ZEVEX~行動する自動車環境問題NGO~

手造りPHEVで、そしてプリウスPHVで二度の日本列島縦断を達成し、世界初EV南極点到達を目指し活動する冒険チームです。

プラグインプリウス(PLUG-IN PRIUS) ZEVEX的本命

2009年10月28日 11時42分21秒 | NEWS


(いよいよ09年内に市販・・・リースだろうけど・・・が開始されるプリウスのプラグインハイブリッドモデル。安易にピュアEVに走らないところが、流石エコカーの横綱トヨタだ)

今回の東京モーターショーで、ZEVEXが一番注目していたマシンと言えば、TOYOTAのPLUG-IN HYBRID CAR「PLUG-IN PRIUS」。ZVW30PRIUSのニッケル水素をリチウムイオンに換え外部電源から充電可能にしたハイブリッド車だ。


(リアバンパーには “PLUG-IN HYBRID” の文字が)

現在、メーカーのPRESSサイトから画像をダウンロードしたり、貰った資料を読んだりして、日記を書く準備を進めている。
手造りのポンコツPHEVだとは言え、PHEVで日本列島縦断を達成した実績を持つチームとしては、この世界最大の自動車メーカーが造るPHEVに興味が出ないわけが無い。
そんなことで今日の日記は“触り”だけ。メインの日記は近日中に書きますので請う御期待(笑)。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京モーターショー2009 一押し ホンダU3-X

2009年10月22日 23時01分40秒 | ZEVEXの活動

U3-X HONDA The 41st Tokyo Motor Show 2009
(U3-Xという名前のパーソナル電動移動デバイス)

今回の鈴木の一押しです。
ASIMOのバランス技術を応用して出来ているらしいのですが、是非一度乗ってみたいと思いました。

電動軽自動車「EV-N」のドア内側にはめ込まれるように収納され、同時に充電もできるとのことでした。
デモの時間がそんなに長くはなかったので、バッテリーは小さいんだろうな?と想像します。

駆動のカラクリはここに↓
http://www.honda.co.jp/ASIMO/topics/backnumber/2009/20090924/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

HONDA CR-Z 東京モーターショー

2009年10月22日 07時24分26秒 | ZEVEXの活動


(スポーツ・ハイブリッド HONDA CR-Z CONCEPT2009)

PRESS DAYで、一足お先に行って来ました「TOKYO MOTOR SHOW 2009」
海外勢が少なくて少々寂しい雰囲気でしたが、古くからのモーター駆動マニアとしては、昔夢に見た様なモーター駆動満載のモーターショーでした。

詳細は後日何回かに分けて御紹介します。本日は速報のみ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WBSワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」

2009年10月20日 02時28分14秒 | ZEVEXの活動

(テレビ東京「トレンドたまご」撮影中)

テレビ東京(月)~(金)帯の人気情報番組「WBSワールドビジネスサテライト」
その中の「トレンドたまご」のコーナーに、ZEVEXの4WD電気自動車3号機「ARK-2」が登場しました。
主な切り口は「人力で充電出来る電気自動車」という側面でしたが、ZEVEXが環境を意識した冒険活動に長年取り組んで来た実績も御紹介頂き、ZEVEX的には非常にありがたい取材となりました。

今回は全く触れられなかった「ARK-2」の高いオフロード走破性能に関しても、機会が有れば是非取材して頂きたいと感じました。

放送内容は番組の公式サイトで動画が公開されています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/tt_175.html

今回のレポーター前田真理子さんの「取材報告」はこちらに有ります。
ZEVEXが南極点アタックのスポンサーを探していることをちゃんと伝えて下さっていて、誠にありがたい限りです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama_syuzai/post_327.html

前田レポーターのブログも有ります。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama_blog/post_336.html
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リチウムイオン搭載の原付4輪電気自動車(コムスリチウム・トヨタ車体)

2009年10月15日 02時59分05秒 | その他

古い画像を整理していたら、2006年の画像でこんなマシンの写真が出て来た。
コムスリチウム<
トヨタ車体(この少し前まではアラコ~元荒川車体、ランクルを造っていた会社だ~)が、原付4輪登録の電気自動車「エブリデーコムス」にリチウムイオンバッテリーを搭載して参考出品して来た。

この前年、凍ったロシア間宮海峡を4WD電気自動車での横断に挑戦した時に、リチウムイオンバッテリー(ENAX社製)の軽さ大容量さを実感していたので、
見た瞬間「欲しいなあ~」と思って写真を撮っておいた・・・のだと記憶する。

正直このスペックなら今でも欲しい。
ここに当時のスペックが載っているが↓
http://www.toyota-body.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=1&NCODE=32
標準でコムスに載っているPanasonicのEC-FV1238(の仕様違い?)と同じ寸法だとすると、リチウムイオンで60Ah程度ってことは無い気がする。
最新のリチウムポリマーバッテリーなら軽く100Ah越えで、1充電で200km近く走っちゃうんじゃないかと思う。

継ぎ足し充電もできるし、これで二人乗り可能なら完璧なんだけどなあ~。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マイナス25%はええけれど、京都議定書を忘れていませんか?COP15

2009年10月06日 11時18分11秒 | その他

鳩山首相が国連で2020年に1990年比で温暖化ガスを25%削減する・・・と言っちゃって以来、マスコミは連日「マイナス25%」に関連した各界の動きを報道している。

まあ、それは良い。

気になるのは、「マイナス6%」の話がとんと聞かれなくなったことだ。何かすっかり忘れられた感がある。
だが、忘れてはいけない、「1990年比マイナス6%」を約束した「京都議定書」は、日本は批准もして、2005年にロシアが批准したことによって発効条件を満たした「国際条約」なのだ。そして、その主な約束期間は2008年~2012年の5年間、つまり「今」なわけだ。
2008年4月1日~2009年3月31日までの排出量は、不景気だったから、もしかするとデータ的にはマシな数字が出るのかも知れないが、今が約束期間中である国際条約のことを忘れて、2020年の話ばかりするのは如何なもんだろう?

どうも、一方向にドドッ・・・と意識が流れ過ぎるのが日本人の悪い癖だ。

コペンハーゲンのCOP15は12月7日~18日で、恐らくそこで「ポスト京都議定書」が決まる。
でもその前に、既に動き出している「マイナス6%」をちゃんとやらなきゃカッコが付かない・・・と思うんだけどなあ~。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする