ZEVEX~行動する自動車環境問題NGO~

手造りPHEVで、そしてプリウスPHVで二度の日本列島縦断を達成し、世界初EV南極点到達を目指し活動する冒険チームです。

究極のエコカー(人力充電電気自動車・EV)

2009年09月04日 11時06分52秒 | ZEVEXの活動


(4×4オフローダーの常識として、スリッピーな下りでフットブレーキを多用するのは御法度。電気自動車でのオフローディングでは先駆者であるZEVEXのEVジムニーは、遂にエンジンブレーキに相当する回生ブレーキを装備した)


ちょっと今時間が無いので、システムの詳細などの御紹介は後日改めて書くことにしますが、ZEVEXでは、この度、究極と言える「ゼロエミッションカー」を製作し、その動画を公開致しました。

http://www.youtube.com/watch?v=av9FawcKedU

ZEVEXが手造りした電気自動車としては3号機となるこの「ARK-2」号は、交流モーターを搭載しておりますので、手造りEVに一般的だった直流直巻モーターでは不可能だった回生ブレーキが使えます。この回生システムを利用して、駆動系の途中に自転車のペダルを割り込ませ、ペダルでモーターを廻せるように細工を施しまして、人力充電電気自動車を成立させました。

自動車を動かすエネルギーはかくも大きいものなのか!?
ということをダイレクトに体感できるマシンに仕上がっております。
御興味のある方は是非一度動画を御覧下さい。
宜しくお願い致します。

コメント (12)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 4WD電気自動車(EV)で... | トップ | ミゼットのEV(電気自動車... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
off road 走行シーン (アイアン・バール鈴木)
2009-09-04 23:41:36
オフロードの走行シーンは後日公開しますが、短い動画を公開してあります。
雰囲気だけはわかると思います。
もう1枚の画像を (アイアン・バール鈴木)
2009-09-15 12:40:57
オフローディングシーンの画像をもう一枚、最新の日記に挙げました。
究極 (大津)
2009-09-15 12:56:05
実験車両ゆえに外パネルが外せたことで軽く仕上がっているのもエコの観点に立てば究極ですね
大津様< (鈴)
2009-09-15 16:13:48
軽量化していなければ半分くらいしか走らないんでしょうね。
何故に? (ゆーつー)
2009-09-15 17:46:44
>軽量化していなければ半分位しか・・・。

なのに車は肥大化を続けてますよね?
大きくなれば重くなる、重くなれば必要なエネルギーの量だっておのずと・・・ねぇ?子供でも解る事なのに。
各メーカー 何考えてるんでしょう?
重くなる自動車 (いずみ)
2009-09-15 18:59:16
顧客のニーズと、いろんな物を付けて売りたいメーカー側の
それぞれの考えが合致して今のカタチになってるんでしょうね。
車の性格によって仕様を変えてほしいですよね。
スポーツ好きな我が子をわざわざデブらせる事もないかと
思いますし。
我が子の真の良さを知らない親が多いのはどこも同じなのか。
歪んだ愛情は子供を駄目にしますねぇ。
ゆーつー様< (アイアン・バール鈴木)
2009-09-15 23:16:30
結局ユーザーがデカイ自動車を欲しがるんでしょうね。

元アメ車のハマーなんか、今や「チャイ車」なのに・・・。
いずみ様< (アイアン・バール鈴木)
2009-09-15 23:19:07
結局「資本の理論」でしかメーカーは動かないってことなんでしょうかね?

哲学を持った企業に車を作ってもらいたいもんです。
いづみさん (ゆーつー)
2009-09-16 19:10:34
読みが深いですねぇ?
欲じゃありませんよぉ。
鈴木さん (ゆーつー)
2009-09-16 19:13:42
ハマー悲しいですね?
メガクルーザーには頑張って欲しいものです。ちょっと違うかな・・・?

コメントを投稿

ZEVEXの活動」カテゴリの最新記事