予定だった演説を中止したそうだ。
何を演説するつもりだったのかな?と気になる。
アメリカも沈黙したままだ。

60 :名無しさん@13周年:2013/01/18(金) 14:18:43.18 ID:lbLpf92U0
>>53

新国連だよ。
イギリスのタブロイドに書いてあった。

70 :名無しさん@13周年:2013/01/18(金) 14:22:05.45 ID:lbLpf92U0
>>60

中国とロシア常任理事国から外して
ドイツと日本インドと、なんでか知らんけど韓国を入れるとかwww
後、新国連には台湾の加盟を認めるとか。

80 :名無しさん@13周年:2013/01/18(金) 14:27:00.20 ID:lbLpf92U0
>>73

タブロイドに書いてあったのは去年の6月のことだよ。
第2ヤルタ会談が計画されてるという話で、
その時は日本は民主党だったから、韓国が入ったのかも?w

 なお、プラントは事故に備えて避難用の隠れ部屋が設えてあるので、不明の人はそこに隠れている可能性があるとのことです。不明者の数を詳細に報道すると、隠れている人の身に危険が及ぶので、無闇に報道を強制するのは危険を助長します。今しばらくは待つ姿勢も大事です。

参考 【政治】安倍首相、19日未明に帰国 外遊日程を中止
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1358485116/

    エフライム工房 平御幸
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不吉な影

2013-01-16 19:44:47 | Weblog
 グリーンドラゴンのことを書いたら、土曜日の京都でナンヨーユナが新馬勝ちして、その上に白梅賞で在日パチンコのダイワメジャーを父に持つ、コパノリチャードが圧勝。これだけで勘弁汁なのですが、更に月曜の中山ではドラゴンビューティが未勝利戦を勝ち上がり、続く新馬で又してもダイワメジャー産駒ガイヤースヴェルトがデビュー勝ち。

 ガイヤースヴェルトはドイツのバンベルク地方にあるの名前ですが、バンベルクでヒトラーの党内独裁権が確立したバンベルク会議が行われました。ナチスと竜のことを書いたら、それを証しするかのような競馬の結果。自分でも恐ろしく感じています。

 これだけでもガクブルなのですが、月曜日の3才の二つのレースの間の未勝利戦を勝ったのは、何とヒュウガミズキという、海上自衛隊の護衛艦ひゅうがと海保の護衛艦みずきを合わせた名前。護衛艦みずきは、あの尖閣で中国船にぶつけられたやつです。戦争のフラグが立ちまくりです。

 月曜日の中山は、降雪のために5R以降は中止。神様は4Rまでのメッセージを読み解くように中止にしたのでしょう。そう言えば、土曜日の京都のメインレースは大和ステークスでした。これを勝ったのはマルカフリートですが、マルカフリートの父アフリートはAfleetで、fleetだけで艦隊となります。折しも、12日は「アメリカ海軍機動部隊が空母を放置して、米西海岸から全艦出撃」というニュース。

 北朝鮮が核実験をすれば、国連は非難決議で制裁が決まっています。これに同調しないのは中国で、ここから戦争が始まるのか、それとも中国の軍部が暴発して開戦に至るのか、ちょっとストーリーは読めませんが、極めて危険な状態にあると思います。アメリカは、日本と韓国がもめている間に開戦するのは得策ではないと思っています。北のミサイルによって、真っ先に韓国が焦土となるからです。それを考えれば、むしろ巻き込まれないようにもめている方が日本にとっては得策です。

 僕が危険視した石破は、さっそく韓国に助け舟を出して円高誘導の発言。やはり信用ならんやつですね。一日で1円も高くなりました。そう言えば、ウォークマンのノイズキャンセリングヘッドフォンの右側が壊れました。右=自民ですから、石破の動きに一致しています。これからは楽観した人が命を落とす時代です。何事にも慎重に、ムードに流されないで、最悪を想定した読みが必要です。

    エフライム工房 平御幸
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

蘇るグリーンドラゴン

2013-01-11 03:27:48 | 古代史と聖書
 前回の最後に紹介した、ナチスの旗に記された日の丸と、コンパスと定規で作られた本という文字。これは、コンパスと定規がメーソンのシンボルであるところから、明らかにカッバーラの意匠だと分かります。では、これは誰が作らせたのか?

 実は、『ムー 2012年 5月号』において、飛鳥昭雄氏はナチスに加担した緑龍会について書いています。戦時中に京都に存在した秘密結社ですが、飛鳥氏は、リーダーは八咫烏(天皇家の祭祀を司る)を裏切った男として描いています。また、ナチスとチベットとの関係など、現在でもドイツに残るヴリル信仰の根を説明しています。

 ナチスはオカルトとしても有名ですが、ヒムラーが拠点としたヴェーヴェルスブルク城そのものが、支点と二つの針によるコンパスを形成していると分かります→wewelsburg castle。最初からメーソンが関わっていたのです。

 日本の日の丸は、白地がマナセで赤がエフライムとなり、これは北イスラエル王国の失われた十支族を指します。しかし、四角と丸の陰陽ではイエスのユダ族(丸)となるので、必然的に四角は南ユダ王国の片割れであるベニヤミンとなります。これでイスラエル12部族が揃ったわけです。

 しかし、イスラエルには親戚も多く、突厥(とっけつ)時代のベニヤミンを養ったトルコは月で象徴されます。ヨセフ、マナセ、エフライムの系統は青・白・赤のトリコロールで、これがフランスやロシア。ヨセフの妻アセナテの父ポテペラ(オン=ヘリオポリスの祭司)が星なので、祭司ポテペラ系は星が使われます。アメリカは、見事にトリコロールに星ですね。

 ところが、同じ祭司でも、年老いた龍レビヤタンのレビ族は赤い龍なので、こちらは赤地に黄の星となります。ソ連や中国の共産党のマークです。けれど、赤い龍に対する緑の龍は出て来ません。古代の青龍とは違います。緑龍会のメンバーは緑の手袋をしていたとされますが、ナチス崩壊とともに完全に消えてしまったのでしょうか?

 この謎に満ちたグリーンドラゴンですが、実は密かに描かれています。アメリカのTVドラマシリーズで大人気だった『V ビジター』です。地球を侵略するエイリアンの正体は、文字通りの緑色のトカゲ(ドラゴン)でした。おそらくは、グリーンドラゴン復活を自己宣伝したものでしょう。そして、これを国内放送したのが日テレなのです。

 日テレは、日本国内でのグリーンドラゴン復活の片棒を担ぎ、『V ビジター』を放送する事でテレビ侵略を容認し、今では堂々と『NEWS ZERO』で緑の組織であることを宣言しているのです。『NEWS ZERO』のカラーとなっている、あの気持ち悪いグリーンは、グリーンドラゴン復活の旗印なのです。

 今では、日テレ以外でもグリーンカラーの放送が増えています。フジテレビの報道・情報欄もグリーンカラー。僕はテレビをほとんど見ないので番組名は分かりませんが、気になった番組があればコメント欄にお願いします。日テレはCIAが関与していると有名ですが、アメリカで緑が台頭してきたら要注意かもしれませんね。

    エフライム工房 平御幸
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアの暗い未来

2013-01-10 05:37:21 | Weblog
 ガルパンのカチューシャでロシアに興味を持った人も多いかと思います。動画でロシアのカチューシャを見ると、そこには必ず旧ソ連軍の幹部が映っています。真っ赤なソ連軍は死んではいません。虎視眈々と復活の時を待っています。

 聖書の預言では、末日に北からの侵攻と解釈できる記述が数多あります。これはほぼ、ロシアという解釈で一致しています。2014年末にも、アメリカがアフガンからの撤退を検討しているとニュースに出たばかり。ロシアの南下の道は開けました。

 ロシアの南下は即座には信じられないかもしれませんが、地球の寒冷化が進めば食料問題が発生して南下せざるを得ません。今年は寒いですが、韓国では55年ぶりの寒波です。あの大腸菌で汚れた漢江が、氷結して大腸菌の増殖を抑えているのです。もっとも、昔の写真では完全に氷結して、氷を切り出したり、氷に穴を開けて魚釣りをするくらい寒かったみたいですが。

 聖書には天界における3つの階層(ヒエラルキー)が書かれています。日の位、月の位、星の位、の3つですが、これらは『ヨハネの黙示録』8章12では、次のように記述されています。

「第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった」

 このように、太陽と月と星は、それぞれを国旗とする国家を象徴していることが分かります。アメリカもソ連も中国も星です。月はトルコなど。更に、『ヨハネの黙示録』16章8~9ではこのように記述されています。

「第四の者が、その鉢を太陽に傾けた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。人々は、激しい炎熱で焼かれたが、これらの災害を支配する神の御名を汚し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった」

 この場合の太陽は日本で、日本に審判の権能が授けられたことを意味します。日本に逆らうことは神に逆らうことになるのです。しかし、今まで見てきた中に、ストライプの国旗を持つ国は出て来ません。ストライプの旗は基本的に、青・白・赤で象徴されたナイル川をデザインしたものなので、エジプト宰相ヨセフの子孫を意味します。イスラエル12部族では、ユダとベニヤミンの南ユダ王国ではなく、エフライムを含めた10支族の北イスラエル王国がストライプの旗となるのです。『ヨハネの黙示録』8章10では、次の記述があります。

「第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた」

 これは、星で象徴された巨大共産国家ソ連の崩壊によって、トリコロールの旗を持つ北イスラエル王国系の1/3に変化が起こることを書いているのです。水源という表現から、それは祖先のヨセフやエフライムに直結した国だと分かります。ロシアやフランスが該当しますが、ここではロシアですね。ちなみに、黙示録に海として描かれるのは、太陽と月と星とストライプに含まれない、それ以外の国となります。

 昨秋に、コンサートに招かれてチャイコフスキーの『悲愴』を聴きましたが、この曲の第4楽章は、戦争によって死んだ人々の描写です。雪の中で死んでいる子供と老婆。あるいは戦闘でなくなった若い兵隊。それらを傷みながら、挽歌として捧げているチャイコフスキー。彼の祖国愛と人間愛が残した曲は、間違いなく未来の黙示録でもあったのです。

 神はロシアを愛している。だからこそ、チャイコフスキーを偉大にし、ロシアを世界から愛されるべき国として復活させた。しかし、悪魔の魔の手は、赤いソ連の軍隊を復活させようと企んでいる。この危機に、太陽の国の日本が神の代理として必要とされているのです。ガルパンも神の計画の一つ。

 北方領土問題で日ソ平和条約が締結されない状況が続いていますが、ロシア内でのプーチンの立場も盤石ではない今、ことさらに四島返還で関係悪化を招くべきではありません。プーチンが失脚したら、間違いなく赤化したロシアが復活します。赤い共産党を育てたのはユダヤ人です。この年老いた蛇レビヤタンを倒すのは、ロシアの紋章にも描かれる聖ゲオルギウスですが、ミカエルの別の姿であるのは図柄を見れば分かります。

 最後に、ナチスと日本の意外な関係ですが、下の画像のように、太陽とコンパスと定規で「日本」という字を表しています。それを取り巻くのが麦ですが、この麦がソ連の国章にも使われているのです。コンパスと定規はメーソンのシンボルなので、このメーソンはイエスのたとえる毒麦ですね。


動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=MS9tJUoD4rw&feature=player_embedded

参考 【韓国】27年ぶりの最強寒波・・・こちんこちんに凍った漢江(写真)[01/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1357264229/

    エフライム工房 平御幸
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

近代美術館展

2013-01-09 06:07:05 | Weblog
 竹橋の東京国立近代美術館で、12日まで「日本近代美術の100年」という企画展をやっています。試聴会に来てくれた健康食品(干しイチジク)の方からチケットを頂いたので行って来ました。原爆や戦争を出口に持ってきている左翼企画なので、これは観ずに入り口から出ました。

 4階から順に下りながら回る部屋割りですが、日本画の部屋は暗くて色が分かりません。保護のための照度低下は無意味だと思います。直射日光や紫外線を当てなかったら明るくても大丈夫なはずで、元々はオイルショックの時に減照させた行政指導が独り歩きしたものです。阿呆な美術館に言いたいことはもうひとつ。それは、離れて観なくては良さが理解できない作品を、小さいという理由だけで小部屋に押し込んで居る無神経さです。ここには本当のプロがいないんですね。

 飾られた296点の内、僕がちゃんと観たのは100点ほど。大半は以前に観たことのある作品です。その中でも、4F展示室1の「村上華岳 日高河清姫図」、展示室2の「松本竣介 建物」、2F展示室13の「ジョルジュ・ブラック 女のトルソ」、同じくその隣部屋の「パウル・クレー 花ひらく木をめぐる抽象」は秀逸です。

 「ジョルジュ・ブラック 女のトルソ」は、ソニー創業者の盛田昭夫氏の妻・盛田良子氏のコレクションで、オークションで同館が落札したものです。僕が挙げた中で、清姫以外は最低でも3m近くは離れて鑑賞したい作品です。離れて観ないと空間の広がりが感じられません。小品ですが大作なのです。

 何だか抽象画ばかりになってしまいましたが、抽象画は不必要なものを極限まで取り除いたピュアなものなので、良い作品は、これ以上手を入れることが困難な世界を持っています。調和を醸し出しているのですから、長い時間の観賞でも疲れません。

 開催が残り少ないせいか結構混んでいましたが、作品を選んで見る分には悪くありません。松本竣介は東京生まれですが盛岡で育ち、盛岡中学(盛岡一高)を退学しているので僕の先輩でもあります。2012年は生誕100年でした。生まれが渋谷で高校の先輩。僕が上京して最初に住んだのが渋谷の円山町でしたから、意外に呼ばれたのかもしれませんね。迂闊にも、こんな良い絵を描く人だとは思っていませんでした。

 松本竣介と盛岡中学の同期が彫刻の舟越保武ですが、芸大教授の晩年に僕が入学したので一度だけ会ったことがあります。作品も人間も余り好きではないので、どういう過程で会ったのかさえ覚えていませんが、根暗だと感じた記憶があります。岩手や盛岡は基本的に根暗で、僕も錆落としには苦労しましたね。

 なお、写真では色が全く再現されないので、こればかりは本物を見てもらうしかありません。特に、クレーの作品は絶望的に劣化しています。本物は綺麗です。

    エフライム工房 平御幸
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガルパンとロシア民謡

2013-01-07 03:10:12 | Weblog
 昨年の秋から東京や名古屋のUHF局で放送されたアニメ、『ガールズ&パンツァー』が大人気です。女子高生が戦車に乗って、戦いながら戦車道を通じて友情を深めるストーリー。少し乗り遅れたのですが、海外サイトで全10話(スペイン語字幕)を観られました。エヴァンゲリオン以来の大ヒット間違いなしです。

 僕は基本的に萌え系は余り好きではないのですが、戦車とのコラボなら話が違います。子供の頃は戦車が大好きでした。特にドイツの5号戦車パンサー(パンター)系が大好きで、模型のくせに走りながら自動で弾を撃つ、イギリスのセンチュリオンも作ったことがあります。

 『ガールズ&パンツァー』は縮めてガルパンと呼ばれています。ストーリーの中にも出てくるのですが、パンツァーがパンツと誤解される要素が満載です。児童ポルノ法とかの兼ね合いで、監督はパンチラを極力取り除いたみたいですが、制作する側はオタク向けにこっそり散りばめているようです。余程探さないと見えないようなので、子供のいる家庭でも大丈夫です。しかし、暇人が多い。

 パンツァーはドイツ語で機甲、要するに戦車や装甲車の総称です。パンツァー・フォーの命令で機甲師団にゴーサイン。戦闘の始まりです。主人公の大洗女子学園は、日本の97式などの売れ残った戦車ばかりで、明らかに戦闘力が落ちます。それをカバーするのが、主人公の戦略とチームワーク。軽戦車や古い戦車を馬鹿にしていた僕ですが、戦車戦の奥の深さに脱帽です。

 さて、大洗女子学園が二回戦で戦ったのは、旧ソ連の戦車を並べたプラウダ高校。ソ連共産党の機関誌を名前に持ってくるところから分かるように、ニックネームも紅茶の飲み方もロシア式です。司令塔のカチューシャ様が進軍するときに歌われる校歌がカチューシャそのまま(歌詞、対訳付き)。オールドファンなら誰でもカチューシャは知っています。

 カチューシャはありふれた女性の名前ですが、第二次大戦の最中に戦場で歌われて流行した歌でもあります。日本語の歌詞では抒情歌になっていますが、もともとは戦場へ出た男を故郷で待つ女の歌です。昨年11月の試聴会で驚いたのですが、今の40歳から下の世代はロシア民謡や歌謡を習っていないようです。

 ロシアと言えばカチューシャの他にも、『ヴォルガの舟歌』、『ステンカ・ラージン』、『黒い瞳』、『トロイカ』、『黒い瞳の』、『ペチカ』、『ポーリュシカポーレ』など、メロディの美しい曲が山ほどあります。少し陰気なのは北国なので仕方ありませんが。

 ロシア民謡などが教育現場から駆逐されたのは、おそらくはソ連崩壊に伴う価値観の変化です。あるいは、ロシア当局から日本の教育現場に見直し要請があったのかもしれませんが。でも、赤い日教組がすんなりと受け入れたとも考えられません。日教組はロシアとの関係を築かずに、北朝鮮オンリーに走ったのでしょうか。

 歌詞に含まれるイデオロギーは別として、名曲は名曲であると素直に評価される時代が来て欲しいと思います。ロシアのようにイデオロギーや政治体制に翻弄された国の中で、旧共産勢力が復活のために歌を利用することは考えられます。そういう意味では、日本は極めて中立的に、歌本来の良さを確認し合う事ができる稀有の国なのです。

 ガルパンは、人殺しという汚名を着せられた戦車にも光を当てています。戦車だって好き好んで人殺しに特化したわけではありません。そのような不幸すら、戦車道として平和利用してしまう日本のアニメ。3月に再開される続編が楽しみです。

ラースツヴィターリ ヤーブラニ イ グルーシ
パプルィーリ トゥマヌイ ナドリェコーイ
ヴィハジーラ ナビェリェーグ カチューシャ
ナー ヴィソーキー ベリェク ナクルトーイ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441847959

参考 海外の反応 8話 対プラウダ戦
http://blog.livedoor.jp/kaigai_no/archives/20696830.html

    エフライム工房 平御幸
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマーの麻生さん

2013-01-04 21:00:04 | Weblog
 ミャンマーに麻生元総理が訪れて、500億円の資金投入が決まりました。これは野田政権で決まったことですが、4000億円の債権放棄(借金をチャラにすること)と合わせた形なので、この投資額に見合う成果が必要とされます。

 ミャンマーは多部族国家に軍事政権という、イラクと似た政治体制が続いて来ました。しかし、軍事政権故に国際的な非難も多く、それで孤立して中国の進出を招きました。スーチーの民主化運動が中国を呼び寄せたのです。日本は軍事政権をいち早く支持し、それなりの投資も行って来ました。それで今回の麻生元総理の訪緬(メン=中国語でビルマの緬甸)に繋がっているのです。

 アメリカ主導で軍事政権を非難し、国際世論を盛り上げて国連の力で潰す方法は、ミャンマーでも起こり得ることでした。これが行われていたら、中国軍の南下も免れないところです。しかし、2011年に一転しての民主化。ミャンマーに何が起こったのでしょう?

 この不可思議な現象を説明できる世界的な出来事は、たった一つしかありません。それは、イギリスのメディアを牛耳ってきた、メディア王ルパート・マードック(ニューズ・インターナショナル社)による盗聴事件です。この事件でマードックのニューズ・オブ・ザ・ワールドは廃刊。マードックは英有力紙から退陣。イギリスの重石が取れたのです。時系列では以下のようになります。

06年8月 盗聴疑惑で記者ら2人逮捕
10年5月 キャメロン連立政権発足
11年7月
4日  少女誘拐殺人事件について盗聴疑惑報道
8日  コールソン容疑者逮捕
10日 NoW廃刊
13日 BSkyB買収断念
17日 ブルックス容疑者逮捕 警視総監辞任
19日 マードック氏議会へ召喚
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/focus/421.html

 この時系列に歩調を合わせる形で、ミャンマーも民主化を推し進めます。

2010年
4月26日 テイン・セイン首相は軍籍を離脱、29日に連邦団結発展党を結成
11月7日 2008年の新憲法に基づく総選挙が実施された
11月13日 スーチーは軟禁状態が解除される

2011年
3月30日 テイン・セインはミャンマー大統領に就任。軍政に終止符が打たれた

 マードックは中国と深い関係にあり、ミャンマー軍事政権によるスーチーの軟禁を叩くことで世論形成し、結果的にミャンマーへの中国進出を後押ししていたわけです。日本の糞メディアが軍事政権を叩く。これだけでスーチーが胡散臭いと分かります。

 イギリスのマードック失脚は、日本で言えば朝日新聞が潰れた感じですから、その影響の大きさが理解できると思います。キャメロン政権は、それまでのどの政権も成し得なかったメディア潰しに成功し、メディアの裏にいた中国とスーチーの弱みを握ったわけです。

 マードックによって盗聴されていた英王室は、日本の皇室や麻生さんと深い関係にあり、メディアの重石が取れたことで、自由に旧統治国のミャンマーを援助することが出来るようになったわけです。退陣が見えていた野田政権は、痛くもない腹を探られたくないから、自民と麻生さんの要求を飲んで、借金のチャラと新規の投資を決めただけです。

 映画の『戦場に架ける橋』のクワイ河マーチや、『ビルマの竪琴』で日本にも馴染みの旧ビルマ。日本語と語順が同じで親日でもあり、中国包囲網の形成に不可欠な国です。ベトナムからタイを通りミャンマーに至る鉄道も期待できます。自民政権が安定して、ミャンマーに継続した投資ができるようになれば、多部族国家の不安定さも解消されるでしょう。とりあえず、イラクの二の舞にならなくて本当に良かった。

    エフライム工房 平御幸
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

祭司の年に何が起こるか

2013-01-01 00:00:05 | Weblog
 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 2013年は第十三部族に数えられる祭司レビ族の年なので、祭司にちなんだ出来事が予想されます。麻生さんが明日からミャンマーを訪問するそうな。日本が再生できるかという重大なテーマが問われる年に、正月気分はほどほどにという意気込みです。

 ミャンマーは日本語と語順が同じで、現地採用の社員に日本語教育を施す企業をNHKの朝の番組で紹介していました。一年で読み書きができるようになるそうです。もっとも、その企業はNTTデータなどのソフトやプログラム関係なので、ミャンマーでもITのエリートに近い層だと思います。大半は女性でしたが。

 Windowsの日本語入力(IME)やアップルなどの地図ソフトの出来が悪い理由は、日本語の分からない中国や韓国に外注しているからです。この欠点を補うためには日本語教育が欠かせず、それでミャンマーに進出する企業が増えているのです。麻生さんはインフラの方の話を進めるみたいですが、道路やトンネルや新幹線ばかりでなく、光ケーブルも同時に張り巡らせば効率的です。

 ということで、新春早々のクイズを出します。今回のテーマは瀕死のサムスン。『ヨハネの黙示録』に登場する666で象徴される獣。これは様々な分野の様々な国や人や企業を象徴しています。例えばロックフェラーやゴールドマンサックス。例えば東インド会社の亡霊など。サムスンも獣の数字666を隠し持っているのですが、それを明快に説明できれば正解です。

 ソロモン神殿や契約の箱は純金で覆われていました。これにより、祭司のシンボルも金になりました。金は、ソロモンがシバの女王から贈られた666タラントの金が有名で、ここからも金が獣の数字666になるのです。

 祭司はレビ族ですが、レビヤタンという怪物にたとえられ、これが世界を滅ぼす龍の象徴となっています。「第十三部族レビ=祭司=金=レビヤタン(年老いた蛇)=世界を滅ぼす獣666に権威を与える龍」という構図です。数字の13が不吉なのはここから来ているのです。

 韓国選手は金なのでレビヤタン。クネ クネ ウッフングの演技は年老いた蛇の姿そのものなのです。はっと、韓国の新大統領もクネですね。韓国選手のレビヤタンに獣のサムスンという組み合わせで、聖徒に戦いを挑む、大言壮語の龍と獣になります。彼らが支配する権威を与えられたのが42ヶ月。聖書学では三年半ですから、民主党の政権とほぼ重なります。2013年は、いろいろな意味で節目の年となるのです。

 巳年は、イエスの磔刑の干支(癸巳)と同じです。僕も癸巳(みずのと・み)の生まれなので、このように聖書の奥義を公開する役割を担っているのです。年を取るのは嫌なのですが、3月の誕生日には何か催したいと考えています。では、こぞって答えを書き込むように。

    エフライム工房 平御幸
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加